時計機能重視ならやっぱり常時見えるアナログ時計がいいよね、と言う方のためのスマートウォッチ「Timepiece」

スマートウォッチを持って分かる事は、時刻が非常に確認し辛い事です。
スマートウォッチはE-Inkディスプレイ(電子ペーパー)を搭載されたもの以外はディスプレイを点灯させておくだけでバッテリーを消費し続けてアッと言う間にバッテリー切れを起こして使えなくなってしまう為に時計の盤面を見ると言うアクションを起こした時にだけ点灯する様になっています。

その為に中途半端な位置、例えばポケットに入れた手を少しだけ回してチラッとスマートウォッチの盤面を見るだとか、車のハンドルに置いた手にはめたスマートウォッチを覗き込んで時刻を確認すると言った様な、昔の腕時計では当たり前の様にできていたチラ見が今のスマートウォッチではできません。

ですのでスマートウォッチの使い方としては、時刻の確認、スマートフォンへの着信やメッセージの通知、フィットネストラッカーと言う機能を中心に使っておられる方が大半です。

そこで、一番よく使う機能に絞って作られたスマートウォッチ「Timepiece」をご紹介致します。


“時計機能重視ならやっぱり常時見えるアナログ時計がいいよね、と言う方のためのスマートウォッチ「Timepiece」” の続きを読む

最大2年も充電不要で使えると言う驚異的なバッテリーパフォーマンスを持ったE-Inkスマートウォッチ「GLIGO」

AppleWatchが初めてリリースされたのが2015年4月。それから3年弱経過しましたが、AppleWatchはLTE回線に対応した以外は大幅なイノベーションはなく、昨年末にLTE回線に対応してiPhoneとの呪縛から解き放たれた時は初代AppleWatchの倍以上の出荷台数がありましたが、それ以外の期間はそんなに多くは売れていません。

おそらくこの原因はスマートウォッチ単体でできる事がとても限られているからに他なりません。LTE回線に対応したAppleWatchシリーズ3は、それ単体で音楽のストリーミング再生や通話、メッセージの受信等ができる様になりましたので、おそらくそれが売れた要因なのでしょうが、スマートフォンと同じ様に使えるのか?と言えばそうではなくやはりデバイスの小ささにより制約が大きく、あれこれできるわけではありません。

そこで、あえてできないのなら、スマートウォッチが持つ問題点のバッテリー寿命を何とかしようと言うコンセプトで生まれたのが今回紹介します「GLIGO」です。

“最大2年も充電不要で使えると言う驚異的なバッテリーパフォーマンスを持ったE-Inkスマートウォッチ「GLIGO」” の続きを読む

約4ヶ月もバッテリー交換が不要な30M防水スマートウォッチ「Stark」

 スマートウォッチを持っている方にスマートウォッチをどの様な使い方をしているのか聞いてみると、およそほとんどの方がスマートフォンの通知の確認用だと答えます。
その通知も電話の着信、メールやSNS,スケジュールの通知を確認する為と言う方がほとんどで、スマートウオッチのタッチパネルを操作するのはこの先の予定をスクロールして見る時かSNSの通知ですぐに読む必要のあるメッセージのみで、後は時刻の確認蔵にしか使用しないとの事です。

 と言うことは通知を受け取れて時間さえ確認できれば良いと言う事になり、それならばとバッテリーの電力を大量に消費するディスプレイを取り除き通知(アラート)のみに特化したのがこの「Stark」です。


“約4ヶ月もバッテリー交換が不要な30M防水スマートウォッチ「Stark」” の続きを読む

サファイヤガラスを採用しボディーはカーボンファイバーのわずか63gの腕時計「Black Kite」

お気に入りの腕時計をしていてその時計を落としたりぶつけたりして時計が傷ついて、すっごく落ち込んでしまったって経験はありませんか?
どんな素材でも相手の素材の硬度(硬さ)が勝っていれば劣っている方は何かしらのダメージを受けてしまいます。それを防止する為にはスマートフォンの様にケースをつけたり保護フィルムや保護ガラスを貼るのがベストなのですが、それって腕時計には似つかわしくありませんよね(AppleWatch用には保護ガラスやバンパーケース等も出ていますが)。

ではどうしたらいいか?ダイヤモンドとまでは行かなくて、それに近い強度を持つ素材を使って作れば当てたり擦ったりしても傷つくこともありません。

そんな強度の強い素材を使ってつくったアナログ腕時計がこの「Black Kite」です。


“サファイヤガラスを採用しボディーはカーボンファイバーのわずか63gの腕時計「Black Kite」” の続きを読む