握るとピョンと飛び出て、離すとスッと引っ込むカードケース「The GRIP6 Wallet」

みなさんQRコード決済は使っていますか?
キャッシュバックに惹かれてQRコード決済を利用し始めたものの、通信状態が悪かったりすると使えなかったり、バッテリー切れを起こしかけていたりしても使えなかったり、メモリーいっぱいいっぱいにアプリや画像や動画が保存されていてアプリそのものが開かなかったりで、使い勝手の悪い部分もQRコード決済には多々あります。

それよりも安心して使えるのがICカードやクレジットカードでしょう。何せQRコード決済が使えなくても、従来からICカードやクレジットカードが使えるショップであれば、QRコード決済の様に多額のポイントバックがなかったとしても確実にしかもスピーディーに支払いを行う事ができます。

そこで今回は、そう言うカードをまだまだ使っておられる方の為に、めっちゃ取り出し易く、収納し易いカードケース「The GRIP6 Wallet」をご紹介致します。
“握るとピョンと飛び出て、離すとスッと引っ込むカードケース「The GRIP6 Wallet」” の続きを読む

スリムウォレット好きな貴方にちょっと見てもらいたい3つのバリエーションを持つ「Urban X wallet」

その昔は定期入れと呼ばれていたスリムウォレットも、最近では様々なライフスタイルに合わせたものが登場しています。
1つは本当にカードやIC定期券だけしか収納できないものから、お札が数枚プラスして入るタイプのもの、そしてカードにプラスしてお札と小銭が入るタイプのものです。
ただ最近はPayPayが仕掛けたQRコード決済の陣とでも言うべき戦いで、QRコード決済を使う方が増えているだけでなく、小さな商店でも手数料ゼロ円に惹かれてQRコード決済を導入する店舗も増えており、自動販売機で飲料を購入する事がなければ小銭を持ち歩く必要性は殆どなく、小さな商店街でもキャッシュレスでお買い物ができる様になっており、財布を持たなくても済む時代になっています。

そこで今回は、重くて嵩張る財布をスリムで小さいものに変えたいと思っておられる方に3つのバリエーションを持つスリムウォレット「Urban X wallet」をご紹介致します。


“スリムウォレット好きな貴方にちょっと見てもらいたい3つのバリエーションを持つ「Urban X wallet」” の続きを読む

え?ここは宇宙基地!?と見間違えてしまう様な自由拡張ポップアップテント「CINCH! POP-UP」

さぁ!!今年こそはテントを買ってキャンプへ出かけるぞ!!と思われているアウトドア初心者のみなさん、テントの選択を誤ると設営の難易度が極端に上がって大変な事になるってご存じでしたか?
例えばテントにも昔ながらの三角屋根のテントもあれば、ドーム状のテントもあり、遮熱性や耐水性、保温性を上げる為に2重構造(大きなドームテントの中に一回り小さなドームテントが入っておりそのテントとテントのスキマの空間がある事で夏場は断熱効果、冬場は保温効果があったりします)になったもの等、本当に多種多様なものがある上に大人数で使える様にと大きなテントを選べば選ぶほどその組立は大変になって行き、良い所を見せようと1人で設営したものなら、結局できなくてバツが悪い思いをする事になります。

ですが今回紹介します「CINCH! POP-UP」は、最大4人用のテントしか用意されていませんが、拡張する事で小学校のクラス全員が入る事ができるテントにだってできるのです。

“え?ここは宇宙基地!?と見間違えてしまう様な自由拡張ポップアップテント「CINCH! POP-UP」” の続きを読む

ボタン1つでカードがトースターの様にポンと飛び出て来るクイックアクセス・カードケース「Exo」

今回紹介するカードケース「Exo」には5~7枚(カードは最低でも5枚は入れておかないと逆さまにすると抜け落ちる可能性がありますので、できるだけMAX入るだけ入れた方がこの「Exo」に限ってはベターな様です)のクレジットカートやキャッシュカード、交通系のICカード等を入れる事ができるカードケースで、指先で「Exo」の下のレバー!?スイッチをちょっと押し上げるだけで中に入ったカードが階段状になってなって飛び出て来るタイプのカードケースなのですが、この階段状になって出て来ると言うのが、このカードケースの一番の利点で、普通のカードケースや財布ではカードを重ねて同じポケットに入れているとカードを1枚1枚取り出してはカードのデザインを確認して目的のカードを見つけなければなりませんが、この「Exo」では段差がついて飛び出て来てカードケースに入っているカードの端の部分が全て見えますので、すぐにカードのデザインで目的のカードを見つけ出して取り出し、そして素早くスムーズに決済する事ができます。


“ボタン1つでカードがトースターの様にポンと飛び出て来るクイックアクセス・カードケース「Exo」” の続きを読む

トースターの様にポンと飛び出るカードケース「Craft Wallet 2.0」

みなさんの周りいは財布を持ち歩いていないと言う方はおられますでしょうか?
と言いますのも、iPhone 7以降のiPhoneやAppleWatchを利用してApplePayで支払えるばかりか、モバイルSuicaで電車やバスに乗る事もできればコンビニ等での支払いも可能になりましたし、自動販売機でも電子マネーに対応した自動販売機も増えて来ましたので、iPhoneやAppleWatchを持ってさえいえば何でも買えそして移動も自由にできるなどキャッシュレスでスムーズに支払いができる様になりましたので現金を持つ意味もほぼなくなりつつあります。
一方ポイントカードでもTポイントや楽天ポイント他数多くのポイントカードがスマートフォンのアプリで管理できる様になっており、スマートフォンの画面にバーコードを表示すればポイントも加算してくれるなど、カード類と言うものをほぼ持ち歩かなくても良くなって来ていますので、これもキャッシュレス。カードレスを推進する為の要因にもなっています。
ただこれだけ便利になったと言っても、WAONやnanaco,楽天Edyは未だにiPhoneには対応していませんから、これらカードをメインに使っている人はiPhoneやAppleWatchの他にカードを持ち歩かなくてはいけませんので、そう言うスマートフォンのアプリケーションでは管理できないクレジットカードや電子マネーカードを使っている方にオススメなのが、重さがたった40gしかなく大きさもクレジットカードを縦横数mmだけ大きくした様なこの「Craft Wallet 2.0」を今回は詳細させてもらいます。


“トースターの様にポンと飛び出るカードケース「Craft Wallet 2.0」” の続きを読む

クイックカードアクセス機構が斬新な小銭が入るタイプも用意されている極薄アルミ製カードケース「Zenlet 2」

 とにかく何でもポケットに入れてバッグは持ち歩かないと言う主義の方がおられますが、そう言う方に人気なのが長財布の様にポケットから顔を出すのではなくポケットにスッポリと収まりポケットからはみ出ないタイプの財布やカードケースなのですが、小さくて薄いと言う事は基本的にはカードやお金を重ねて積み上げる様に収納するケースが一番最小となるわけですが、そうなるとお金やカードを取り出す時にカードやお金が重なっていると目的とするカードを探すのに一度全てのカードを取り出して目的のカードを選び出さなければなりません。一方逆に、長財布や二つ折り財布のカードポケットの様にちょっとずらしてカードが入れられる様になっているとカードのデザインの一部が見えますから、すぐにカードを見つける事ができてすぐに取り出す事ができますが、カード1枚1枚をずらして入れる事でその分、財布やカードケースは大きくなってしまいます。

 そこでこの「Zenlet 2」はカードケースを開ければ入っているカードのデザインが見える様に工夫する事で薄型ながら多数のカードが収納できてしかも取り出し易いと言う、非の打ち所のないカードケースに仕上がっています。


“クイックカードアクセス機構が斬新な小銭が入るタイプも用意されている極薄アルミ製カードケース「Zenlet 2」” の続きを読む

扇子の様にパッと開いてカードが飛び出て来るアルミ合金製ウォレット「Fantom」

 財布もそうですが、カードケースもせっかく持つのであれば、100均で買ったんじゃない?と思われる様なカードケースを持つよりも、カードケースそのものもそうですが、カードを取り出すまでの仕草や動作全てが人目を引く様なカッコいいカードケースを持って見たいとは思いませんでしょうか?

 そんなカードを取り出すギミックが超カッコいいカードケースがこの「Fantom」です。


“扇子の様にパッと開いてカードが飛び出て来るアルミ合金製ウォレット「Fantom」” の続きを読む

ワンプッシュでカードが整列して飛び出るRFIDブロック・マルチカードケース「EKSTER 2.0」

 財布やカードケースに何枚ものカードが重ねて入っていて支払いの時になかなかカードが出て来なくて困ったって経験はありませんか?確かにカードホルダー1つにつき1枚のカードを入れていればそんなカードがつっかえて出て来ないと言う事態にはなりませんが、たくさんのクレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードを持ち歩いているとなるとカードボルダーの数が足らずに1つのカードホルダーに何枚ものカードを押し込むと言うのは誰もがやる事です。
  そしてそれが最近流行の薄型で小型の軽量財布ともなると薄くする為に厚みが増えてしまう余分な仕切りは一切ありませんのでポケットホルダー等は分けられておらず重ねて何枚もカードを入れる為に、カードをとりあえずは一度全部出してからトランプを切る様にカードを繰って支払いに使用するカードを見つける必要がありますが、そう言う財布からカードを取り出して選ぶと言う作業をスタイリッシュかつスムーズに行えるカードケースがこの「Senate」です。


“ワンプッシュでカードが整列して飛び出るRFIDブロック・マルチカードケース「EKSTER 2.0」” の続きを読む

MacBook Proも充電可能な充電ケーブルを巻き取ってスッキリと収納してくれるUSB充電ステーション「ECLIPSE」

 最近、USB電源で充電できるものが増えているとは思いませんか?スマートフォンやタブレットもそうですが、GoProをはじめとしたアクションカメラやデジタルカメラやビデオカメラ、そしてそのバッテリー充電器さえ今はUSB電源で充電するものが多く、USB電源で充電できると言う事は外出先でモバイルバッテリー1本持っていれば昔の様にたくさんの種類の違うバッテリーを持っていなくてもちょと使い勝手は悪くなりますが、大容量のモバイルバッテリーとデジタルカメラやビデオカメラを直接接続すれば撮影できると言う事です。またMacBookも12インチMacBookから先日発売されたTouch Bar搭載のMacBookもモバイルバッテリーで充電できてしまいますから、規格が統一されると言うのは良い事なのですが、常に毎日充電するからとついついUSB電源にケーブルを挿したままコンセントにUSB電源を挿しっぱなしで放置しているのが気にはなっているけれど、その都度ケーブルを抜いてケーブルをまとめて引き出しや小物入れに収納してってのは時間も取られますし、何よりコンパクトにまとめ過ぎるとケーブルの断線の原因にもなります。

 そんな散らかったケーブルを素早く断線しない様にまとめる事ができるUSB充電ステーションがこの「ECLIPSE」です。


“MacBook Proも充電可能な充電ケーブルを巻き取ってスッキリと収納してくれるUSB充電ステーション「ECLIPSE」” の続きを読む

4人まで寝泊ok!! 1人でも1分で設営可能なワンタッチポップアップテント「Cinch!」

この夏、初めてキャンプデビューを果たしたと言う方もおられるかと思いますが、キャンプで一番大変なのはテントの設営です。タープはまだワンタッチタープと言って、フレームを広げて足を伸ばすだけの簡単なタープがありますが、テントとなると昔よりは組立は簡単になっていますが、それでもまずインナーテントを広げ組み立てたポールを順番に差し込んでエンドピンで固定して持ち上げてと、1人で4人用サイズのテントを立てるのは初心者にはかなり大変で、それこそ1時間程度かかる人もいます。

そんなテント張りが楽なテントがこの「Cinch!」です。

“4人まで寝泊ok!! 1人でも1分で設営可能なワンタッチポップアップテント「Cinch!」” の続きを読む