なかなか寝付けない、そんな夜にそっと枕の下に入れる安眠スピーカー「Dreampad 2.0」

夜なかなか寝付けないと言う事がみなさんにもあるかと思いますが、そう言う時って何か不安な事があったり、イライラとしていたりする事が大半で、中には楽しい事がありワクワクして興奮して眠る事ができないと言う方もおられるでしょう。
そう言う時、心を落ち着ける為に音楽を聴いたりしますが、今回はそう言う夜寝付けない時に心安らかにしてくれるスピーカー「Dreampad 2.0」をご紹介致します。


“なかなか寝付けない、そんな夜にそっと枕の下に入れる安眠スピーカー「Dreampad 2.0」” の続きを読む

目が疲れる、しょぼしょぼすると言った時に手軽に使える温熱・加圧マッサージャー「iFan Smart Eye Massager」

疲れ目でよく目薬を差したり、温熱効果のあるアイマスクを使用される方は多いかと思います。
特に目の周りを温めるアイマスクは、寒いこ時期はポカポカと暖かく、ついつい寝入ってしまいそうになりますし、眼の周りが温かくなると非常に気持ちが良いので目に不快感がなくてもついついやりたくなりますが、結構この温熱アイマスクってお高いんですよね……

そこで今回は繰り返し何度でも使えゴミも出ない「iFan Smart Eye Massager」をご紹介致します。


“目が疲れる、しょぼしょぼすると言った時に手軽に使える温熱・加圧マッサージャー「iFan Smart Eye Massager」” の続きを読む

睡眠のコントールからサウンドコントロールまでトータルにコーディネイトする「Auri」

快眠・快床は健康のバロメータですが、みなさんは布団やベッドに入った時にすぐに眠りに落ち、そして翌朝スッキリと起きる事ができていますか?
よくスマートフォンを寝る前に操作していると眼が冴えて眠る事ができないと言われますが、これは正解です。
人間はブルーライトの成分を含む朝日を浴びるとメラトニンと言う睡眠誘導物質の分泌が抑制されて目覚め、夕日に含まれる赤い光を浴びるとメラトニンの分泌が促進され、より快適に眠りに着く事ができます。

そこで今回は照明の光をコントロールする事で日常スッキリとした気分で過ごす事のできる「Auri」をご紹介致します。

“睡眠のコントールからサウンドコントロールまでトータルにコーディネイトする「Auri」” の続きを読む

狭いワンルームマンションでも設置場所を取らないので気軽に買えるレコードプレイヤー「DUO」

みなさんはレコードって知っていますか?見た事がありますか?聴いた事がありますか?
SONYが今年に入ってレコードのプレスを再開したのは、レコードの復活を如実に示しているものかもしれません。
ですがそのレコードプレイヤー、LPレコードのサイズは直径30cm、そのレコードを載せるターンテーブルはそれ以上の大きさがあり、そして回転するターンテーブルを乗せる台はそれ以上の大きさになりますから、その大きさは15インチのノートPCよりも大きくレコードプレイヤーを置くと6畳程度の部屋ではかなりのスペースを占める事となり、レコードに興味はあっても手を出せないでおられる方は多いのではいでしょうか?

ただレコードプレイヤーの中には縦型のプレイヤーも数は少ないのですがありますし、縦型なら接地面積も取りませんが、今回紹介しますレコードプレイヤー「DUO」ならデスクの引き出しに入れて収納する事もでき、聴きたい時にだけ取り出して演奏する事ができますので更に便利です。


“狭いワンルームマンションでも設置場所を取らないので気軽に買えるレコードプレイヤー「DUO」” の続きを読む

外出先ではBluetooth5.0対応イヤホンとして、そして自宅ではBluetoothスピーカーとして使える「BOLT」

Bluetoothの音質を決める1つの要素にオーディオコーディックと言うものがあります。
これは画像で言うとgifなのかjpegなのかbitmapと言った画像ファイルを圧縮して保存する規格のオーディオ版で、決まった通信スピードの中でいかにサウンドを高音質の状態で圧縮して送るかと言う規格で、Androidの主流はapt-Xとその上位規格になり、これはクアルコムと言うメーカーが作っています。
一方、Appleが作るiPhoneはAACと言う独自の規格をずっと使っておりiPhone Xs/ Xs Max/Xrにおいてもそれは同様、aptXがいつiPhoneに採用されるのか待っているユーザーにとっては悲報でしかないのですが、最近のクアルコムとAppleの関係を見るとiPhoneに搭載されている通信チップがクアルコムからインテルに変更されているのを見ると、おそらくatpXの搭載はないでしょう。
そこでiPhoneユーザーが重要になるのはBluetoothイヤホンやヘッドホンがオーディオプロファイルAACに対応しているか否かで、今回はそのオーディオプロファイルAACに対応し、充電機能付きのキャリングケースが何とBluetoothスピーカーにもなるちょっと変わった「BOLT」をご紹介致します。


“外出先ではBluetooth5.0対応イヤホンとして、そして自宅ではBluetoothスピーカーとして使える「BOLT」” の続きを読む

ペットボトルに取り付けるだけでシャカシャカ鳴っていたスピーカーがズンズンと鳴り響く重低音スピーカーへと変身する「Sodapop」

最近のBluetoothポータブルスピーカーは小型化・高出力化されて、ちょっとした集まりで使うのには持ち運ぶのも楽で良いのですが、音質的にはイマイチです。
それはステレオに接続されたボックススピーカーを頭の中でイメージしてもらえばわかります。
メインスピーカーやツイーターと言った中高音域の再生に使われるスピーカーは小さいのに、ウーファーと言った重低音を出すスピーカーはめっちゃ大きいですよね。
これは音の周波数とスピーカーの特性に深く関わりがあります。
スピーカーの音を出す振動板にはコイルと磁石が内蔵されており、コイルに電気を流す事で磁石がコイルに引きつけられ振動板が引っ張られ、そして電流をカットする事で振動板が元に戻ります。この時にこの振動板の揺れが空気の振動(風の様なものですね)となり音波となって耳に届くのですが、小さなスピーカーはこの揺れが小さく大きな音を出す事はできません。
一方大きなスピーカーはゆっくりと振動板が戻るので低い周波数の音を出す事に適しています。

と言う様に小さなイヤホンがシャカシャカとした高音域の音しか出ないのはこう言う理由からです。

そして今回紹介する「Sodapop」は小さなスピーカーが出す事の苦手な低温をペットボトルを利用する事で出す事に成功した画期的なスピーカーなのです。


“ペットボトルに取り付けるだけでシャカシャカ鳴っていたスピーカーがズンズンと鳴り響く重低音スピーカーへと変身する「Sodapop」” の続きを読む

手のひらサイズながら音質に拘った、IPX7防水ワイヤレス・ステレオスピーカー「NstaJam」

お風呂の中で音楽を楽しむ習慣があると言う方、いくら防水性能を持ったスマートフォンだとしても気を付けた方が良いですよ、もしかすると湯船の中に落とすとお湯がスマトーフォンの中に入って来るかもしれませんよ!!

と言いますのも、そもそも防水試験と言うのは常温の真水でテストされているからです。ですからテストされていない海水であるとかお湯の中にドボンと浸けてしまうと液体がスマートフォン内部に侵入しないとも言い切れないからです。

通常、数十メートル防水を謳う様な防水腕時計の場合、裏蓋と時計本体との隙間にはゴムパッキンと言ってホースをリング状にした様なものが入っており、蓋を閉めると蓋と本体との隙間の中でこのパッキンが変形して隙間を完全に埋める様な状態になりますので水は入りません。
一方スマートフォンの防水には水が浸入する隙間部分にガスケットシールと言う薄っぺらなゴムを粘着剤で貼り付ける事で防いでいるのですが、熱や液体に含まれる成分によってこの粘着剤が弱くなりその弱くなった部分から液体が浸透する可能性がある事と、落下させてケースが変形して隙間が生まれてしまうと、元々ガスケットは隙間に差し込んでいる様なものなので、ガスケットが膨らんでできた隙間を埋める様な効果はないので、その隙間から液体が侵入するかもしれないからです。

ですからお風呂場にはスマートフォン本体ではなく防水性のワイヤレススピーカーを持ち込むのがオススメで、今回は音質に拘ったIPX7防水のBluetoothスピーカー「NstaJam」をご紹介致します。


“手のひらサイズながら音質に拘った、IPX7防水ワイヤレス・ステレオスピーカー「NstaJam」” の続きを読む

自然と調和したナチュラルな臨場感のあるサウンドが楽しめる身に着けるBluetoothスピーカー「Zulu Wearable Bluetooth Speakers」

少し前、SONYから”Xperia Ear Duo XEA20”と言う耳を塞がずに周囲がざわざわと騒がしい状態であってもアクティブノイズキャンセラー等の技術を使わずにクリアなサウンドを耳へ届けるヘッドホンが話題になっていましたが、やはり耳を塞ぐと言うのは周囲の音による危険性を察知できないばかりか、ヘッドホンをしたまま自転車に乗ると言うのは日本では違法行為に当たりますのでこれからはこう言う耳を塞がない、自然と調和するイヤホンが今年はトレンドになる予感がします。

そんな流れの中で今回は身に着け事で耳を塞がないワイヤレスBluetoothスピーカー「Zulu Wearable Bluetooth Speakers」をご紹介致します。


“自然と調和したナチュラルな臨場感のあるサウンドが楽しめる身に着けるBluetoothスピーカー「Zulu Wearable Bluetooth Speakers」” の続きを読む

大型のボタンを配置し、手袋をしたままでの操作もし易いGARMINマウント対応Bluetoothスピーカー「52 SPEAKER」

サイクリングに出かけるのにはとっても良い季節になり、休日になればサイクルロードを走りに行かれる方も多い事だと思います。
ただサイクルロードと言えども自転車に乗っている時にイヤホンを装着して音楽を聴きながら走行するのは道路交通法違反です。

だからと言って一人で黙々とペダルを漕ぎ続けるのも味気ないですし、ビートの効いたサウンドや、大好きなアーティストの楽曲を聴きながら走った方がペダルを漕ぐ足も軽やかになると言うものです。

そこで自転車走行中でもクリアにサウンドを楽しむ事ができるBluetoothスピーカー「52 SPEAKER」を今回はご紹介致します。


“大型のボタンを配置し、手袋をしたままでの操作もし易いGARMINマウント対応Bluetoothスピーカー「52 SPEAKER」” の続きを読む

”Amazon Echo Dot”を最高の音質に引き上げるハイレゾ音源対応「UPstage 360」

Amazonから昨年末にリリースされたAIスピーカー”Amazon Echo”、プライム会員であればお手頃価格でしたので、一番安価な”Amazon Echo Dot”をお試しに買って使ってみたけど、最近はあまり使っていないと言う方も多いのではないでしょうか?
と言いますのもスキルと言って”Amazon Echo”をより便利に拡張するアプリ!?の様なものは続々とリリースされているのですが、これは自らスマートフォン等を使って探して来て有効化しなければならず、普通のそう言う仕組みを分かっていない方にとってはかなりハードルの高い操作で、Amazonミュージックで音楽を再生するも、音質がいまいちだし、結局買ってみたけど最近は”アレクサ”とも呼びかけていないと言う方もおられるはず。

そんな”Amazon Echo Dot”を既に眠らせている方に是非ともオススメしたいハイレゾ音源再生対応のスピーカー「UPstage 360」を今回はご紹介致します。


“”Amazon Echo Dot”を最高の音質に引き上げるハイレゾ音源対応「UPstage 360」” の続きを読む