あの盗難防止バックパックがより洗練され、より使い易くなった「Bobby PRO & Bobby Tech」

”Bobby”と言うバックパックが世界中でいち早く盗難防止機能として全てのジッパーを外部から見えなくしたバックパックで、ジッパーが見えないと盗もうとする側もどこから開けて良いのか分からないと言う事から抑止効果が生まれるます。

確かにジッパーを探そうとゴソゴソと他人のバックパックを触っていればいずれは気付かれますし、築かれて何も盗っていないのに逮捕なんて事になったら泥棒の仲間内でも笑いものです。

更にこの”Bobby”にはもう1つ、バックパックを軽くさせると言う世界初と言うギミックが仕込まれています。
これはバックパックの中に入れた荷物が偏りバックパックが後方に垂れ下がった状態ですとバックパックの重心から自分からどんどんと離れて行き、重力加速度とテコの原理でバックパックの総重量以上の重みを肩に感じてしまうのですが、この”Bobby”はより身体に密着させてバックパックの重心を背負っている人の重心位置に近づける事でバックパックの重さ以上に軽くなるわけではありませんが、バックパックに入れた荷物の重さ以上の重さを感じる事はなくなると言う原理で設計されています。

そんな使い易く、盗まれ辛いバックパックが改良され更に使い易くなったのが今回紹介します「Bobby PRO & Bobby Tech」です。


“あの盗難防止バックパックがより洗練され、より使い易くなった「Bobby PRO & Bobby Tech」” の続きを読む

よくバッグで席取りをする方へ!!絶対に持ち逃げされないセキュリティーバックパック「LOCTOTE Cinch Pack」

みなさんの中にショッピングセンターの中にあるフードコートや、特に座る席を指定されないカフェ等で荷物で席取りをし、そして席に戻った時に置いたはずの荷物がなかったなんて経験はありませんか?

さすがに一昔前の平和な治安の良い日本であれば荷物だけ置いて多少席を離れたとしても大丈夫でしたが、今や世界各国から様々な方が来られる日本、昔の様に安全かと言うと微妙です。

確かに最近はどこにでも防犯カメラが設置されていますので、盗難に合ったとしても防犯カメラで誰が盗んだのかまでは分かりますが、それでもその盗んだ人物を割り出し、追いかけて盗まれたバッグを取り戻すなんて事はほぼ有り得ないと言っても良いでしょう。

そこで今回は(短時間なら)絶対に盗まれない、バックパック「LOCTOTE Cinch Pack」をご紹介致します。


“よくバッグで席取りをする方へ!!絶対に持ち逃げされないセキュリティーバックパック「LOCTOTE Cinch Pack」” の続きを読む

M:I-2のイーサン・ハントでも盗むのは無理!?と思えるセキュリティーボックス「NEBULA STAR SAFE BOX」

手提げ金庫を使っている方、その手提げ金庫って本当に安全ですか?
手提げ金庫って鍵がかかるだけで、そのまま手提げ金庫ごと黙って持ち去られたら分からない上に取り戻す術もありません。
また金庫を開ける時間がタップリあれば、開けて盗んで元の位置に戻しておけば、犯行の発見を遅らせる事ができます。

と言う様に今の金庫、昔からある金庫は何故か性善説に立ち作られており、セキュリティーの事を本当に考えているとは思えない製品が殆どです。

本当に盗まれない金庫にするのなら、建物に固定した上に指定の手順で開けなければすぐに警備会社へ通報すると言った様なシステムを入れるべきですが、一般の家庭や、こじんまりとしたオフィスで使うにはちょっと不釣り合いなのは否めません。

そこで今回は一般家庭や小規模オフィスで使え、イーサン・ハントでもちょっと盗むのが難しそうなセキュリティーボックス「NEBULA STAR SAFE BOX」をご紹介致します。


“M:I-2のイーサン・ハントでも盗むのは無理!?と思えるセキュリティーボックス「NEBULA STAR SAFE BOX」” の続きを読む

コンパクトに折り畳む事で海外旅行へ持って行くのにも便利なスーツケースの重さも量れる体組成計「Xcale」

みなさんには久しぶりに海外旅行へ行ったら、空港のチェックインカウンターで荷物の数や荷物の重さで追加料金を支払わされたと言う経験はありませんでしょうか?
昔から預入荷物や手荷物の大きさや重量制限は存在してはいたものの、今よりは各航空会社の規制も厳しくはなく、エコノミークラスでも一人でスーツケース2個程度預けても大丈夫な航空会社もありましたし、手荷物の規制もかなり緩く、キャリーバック2個にお土産を入れたショッピングバッグを抱えて乗り込んでもエコノミークラスでも何も言われませんでしたが、今ではこう言うのが許されるのはビジネスやファーストクラスのみで、エコノミークラスの利用に至ってはマイレージの上級会員であっても数百グラムのオーバーや数cmのサイズオーバーでもしっかりと追加料金を取られてしまう航空会社が殆どです。

そうならない為に事前に荷物の重力を量っておいた方が安全ですし、その為にスーツケースやキャリーバッグの片隅に入れて持って行く事のできる「Xcale」をご紹介致します。


“コンパクトに折り畳む事で海外旅行へ持って行くのにも便利なスーツケースの重さも量れる体組成計「Xcale」” の続きを読む

フロント4K、リア1080Pのダブルレンズで駐車中の異常も検出して映像を記録するドライブレコーダー「Letown LT9」

昨年末、”あおり運転”による痛ましい事件を受け、ドライブレコーダーに記録された数々の危険走行の映像が繰り返しテレビでも放映された為か、カー用品ショップをはじめとしてホームセンターや家電量販店でもドライブレコーダーを扱う様になった事で扱っているドライブレコーダーの数も半端ない数があり、買うつもりで行ったのにあまりに数が多すぎて選び切れずに迷って帰って来たと言う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「Letown LT9」と言う、今現在最高画質のドライブレコーダーと共にドライブレコーダーを選ぶ際のポイントを抑えておきたいと思います。


“フロント4K、リア1080Pのダブルレンズで駐車中の異常も検出して映像を記録するドライブレコーダー「Letown LT9」” の続きを読む

完全防水そして盗難防止機能がついた使う人に合わせて用意された3種類のバッグ「Code10 2.0」

この時期、雨具を忘れても雪が降るのであれば払うだけで済み、バッグの中のものまで濡れると言う事はほぼないのですが、これが雨だと話は別で、バッグに使われいる素材そのものが防水性のあるものだったとしても縫い目やジッパーと言った部分は流石に普通のバッグでは防水なんて事は考えていませんのでそこから染み込んで来たらもう最悪です。
しかも今はスマートフォン以外にPCやタブレット、そして充電器と濡れてはいけないものが多数バッグに入っている事もあり、染み込まないバッグの方が良いに決まっています。

そこで今回は防水性の高い生地に防水性能を持ったジッパー、そして縫い目から雨水が染み込まない完全防水構造になっている「Code10 2.0」と言うバッグをみなさんにはご紹介致します。


“完全防水そして盗難防止機能がついた使う人に合わせて用意された3種類のバッグ「Code10 2.0」” の続きを読む

お気に入りのバックパックを窃盗や盗難から守り抜くバックパックカバー「Option Pack」

 最近、盗難防止や耐切創性と言って刃物で傷をつけたり切り裂いたりする事ができないと言うバックパックが密かに増えているのはご存知でしょうか?よくテレビの犯罪を取り扱った番組で電車の中で本人に気づかれない様にバッグをカッターで切り裂いて財布を盗んで行くと言った手口が紹介されたり、ちょっと場所取りにと思って置いて置いたバッグを持って行かれたりと言う映像を見かけられた事が少なからずあるかと思いますが、実際のところそう言う犯罪が日本でも増えいると言う事もありますが、日本人が今までに観光では行った事がない様な国へ行く様になった事があるのも背景にあると言われています。

 ですから防犯性の高いバックパックが今増えているのですが、やはり作り手としは使い手に使いやすいものをと思って試行錯誤して作ってはいるのですが、やはり100人いればその100人全ての人が喜ぶかと言うと残念ながらそうではありませんし、機能的には気に入ってもデザインが気に入らないと言う事もありますから今気に入っているバックパックをわざわざ買い換えるのも嫌ですが、この「Option Pack」なら今使っているバックパックをそのまま継続して使えるばかりか最強の防犯性能が加わります。


“お気に入りのバックパックを窃盗や盗難から守り抜くバックパックカバー「Option Pack」” の続きを読む

ベルトの半分が隠しポケットになっている布ベルト「Cache Belt™」

海外旅行へ行く時は強盗や置き引きや引ったくりに気を付けなさいと言うのはよく聞く話ですが、実際にそう言う目に合った方って回りにおれれますか?実際のところガイドがついていたり、大勢の人がいる場所では滅多にそう言う目に遭うと言うのは希ですし、最悪そう言う目に遭遇した時はダミーで用意した財布を渡して逃げなさいだとか、バックパックは前抱きに、ショルダーバックは斜めがけにとか色々と対策は色々な旅行サイト等を見れば書いてありますが、リオデジャネイロ五輪前に現地の様子をリポートした映像の中では真っ昼間に人通りの多い通りでバックパックやショルダーバックを強引に引っ張られて持って行かれていましたから、そう言う場合に対策をしようと思っても対策そのものの意味がありません。

ですからパスポートであるとか財布を入れておくポケットがついたインナーやウエストポーチ等が実際に防犯対策用として売られているワケなのですが、寒い地域へ行くならそう言うインナーやポーチを上着の下に身につけておいても目立ちませんが、暑い地域へ行くならインナーは重ね着する事で汗だくになりますし、ポーチもTシャツの下だとシルエットが見えたりして格好悪いですよね。

そう言う時に色々なものが隠せるシークレットベルト何かあれば目立ちませんし、日常的にも使えていいですよね。そんな色々なものが隠せる、入れる事ができるベルトがこの「Cache Belt™」です。


“ベルトの半分が隠しポケットになっている布ベルト「Cache Belt™」” の続きを読む

引ったくり防止機能のついた汚れや水に強いバックパック「Code 10」

海外旅行へ行く際にみなさん事前に訪れる場所の情報や現地の情勢を調べたりするかと思いますが、海外は日本に比べて治安が悪いと言う事はよく言われており、ネットで調べると結構恐い事も書いてありますが基本、貴重品は肌身離さず身に着けバッグに貴重品は入れておかないのがベストなのは確かな情報です。
ですがちょっとカフェに入ったりファーストフード店で休んだりする時にバッグパックを背負ったままだったり前掛けに持ち替えたりして肌身離さず持っている人は別格で、普通の人は隣の椅子の上に置いたり膝の上に置いたりするものなのですが、そう言う時が一番引ったくられ易い時でもあります。

だからと言って持ちながら休憩するなんて全然休憩にもなりませんが、このバッグパック「Code 10」なら下ろしても安心、席取りの為にテーブルに置いて行っても超安心な構造のバックパックなのでゆっくと荷物の事をせずに休憩する事が可能です。


“引ったくり防止機能のついた汚れや水に強いバックパック「Code 10」” の続きを読む

完璧にスリや泥棒対策が施されたバックパック「Berg Backpack」

あなたは満員電車やバスに乗っていた時にカバンの中に入れていた財布や貴重品を掏られたって経験はありませんか?ないとしてもテレビ番組等でそう言う現場を見た事がある方も多いかと思いますが、掏る方はいくらしっかりとカバンのジッパーや口を閉めていようと、相手は本人に知られる事なく周りの人にも気づかれる事なくバッグやジッパーの口を開けて中の財布や貴重品を掏りますし、酷い事になるとバッグを切られて中の財布や貴重品を掏られる事だってあります。そうなると掏られたモノも戻って来ませんが大事なカバンも切られて元には戻りません。

そう言う卑劣なスリや引ったくりから完璧に荷物を守るバックパックがこの「Berg Backpack」です。


“完璧にスリや泥棒対策が施されたバックパック「Berg Backpack」” の続きを読む