淹れ加減を目で見て確認できからとっても便利、急須の様にお茶を淹れる事ができるクリスタルボトル「Mosi Tea」

新茶の季節がやって来ましたが、みなさんのご家庭には急須は置いてありますか?
茶葉からお茶を淹れると、茶葉の処理や洗い物が面倒だとついついペットボトルのお茶を買い置きすると言うご家庭が増えていますが、ペットボトルでは残念ながら新茶の清々しい香りを楽しむ事はできません。

そこで今回はガラスの急須の様に出具合を確認しながら淹れる事のできる透明なガラスで作られたボトル「Mosi Tea」をご紹介致します。

割れ辛いトリタンを使っているから安心

まずこの「Mosi Tea」にはトリタンと言うガラスが使われています。このガラスはガラス原料にチタニウムとジルコニウムと言う2種類の金属を加える事で強度を上げており、コンクリートやアスファルトの上ではさすがに立った状態で手を滑らせて落とすと流石に割れてしまう可能性が高いのですが、室内でフローリングの床に落とす程度であれば割れる事はないと言う強度を持ち合わせていますので、安心して毎日持ち歩く事も可能です。

またガラスなので陶器と比べて表面は非常に滑らかなので茶渋がついたりと言う事も少なく食洗機を使って洗う事もできますので、そう言う意味でも急須よりも扱いはとても楽です。

お茶の出方が一目で確認できるのがいい

そしてこの「Mosi Tea」はお茶だけでなく紅茶やフレーバーティーなども淹れる事ができるのですが、熱湯あるいは水どちらでも淹れる事ができ、ボトルの厚みがあるので熱湯を入れても持てなくなるくらいにまでボトルが熱くならないのがこの「Mosi Tea」の特徴の1つでもあります。
そして淹れ方は、カゴに茶葉を入れて飲み口(蓋)にセットし、ボトルにお湯ないし水を注いで飲み口をセットしてひっくり返して待つだけです。
この時、この「Mosi Tea」はガラスボトルなので中が見え、お茶の出方が確認できますので、長く淹れすぎて渋くなったり、淹れる時間が短すぎて味が薄くなったりと言う事もなく一定した味のお茶を淹れる事ができます。
また淹れ終わったら一度、カゴに残った茶葉を捨てておけばそれ以上、茶葉からエキスが出る事はありませんので渋くなったりと言う事もなく、更には蓋をしておけば酸化が進んで味が落ちたりもしないので、いつでも淹れ立ての香りのお茶を美味しく頂く事ができます。

そしてまたこれからの季節は熱い飲み物と言うよりも冷たい飲み物の方が良い季節になって行きますが、このボトルなら水に茶葉をセットして冷蔵庫のポケットに入れておく事もでき、朝そのままボトルを持って出かけたりもできますので、とても便利です。

湯飲みの様な飲み口だから安全

そしてこの「Mosi Tea」の特徴としてボトルの飲み口が挙げられます。
この「Mosi Tea」の飲み口は湯飲みの様に口が広がっています。これは熱い飲み物を飲むときに普通の保温ボトルですと、ボトルをゆっくりと倒して行ったとしてもドバッといきなり熱いお茶が唇を襲ったりと言う事がありますが、この「Mosi Tea」なら中が見えていますのである程度、どの角度までボトルを傾ければ中のドリンクが出て来るのか予測できるのか分かりますし、また飲み口はフィルターと兼用になっており小さな穴を通ってからでしか熱いドリンクは出て来ず急に大量の熱いドリンクが唇を襲うと言う事はありません。

またカゴの目が荒いので粗めに挽いたコーヒーであれば粉がカゴから漏れる事はないでしょうからフレンチプレスの様に入れる事もできますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください

https://www.kickstarter.com/projects/mositea/mosi-tea-infuser-loose-leaf-maker-brew-anywhere

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です