外出先でAppleWatchとAirPodsを同時に充電可能なモバイルバッテリー「EIRTOUCH」

AppleWatch Series3やSeries4ではセルラー回線での通信が可能になった為に、AppleWatchの使える場面がとても増えました。
その一番の恩恵がiPhoneなしでの通話やAppleMusicでの音楽鑑賞です。
Series2までのAppleWatchやWiFiモデルのSeries3やSeries4では従来通りiPhoneが側にあるか、WiFiで通信できる範囲内でしかiPhoneにかかって来た電話を受けたり、音楽を聴いたりと言う事ができませんでしたが、セルラー回線に対応した事でジョギングに出る際に走る際に”オモリ”となり邪魔なiPhoneを持って出なくても、ジョギング中に電話に出たり、音楽を楽しむ事ができる様になりました。

ただAppleWatchで音楽を聴くとなりとOSのアップデートと共に普通に使っていればSeries4では約2日は持っていたバッテリーの持ちも常に通信する事で悪くなり、アッと言う間にバッテリーが減ってしまいます。

そこで必要となるのが充電ですが、移動しながら磁気充電ケーブルで充電するのって確かに磁力でAppleWatchにひっついているのでチャージロスはありませんが、あのケーブルを持ち歩くのがうっとうしいですよね。

そこで今回はAppleWatchだけでなくAirPods+αも同時に充電可能なモバイルバッテリー「EIRTOUCH」をご紹介致します。


“外出先でAppleWatchとAirPodsを同時に充電可能なモバイルバッテリー「EIRTOUCH」” の続きを読む

テーブルに穴を開けなくても埋め込めるフラット型Qiワイヤレスチャージャー「Funxim Pro」

ようやくiPhoneもワイヤレス充電が標準装備となりケーブルを差す必要がなくなったにも関わらず、そのワイヤレス充電器はデーンとテーブルの上で幅を効かせていますし、ケーブル充電だった時代はケーブルさえテーブルの上に置いておかなければテーブルの上には何もなくスッキリとしていたのに、ワイヤレス充電にした事でその充電機がテーブルの上の一角を占領する様になりました。

そのお陰でテーブルの掃除がし辛かったり、テーブルが狭くなったり使い辛くなったりして困っておられる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなテーブルの上に乗っているワイヤレス充電器がとても邪魔な方へ、以前の様にスッキリとテーブルの上をフラットにする事ができるQiワイヤレスチャージャー「Funxim Pro」をご紹介致します。


“テーブルに穴を開けなくても埋め込めるフラット型Qiワイヤレスチャージャー「Funxim Pro」” の続きを読む

2つに折り畳め、AppleWatchも充電可能なダブルQiワイヤレス充電可能な10,000mAhモバイル充電器「Gemini Pad」

10月30日に行われた”Apple Special Event”においても、遂にワイヤレス充電パットのAirPowerのリリースやAirPodsのニューバージョンについては一切触れられる事なく終わってしまいましたが、いつまで待っても出る気配のないApple純正のワイヤレス充電器を待っていても仕方ありません。
特にAppleWatchを使っている者にとって磁気充電ケーブルを持ち歩くのはiPhone 8以降、最新のiPhone Xs MAX等もワイヤレスに対応した上にiPhoneがQiワイヤレス充電に対応した事で、モバイルバッテリーもQiワイヤレス充電に対応したものが続々と増えています。
そのおかげでケーブルを持ち歩く必要がなくなったのに、AppleWatchだけの為に磁気充電ケーブルを持ち歩くのも何だか面倒に思える人も多いはずです。

そこで今回はAppleWatchも充電可能なモバイルバッテリー「Gemini Pad」をご紹介致します。


“2つに折り畳め、AppleWatchも充電可能なダブルQiワイヤレス充電可能な10,000mAhモバイル充電器「Gemini Pad」” の続きを読む

チューナーにもメトロノームにも騒音メーターとしても使えるスマートウォッチ「Soundbrenner Core」

スマートフォン用の楽器の音を調整するチューナーアプリやビート、テンポを刻むメトロノームアプリはたくさんあり、そのアプリの中の一部は何とAppleならAppleWatchに対応したものもあり、画面をミラーリングさせてAppleWatchにチューニングの状態やテンポを表示させたりする事ができるものもあります。
ただこれは目の前に置いたiPhoneの表示を腕にはめたAppleWatchで見ることができる様にしているだけで、実際にAppleWatchのアプリが独自にAppleWatchのマイクで音を拾って音を解析したり、メトロノームの様にビートを刻んでいるわけではありません。

ですが、腕にはめたスマートウォッチを見ながら調整や練習ができると言うのはとても便利で、そう言うスマートウォッチがリアルに発売されないかと心待ちにされている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんなミュージシャンの方が登場するのを待ち望んでいたリアルにスマートウォッチ単体でチューニングでき、メトロノームの様にビートを刻める「Soundbrenner Core」をご紹介致します。


“チューナーにもメトロノームにも騒音メーターとしても使えるスマートウォッチ「Soundbrenner Core」” の続きを読む