Home >

車 Archive

車のエアコンの吹き出し口に取り付けるマルチハンガー「AUTO HANGER™」

 車のエアコンの吹き出し口つけているドリンクホルダー、ドリンクを立てるよりも他の用途に使っている方の方が多くありませんか?
例えばサングラスを立てるだとか、携帯電話やスマートフォンを立てておくだとか、芳香剤を入れておくだとか缶やペットボトル、ドリンクカップを入れるよりもドリンク以外のもを入れておく事の方が多いと思いますが、ドリンクホルダーを取り付けているとドリンクホルダーの重みや形状にもよりますが風の向きを変えよと思っても変えられませんし、また重い500mLのペットボトルを差し込んでもドリンクホルダーが抜け落ちない様にエアコンの吹き出し口のフィンをかぎ針の様なフックで引っかかっていますので抜くのも一苦労です。

 そんなペットボトル以外のものを引っ掛けるのにベストなのがこの「AUTO HANGER™」です。

全文を読む

ODBIIコネクタに直挿し!!車両を思いのままにコントロールできるArduino「Macchina」

 自分の車を意のままに自動制御できたらいいなぁ〜って思った事はありませんか?でも回路図を書くどころかハンダつけもした事がない方がいきなり回路図を描いて制御回路を製作してそして車をコントロールするなんて、いきなり空中を飛行している飛行機の操縦席に座らせて着陸させてみろ!!と言われるのと同じくらい不可能に近い事です。
 ですが、プログラミングを少しかじった事があれば、これからプログラムミングを勉強してみようかと言う意欲さえあれば、ハード設計はできなくとも車両の制御が可能なArduino互換ボードがこの「Macchina」です。

全文を読む

走行中の決定的瞬間をパシャリと記録するスマートフォン連動ドライブレコーダー「VAVA Dash Cam」

 ドライブレコーダーと言えば車に取り付けて事故時の映像を記録する為のカメラですが、もう1つの使い方があるってご存知ですか?
 と言いますので今販売されているドライブレコーダーは概ね2種類の記録方式があり、加速度センサーを内蔵して車両に衝撃が加わった(つまり事故に巻き込まれた時)時の前後何秒間かの映像を記録するものと、常時録画と言って電源がONになっている間は常時録画しており、もしメモリーがなくなった場合は古い映像ファイルを消しつつ最新の映像を録画するタイプと、両方の機能を兼ね備えたタイプのものがあるのですが、後者の常時録画タイプは車を走行させている間の映像をずっと記録していますから、旅行の移動中の様子を残すレコーダーとしても使用できます。
 ただここで1つ欠点があり常時録画のドライブレコーダーは挿入しているmicroSDカード等のメモリーカードの残量がなくなると前述した様に古い映像を消して上書きして行きますので、旅行から帰って来て映像を見ようと思った時には見たい場面の映像が既に消去されていると言う可能性もありますし、高級なドライブレコーダーはWiFiを搭載していてスマートフォンをWiFiでドライブレコーダーで接続してドライブレコーダーに記録された映像を見ると言った事も可能ですが、ほとんどのドライブレコーダーがメモリーカードを抜いてPCに差し込んで見なければならず、手軽に映像を確認したり、その映像をYoutubeに投稿したりと言った事が難しいのが現状です。

 ですからこのドライブレコーダー「VAVA Dash Cam」は、そう言う”やりたいけどやるのが難しい(映像を簡単に確認したり、SNSへ簡単にアップロードしたり)”事を簡単にできる様にしました。

事故の発生には数秒しかかからず、しばしば事故が起きることはないでしょう。 しかしVAVA Dashは、あなたの車両の動きを測定するスマートな3軸Gセンサーのおかげで可能になります。 予期せぬブレーキや衝撃が検出されると、Dashは事件が発生する前の5秒から自動的にビデオ録画を作成します。

全文を読む

ホーム >

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。