スマートフォンに手振れ補正機能をつけたい!!と言う方の為のコンパクトで安価なスタビライザー「Pocket」

最近のハイエンドスマートフォンにはビデオカメラに当たり前の様に搭載されている光学手振れ補正機能が内蔵されたカメラが採用されています。
この光学手振れ補正がある事で、撮影した画像がボヤけたり、動きながら動作を撮影する際に画面が上下左右に揺れた映像ではなく、滑らかにスムーズに動く映像に仕上げる事ができます。
中にはデジタル手振れ補正と言って、撮影した映像の中からある被写体を中心に据えて画面の一部分を抜き出して繋げて行く事で、ブレていない映像に編集してしまうと言う方法が動画ではできたりするのですが、周囲が暗い場所で撮影された映像で、元の映像1フレーム、1フレームそのもが光量が足りなくてゴーストがかっていたら、それはデジタル補正では補正できない事も多々ありますし、静止画(写真)となると補正のしようがありません。

だからこそ光学手振れ補正(簡単に言いますと動きに合わせてレンズの角度を変える事で写している被写体を固定する事ができる技術です)が効いて来るのですが、スマートフォンに手振れ補正機能を追加しようとすると”ジンバル”と言う選択肢しかありません。
ジンバルと言うのは電動でスマートフォンの向きを上下左右に変える事ができる装置で、例えば夜間に月の動きに合わせてジンバルのを動かして一晩月をずっと撮影すると言う様な撮影を自動で行う事もできる上に、スマートフォンが上下左右に動くので結果的に手振れ補正もできます。

ただその為に装置は大きく重く、そして高価です。そこでそんな高機能なものはいらない、上下のブレだけ補正してくれば良いと言う方の為のスタビライザー「Pocket」を今回はご紹介致します。


“スマートフォンに手振れ補正機能をつけたい!!と言う方の為のコンパクトで安価なスタビライザー「Pocket」” の続きを読む

花瓶の様な形をした手振れ補正アダプター「solidLUUV」

iPhone6s、iPhone6s Plusが発売されカメラの性能を試されてその美しさに感動された方も多いかともいます。私も6sを購入しましたが、4Kで撮影された動画を見てその美しさに感動しました。ですが手持ちでズームさせて撮影すると微妙にプルプルと画像が震えているのがわかり、画質がいいのに画像が揺れているのがとっても残念で手振れ補正のついている6s Plusにすればよかったかなぁ~とちょっと後悔する所もあります。

そんな手振れ補正のないスマホやGoPro、一眼レフ等で手振れ補正できるようになるアダプターがこの「solidLUUV」です。


“花瓶の様な形をした手振れ補正アダプター「solidLUUV」” の続きを読む

手振れ補正がなくても大丈夫。後から手振れ補正ができるアダプタ「SteadXP」

手持ちしたり動いたりする状態で撮影する時、手振れ補正がないと画質が高ければ高いほど画面酔いしちゃいますよね。なので最近ではスマホでも手振れ補正がついているほどです。ですが、GoProは4k撮影ができる様になっても手振れ補正はついていません。ですので最近はGoProやカメラやスマホで手振れ補正ができるジンバル等々が出てきました。ですがそれって装置が大がかりになり持ち運びも大変ですし、なおかつ撮影した映像はそのジンバルの補正特性に影響されるので撮影された映像が気に入るものになるとは限りません。

そんな手振れ補正を後からPCのソフトウェアを使って編集してしまおうと言うのがこの「SteadXP」です。


“手振れ補正がなくても大丈夫。後から手振れ補正ができるアダプタ「SteadXP」” の続きを読む

スマホ用でブレナイ動画が撮れるアダプター「AutoSteady」

最近ではビデオカメラやデジカメよりもスマホの方が手軽なので、スマホでついつい撮影しちゃったりしませんか?でも動画を撮影する時にブレないようにしていても、手ぶれが気になりますよね。固定して撮影してようと思っても、長時間腕を挙げているとプルプルして来てしまいますし、動くと必ず画像がブレてしまいます。かと言って三脚とか一脚とか、自撮り棒とか使っても揺れるものは揺れてしまいますよね。
でもこの「AutoSteady」を使えば、手振れ補正の利いた動画がスマホで撮る撮ることができるアダプターです。システム的にはドローンに搭載するカメラを制御するジンバルと同じです。2軸で構成されたこのガジェットは手振れに合わせて自動的に静止する様にモーターを動かしてスマホの角度を変えますので、手振れのない、滑らかな動画を撮影することが可能です。

“スマホ用でブレナイ動画が撮れるアダプター「AutoSteady」” の続きを読む