ホーム > タグ > ボトル

ボトル

浄水器よりも安心・安全な紫外線で100%飲料水を綺麗にするUV殺菌ボトル「LaVie」

みなさんは浄水器の水が水道水よりも危険だと言う事実はご存じでしょうか?
イメージ的に水道水は汚れてる、そして浄水器を通した水はクリーンと言うイメージを殆どの方がお持ちなのではないでしょうか?ですが本当はそれは一部は当たっているのですが、一部は間違っています。
確かにフィルターを通した水は濾過されて綺麗になって蛇口から出て来ます。ですがその出て来た水には塩素は含まれていませんので、言うなればウィルスや細菌にとっては絶好の繁殖場所なのです。
と言いますのも塩素は細菌やウィルスやバクテリア、その他有害な物質を除去する為に水道水に入っています。ですがその塩素を取り除けばその塩素によって除去されていた細菌やウィルスやバクテリアにとっては気温・湿度共に絶好の繁殖場所となるわけで、冷蔵庫の製氷機用の給水タンクには水道水を入れる様に説明書には大きな文字で書かれている理由でもあるのです。

つまり、浄水器の蛇口こそが雑菌類の繁殖に適した場所であり気をつけて常に清潔にしておかなければならない場所なのです。

ですが毎日ではないしても、ずっと毎週清掃するのもちょっと面倒ではありませんか?そんな方にオススメな浄水器よりもクリーンな水を作るUV殺菌浄水ボトル「LaVie」を今回はご紹介致します。

全文を読む

バッグのベルトなどあらゆる場所に巻き付けて持ち運びできる耐熱性ガラスボトル「Closca Bottle」

みなさんはマイボトルって学校や会社に持って行っておられるでしょうか?
最近はエコの為、好きなドリンクを飲む為など、マイボトルを持って登校したり出勤したりする方が増えていますが、マイボトルを入れる為だけにバッグの選択肢が減っていると言う事はないでしょうか?
と言いますのもマイボトルはそれなりの大きさや厚みがありますから、女子のショルダーバッグや男性の薄いビジネスバッグに入れるとバッグがかなり膨らんで不格好に見えますので、バックの中にそれほど入れるものはないのにも関わらず、その為だけにボトルの入る大きめのバッグを使っていると言う人は少なくないはずです。

そんなマイボトルの為だけにバッグを変えたと言う方に是非とも使ってもらいたいのが今回紹介する耐熱性ガラスボトル「Closca Bottle」です。

全文を読む

常に一定の濃度の水素水を摂取する事ができる電源不要のフィルター方式の水素水発生ボトル「KORplus」

 随分前に炭酸水と同じ様に水素を水に溶け込ませた”水素水”に効果がないと言う様な記事が週刊誌やワイドショーを賑わしましたが、”水素水”を飲むとどう言う効果があるのか?出るのかご存じですか?
一応、投稿された論文等を見ているとアンチエイジング効果があったり代謝が良くなって便秘が改善されたり、アレルギー反応が抑制されたり、筋肉疲労の回復が良くなったり、病気と絡めた論文ではパーキンソン病の進行を遅らせる事ができただとか、関節リウマチの数値が改善したと言う様な論文も出ている事からあながち全く効果がないモノではないと言う事は分かりますが、それはちゃんとした”水素水”を飲用している場合にもたらされる効果であって、市販のペットボトルやパウチに入った水素水や水素を発生するタブレット等を入れて水素水を作るボトルもそうですが、水素は元々気体ですし、一度ペットボトルのキャップを開けた炭酸水をキャップをしっかりと締めても、数日放置すれば溶け込んでいた炭酸は殆ど抜けて行ってなくなっているのと同じで、二酸化炭素より分子構造の小さい水素は更に容器から抜けやすく、買った時点で殆ど水素が溶け込んでいないと言う製品もあると”国民生活センター”の調査ではわかっていますし、家で水素水を作ってボトルに詰め込んだとしても詰め込んだ時点では高濃度の水素が溶け込んでいたとしても、気密性の悪いボトルではどれくらいの水素が溶けて残っているかと言うと、炭酸水の様にシュワシュワと水素が分離して出て来ない様な場合はかなり疑問があります。

 ですがこの水素水発生ボトル「KORplus」はフィルターを通る際に水に水素を添加しますので、先に水素を溶け込ませている水素水とは違い確実に水素を含んだ水素水を摂取する事ができます。

全文を読む

Home > タグ > ボトル

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。