握るとピョンと飛び出て、離すとスッと引っ込むカードケース「The GRIP6 Wallet」

みなさんQRコード決済は使っていますか?
キャッシュバックに惹かれてQRコード決済を利用し始めたものの、通信状態が悪かったりすると使えなかったり、バッテリー切れを起こしかけていたりしても使えなかったり、メモリーいっぱいいっぱいにアプリや画像や動画が保存されていてアプリそのものが開かなかったりで、使い勝手の悪い部分もQRコード決済には多々あります。

それよりも安心して使えるのがICカードやクレジットカードでしょう。何せQRコード決済が使えなくても、従来からICカードやクレジットカードが使えるショップであれば、QRコード決済の様に多額のポイントバックがなかったとしても確実にしかもスピーディーに支払いを行う事ができます。

そこで今回は、そう言うカードをまだまだ使っておられる方の為に、めっちゃ取り出し易く、収納し易いカードケース「The GRIP6 Wallet」をご紹介致します。

ポップアップ&ポップダウン

さてこの「The GRIP6 Wallet」、大きく他のカードケースと違っている部分は取り出し、収納がとてもし易い事です。
似た様な同ジャンルのカードケースは多々あり、ボタンを押すとポンとカードが飛び出たり、レバーを握るとカードが飛び出ると言ったカードケースは既にたくさん存在します。
ただカードを収納する時はポンと飛び出たカード、そして取り出したカード共に指を使いカードケースに戻さなければいけません。別にたいした事でもないのですが、ポンと一瞬でカードが飛び出て来るのに、収納する時もスッと元に戻ったらカッコ良くないですか?

そんな動作をするのがこの「The GRIP6 Wallet」で、この「The GRIP6 Wallet」はカードケースから出っ張っているレバーを握ると最大6枚のカードがカードの図柄が見える様に階段状に段違いになって飛び出て来て来ますのでスッと迷わず支払いに使用するカードを摘まんで素早く取り出す事ができます。

そして「The GRIP6 Wallet」は握っているレバーの力を緩めると何とカードがスッと引き込まれ自動的に収納されるのですが、これが他のカードケースにはない画期的な機能です。

しかも戻ったカードはロックされカードケースを逆さにしてもカードが落ちる事がないのでとても安心して利用する事ができます。

オプションで更に使い易く

そして「The GRIP6 Wallet」にはフィンガーループとレザケースと言う2つのオプションが用意されています。
フィンガーループはカードケースを落とさない様に指を入れて引っ掛けておける他、カラビナなども余裕で通す事ができますので、キーチェーンと一緒にベルトループに引っ掛けておくと言う使い方も可能です。

またレザーケースを使うと更にカードを8枚追加で押し込む事ができますので、常に使わないけど持っていた方が安心と言うカードや、交通系のICカード等は「The GRIP6 Wallet」そのものはRFIDブロックと言って電波を遮断する構造になっていますのでレザーケースに入れておくとそのままカードを取り出さずに改札にかざして通る事ができます。
また交通系のICカードを2枚使い分けている様な方は両面に1枚ずつICカードを入れておけばRFIDでお互いのカードは干渉しませんので2枚のICカードを取り出さずに使い分ける事も可能です。

そんな握ってポンと出て離してスッと引き込まれるカードケース「The GRIP6 Wallet」に興味を持たれた方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/minsonbj/the-grip6-wallet

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です