是非とも自分の筆箱に入れておきたい、分度器にもコンパスにもなる7つの機能を持った文房具「MAGCON」

みなさんは円を描く際にコンパスを持っておらず、2本の鉛筆やシャープペンシルの先を紐で結んで円を描いたなんて事ってありませんか?
あまりコンパスって学校の授業でも使わないので定規や三角定規と比べてよく忘れたりしますが、それを見越してか定規に穴を空け、0cmの位置の穴ともう一方の定規に沿って開けられた穴に鉛筆やシャープペンシルを差し込んで円を描く事のできる定規があり、ミリ単位の半径の円を要求されていなければ、こう言う簡易的なコンパスの機能を持った定規も便利です。

ですが今回紹介します定規「MAGCON」は角度も測れる分度器要らずの定規なので、円を描いたり角度を計測したりする事が多い方には超オススメです。


“是非とも自分の筆箱に入れておきたい、分度器にもコンパスにもなる7つの機能を持った文房具「MAGCON」” の続きを読む

やる気が出ない、集中できない、そんな時にじっと見つめる事で頭をリフレッシュする「MINUS GRAVITY」

集中して物事に取り組まなければならない時にやる気がどうしても出ないと言う時って誰にでもあります。
そう言う時、一番誰もがリフレッシュでき、再びやる気を出して集中力を取り戻す事ができるのが短時間の昼寝ですが、世の中には昼寝が苦手と言う方も結構な割合でおられます。

それならデスクの片隅に置いておき、やり気が全く起きない様な時、集中したくても気が散って集中できない様な時に是非使ってみてもらいたい「MINUS GRAVITY」をご紹介致します。


“やる気が出ない、集中できない、そんな時にじっと見つめる事で頭をリフレッシュする「MINUS GRAVITY」” の続きを読む

旅行、買物、ジムと衣類を入れて持ち歩くのにとても便利な圧縮バッグ「CUBEPACKS」

旅行に行く時に衣類をコンパクトにまとめる為に圧縮パックを利用される方は多いのですが、日常的に圧縮パックを使うとなると空気を抜く為のポンプ等を一緒に持ち歩かなければならずその分の荷物が増えてしまう上に空気を吸い出しのに時間のかかるのが嫌と言う方もおられるでしょう。

そこでそう言う方にはジッパーで圧縮する圧縮パックが最近では人気です。
よく荷物が膨れあがってジッパーが閉まらない時に蓋を抑えてジッパーを閉めると何とか圧縮して収納する事ができますが、その抑えて閉めるを何段階にも分けて行う事でバキュームポンプがなくても小さき荷物を圧縮できるのがジッパー式の圧縮パックです。

そのジッパー式圧縮パックを何と外に持ち出せる様にベルトを付けたのが今回紹介する「CUBEPACKS」です。


“旅行、買物、ジムと衣類を入れて持ち歩くのにとても便利な圧縮バッグ「CUBEPACKS」” の続きを読む

1週間、ノーチャージで使い続ける事のできるE-Inkを使用したAndroidタブレット「E-PAD」

AmazonのKindle等の電子書籍リーダーにはE-Ink(電子ペーパー)と呼ばれるディスプレイが使われています。
このE-Inkの特徴は何と言っても電力消費が極端に少ない事で、通常の液晶パネルですと画面に何か映し出す際には光源となるバックライトはもちろんの事、パネルにも常に電力を供給していなければ、1枚の画像を表示し続ける事もできません。
一方E-Inkディスプレイはと言うと、1枚の画像をパネル一面に表示するのであれば、画像を最初に表示させる時には電力を消費して画面を書き換えますが、書き終われば全く電力を消費しないばかりか、基本的には紙に書かれた絵や文字と同じ様に、パネルに差し込む照明や太陽光の光の反射によって見たり読んだりしますので、バックライトも不要なのです(逆に言うと真っ暗な場所ではパネルに何が書かれているのかは本と同じで識別できません)。

その為にE-Inkをディスプレイに採用した電子書籍リーダーやスマートウォッチは非常にバッテリーの持ちが良く、あまりバッテリー切れで悩まされると言う事もありません。
そのE-Inkを大胆にもAndroidタブレットに採用した「E-PAD」を今回はご紹介致します。
“1週間、ノーチャージで使い続ける事のできるE-Inkを使用したAndroidタブレット「E-PAD」” の続きを読む

鍋敷き、鍋蓋置き、ディスプレイスタンドとキッチンでマルチに使える「Trivae 2.0」

調理中に鍋やフライパンに蓋をした蓋をキッチン台の上に一時的に置いた後、再び鍋やフライパンに戻す時に加熱された蓋で火傷をした、火傷をしそうになった経験ってみなさんにはありませんか?
調理中の蓋って水滴等が付着していますから、取っ手を下にして置きますので、それを取り上げる時には必ずキッチン台と蓋の隙間に上手に手を差し込んで取っ手を掴んで持ち上げないといけないのですが、ついつい熱々の蓋に手が接触してしまう事ってあるんですよね。

ですから世の中には蓋が自立する様なレミパンの様なものもあるのですが、それはそれで重ねて収納できませんので、収納が少なかったり狭かったりするとそう言う便利な蓋も使えません。

そこで今回は普通の蓋をスッと火傷をする事なく持ち上げる事のできる超便利グッズ「Trivae 2.0」をご紹介致します。


“鍋敷き、鍋蓋置き、ディスプレイスタンドとキッチンでマルチに使える「Trivae 2.0」” の続きを読む

超低負荷なので女性や子ども、お年寄りの方でも怪我なく腕の筋力アップができるハンドヘルドリング「EMERGY」

歳を取ると筋肉を鍛えなさいと言う事がよく言われますが、アスリートの方々が行う様な筋肉に過負荷をかける事で筋繊維を太くして筋力アップを図る様なトレーニングはさすがにお年寄りには無理です。
こう言った過負荷をかけるトレーニングは非常に短期間で筋力アップを図る事が可能ですが、筋肉を構成する筋繊維に、筋繊維が切れる寸前までの負荷を与える事で、その損傷した筋繊維が与えられた負荷に耐えられる様に修復する際に太くなると言う作用を利用しています。
ですが、お年寄りは若者ほど筋肉を修復する為の成長ホルモンが十二分に寝ている間に分泌されませんので、若い頃と同じ様なトレーニングを続けていると逆に身体を壊してしまいます。

そこで今回は、全く新しい概念で腕の筋肉を鍛える事が可能な「EMERGY」と言うトレーニングマシンをご紹介致します。


“超低負荷なので女性や子ども、お年寄りの方でも怪我なく腕の筋力アップができるハンドヘルドリング「EMERGY」” の続きを読む

空調が苦手な貴方に超オススメな、ブランケットinトラベルピロー「pillow」

トラベルピローと言えば、首に巻き付けるタイプのものが主流ですが、最近ではエルゴノミックデザインとでも言いますか、使う方が心地よく眠る事ができる工夫が施されたトラベルピローが増えています。
一般的に首に巻き付けるU字型のトラベルピローは首が長いと頭を支え切れずに首が斜めを向いてしまう事で首の筋肉を伸ばしてしまい、首の筋肉が動かない=首が回らないと言う事態になる事がよくあります。
そしてもう1つトラベルピローのUの字に空いている部分はたいてい喉元に来るので、予期せぬ振動等で首か下垂(下を向く)してしまうとそれも首の筋肉を痛める原因となります。

ですから最近のエルゴノミックデザインのトラベルピローは首だけでなく頬や頭までもスッポリと覆って支える様なタイプのものも出て来ており、しっかりと頭を真っ直ぐな状態、一番寝やすい方向で固定してくれますので、狭い機内でも割と快適に寝る事ができる様になっています。

そして今回紹介するトラベルピロー「pillow」はそう言ったエルゴノミックデザインになっているだけでなく、何とトラベルピローの中にブランケットまで仕込まれているのです!!
“空調が苦手な貴方に超オススメな、ブランケットinトラベルピロー「pillow」” の続きを読む

遂に時代はここまで来たか!!想像する事でコントロールできるマインドコントロール・ドローン「UDrone」

昔のSF映画等の中で頭で考えるだけでコントロールできる様な飛行機や車、宇宙船などが出て来た時には、将来はこんな風な乗り物が出て来るんだぁ〜と関心して見入ったものですが、技術の進歩は非常に早く実際にそう言うモノが遂に出て来たのです!!

そこで早速、脳波でコントロールできるドローン「UDrone」を今回はご紹介致します。
“遂に時代はここまで来たか!!想像する事でコントロールできるマインドコントロール・ドローン「UDrone」” の続きを読む

AR(拡張現実)で直接生地に裁断線を書く事ができる、ハンドメイドで洋服を作る方にはオススメの「Pattarina」

洋服をハンドメイドする時の行程として一番重要なのが型紙です。
昔なら本を買って来て、本に描かれている形やサイズを見ながら型紙に起こし、そして型紙をカットして今度は生地に型紙を当てながら生地に裁断線を写し描いていたのですが、最近はネットでも型紙のデータがフリーで落ちていたりして、それをプリントし繋げて貼り合わせて型紙を作ることもできる様になっており、図形を描くのが、絵を描くのが苦手な方でも比較的簡単に洋服をハンドメイドできる様になっています。

そこで今回は、型紙の作成をカットして直接生地に裁断線を描いていく事のできるアプリ「Pattarina」をご紹介致します。


“AR(拡張現実)で直接生地に裁断線を書く事ができる、ハンドメイドで洋服を作る方にはオススメの「Pattarina」” の続きを読む

スマートフォンで何もかも終わらせてしまうと言う貴方へ!!作業がめっちゃ楽になる「NexDock 2」

近年、大学を出て入社してきた学生がキーボードが打てない、パソコンが使えないとぼやく上司同士の会話を小耳に挟んだりする事がありますが、今のスマートフォンはPCよりも高性能なCPUを搭載していたりしますので、WordやExcel、PoewrPointと言うお決まりのアプリもスマートフォンでサクサクと動いてしまいますので、はっきり言ってパソコンの必要性が低いのです。

ただ、スマートフォンの小さな画面で表示できる範囲は狭く、PowerPoint等の編集は貼り付けたオブジェクトを移動する為にまず先に表示領域の倍率を下げるか画面をスクロールさせなければならず、スマートフォンではそう言う余分な作業が増えてあまり効率的ではありません。

そこでスマートフォンをテレビにHDMIケーブルで接続して大きなテレビ画面で編集すると言う方法もあるのですが、残念ながら今の学生はテレビも持ちませんので、選択肢としてはポータブルモニターあたりでしょうか?

それよりも今回は完全にノートPCにトランスフォームできる「NexDock 2」をご紹介致します。
“スマートフォンで何もかも終わらせてしまうと言う貴方へ!!作業がめっちゃ楽になる「NexDock 2」” の続きを読む