ワイヤレス充電の状態の確認が可能なモバイル電源+Qiバッテリーチャージャー「Wireless Charging Hub + Power Bank」

スマートフォンをワイヤレス充電していて、今日はめっちゃ充電が早いのに今日はなかなか充電されないと言う様な時ってありませか?

実はQiワイヤレス充電って割と充電台に載せる位置の影響をとても受ける充電方式なのです。

と言いますのもQiワイヤレス充電と言うのは電磁誘導を利用して充電を行い、充電台に内蔵されたコイルで発生された磁場の中にスマートフォンに内蔵されているコイルを重ね合わせて置かずに、位置がズレればズレるほど磁場が弱まって行きますので、結果的に送る事のできる電力も減って行きます。

ですが多くの方がスマートフォンのコイルの位置ってご存じないですよね。そこで今回は、そう言うコイルの位置を知らなくても常にMAXスピードでQiワイヤレス充電する事のできる「Wireless Charging Hub + Power Bank」をご紹介致します。
“ワイヤレス充電の状態の確認が可能なモバイル電源+Qiバッテリーチャージャー「Wireless Charging Hub + Power Bank」” の続きを読む

スマートフォンもモバイルバッテリーも、置くだけで充電できるQiワイヤレス充電対応バッテリー「Power Cube X3.0」

スマートフォンのワイヤレス充電が当たり前となった今、モバイルバッテリーもワイヤレス充電をサポートするものが増えて来ています。
ケーブルを使って充電した方が充電が早いと言う事はわかっていても、置くだけで充電できると言う便利さに慣れてしまうと、ついついそちらを選択してしまいます。
ただそうなるとよくやってしまうのが、モバイルバッテリーの充電忘れです。ケーブルで充電していた時代は、帰宅したら、就寝前に充電用のケーブルをスマートフォンとモバイルバッテリー両方に順番に差し込めんでおけばよかったのですが、ワイヤレス充電になり、充電台にスマートフォンを置いてからモバイルバッテリーに充電用ケーブルを差し込むのって、充電を意識していないとついつい忘れてしまうものなんです。

ですが置くって言う動作はその後に継続する動作がないので、ついつい無意識でやってしまいモバイルバッテリーの充電の事なんか忘れてしまいます。
そこで今回は”置く”だけでモバイルバッテリーとスマートフォンを同時に充電できる「Power Cube X3.0」をご紹介致します。
“スマートフォンもモバイルバッテリーも、置くだけで充電できるQiワイヤレス充電対応バッテリー「Power Cube X3.0」” の続きを読む

AirPods、AppleWatch、iPhoneを同時に充電可能なLEDデスクスタンド「ToQi Base」

一昨年にAirPowerと共に発表されたワイヤレス充電対応のAirPodsは、ようやく1年半に月日を得てこの3月にようやくH1チップと共にバージョンアップされてリリースました。
ただ新しいAirPodsはワイヤレス充電の他に従来のLightningコネクタで充電するケース(ケースもワイヤレスイヤホン共々バージョンアップされています)もリリースされており、価格も5,000円も低く設定されている事から、ワイヤレスイヤホンの性能が同じ分、どちらにするか悩まれている方もおられるのではないでしょうか?

そこで今回はiPhoneの3種の神器とまでは言いませんが、iPhone、AppleWatch、ワイヤレス充電AirPods、Lightningコネクタ充電AirPodsを同時に充電できるLEDデスクスタンド「ToQi Base」をご紹介致します。
“AirPods、AppleWatch、iPhoneを同時に充電可能なLEDデスクスタンド「ToQi Base」” の続きを読む

大中小と3つのモバイルバッテリーを備え、目的に合わせて使い分けが可能なパワーステーション「YU」

最近のハイエンドのスマートフォンは有機ELディスプレイを搭載する事で飛躍的にバッテリーの持ちが良くなっていますが、ゲームをよくプレイされたり、動画を良く鑑賞されるパワーユーザーの方にかかればやはりモバイルバッテリーは必需品です。
ただモバイルバッテリーも小さくて軽くて大容量なものがあればベストなのですが、バッテリー容量が増えると必然的に大きさも大きくなり重量も増えますので、どの容量を選ぶのかは悩ましい所でもあります。
例えば学校や会社帰りに一度充電する程度であれば、それ程大容量のバッテリーは必要ありませんが、週末レジャーに出かけたりしてスマートフォンで動画や画像を頻繁に撮影するとなるとやはり容量の小さなバッテリーでは心配ですし、だからと言ってその為に大きなモバイルバッテリーを選ぶとそれこそ毎日の荷物が嵩張ります。

そこで今回はその日のシチュエーションに合わせて使い分ける事のできるモバイルバッテリーが3台も付属したパワーステーション「YU」をご紹介致します。


“大中小と3つのモバイルバッテリーを備え、目的に合わせて使い分けが可能なパワーステーション「YU」” の続きを読む

オフィスでこっそりスマートフォンをワイヤレス充電できるコーヒーマグ&コースター「KOPI Self-Warming Mug」

みなさんはオフィスでのスマートフォンの充電ってどうしていますか?
ウチの会社はそう言うの全くお咎めナシと言う会社もあれば、ウチはダメと言う訳ではないけれど雰囲気的に充電し辛いと言うオフィスや、全く充電する事はできません、と言う会社まで色々とあるかと思います。

でもアプリをたくさん入れているとAndroidは当然の事ですが、iPhoneでも簡単にタスクを終了させない限りはメモリ上で動いていますし、PUSH通知を受けるアプリも当然のことながら動いていますので、何もしなくてもバッテリーは消耗して行きます。

そこで今回はコッソリとまでは言えないまでも、カモフラージュできるコーヒーマグとコースターのセット「KOPI Self-Warming Mug」をご紹介致します。
“オフィスでこっそりスマートフォンをワイヤレス充電できるコーヒーマグ&コースター「KOPI Self-Warming Mug」” の続きを読む

スマートフォンにナビゲーションさせるならやっぱりこの位置が安全!!車載マウント「GeniuzMount Qi」

今や、助手席に座った方に地図を見ながら道案内をしてもらわなくても、ナビゲーションと言うとても便利なものがあり、スマートフォンでナビゲーションさせれば、GoogleMap等は常に新しく開通した様な道路もタイムラグなく取り込んで案内してくれますので、何年か経過すると地図の書換もできなくなる様な高価な車載用ナビをわざわざ取り付ける必要もありません。

ただ問題はそのスマートフォンを設置する場所です。

車載ナビの設置場所として定番のセンターコンソール付近、エアコンの吹き出し、ダッシュボード上と様々な場所が考えられますが、一番安全と言う意味では視線移動の少ない場所がベストなのは言うまでもありません。
ですから本来ならヘッドマウントディスプレイが搭載される様な運転席の真正面がベストな位置となるのですが、そこはそこでスマートフォンの影で見えない死角ができて良くありませんし、フロントガラスにスマートフォンホルダーを貼り付けるのも、どうしても見えない死角を生んでしまいます。
だからと言ってエアコンの吹き出し口やセンターコンソールあたりに取り付けると視線は完全にスマートフォンへと行ってしまい視線を前方から反らす事になりますので危険です。

ですからやっぱりこの位置!!バックミラーに取り付けるスマートフォンホルダー「GeniuzMount Qi」をご紹介致します。


“スマートフォンにナビゲーションさせるならやっぱりこの位置が安全!!車載マウント「GeniuzMount Qi」” の続きを読む

これ1つでモニターにも繋がりSDカードから画像も取り込める最新iPad Proユーザー必見のUSB-Cマルチハブ「Miizer」

最新のiPad Proh従来までiPadに使用されていた外部接続のコネクタをLightningと言う規格からUSB-Cと言う規格に変更されました。
これにより古いLightningコネクタを利用した様々な変換ケーブルが一斉に使えなくなったのですが、逆に言うとたくさんの変換ケーブルを持たなくても新しいUSB-Cコネクタを採用したMacBookを利用しUSB-Cマルチハブを持っておられる方なら最新のiPad Proにも流用できますので逆に荷物が減って良くなったのではないでしょうか?

ただMacBookを持っておらずUSB-Cマルチハブを持っておられない方にはたくさんあるUSB-Cハブから何を選べば良いのか悩んでおられるはず。
そこで、iPadの他にiPhoneやAppleWatchをお使いなら是非ともご紹介したいUSB-Cマルチハブ「Miizer」を今回はご紹介致します。
“これ1つでモニターにも繋がりSDカードから画像も取り込める最新iPad Proユーザー必見のUSB-Cマルチハブ「Miizer」” の続きを読む

厚さ40mmは世界一!!机の下にセットするから全く邪魔にならないQiワイヤレス充電器「ENERQi」

みなさんのスマートフォンに内蔵されているワイヤレス充電システムQiには電磁誘導が使われています。
中学校の理科の授業等で導線に電流を流すと電線の周りには磁界が発生すると言う事を習ったかと思いますが、その磁界の中に他の導線を近づけると磁力によって近づけた導線にも電流が流れ、この原理を利用したのがQiワイヤレス充電です。

ただ磁界の強さは電流を流している導線を中心に距離が遠くなればなる程反比例して磁界は弱まって行きますので、充電器の様なものの場合はできるだけ磁界の強い近くに置いてやらなければ発生させる電力も弱くなり充電に時間がかかる事になります。

そして送電用のコイルと受電用のコイルとの間に磁界を遮蔽する様なもの(金属板などの磁界を完璧に遮るものは100%NGで、その他樹脂でもある程度は減衰します)があれば更に送電できる電力が弱くなりますので、スマートフォンケースの厚みや材質によってはワイヤレス充電に適さなかったりします。

一方、送電用のコイルと受電用のコイルをピッタリと位置を合わせた上で、できるだけ距離を短く保てば最高速で充電が可能なのですが、今回紹介するQiワイヤレス充電器「ENERQi」は何と40mm離れていても普通に充電させる事が可能な充電器なのです。


“厚さ40mmは世界一!!机の下にセットするから全く邪魔にならないQiワイヤレス充電器「ENERQi」” の続きを読む

いつでもどこでも充電可能な手帳型スマートフォンケース「OCTOPower」

スマートフォンを見ようと思うと蓋をその都度開いて見ないと見る事ができない手帳型のスマートフォンケースを使っている方に聞くと、落とした時に画面も一緒に保護されると言うのが一番の理由で、その他にも定期やカードなどを入れておく事ができるのでるので、忘れ物がないと言うのもメリットとの事です。
確かに女性の場合はよく季節や服装でバッグを変えたりされますので、その入れ替えた時に入替を忘れると言う事は有り得ます。
財布、カードケース、スマートフォン、一気に全部入れ替えれば問題ありませんが、出かける間際や、入替している最中に何か用事が出来たり、電話がかかって来たりするとついつい若くても忘れてしまいます。

そこで今回はその手帳型ケースに充電機能がプラスされたとっても便利なスマートフォンケース「OCTOPower」をご紹介致します。


“いつでもどこでも充電可能な手帳型スマートフォンケース「OCTOPower」” の続きを読む

充電しながら使えるのがポイントなiPhone、AppleWatch、AirPodsを同時充電できるワイヤレス充電台「iComboStand」

iPhoneをQiワイヤレス充電している時に充電台やiPhoneが異常に熱くなる事ってありませんか?
これはワイヤレス充電そのものに電力損失が多く、効率良く充電できたとしても70%しか送電できず、残り30%は熱となって無駄に消費されます。
そしてQiワイヤレス充電台の送電用のコイルの位置とiPhoneに内蔵された受電用のコイルの位置がズレると更に伝送効率が悪くなり、送られなかった電力は熱に変換されて消費されますので、Qiワイヤレス充電台に置く位置が悪いと充電台もiPhoneも異常に発熱します。

そして発熱すると電気を無駄に消費するだけでなく充電台も熱で電子部品が劣化しますし、iPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーは一般的には充電中にバッテリーの表面温度が45℃を超えたあたりから劣化が始まり、長時間その状態に曝す事で劣化は進みます。
ですからiPhoneを触って熱いと感じると言う事は体温以上に発熱しており、お風呂のお湯よりも熱いと感じるならiPhoneの表面温度は40℃を超えており、バッテリーは更に熱く発熱していますので、iPhoneを触って熱いと感じるならすぐに充電を止めるべきです。

ではどうすれば発熱が抑えられるのかと言うとQiワイヤレス充電台の中に埋め込まれたコイルと、iPhoneの受電用のコイル(Appleロゴの位置に埋め込まれています)をピッタリと合わせる事です。

ですが今回紹介するワイヤレス充電台「iComboStand」はiPhone、AppleWatch、そしてAirPods専用の充電台として設計されていますので、安心してベストな状態で充電する事が可能です。

“充電しながら使えるのがポイントなiPhone、AppleWatch、AirPodsを同時充電できるワイヤレス充電台「iComboStand」” の続きを読む