手間のかかるネコのトイレの処理を、コスパと手間の両面から考えて作られたベストなトイレ「Boxscoop 2.0」

ネコのトイレを選ぶ際にみなさんもトイレシートにするのか、それとも猫砂にするのかとても悩まれたのではないでしょうか?
トイレシートは丸めて捨てるだけなので手間が殆どかからない分、トイレにかかる費用の面だけを見ると猫砂よりも出費が嵩みます。
一方猫砂は、固まった砂をスコップ等を拾い上げて捨てるだけなので、一度入れた猫砂が少なくなるまでは新たに補充しなくても良いのでコストパフォーマンスは最高です。
そして猫砂ではなく代用品としてホワイトペレット(暖炉に使う、おがくずを固めた燃料)等を使えば更に安上がりです。

ただ問題は後始末です。トレイタイプのトイレでは、用を足した後に足で猫砂を蹴ってかけますので、回りに砂が撒き散らされますし、更に汚物は小まめに処理しないと臭いの元にもなります。

そこでそんなコスパの良い猫砂の処理をいかに簡単にするか、それを研究し尽くしたトイレ「Boxscoop 2.0」をご紹介致します。


“手間のかかるネコのトイレの処理を、コスパと手間の両面から考えて作られたベストなトイレ「Boxscoop 2.0」” の続きを読む

愛猫がお外でイタズラをしない様に見張る安全首輪を採用したスマート鈴「Digibell」

みなさんはネコの首についているチリンチリンと鳴り響く鈴が、何の為についているのかご存じでしょうか?
実はネコの首についている鈴はファッションやネコの為ではなく、ネコに常に狙われている小動物をネコから守る為についているのです。
そしてそれは”猫の首に鈴を付ける”と言うことわざとしても残されており、その意味は”計画の段階では良いと思われるであっても、いざ実行となると引き受け手がいないほど困難なことのたとえ”となります。
つまりネコに常に狙われているネズミ達がネコが近づいて来たらすぐに逃げられる様にネコの首に鈴をつけとうと話し合って決めたのに、誰一匹としてネコに近づいてネコの首に鈴をつけるネズミはいなかったと言う『イソップ物語』の寓話に基づいております。

そしてそれは飼い猫でも例外ではなく、もし外に出て小鳥りやネズミを加えて戻って来たらどうでしょうか?
ちょっとその姿を見るのは嫌ですよね。そんな方にオススメな電子ベル「Digibell」を今回はご紹介致します。


“愛猫がお外でイタズラをしない様に見張る安全首輪を採用したスマート鈴「Digibell」” の続きを読む

iPhoneで操作できる愛猫と遊ぶためのレーザーポインター「Obi」

愛猫の為にグッズってどれくらいあなたは揃えていますか?ちょっと回りを見回しただけでも”猫じゃらし”やら光るボールやら、羽やヒモにくくりつけたおもちゃ(ヒモをくくりつけて動かしてやれば何にでも反応しますが)にレーザーポインターとたくさんありませんか?猫って動くものに機敏に反応してくれます。特にキラキラと光るものって大好きですよね。

そしてレーザーポインターもそんな反応してくれるアイテムの1つです。このレーザーポインターって実は遊ばせるのに一番楽な遊び道具なんですよね。壁に向けて手首をクリクリと動かしてポインターを動かしてやっていれば飛びついて延々と遊んでくれますから愛猫の運動不足解消にもなって一石二鳥なアイテムです。

そんなレーザーポインターを使ってもっと楽に愛猫を遊ばせるのがこの「Obi」です。


“iPhoneで操作できる愛猫と遊ぶためのレーザーポインター「Obi」” の続きを読む

キュートなねこの目玉焼きがつくれるネコ型「Cat Egg Molds」

最近の統計によると犬を飼う人よりもネコを飼う人が増えており、確かに街を歩いていてもネコグッズ専門店やネコカフェが増えて来ている様な気がしてネコブームを感じさせられるのでせめてグッズでも見てみようと思いネコグッズ専門店に入るのですが、目に入るのはインテリアグッズばかりで、キッチングッズはと言うとペイントされたお皿とか、ランチョンマットとか、箸置き、お箸くらいしか見た事がありません。ネコ好きの方はミッキーフェイスの目玉焼きの肩やパンケーキ型はあってもどうしてネコ型(ドラえもんではりません)がないんだ!!と思う方もいるでしょう。

そんなネコ好きな方に朗報です。ここにネコの目玉焼きの型が登場しました!!その名も「Cat Egg Molds」です。

“キュートなねこの目玉焼きがつくれるネコ型「Cat Egg Molds」” の続きを読む