厚さ40mmは世界一!!机の下にセットするから全く邪魔にならないQiワイヤレス充電器「ENERQi」

みなさんのスマートフォンに内蔵されているワイヤレス充電システムQiには電磁誘導が使われています。
中学校の理科の授業等で導線に電流を流すと電線の周りには磁界が発生すると言う事を習ったかと思いますが、その磁界の中に他の導線を近づけると磁力によって近づけた導線にも電流が流れ、この原理を利用したのがQiワイヤレス充電です。

ただ磁界の強さは電流を流している導線を中心に距離が遠くなればなる程反比例して磁界は弱まって行きますので、充電器の様なものの場合はできるだけ磁界の強い近くに置いてやらなければ発生させる電力も弱くなり充電に時間がかかる事になります。

そして送電用のコイルと受電用のコイルとの間に磁界を遮蔽する様なもの(金属板などの磁界を完璧に遮るものは100%NGで、その他樹脂でもある程度は減衰します)があれば更に送電できる電力が弱くなりますので、スマートフォンケースの厚みや材質によってはワイヤレス充電に適さなかったりします。

一方、送電用のコイルと受電用のコイルをピッタリと位置を合わせた上で、できるだけ距離を短く保てば最高速で充電が可能なのですが、今回紹介するQiワイヤレス充電器「ENERQi」は何と40mm離れていても普通に充電させる事が可能な充電器なのです。


“厚さ40mmは世界一!!机の下にセットするから全く邪魔にならないQiワイヤレス充電器「ENERQi」” の続きを読む

いつでもどこでも充電可能な手帳型スマートフォンケース「OCTOPower」

スマートフォンを見ようと思うと蓋をその都度開いて見ないと見る事ができない手帳型のスマートフォンケースを使っている方に聞くと、落とした時に画面も一緒に保護されると言うのが一番の理由で、その他にも定期やカードなどを入れておく事ができるのでるので、忘れ物がないと言うのもメリットとの事です。
確かに女性の場合はよく季節や服装でバッグを変えたりされますので、その入れ替えた時に入替を忘れると言う事は有り得ます。
財布、カードケース、スマートフォン、一気に全部入れ替えれば問題ありませんが、出かける間際や、入替している最中に何か用事が出来たり、電話がかかって来たりするとついつい若くても忘れてしまいます。

そこで今回はその手帳型ケースに充電機能がプラスされたとっても便利なスマートフォンケース「OCTOPower」をご紹介致します。


“いつでもどこでも充電可能な手帳型スマートフォンケース「OCTOPower」” の続きを読む

充電しながら使えるのがポイントなiPhone、AppleWatch、AirPodsを同時充電できるワイヤレス充電台「iComboStand」

iPhoneをQiワイヤレス充電している時に充電台やiPhoneが異常に熱くなる事ってありませんか?
これはワイヤレス充電そのものに電力損失が多く、効率良く充電できたとしても70%しか送電できず、残り30%は熱となって無駄に消費されます。
そしてQiワイヤレス充電台の送電用のコイルの位置とiPhoneに内蔵された受電用のコイルの位置がズレると更に伝送効率が悪くなり、送られなかった電力は熱に変換されて消費されますので、Qiワイヤレス充電台に置く位置が悪いと充電台もiPhoneも異常に発熱します。

そして発熱すると電気を無駄に消費するだけでなく充電台も熱で電子部品が劣化しますし、iPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーは一般的には充電中にバッテリーの表面温度が45℃を超えたあたりから劣化が始まり、長時間その状態に曝す事で劣化は進みます。
ですからiPhoneを触って熱いと感じると言う事は体温以上に発熱しており、お風呂のお湯よりも熱いと感じるならiPhoneの表面温度は40℃を超えており、バッテリーは更に熱く発熱していますので、iPhoneを触って熱いと感じるならすぐに充電を止めるべきです。

ではどうすれば発熱が抑えられるのかと言うとQiワイヤレス充電台の中に埋め込まれたコイルと、iPhoneの受電用のコイル(Appleロゴの位置に埋め込まれています)をピッタリと合わせる事です。

ですが今回紹介するワイヤレス充電台「iComboStand」はiPhone、AppleWatch、そしてAirPods専用の充電台として設計されていますので、安心してベストな状態で充電する事が可能です。

“充電しながら使えるのがポイントなiPhone、AppleWatch、AirPodsを同時充電できるワイヤレス充電台「iComboStand」” の続きを読む

AirPowerより魅力的!!iPhoneXS2台とAppleWatchが同時充電可能なワイヤレス充電パット「SliceCharge Pro」

もう2年も待たされているApple純正のワイヤレス充電パットAirPowerもようやく発売されるかな?どうかな?と微妙な所ではありますが、リーク情報をつぶさにチェックしていると出て来そうな気配はプンプンとしています。
ただAirPowerがリリースされない間にサーとパーティーからはAirPowerと同じジャンルの製品は多数リリースされて、既に何を選んだらベストなの?と言う状態に。

ただどのワイヤレス充電パットもiPhone+AirPods+AppleWatchと言う組み合わせの充電パットばかりで、iPhone2台の同時充電と言う選択肢がありません。
そこで今回はiPhoneを2台同時充電しながらAppleWatchを充電可能なワイヤレス充電パット「SliceCharge Pro」をご紹介致します。


“AirPowerより魅力的!!iPhoneXS2台とAppleWatchが同時充電可能なワイヤレス充電パット「SliceCharge Pro」” の続きを読む

机の上をスッキリと!!Qiワイヤレス充電台付きUSB-Cハブ・ステーショナリーオーガナイザー「STEALTHO ORGANIZER」

整理整頓されたデスクと言うのはとても気持ちの良いものですが、なかなか仕事で使うデスクをシステマティックに綺麗に整理整頓させる事のできるオーガナイザー(まとめるもの)ってありません。
多少、ディスプレイスタンドにUSBハブが付属した様なものや、ステーショナリーを収納するものはあっても、メインでノートPCを使っている方が使えるオーガーナイザーと言うものはなかなかありません。

特にノートPCは一度にカードリーダーやUSBハブ、電源アダプタ等をデスクの上に乗せるとケーブルや周辺機器で机の上がどうしてもゴチャゴチャとしてしてしまい、マウスが使い辛くなったりします。

そこで今回はノートPCをデスクの上に取り出して仕事を始めても、ノートPC以外は出さなくても良いステーショナリーオーガナイザー「STEALTHO ORGANIZER」をご紹介致します。


“机の上をスッキリと!!Qiワイヤレス充電台付きUSB-Cハブ・ステーショナリーオーガナイザー「STEALTHO ORGANIZER」” の続きを読む

レザー調、木目調、コルク調のマットが何ともシックな充電劣化の少ないQiワイヤレス急速充電パット「Xpad」

Qiワイヤレス充電のメリットは何と言っても充電ケーブルを差さなくても良いと言う所に大いなるメリットがあります。
充電する時も置くだけ、使う時も台から持ち上げるだけで、充電ケーブルを差したり抜いたりする必要が全くありませんし、充電ケーブルを買うと言う出費もなくなります。
とはいえ、デメリットはないのかと言いますと、最新のiPhoneXSであればLightining<->USB-Cケーブルを使えば最大18Wで充電可能なのに対してQiワイヤレス充電ではいくら頑張っても7.5WがMAXでケーブルの半分以下でしか充電できませんので倍の時間、充電に時間がかかってしまいます。
更にもっといけないのが、熱によるバッテリーの急速な劣化です。

Qiワイヤレス充電を使った事がある方なら、ワイヤレス充電中のスマートフォンを持ち上げると異常に発熱しているって事があります。この発熱によって熱くてスマートフォンが持てない程度にまで発熱しているとスマートフォンそのものも、スマートフォンのリチウムポリマー電池も劣化が早まり、動作時間が短くなるだけでなく故障の原因へと繋がります。

そこでその熱による劣化を最小限にしたQiワイヤレス充電台「Xpad」をご紹介致します。


“レザー調、木目調、コルク調のマットが何ともシックな充電劣化の少ないQiワイヤレス急速充電パット「Xpad」” の続きを読む

最大15Wでスマートフォンをワイヤレス充電可能な車載ホルダー「Ultimate Wireless Car Charger」

ワイヤレス充電を利用していて一番便利、一番使い易いと感じるのは車に乗っている時です。
何せ置くだけで充電できるのですから、例えば信号待ちしている時にスマートフォンを使って目的地を調べたり、メッセージを書いている時にQiワイヤレス充電に対応した車載用充電器の殆どは置くだけで自動でアームで挟んで固定してくれるものが殆どなので、信号が変わって車を走らせると言った時も素早くホルダーに戻してまた充電を再開させる事ができます。
そして車を乗り降りする時でも、充電ケーブルの脱着から解法されますので、スムーズに車への乗り降りができる他、時間の短縮にもなります。

そう言う事なので、Qiワイヤレス充電に対応したスマートフォンをお持ちの方には是非とも使ってもらたく、今回はちょっと自慢したくなる様な車載用Qiワイヤレス充電器「Ultimate Wireless Car Charger」をご紹介致します。


“最大15Wでスマートフォンをワイヤレス充電可能な車載ホルダー「Ultimate Wireless Car Charger」” の続きを読む

AirPodsケースが見つからない!!そんな事がよくある方にあらゆる面で使い勝手を向上させてくれる「AirPodPal」

昨年はワイヤレス充電に対応したAirPodsと、ワイヤレス充電器AirPowerがいつ出るのか出るのかと待ちわび、待ちくたびれてAirPodsを買ってしまった方も多かったのではないでしょうか?

その為にAirPodsをQiワイヤレス充電に対応するアダプタが数多く発売されていますが、そのどれもがAirPodsのコンパクトさを損なわない様な設計になっており、パッと見るとAirPodsにそんなアダプタがついているのか全く見分けがつかないのですが、AirPodsそのものが小さすぎるのでAirPodsが入るポケットがバッグの中にないとバックの中で見失い、バックの中身を半分くらい出した所でようやくAirPodsのケースが見つかると言う事も少なくありません。
ただこの寒い時期は上着を着るので上着のポケットに入れておけば、そう見つけ辛いと言う事はないのですが、薄着になる夏場はパンツのポケットに入れる訳にもいかず結果的にバッグの中となりそう言う事が起こります。

そこで今回は全く違った発想でAirPodsを見つけ易くした「AirPodPal」をご紹介致します。


“AirPodsケースが見つからない!!そんな事がよくある方にあらゆる面で使い勝手を向上させてくれる「AirPodPal」” の続きを読む

コンセント直挿しバッテリーよりも更に便利な増設コンセントのついたモバイルバッテリー「EGG Traveler」

みなさんはコンセントにダイレクトに差し込めるモバイルバッテリーがるのはご存じでしょうか?
モバイルバッテリーに折り畳み式のプラグが内蔵されており、コンセントに差し込む事で自動的に充電されるだけでなく、コンセントに挿した状態でUSBケーブルで接続したスマートフォンやUSBデバイスも同時に充電できますので、別途USB電源を持ち歩いたり、USB電源を購入したりしなくても良いと言うメリットがあります。

ですから外出中やモバイルバッテリーとして、オフィスや自宅ではUSB電源として使えたりと非常に便利ですしコンセントを1つしか占有しませんので、ホテルの様な使えるコンセントの数が1つ2つと、ほんの少ししかない場所でも複数のデバイスを同時に充電できますので、そう言う意味でもとても便利なのです。

ただそれにプラスしてノートPCを持っているとちょっと困ります。ノートPCを先に充電すべきか、それともスマートフォンやタブレットを先に充電してからノートPCを充電するかと言う事にコンセントの数が少ないとそう言う事になります。

そこで今回はみなさんがお持ちのダイレクト充電可能なモバイルバッテリーよりも更に使い勝手の良い「EGG Traveler」をご紹介致します。


“コンセント直挿しバッテリーよりも更に便利な増設コンセントのついたモバイルバッテリー「EGG Traveler」” の続きを読む

一挙に4機種をリリースするUSB-C PDやワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー「Omni Mobile」

先月アメリカで開催されたCESではIT機器以外にも家電製品でもUSB-Cを採用しようと言う動きが見られたくらい世の中の電気で動くデバイスは急速にUSB-C PD(Power Deliver)へと移行しようとしています。
では何故USB-C PDなのかと言いますと、USB-C PDは5/9/12/15/20Vと言う電圧で出力できる他、電流は最大5Aまで流す事ができますので最大100Wまで給電する事ができるからです。
更に世の中には USB-CをパソコンのDCコネクタに変換する様なアダプタまで売られていますので、今まで使い続けてきたノートPCをUSB-C PD対応のモバイルバッテリーで充電すると言った事も簡単にできる様になっています。

だからこそ、これから購入するモバイルバッテリーはUSB-C PDに対応したモバイルバッテリーを購入しておいた方が近い将来ノートPCやスマートフォンを買い換えた時にやっぱりUSB-C PDに対応したものを買っておいて良かったと思えるはずです。

そこで今回はそのUSB-C PDに対応したモバイルバッテリーを4種類紹介致します。

“一挙に4機種をリリースするUSB-C PDやワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー「Omni Mobile」” の続きを読む