iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」

iPhone、AirPods、AppleWatchをスッキリと充電する事ができるApple純正のワイヤレス充電器AirPowerは最近は段々とAppleの公式サイトからもフェードアウトしかけており、リリースさせる様な気配を全く見せていませんが、いつまでもAirPowerを待っているわけにはいきません。
何故ならデスク回りを見渡すとたくさんの充電ケーブルや充電器が散乱しているからです。
特に充電ケーブルやApplwWatchの磁気充電器はある特定の決まった場所に置いておくと言う事ができませんので、デスクの上にウネウネとヘビがとぐろを巻く様に丸めて置いておくしかありません。

それをスッキリと1本のケーブルだけでスッキリと充電できる様にするはずだったAirPowerは未だに登場する気配すらなく、もう待ていられないと言う方にiPhone、AppleWatch,AirPodsの3つを同時にワイヤレス充電可能な充電トレイ「GAZE TRAY」を今回はご紹介致します。


“iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」” の続きを読む

スマホやプレイヤーがなくても音楽を楽しむ事ができる4GLTE通信・ハイレゾ音源対応ワイヤレスヘッドホン「Debussy」

ちょうど昨年の9月に発売されましたAppleWatch Series3よりAppleWatch単体でLTE通信する事ができ、iPhoneがなくてもランニング中に音楽を聴く事ができたり、通話したりと言った事ができる様になりました。
これはAppleWatchが発売された頃からAppleWatchユーザーが夢見ていた機能で、重いiPhoneを持たずにランニングに出かけ、AppleWatchとAirPodsでAppleMusicを楽しみながらランニングできるのは非常に快適です。

ただAppleWatchで聞く事のできるミュージック配信サービスは今のところAppleMusicとSpotifyだけで、中にはAmazon Musicや最近サービスが開始されて3ヶ月は無料でお試し可能なYouTube Musicの方が良いと言う方もおられるでしょう。

そう言う方に今回はヘッドホン単体で音楽のストリーミング配信を楽しむ事のできるオーバーヘッド型のヘッドホン「Debussy」をご紹介致します。


“スマホやプレイヤーがなくても音楽を楽しむ事ができる4GLTE通信・ハイレゾ音源対応ワイヤレスヘッドホン「Debussy」” の続きを読む

時計機能重視ならやっぱり常時見えるアナログ時計がいいよね、と言う方のためのスマートウォッチ「Timepiece」

スマートウォッチを持って分かる事は、時刻が非常に確認し辛い事です。
スマートウォッチはE-Inkディスプレイ(電子ペーパー)を搭載されたもの以外はディスプレイを点灯させておくだけでバッテリーを消費し続けてアッと言う間にバッテリー切れを起こして使えなくなってしまう為に時計の盤面を見ると言うアクションを起こした時にだけ点灯する様になっています。

その為に中途半端な位置、例えばポケットに入れた手を少しだけ回してチラッとスマートウォッチの盤面を見るだとか、車のハンドルに置いた手にはめたスマートウォッチを覗き込んで時刻を確認すると言った様な、昔の腕時計では当たり前の様にできていたチラ見が今のスマートウォッチではできません。

ですのでスマートウォッチの使い方としては、時刻の確認、スマートフォンへの着信やメッセージの通知、フィットネストラッカーと言う機能を中心に使っておられる方が大半です。

そこで、一番よく使う機能に絞って作られたスマートウォッチ「Timepiece」をご紹介致します。


“時計機能重視ならやっぱり常時見えるアナログ時計がいいよね、と言う方のためのスマートウォッチ「Timepiece」” の続きを読む

これ1台持っていると超安心!!バックアップまで可能な全ての充電方式に対応しているモバイルバッテリー「LUGO」

充電用のケーブルまでをも内蔵したタイプのモバイルバッテリーが最近増えて来ていますが、みなさんは使った事がありますか?
このタイプのモバイルバッテリーはケーブルを忘れても元からケーブルが内蔵されていますので、充電用ケーブルを忘れても全く問題ありませんし、iPhoneユーザーの方がAndroidを使っている方のバッテリーが切れそうで困っている時にも助けてあげる事ができます。

ただ1つ、ケーブルの長さがそんなに長くないので、モバイルバッテリーとスマートフォンを抱き合わせて持って充電しながら使うと言う使い方をしなければなりませんので、そう言う点では使い辛いのですが、何と言っても荷物が減る上にモバイルバッテリーだけ持って出れば充電できると言う安心感があります。

そして今回はそれにプラスして128GByteのフラッシュメモリを搭載したモバイルバッテリー「LUGO」をご紹介致します。

“これ1台持っていると超安心!!バックアップまで可能な全ての充電方式に対応しているモバイルバッテリー「LUGO」” の続きを読む

外出先でAppleWatchとAirPodsを同時に充電可能なモバイルバッテリー「EIRTOUCH」

AppleWatch Series3やSeries4ではセルラー回線での通信が可能になった為に、AppleWatchの使える場面がとても増えました。
その一番の恩恵がiPhoneなしでの通話やAppleMusicでの音楽鑑賞です。
Series2までのAppleWatchやWiFiモデルのSeries3やSeries4では従来通りiPhoneが側にあるか、WiFiで通信できる範囲内でしかiPhoneにかかって来た電話を受けたり、音楽を聴いたりと言う事ができませんでしたが、セルラー回線に対応した事でジョギングに出る際に走る際に”オモリ”となり邪魔なiPhoneを持って出なくても、ジョギング中に電話に出たり、音楽を楽しむ事ができる様になりました。

ただAppleWatchで音楽を聴くとなりとOSのアップデートと共に普通に使っていればSeries4では約2日は持っていたバッテリーの持ちも常に通信する事で悪くなり、アッと言う間にバッテリーが減ってしまいます。

そこで必要となるのが充電ですが、移動しながら磁気充電ケーブルで充電するのって確かに磁力でAppleWatchにひっついているのでチャージロスはありませんが、あのケーブルを持ち歩くのがうっとうしいですよね。

そこで今回はAppleWatchだけでなくAirPods+αも同時に充電可能なモバイルバッテリー「EIRTOUCH」をご紹介致します。


“外出先でAppleWatchとAirPodsを同時に充電可能なモバイルバッテリー「EIRTOUCH」” の続きを読む

テーブルに穴を開けなくても埋め込めるフラット型Qiワイヤレスチャージャー「Funxim Pro」

ようやくiPhoneもワイヤレス充電が標準装備となりケーブルを差す必要がなくなったにも関わらず、そのワイヤレス充電器はデーンとテーブルの上で幅を効かせていますし、ケーブル充電だった時代はケーブルさえテーブルの上に置いておかなければテーブルの上には何もなくスッキリとしていたのに、ワイヤレス充電にした事でその充電機がテーブルの上の一角を占領する様になりました。

そのお陰でテーブルの掃除がし辛かったり、テーブルが狭くなったり使い辛くなったりして困っておられる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなテーブルの上に乗っているワイヤレス充電器がとても邪魔な方へ、以前の様にスッキリとテーブルの上をフラットにする事ができるQiワイヤレスチャージャー「Funxim Pro」をご紹介致します。


“テーブルに穴を開けなくても埋め込めるフラット型Qiワイヤレスチャージャー「Funxim Pro」” の続きを読む

2つに折り畳め、AppleWatchも充電可能なダブルQiワイヤレス充電可能な10,000mAhモバイル充電器「Gemini Pad」

10月30日に行われた”Apple Special Event”においても、遂にワイヤレス充電パットのAirPowerのリリースやAirPodsのニューバージョンについては一切触れられる事なく終わってしまいましたが、いつまで待っても出る気配のないApple純正のワイヤレス充電器を待っていても仕方ありません。
特にAppleWatchを使っている者にとって磁気充電ケーブルを持ち歩くのはiPhone 8以降、最新のiPhone Xs MAX等もワイヤレスに対応した上にiPhoneがQiワイヤレス充電に対応した事で、モバイルバッテリーもQiワイヤレス充電に対応したものが続々と増えています。
そのおかげでケーブルを持ち歩く必要がなくなったのに、AppleWatchだけの為に磁気充電ケーブルを持ち歩くのも何だか面倒に思える人も多いはずです。

そこで今回はAppleWatchも充電可能なモバイルバッテリー「Gemini Pad」をご紹介致します。


“2つに折り畳め、AppleWatchも充電可能なダブルQiワイヤレス充電可能な10,000mAhモバイル充電器「Gemini Pad」” の続きを読む

チューナーにもメトロノームにも騒音メーターとしても使えるスマートウォッチ「Soundbrenner Core」

スマートフォン用の楽器の音を調整するチューナーアプリやビート、テンポを刻むメトロノームアプリはたくさんあり、そのアプリの中の一部は何とAppleならAppleWatchに対応したものもあり、画面をミラーリングさせてAppleWatchにチューニングの状態やテンポを表示させたりする事ができるものもあります。
ただこれは目の前に置いたiPhoneの表示を腕にはめたAppleWatchで見ることができる様にしているだけで、実際にAppleWatchのアプリが独自にAppleWatchのマイクで音を拾って音を解析したり、メトロノームの様にビートを刻んでいるわけではありません。

ですが、腕にはめたスマートウォッチを見ながら調整や練習ができると言うのはとても便利で、そう言うスマートウォッチがリアルに発売されないかと心待ちにされている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんなミュージシャンの方が登場するのを待ち望んでいたリアルにスマートウォッチ単体でチューニングでき、メトロノームの様にビートを刻める「Soundbrenner Core」をご紹介致します。


“チューナーにもメトロノームにも騒音メーターとしても使えるスマートウォッチ「Soundbrenner Core」” の続きを読む