インスタントスープ等を作るのにめっちゃ便利な熱いお湯を注ぐと自動的にかき混ざるマグカップ「Magic Cup」

これから次第に寒くなって行くと温かなインスタントスープやコーヒーやココアと言ったドリングが飲みたくなりますが、みなさんは飲み干した後にカップの底にスープの粉が残っていて悔しい思いをする事ってたまにありませんか?

特に熱い沸騰したお湯を入れてよくかき混ぜてもコーンスープの様な粘性の高いスープはよくカップの底の縁に粉が固まった状態で残っている事がよくあります。

そこで今回はお湯を注ぐと自動的にかき混ぜてくれるマグカップ「Magic Cup」をご紹介致します。


磁力で自動攪拌


まずこの「Magic Cup」の1番の特徴は、バッテリーフリーでカップの中のドリンクがかき混ぜられると言う事です。
ただそれには条件があり、注ぐお湯が50℃以上100℃以下で、できるだけ熱い方がより長くそしてよりパワフルにかき混ぜてくれるのですが、何故熱いお湯を注ぐだけでかき混ぜられるのでしょうか?

それにはスラーター(マグネチックスラーター)と言う器具とペルチェ素子が関連しています。
スラーターと言うのは理科の実験等でビーカーの中の液体をかき混ぜる為の器具で、台となるスラーターの中には回転する磁石や、磁界の変化するコイルが内蔵されており、ビーカーの中に入れた回転子(と言う磁石が内蔵された羽)がスラーターの動きに合わせて磁力で引っ張られて回転する事でワイヤレスでかき混ぜる事のできるとっても便利な器具です。

次にペルチェ素子は半導体の一種で、電気を流す事で片面は発熱し、もう片面は冷却されると言う性質を持っており、冷蔵庫の冷却装置としても使われている他、片面を熱し、もう片面を冷却する事で発電できると言う一面も持っており、発電機としても利用されています。

そこでこの「Magic Cup」では、そのペルチェ素子をカップの中に入れた熱湯で熱する事で電気を作り出し、その電気でカップの底に埋め込まれたマグネチックスターラーを動かす事で、カップの底に入れた回転子が回転してかき混ぜる事ができる様になっているのです。


自動でかき混ぜるメリット


では自動でかき混ぜられる事でどう言ったメリットがあるのかと言いますと、まずかき混ぜると言う手間が省ける事と、かき混ぜる為のスプーンをたった1本だけですが洗わなくて済むので洗い物が減ると言うメリットがあります。

次にお湯を注いだ直後からかき混ぜ出しますので、コーンスープの様な粘性の高いドリンクが溶け残る事がない事が挙げられます。
一般的に溶け残るのは、水分を含んだ粉同士が液体に溶け込むのではなく凝固してしまう為で、この「Magic Cup」の様にお湯を注いだ直後からどんどんかき混ぜて行ければ手でかき混ぜてもほぼ完璧に近い状態で粉を底に残さずにかき混ぜる事ができるのですが、たいていはお湯を注いでからスプーンを入れてかき混ぜるので残ってしまうのです。

またこの「Magic Cup」は内容量320mLと、ちょうどカップスープを作るのに丁度良いマグカップな上に食洗機での洗浄も大丈夫ですのでインスタントスープ好きな方にはオススメです。
また大手ECサイトで回転子やスラーターで検索をかければ色々な形をした羽も見つける事ができますので、興味を持たれた方は是非、探して見て下さい。

なお詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/magiccup/magic-cup-auto-mixing-no-battery-no-electricity-required

空気清浄だけじゃない!!植物に必要な水分を自給自足する除湿機能付きのプラントポット「URBIE」

植物が二酸化炭素を吸って酸素を放出する光合成はよく知られた光化学反応ですが、二酸化炭素を吸収しているのは葉だけではなく、根からも吸収している事はご存じでしたでしょうか?
その為に空気を吸収して再放出する事から植物はよく、自然の空気清浄機とも言われたりします。

そしてその自然作用を利用したポット(植木鉢)が実際にあり、これらポットは根からより多くの空気を吸収できる様に、ポットそにものにスリットを入れたり穴を空けたりして空気の流通を良くし、土による濾過機能、フィルター機能と合わせて空気中の有害物質や不純物を取り除く機能を合わせ持ったものもあります。

そんな空気清浄ポットに何と除湿機能と自動給水機能を持たせた究極のプラントポット「URBIE」をご紹介いたします。
“空気清浄だけじゃない!!植物に必要な水分を自給自足する除湿機能付きのプラントポット「URBIE」” の続きを読む

冷やしていない常温の缶や瓶入り飲料を、キンキンに冷やし続ける事のできるドリンククーラー「CupCooler」

暑くなるとキンキンに冷やしたドリンクが飲みたくなりますが、どうしても冷房で22〜23℃に室内を冷やしていても、集中して仕事をしたり勉強をした後はせっかくキンキンに冷えたドリンクを冷蔵庫から出して来たり買って来たりしても時間と共に室温に近くなり”ぬるく”なって行きます。

ですから世の中には缶クーラーと言う、冷えたドリンク缶や瓶やペットボトルの温度上昇を抑えるガジェットがたくさんあるのですが、さすがに半日もおけばどのガジェットも効果がなくなって行き”ぬるく”なって行って美味しくなくなって行きます。

ですが今回紹介します「CupCooler」は、温度上昇するどころか唯一、常温のドリンクでも冷蔵庫に入れたのと同じ様にキンキンに冷やす事のできるドリンククーラーなのです。


“冷やしていない常温の缶や瓶入り飲料を、キンキンに冷やし続ける事のできるドリンククーラー「CupCooler」” の続きを読む

災害時に役に立つ!!ティーキャンドルたった1個で最大6時間も点灯し続ける電源不要のLEDランタン1

みなさんはまだ、7年前の3月11日、東日本大震災の頃の事は覚えておられますでしょうか?
特に震災後暫く3月いっぱいは電力不足から関東地方では”計画停電”が行われて、数日おきに真っ暗な数時間を過ごさざるおえませんでした。
その為に関東地方のみならず他の地域でも懐中電灯や電池が一時手に入り辛くなったりして、計画停電に当たった地域の方の中には電池や充電式バッテリーで点灯する照明やロウソクを手に入れる事ができず、真っ暗な室内で辛抱されたのではないでしょうか?

今回はそう言う時にとっても助かる、そしてアウトドアや様々な場所で使える電源不要のLEDランタン「Luminiser Lantern」をご紹介致します。


“災害時に役に立つ!!ティーキャンドルたった1個で最大6時間も点灯し続ける電源不要のLEDランタン1” の続きを読む

電池も電源も不要です。ロウソクで点灯するLED照明「LUMIR」

災害等に備えてあなたは非常持ち出し袋の様なものは用意していますか?

2011年に東日本大震災が起きましたが、その時に計画停電と言うものがあったのを覚えていますか?発電所がダメージを受けて稼働できないので、電力消費の多い夜にエリアを決めて停電させられた時期がありました。そしてその時にお店からなくなったのが懐中電灯であり電池でした。

そんな時に電池がなくても点灯する照明があったら、電池を探してあちこち探して回る必要性はありませんでしたし、今度また同じ様な事態が起こらないとも限りません。

そんな時に夜にでも使える電池や電源のいらない照明があったら便利ですよね。この「LUMIR」はロウソクさえあればずっと点灯し続けるLED照明です。


“電池も電源も不要です。ロウソクで点灯するLED照明「LUMIR」” の続きを読む