安定した平置きもok!!スマートフォンやタブレットに貼り付ける厚さ5mmの伸縮式スタンド「MOFT X」

iPadのケースは発売当初から横置きの時だけですがスタンドにもなる様に設計されていましたが、最近はスマートフォン向けのケースでもスタンドを出せば自立する様になるものがあったり、後から貼り付けられるものが出て来たりと様々なものが登場しています。

その中で使い易い、使い勝手が良いスタンドとなるとどう言ったタイプのものが挙げられるかと言いますと、まず縦置き横置きとどちらの向きにもする事ができるもの、そしてテーブルの上等に平置きした状態で画面をタッチして操作した時にガタガタと動かず安定した状態で置く事ができるものです。

もちろん縦置き、横置きした状態で画面をタッチして操作した時に安定している方が良いに超した事はありませんが、スタンドを使う様な時は画面をじっくりと見ると言う方が多く画面をタッチすると言う操作は少なくなるので、とりあえず安定して立っていれば良いでしょう。

そう言う条件を全て満たすスマートフォンやタブレットのスタンドとなると数は非常に少なく、今回はその中でもオススメな「MOFT X」をご紹介致します。

“安定した平置きもok!!スマートフォンやタブレットに貼り付ける厚さ5mmの伸縮式スタンド「MOFT X」” の続きを読む

ノートPCからスマートフォン、タブレットまで幅広く使える貼って剥がせる折り畳みスタンド「Tesmo」

最近カフェで、ノートPCを開いて仕事をしている中で、ノートPC用のスタンドにノートPCを立てかけて仕事されている方を見かける事がちらほらと出て来ましたが、このちょっとした角度が身体へ負担を劇的に軽減するって事はみなさんご存じですか?

と言いますのも、人間の頭の重さと言うのはおよそ体重の10%と言われています。つまり体重50kgの方であれば頭の重さは5kgとなり、前方を直視していれば首にかかる負担はそのまま5kgのままなのですが、ちょと下目になって15°程度の角度がつくと負担は2倍に、30°だと3倍、45°で約4倍、60°だと約5倍にまで増えるのです。

つまりテーブルの上に置いたPCは上から覗き込む様な格好になりますので首の角度はおよそ45°〜60°のあたりとなり体重50kgの方であれば20kg〜25kgもの負担が首に筋肉にかかっており、小学校低学年の子どもさんをずっと肩車している状態とほぼ変わらない事になるのですから、当然肩凝りは酷くなりますよね。

そこでディスプレイの位置を上げてやれば下を向く角度が浅くなり首への負担が少なくなる事からノートPCスタンドを使う方が増えている訳です。

その中でもポータビリティ性とリユース性に優れた折り畳みスタンド「Tesmo」を今回はご紹介致します。

“ノートPCからスマートフォン、タブレットまで幅広く使える貼って剥がせる折り畳みスタンド「Tesmo」” の続きを読む

タブレットをを持ちすぎて腱鞘炎になった貴方に!!脱着可能なタブレット用リング「Handle Plus」

仕事で顧客にタブレットを片手に持ち説明したり、タブレットを持ちながら作業をする様な方の多くは重いタブレットを長時間、指で挟んで持ったり掌で挟み込む様な感じで持つ事で手首を痛めたり、腱鞘炎になったりする方がおられます。
そうなるとタブレットを片手で持つと不意に痛みが走った時も思わずタブレットを持つ手が緩んでタブレットが落下…..地面が絨毯の様な柔らかい場所だと良いのですが、アスファルトやコンクリートだと最悪は画面がバキバキに割れて高価な修理費を払う羽目になります。

そしてそれがもし自分で買ったものなら、ちょっと立ち直れませんよね。そこでそう言う事にならない為の保険としても有効なタブレット用リング「Handle Plus」を今回はご紹介致します。


“タブレットをを持ちすぎて腱鞘炎になった貴方に!!脱着可能なタブレット用リング「Handle Plus」” の続きを読む

初心者必見!!スマートフォンやタブレットが手取り足取り指導してくれるルービックキューブ「GoCube」

ルービックキューブは1974年に登場した立体パズルで、その当時は一家に1つあるくらい超流行った立体パズルで、今でも世界大会があったり日本でも毎年いくつかの大会が開かれるなど、根強い人気を誇っている立体パズルです。
そんなルービックキューブを揃えるには決まった法則があり、それを覚えさえすれば誰にでも簡単に1面あたり3×3のマスを6面揃える事ができるのですが、その揃える法則がタイルの位置によって何パターンか存在し、それをうまく順序よく組み合わせて使っていればスピードも上がって来て大会に出て入賞ができるレベルにまで上り詰める事ができるのですが、自分一人で練習していても最初はコツがつかめなければなかなか上達しませんし、コツがつかめたとしてもどこで間違っていたのか、その間違いに気付かなければ何度も同じ事を繰り返さなければならず時間ばかりを浪費してしまいます。

そこで今回はこれからルービックキューブを初めてみよう!!と言う方や、ルービックキューブのスピードを極めたいと言うプロフェッショナルな方まで幅広い層の方に使っていただけるルービックキューブ「GoCube」をご紹介致します。


“初心者必見!!スマートフォンやタブレットが手取り足取り指導してくれるルービックキューブ「GoCube」” の続きを読む

山となって積まれた充電中のスマホやタブレットを目にするのが嫌な方へ、施錠可能なチャージング・ケース「Modfamily Ehive」

あなたのご自宅ではスマートフォンやタブレットの充電は各個人の部屋で各自充電されているパターンですか?
それともリビング等の決めた場所で充電する様に決めているパターンですか?

もし後者なら、雑然と置かれたスマートフォンやタブレット、そしてホコリが隙間にたまっていても複雑に絡み合ったケーブルを解かないと除去できないほどに団子状態になったケーブル、こう言う騒然な状況を見るのが嫌な方へ、今回はその雑然とした充電スペースをスッキリと整理整頓させれくれる充電ケース(充電ケース)「Modfamily Ehive」をご紹介致します。


“山となって積まれた充電中のスマホやタブレットを目にするのが嫌な方へ、施錠可能なチャージング・ケース「Modfamily Ehive」” の続きを読む

RaspberryPiを10インチタブレットにするだけでなく、センサーを取り付け様々な実験も可能なDIYキット「Raspad」

RaspberryPiと言う超小型PCがありますが、この通称RasPi(ラズパイ)の魅力は何と言ってもその大きさと、そこそこの性能、そしてGPIOでしょう。
RasPiは決してPCとしては処理スピードは早くありません。例えばRasPi上で動く”Windows 10 IoT Core”がありますが、決してサクサク動くわけではなく普通のPCと思って操作するとその遅さにイラッとします。
ですが、これをマイコンボードであるArduinoと比べるとその性能はまさに神!!です。RasPiにはご存じの様にGPIOと言って様々なセンサーや電子部品と接続できるポートがあり、例えば温湿度センサーを接続してそのデータをクラウドサーバーへ定期的にアップロードさせると言ったIoT機器を作る場合、Arduinoよりも遙かに安く、そして遙かに短時間でコーディング(プログラムを書く事)をする事が可能です。

そんなRasPiをベースにした10インチタブレットを作る事ができるのが、この「Raspad」です。


“RaspberryPiを10インチタブレットにするだけでなく、センサーを取り付け様々な実験も可能なDIYキット「Raspad」” の続きを読む

出し入れの容易さと収容能力を極めた大容量メッセンジャーバッグ「The NOMATIC Messenger and Laptop Bags」

みなさんがビジネスバッグを選ぶ際の基準ってデザインですか?それとも内容量ですか?それともポケットの数ですか?

昔のビジネスマンが持ち歩くものと言えば、書類と手帳くらいなもので、書類や手帳が折れずに入ればよかったのですが、今のビジネスマンは書類や手帳の他にタブレットやノートPC、人によってはモバイルプリンターやカメラと様々なデジタルガジェットを持ち歩かなければなりませんし、それだけではなくそれらデジタルガジェットに付随するケーブルや電源モジュールなど細々なものを色々と持ち歩かなければならず、それらデジタルガジェットを効率良く使いやすく収納できると言う性能も求められます。

特に移動の多いビジネスマンにとって素早く出し入れ出来ると言うのは重要で、クライアントを訪ねた時に資料やノートPCやタブレットを取り出すのにもたもたしていたり、目的とする資料が見当たらなくてバッグの中身を全て出して探している様ではビジネスマンとしての能力を疑われかねません。

そこでオススメするのが今回紹介します「The NOMATIC Messenger and Laptop Bags」です。


“出し入れの容易さと収容能力を極めた大容量メッセンジャーバッグ「The NOMATIC Messenger and Laptop Bags」” の続きを読む

不器用な人でも一発で間違いなく貼る事ができるフロントカメラカバー「CamHatch」

どの様な人でも得手不得手、得意分野or不得意分野があり、器用・不器用があります。
それが顕著に出るのがスマートフォンへのフィルム貼りです。まずフィルムを貼るにはディスプレイ部分からホコリやチリを取り去り、そしてズレない様にフィルムを貼らないといけないのですが、何故かホコリをを残したままフィルムで挟んだり、斜めに貼ってしまって再度剥がしてホコリを取ったり位置を修正していたりするウチにフィルムがダメになります。

それは今回紹介するカメラカバー「CamHatch」も同じで、レンズカバーはとにかく小さいので、目視しながら位置合わせをして貼ると言うのはこのレンズカバーはどの製品でも無理で、感が良くなければ一発では貼る事ができませんし、一回で貼れずに剥がしたり貼ったりを繰り返していると粘着力が弱くなって行ってすぐに取れて使い物にならなくなります。

ですがこの「CamHatch」はどの様な不器用な方でもキッチリと一回で位置合わせをして貼る事のできるレンズカバーなのです。


“不器用な人でも一発で間違いなく貼る事ができるフロントカメラカバー「CamHatch」” の続きを読む

イギリス伝統のビジネスブリーフデザインをインスパイアした本革製ビジネスバッグバッグ「Bond Collection」

みなさんにはこう言うのが欲しいのだけれど、なかなか見つからなくて…..と言う事はありませんか?
例えば現代のビジネスマンにとってノートPCやタブレットそしてスマートフォンは必需品ですし、それに付随する充電器やケーブル、そしてモバイルバッテリーなど一緒に持ち歩いていた方が万が一の時に助かるガジェットも多数あり、これらガジェットをシステマティックに収納して持ち歩く事ができるバッグが欲しいと思った時に、ビニール製の生地を使ったビジネスバッグやブリーフバッグやバックパック等を見つけるのは簡単ですが、本革製ともなるとハンドメイドな為かなかなか百貨店に行っても専門店に行ってもこれと言った最新のデジタルガジェットを全て入れる事ができる様なバッグに巡り会う事がなかなか難しいのですが、今回紹介する「Padfolio」はそんな本革製でかつ最新のデジタルガジェットを収納するバッグが欲しいと言う方を十二分に満足して頂けるビジネスバッグです。


“イギリス伝統のビジネスブリーフデザインをインスパイアした本革製ビジネスバッグバッグ「Bond Collection」” の続きを読む

キャップを揺るめるだけで勝手に膨らむエアクッションケース「Scrubba air sleeve」….エア枕にもなるよ

みなさんは嫌な予感が的中したって事はありませんか?例えば今ならボディーが全面ガラスに戻った”iPhone X”を落とせばAppleCareに加入していたとしても修理費は高額になるので、落としたくない、落としたくないと思っていたのにも関わらずついつい間が差して手から滑り落ちて蜂の巣だらけ…….とう言う経験を既にしてしまった方もおられるのではないでしょうか?
それは何もスマートフォンだけに限った事だけではなく、iPadにワイヤレス充電が採用されれば同じ様な事になりますし、MacBookだっていつワイヤレス充電化されて本体がアルミダイキャストからガラス筐体へ移行するかもしれませんので、それこそ落とすなんて事は今以上にできませんし、今でも落とせば凹みますし下手をすればモニター部分に亀裂が入って修理って事にもなりかねません………..

そんな落とす事が恐いと言う方に落としても大丈夫なタブレット、ノートPCケース「Scrubba air sleeve」を今回は紹介致します。


“キャップを揺るめるだけで勝手に膨らむエアクッションケース「Scrubba air sleeve」….エア枕にもなるよ” の続きを読む