大事なデジタルガジェットを衝撃や水から確実に守るプロテクト・キャリーバッグ「PRECACE」

スマートフォン以外にワイヤレスイヤホンやモバイルバッテリー、WiFiルーターやアクションカメラなど、様々なデジタルガジェットを毎日バッグに入れて持ち歩いていると言う方も多いかと思いますが、みなさんはそんなデジタルガジェットをちょっと落としただけなのに動かなくなってしまったなんて経験はありませんか?

落とした後で動かなくなった場合、一見、外見は何とも見えなくても内部で部品が破損している場合もありますし、最近よくデジタルガジェットに使われているリチウムポリマーバッテリーが衝撃で破損して電気を作る事ができなくなっている場合もあります。
特にリチウムポリマーバッテリーは乾電池やリチウムイオン電池の様に金属製の強固なケースに収納されているのではなく、絶縁されたアルミ製のカバーに封入されているだけですので、ちょっとした衝撃でケースの表面に凹凸がついても最悪の場合はショートして発火すると言う事もあるバッテリーです。

ですから乾電池の様に落としても平気なのではなく、リチウムポリマーバッテリーは落とすと最悪は発火すると言う事態をもたらします。

そこで今回はそう言う自体を回避するだけでなく様々な予期せぬ衝撃や、ゲリラ雷雨などからデジタルガジェットを守るプロテクト・キャリーバッグ「PRECACE」をご紹介致します。
“大事なデジタルガジェットを衝撃や水から確実に守るプロテクト・キャリーバッグ「PRECACE」” の続きを読む

スマホケースを付けるのが嫌いな方へ!!スマホを360度あらゆる角度から守る保護フィルム「ThePhoneCoat」

iPhoneユーザーの多くはiPhoneの美しいフォルムが隠されるのが嫌で、スマホケースをつけない方が多いのですが、Androidユーザーにもそう言う方は少なからずおられます。
ただケースを装着しないとなると気を付けなければならないのが傷です。デスクの上に置いたりポケットやカバンの中に入れて出し入れしたりしているウチに少なからずひっかき傷はつきますので、製品に最初から貼り付けてあった透明な保護シートを剥がさずにずっと付けてままにしていると言う方も多いのではないでしょうか?
ですが保護シートの粘着力はそれ程強くはないので、何かに引っ掛けたりして徐々に剥がれて行きますし、剥がれて行くと今度はその隙間にゴミがたまって汚くなるばかりか、そのゴミによって折角保護しているスマートフォンが傷付きかねません。

そんなスマートフォンケースが、嫌いで保護シートをそのまま剥がさないで使っていると言う方にオススメな保護フィルム「ThePhoneCoat」をご紹介致します。


“スマホケースを付けるのが嫌いな方へ!!スマホを360度あらゆる角度から守る保護フィルム「ThePhoneCoat」” の続きを読む

一眼レフのレンズをあらゆるものから保護し、幅広いサイズのレンズに使える新しいレンズキャップ「KUVRD」

一眼レフを使っているみなさん、レンズキャップを無くしてしまったって経験はありませんか?
例えば撮影に夢中になり過ぎていたり、カメラにレンズをつけた状態で移動した後で、カメラからレンズキャップを外そうと思ったり、つけたりしようと思った時にレンズキャップがなくなっている!!と言う事って誰しもがよくある事です。

これがプロの方や長年カメラを趣味やられている方であれば予備のフロントとリアのレンズキャップを持ち歩いておられたりしますが、普通の方はレンズキャップなんて紛失するなんて思っていませんし、またそんなに簡単にレンズキャップが外れるなんて思っておられないでしょう。

ただ、外れて紛失しただけならレンズキャップを買いに行って取り付ければ良いのですが、その買いに行って取り付けるまでに砂埃がついたり何か硬いものが当たってレンズが傷ついたりと言うのはよくある事です。

そんな時に今回紹介するレンズキャップ「KUVRD」を使っていればレンズキャップを無くす事がありませんし、それ以上にレンズをしっかりとあらゆるモノから保護してくれます。


“一眼レフのレンズをあらゆるものから保護し、幅広いサイズのレンズに使える新しいレンズキャップ「KUVRD」” の続きを読む

この発想って今までなかったけれど超便利じゃない!?と思えるボトルカバー「The Rushpack」

 スポーツをされている方や会社や学校へ水筒を持って行かれている方は保温と強い衝撃による破損から水筒を守る為にボトルカバーをつけて持ち歩いておられると思いますが、そのボトルカバーってただ単純に水筒を包み込んでいるだけですが、そのボトルカバーにポケットがあって荷物を入れる事ができたら….なんて事は思った事はないでしょうか?
 昔からおそらくボトルカバーと言うと水筒を包むためのもの、と言う意味合いが強くそのカバーにポケットをつけるなんて発想があまりなかったのか?あったけれど消費者の方々に受け入れられなかったのか?わかりませんが、そう言うカバーって見かけません。

 ですがポケットがあればすごく便利じゃない?と言うコンセプトで生まれたボトルカバーがこの「The Rushpack」です。


“この発想って今までなかったけれど超便利じゃない!?と思えるボトルカバー「The Rushpack」” の続きを読む

水中撮影ができ、耐衝撃性能にも優れた交換用レンズマント搭載iPhoneケース「HITCASE PRO 2.0」

 夏にプールや海水浴へ行った時にiPhoneが濡れても大丈夫な様に防水or防滴性能を持っているiPhoneケースを使う方も多いかと思いますが、そのケースがビニール製のポーチ型のケースの様に出し入れし易くしかも防水性能があり、そのケースに防水ケースとしては珍しいと言うよりも今まで何故なかったのか?と不思議に思うくらい見た事がない交換式のレンズマウントがついていて、マクロレンズからワイドアングルレンズまで取り付けられる様になっていたら、この夏に向けてちょっと欲しいと思って見たりしませんか?


“水中撮影ができ、耐衝撃性能にも優れた交換用レンズマント搭載iPhoneケース「HITCASE PRO 2.0」” の続きを読む

ミリタリークラスの防護性能を持ちながら+2mmしか厚みが増えない極薄・軽量iPhoneケース「Limitless」

 ミリタリー規格(MIL規格)のiPhone用のケースですと言われたら、あなたはどの様なケースを想像しますか?ミリタリー=軍事規格ですので、それなりに頑丈にできている事はわかるでしょうが、MIL規格に準じたiPhone用ケースを見た事がない方であれば具体的んイメージするのは無理です。
 ですが一般的にスマートフォンケースで採用されている”MIL-STD-810G”と言う規格では例えば、落下性能であれば76cmの高さから厚さ2インチの合板上に26方向どの面から落としても動作に支障を来さないと言う事が明記されていますし、その他にも1,600km陸上輸送する振動を与えても大丈夫であるとか、気温-28℃〜60℃、湿度95%の環境下に10日間晒しておいても機能に支障を来さないなど、この他にも細かな規格があるのですが、とりあえず言える事はどの様な環境下でかなり手荒に扱っても正常に動作を保証する事をMIL規格では求めており、この「Limitless」は落下性能や衝撃性能が本当にMILクラスなのです。

“ミリタリークラスの防護性能を持ちながら+2mmしか厚みが増えない極薄・軽量iPhoneケース「Limitless」” の続きを読む