Android端末からWiFi経由で投影できる、タッチペン付き80インチプロジェクター「TouchPico」

Indiegogoに何とも先進的なプロジェクターが登場した。80インチのポケットサイズのプロジェクターは既に
製品が世の中に出回っているが、その接続方法と付属のタッチペンが面白い

このプロジェクター、普通にHDMI入力も備えているのだが、WiFiでスマホと接続して、Android端末の画面をそのまま
プロジェクター画面に投影したり、YouTubeなんかもストリーミング再生できたりする

そしてこのTouchPicoの最大の特徴はタッチペンだろう。このタッチペンのトラッキングを行い、プロジェクターで投影した
壁面をこのタッチペンで動かすだけで、ペン入力が可能なのだ!!

このアイデアが画期的!!

プロジェクターはあくまで映像を投影する機械であって、入力デバイスではなかった。だかこのTouchPicoは入力デバイス
としての機能も有しているところがすごい

“Android端末からWiFi経由で投影できる、タッチペン付き80インチプロジェクター「TouchPico」” の続きを読む

市販のLED電球や電球型蛍光灯も調光できるアダプタ「emberlight」

Kickstarterに市販の調光できるLED電球や、蛍光灯型電球、もちろん普通の白熱球も調光できるE26/27アダプタへの
投資の募集が開始された。

E26/27対応と言う事は、日本でも使用可能と言う事になる。

このアダプタは、WiFiでネットと繋がり、またBluetoothで直接、スマホとも連携可能。バルブソケットにこのアダプタを取付け
電球をこのアダプタに取り付ける事により調光が可能となる。もちろん、ON/OFFも可能


“市販のLED電球や電球型蛍光灯も調光できるアダプタ「emberlight」” の続きを読む

一眼レフをスマホでコントロールできる「CASE Remote」

iPhone,iPad,Andoridスマホ、タブレットから、一眼レフ(Canon EOSやNikon Dシリーズ)をコントロールできるデバイスがindiegogoに登場した

どんなデバイスなのかサクッっと解説すると、EOSやNikon DシリーズをPCに接続してそれぞれ専用ソフトで、撮影や、カメラに入っているメモリーの
画像閲覧、そしてLive ViewがiPadやスマホでできると言うデバイスだ!!

旧バージョンがあったようだが、新しくリニューアルしての登場となり、ハードウェアのスペックも上がって、連続稼働時間も5時間と、スタジオ撮影にも
耐えられる長さになっている。

“一眼レフをスマホでコントロールできる「CASE Remote」” の続きを読む

Androidスマホに2ndディスプレイをプラスするE Inkディスプレイ「InkCase Plus」

省電力な白黒ディスプレイユニットを使った、Andoridスマホ用サブディスプレイがKickstarterに登場した

E-Inkを遣ったデバイスとしては身近で多く出回っている!?ものとしてはKoboとかがあるが、画面の状態を
記憶し、リフレッシュする時にしか電力を消費しないので、省電力なディスプレイで、なおかつ薄いので、
白黒だが、重宝するディスプレイだ。

なのでこのInkCase Plusも45gと言う軽さと19時間の連続稼働、7日間の連続待ち受けを実現している。

 

“Androidスマホに2ndディスプレイをプラスするE Inkディスプレイ「InkCase Plus」” の続きを読む

高速度カメラリモコン「MIPOS」

Kickstarterで募集が開始されたカメラ用のリコモンが素晴らしい!!

何が素晴らしいかって!?10コマ/秒とか、連続撮影できないようなカメラでも、高速度撮影ができるのだ!!

まずは↓このプロモーションを見て欲しい
“高速度カメラリモコン「MIPOS」” の続きを読む

ペン先1.9mmのタブレット用スタイラスペン「DotPen」登場

少し前に同じ様なコンセプトのペン「Darf」を紹介したと思うが、

https://www.kickstarter.com/projects/michaelmajid/next-generation-stylus-for-ipad-the-dart-with-2mm

今度はペン先1.9mmの同じコンセプトの商品の募集がKickstarterで始まった

スマホのディスプレイのタッチセンサーは、指先の静電気を読み取って、どこがタップされているのか座標を得ている
なので、電荷を帯びないものには反応しない

タッチペンなどはペン先が細くなると帯電しないでの、認識しない。なので一般的に売られているタッチペンのペン先は太い

“ペン先1.9mmのタブレット用スタイラスペン「DotPen」登場” の続きを読む

プログラミング不要なセンサーボード「McThings」

ArduinoでもPiでもmbedでも、C++やC##なんかでプログラミングが必要だ

しかし、そんな面倒な言語は覚えなくて、ソフトで、各I/Oポートの設定や動作がプルダウンメニューで
設定でき、Bluetoothでインタフェースボードと繋がり、インタフェースボードはWiFiでネットと繋がっている

“プログラミング不要なセンサーボード「McThings」” の続きを読む

タブレット用!!ペン先2mmの極細スタイラスペン「Darf」

細い線が描けるスタイラスペンのプロジェクトがKickstarterで始まった!!

通常、スタイラスペンって言うと指の太さくらいないとちゃんとパネルが認識しないので5mmとか8mmとかあるのだが、
こいつはペン先2mm!!!と超極細なのだ!!

細いからペン先を置いた下の画面が見えるし、位置決めも容易。なおかつ細かいブラッシング作業等ができて、すごい

“タブレット用!!ペン先2mmの極細スタイラスペン「Darf」” の続きを読む

硬度9H、厚さ0.26mmのスクリーンプロテクター「KABLAM」

Kickstarterで見つけた、保護フィルムの性能がすごい

プロモを見てもらえるとわかるのだが、硬度9Hなので、ハンマーで叩いても平気
高い所から落としても割れない

このあたりはよぉ~くわかる

何せ硬度9Hなのだから。

“硬度9H、厚さ0.26mmのスクリーンプロテクター「KABLAM」” の続きを読む

近赤外線分光分析装置「SCiO」の募集が終わった

私がその素晴らしさに魅せられて投資した、近赤外線分光分析装置の募集が一昨日終わった。

そして何と集めた資金が約280万ドル!!!約3億円近く!!!すげーーーーーーー

これだけの資金があれば、きっとスタッフもいっぱい集められるから、完成も早いのではないか?と思いつつ、一応、
配送が12月になっているので12月を楽しみに待っておこう。


“近赤外線分光分析装置「SCiO」の募集が終わった” の続きを読む