旅行、買物、ジムと衣類を入れて持ち歩くのにとても便利な圧縮バッグ「CUBEPACKS」

旅行に行く時に衣類をコンパクトにまとめる為に圧縮パックを利用される方は多いのですが、日常的に圧縮パックを使うとなると空気を抜く為のポンプ等を一緒に持ち歩かなければならずその分の荷物が増えてしまう上に空気を吸い出しのに時間のかかるのが嫌と言う方もおられるでしょう。

そこでそう言う方にはジッパーで圧縮する圧縮パックが最近では人気です。
よく荷物が膨れあがってジッパーが閉まらない時に蓋を抑えてジッパーを閉めると何とか圧縮して収納する事ができますが、その抑えて閉めるを何段階にも分けて行う事でバキュームポンプがなくても小さき荷物を圧縮できるのがジッパー式の圧縮パックです。

そのジッパー式圧縮パックを何と外に持ち出せる様にベルトを付けたのが今回紹介する「CUBEPACKS」です。


“旅行、買物、ジムと衣類を入れて持ち歩くのにとても便利な圧縮バッグ「CUBEPACKS」” の続きを読む

超低負荷なので女性や子ども、お年寄りの方でも怪我なく腕の筋力アップができるハンドヘルドリング「EMERGY」

歳を取ると筋肉を鍛えなさいと言う事がよく言われますが、アスリートの方々が行う様な筋肉に過負荷をかける事で筋繊維を太くして筋力アップを図る様なトレーニングはさすがにお年寄りには無理です。
こう言った過負荷をかけるトレーニングは非常に短期間で筋力アップを図る事が可能ですが、筋肉を構成する筋繊維に、筋繊維が切れる寸前までの負荷を与える事で、その損傷した筋繊維が与えられた負荷に耐えられる様に修復する際に太くなると言う作用を利用しています。
ですが、お年寄りは若者ほど筋肉を修復する為の成長ホルモンが十二分に寝ている間に分泌されませんので、若い頃と同じ様なトレーニングを続けていると逆に身体を壊してしまいます。

そこで今回は、全く新しい概念で腕の筋肉を鍛える事が可能な「EMERGY」と言うトレーニングマシンをご紹介致します。


“超低負荷なので女性や子ども、お年寄りの方でも怪我なく腕の筋力アップができるハンドヘルドリング「EMERGY」” の続きを読む

AIを使いランニングフォームの解析・コーチを行うだけでなく心拍も計測可能なBluetoothイヤホン「BLADE」

BT5.0みなさんはジムでトレーニングをしたり、外をランニングしたりする時にイヤホンを使い音楽を聴いたりしますか?
今回はランニングをされる方にとってもオススメなBluetoothイヤホン「BLADE」をご紹介致します。

このイヤホンがオススメの理由は3つ。1つ目はBluetooth5.0を採用している事です。Bluetooth5.0になった事でより省電力化が計られましたので同じ容量のバッテリーでも連続動作時間が長くなった他、通信距離もスピードも早くなりバッグの中に送信側となるスマートフォン等を入れておくだけで電波が途切れてノイズが入ったりする事もなく、またハイレゾ音源などもBluetoothイヤホンに搭載されたコーディック次第ですが聞く事ができる様になりました。

そして……


“AIを使いランニングフォームの解析・コーチを行うだけでなく心拍も計測可能なBluetoothイヤホン「BLADE」” の続きを読む

骨伝導イヤホンの持つ音漏れを独自技術LeakSlayer™でクリアした骨伝導サングラス・イヤホン「OptiShokz Revvez」

骨伝導イヤホンは直接、骨伝導スピーカーの振動を頭蓋骨に伝えますのでシャカシャカと鳴る様な音漏れとは無縁なはずなのですが、実際のところ骨伝導イヤホンでも音漏れ起こすのです。
それは骨伝導スピーカーの振動が周りの空気を直接振動させたり、骨伝導スピーカーから頭蓋骨に伝わった振動が、頭蓋骨を通して周囲の空気を振動させる事でも起こります。

ただそれも骨伝導スピーカーそのものがとても聴き取り易いものであれば音漏れが起こる事はないのですが、決まって音漏れのする骨伝導スピーカーはスピーカーが当たる位置が悪いのか、クリアに音が伝わらずにボリュームをMAXに上げた事で起こります。

そこで今回はLeakSlayer™と言う独自開発した技術で音漏れを無くしたサングラス一体型の骨伝導イヤホン「OptiShokz Revvez」をご紹介致します。


“骨伝導イヤホンの持つ音漏れを独自技術LeakSlayer™でクリアした骨伝導サングラス・イヤホン「OptiShokz Revvez」” の続きを読む

物覚えが悪い、そんな貴方に紹介したいtDCS(経頭蓋直流刺激)を利用したヘッドセット「PlatoWork」

世の中には様々が学習教材があります。
特に昔からよくあるのは脳を活性化したりリラックスさせる事で学習効率を上げると言った商品が山の様にありますが、なかなか自分に合うものを見つけるのは大変です。

例えば、聴くだけで英語を話す事ができると謳った様な教材も、ある方はペラペラに話せる様にはなったけれども、ある方はそこそこ英語レベルは上がったものの、翻訳アプリなしでは日常会話もままならないと言う方もおられますし、全く効果が出なかったと言う方も当然の事ながらおられます。

そこで今回はしっかりとしたエビデンスを持つtDCS(transcranial Direct Current Stimulation:経頭蓋直流刺激)を利用した学習ヘッドセット「PlatoWork」をご紹介致します。


“物覚えが悪い、そんな貴方に紹介したいtDCS(経頭蓋直流刺激)を利用したヘッドセット「PlatoWork」” の続きを読む

どうしても取れなかった汚れやシミを超音波でかき出す超音波ブラシ「wireless sonic washing tool」

スニーカーの泥汚れっていくら洗っても新品の様には綺麗にはなりません。
これは既に泥等の汚れが繊維の奥深くまで浸透してしまっているからで、繊維と繊維の隙間より大きなブラシの毛でいくらシューズの表面を擦ってもブラシの毛が繊維の間に入らなければ、その汚れは永久には取り除く事はできません。

そこで最近、シミ抜き等で注目されているのが超音波で、大手電機メーカーからも衣類のシミ抜き機として様々なタイプのものがリリースされていますが、それも小さなシミを地道に取るのが背一杯で、衣類に広範囲に染みこんだ汚れや、特に泥汚れの酷いスニーカーを綺麗にする様な超音波クリーナーと言ったものはありません。

ですが今回紹介するブラシは「wireless sonic washing tool」、超音波振動を発生しつつ毛先を使いダブルでかき出す、言うなれば最強のブラシです。


“どうしても取れなかった汚れやシミを超音波でかき出す超音波ブラシ「wireless sonic washing tool」” の続きを読む

ハイキングやトレッキング以外にもエコバッグとしても使える重さたった363gのナップサック「VEER 18」

みなさんも遠足や社会見学等に学校から行く際にナップサックと言ってペラペラの生地で作られたリュックサックを使った事があるかと思いますが、ナップサックはクッション性が一切ない分、軽いと言う特徴があります。
ですからたくさん歩き回るので極力重さを減らしたいと言う様な時にはナップサックはベストなチョイスですが、普段使うにはベルトも細くクッション性がないので、重いものを詰め込むとベルトが肩に食い込んで痛かったり、タブレットやノートPC、その他ゴツゴツとした硬いものを入れていると歩く振動で背中に角が突き刺さったりして痛かったりと、デメリットもあります。

ただ布1枚で作られていますのでコンパクトに折り畳む事ができますので、たくさん買物をして荷物が増えた時の為にバッグの隅に折り畳んで常に入れておくと言う使い方もできます。

そこで今回はナップサックでありながらクッション性がないと言う欠点を”ProtectAir”テクノロジーと言う独自技術によって解決した最強のナップサック「VEER 18」をご紹介致します。

“ハイキングやトレッキング以外にもエコバッグとしても使える重さたった363gのナップサック「VEER 18」” の続きを読む

落下させた時にレンズにキズがつくのを防ぐ方法がとても斬新なサングラス「TYTUS」

メガネやサングラスを地面に落下させた時、いくらレンズにスクラッチ加工されていても何度も落下させている間に次第にコーティングが剥がれて行き、レンズが欠けたり、最終的にはレンズそのものにクラックが入って割れてしまう事もあります。

ただレンズは割れたら交換すればまた再びそのサングラスは使い続ける事はできるのですが、そのレンズが偏光レンズや調光レンズと言った特殊なレンズだとするとかなり高価になりますし、色付きレンズですとロットによって色が違って来るので、基本的には色を合わせる為に割れていない方のレンズも交換する事になり、どちらにしてもレンズ交換には高い費用が掛かります。

そこで落下させても絶対にキズがつかない仕組みを持ったサングラス「TYTUS」を今回は紹介させて頂きます。


“落下させた時にレンズにキズがつくのを防ぐ方法がとても斬新なサングラス「TYTUS」” の続きを読む

温かいドリンクと冷たいドリンクの2種類のドリンクがそれぞれ350mL入る保温ボトル「H2Joe」

昨年の夏の40℃超えの異常気象から続いた異常気象はこの冬でも、朝晩に太陽が地平線の下に隠れるとグッと冷え込むのに、日中に太陽が輝いていると1月、2月の一番寒い時期でもポカポカと日差しを温かく感じ、そして車に乗っていると暖房すら必要なく、車内が熱すぎるのか窓を開けている方を見かける事があったりしました。
ですから朝晩はホットコーヒーやホットココアが温かく身体を中からポカポカと温めてくれて良い感じだったのが日中はホットでは汗が出て来て、コールドコーヒーや水が良いと言う方もおられたのではないでしょうか?

そこで今回は、そう言う温かいドリンクも冷たいドリンクも1つのボトルに詰めて持ち歩ける保温ボトル「H2Joe」をご紹介致します。


“温かいドリンクと冷たいドリンクの2種類のドリンクがそれぞれ350mL入る保温ボトル「H2Joe」” の続きを読む

精鋭選手のトレーニングにも最適な水中でもクリアなサウンドを楽しむ事ができるワイヤレス骨伝導イヤホン「Zygo」

ジムでトレーニングマシンを使っている時と同じ様に、泳いでいる間も音楽を聴いていたいからと防水タイプのBluetoothイヤホンを買ったのに、いざプールの中に入って泳いでいると音が途切れたり、全く聞こえななかったりと言う事がよく起こります。
これはBluetoothイヤホンの故障や、イヤホンが悪いと言う訳ではなく、元々Bluetooth4.2以前の規格を採用したBluetoothイヤホンは10m程度しか電波は届きませんし、更に水は電波を吸収してしまうからで、耳にはめたBluetoothイヤホンが水に浸かっただけでも電波は途切れます。

ですから潜水艦は無線で通信する時は海面に浮上しますし、敵を探知したり周囲の状況を知る為に空なら電波を使ったレーダーを使いますが、水中では音波を使ったソナーを使うと言う様に、実は泳ぐ時にイヤホンをして楽曲を聴くと言うのは、そう簡単にできる事ではないのです。

更にイヤホンを身に着けた耳の中に水が入ると、これまた水が音を吸収してしまいますので、元の楽曲のサウンドとはかけ離れてしまいます。

そこで水中と言う悪条件でもクリアなサウンドを再生できる骨伝導イヤホン「Zygo」を今回はご紹介致します。


“精鋭選手のトレーニングにも最適な水中でもクリアなサウンドを楽しむ事ができるワイヤレス骨伝導イヤホン「Zygo」” の続きを読む