Androidスマートフォン利用中の方必見!!ホンモノのサウンドを楽しむTWS対応Bluetooth5イヤホン「MIFEFREE」

ワイヤレスイヤホンのパッケージやスペック表に書かれているTWSとは”True Wireless Stereo”の略で、TWSと書かれたワイヤレスイヤホンはホンモノのステレオで再生されると言う事になります。
と言うと今までの左右2つのイヤホンが付属したワイヤレスイヤホンはステレオではなかったの?と思われるかもしれませんが、厳密にはその通りで、スマートフォンとはどちらか片方のワイヤレスイヤホンだけが接続されており、もう片方のワイヤレスイヤホンは対になっているワイヤレスイヤホンと接続され直接スマートフォンとは繋がっていません。
その為に音声信号はどうなっているのかと言いますと、左右の音を合成した音声信号がスマートフォンと接続されているワイヤレスイヤホンに送られて、そのワイヤレスイヤホンからもう片方のワイヤレスイヤホンの音声信号を分離して送られてるのですが、遅延を少なくする為にデータ的にはかなり圧縮されていますので、音質的には落ちます。

それを左右のワイヤレスイヤホンを2つとも直接スマートフォンと接続してTWSに対応したのがAirPodsで、それに続けとクアルコムのQCC302Xチップを搭載したTWS対応のワイヤレスイヤホンが続々とリリースされています。

そこで今回はそのQCC302Xチップを搭載したTWS対応のワイヤレスイヤホン「MIFEFREE」をご紹介致します。
“Androidスマートフォン利用中の方必見!!ホンモノのサウンドを楽しむTWS対応Bluetooth5イヤホン「MIFEFREE」” の続きを読む

モバイルバッテリーをワイヤレス充電しながらスマホをワイヤレス充電できるモバイルバッテリー「Ennercell」

2年前にリリースされたiPhone 8/ iPhone X以降のiPhoneはQiワイヤレス充電に対応し、今までLightningケーブルで充電されている方も置くだけで充電できる利便性の良さを実感されているのではないでしょか?

ただそんなワイヤレス充電にも欠点がない訳ではありません。例えばワイヤレス充電台の殆どが同時には1台しか充電できず、しかもスマートフォンの半分くらいの大きさのある充電台をデスクの上等に置いておかなければならないので場所を取り、邪魔と言えば邪魔です。

更にモバイルバッテリーを毎日持ち歩いている方であればモバイルバッテリーは以前としてケーブルに接続して充電しなければならず、充電器も複数台必要であったり、複数の出力ポートを備えた充電器が必要だったりしますので、せっかくワイヤレス充電化してもスリムとは言えません。

そこで今回は充電環境を超スリムに簡素化するモバイルバッテリー「Ennercell」をご紹介致します。
“モバイルバッテリーをワイヤレス充電しながらスマホをワイヤレス充電できるモバイルバッテリー「Ennercell」” の続きを読む

10,000mAhもの大容量のバッテリーを搭載する、Qiワイヤレス充電にも対応したソーラーモバイルバッテリ「SolarBar」

モバイルバッテリーの中にはソーラーパネルを内蔵して、晴れた日に屋外へ出しておけば電気代不要で充電が可能でとってもお得なモバイルバッテリーがありますが、晴天で充電環境はバッチリなのに、殆ど充電されていないと言う様な経験はないでしょうか?

それは充電する為に置いた場所が悪かっただけで、実は太陽光で効率的に充電する為にはある条件を知っておく事が重要です。

まず太陽の光で充電すると言う場合はただ光が当たっている場所に置いただけではダメです。いかに発電セルにたくさんの光を当てるかが重要で、その為に一番良いのは太陽に向かって太陽光パネルを垂直に向ける事です。
そうする事で太陽光は発電セルに垂直に光りを注ぎますので最大限発電できるのですが、少しでも鋭角になると発電セルのカバーのガラス等が入射した光を反射して発電セルに届く光エネルギーの量を減らしてしまうからなのです。

そこで今回は、そう言う向きを気にする事なく、光の当たる場所にさせ置いておけば22.5%の発電効率を誇るソーラーパネル搭載モバイルバッテリー「SolarBar」をご紹介致します。
“10,000mAhもの大容量のバッテリーを搭載する、Qiワイヤレス充電にも対応したソーラーモバイルバッテリ「SolarBar」” の続きを読む

Qiワイヤレス充電+Bluetoothスピーカー+Alexa+LEDランプでデスクの上もスッキリ「Luna Smart Lamp」

スマートスピーカー、みなさんはもう持っていますか?
最近は音声コントロールだけのスピーカーが使い勝手が悪いと言うのでモニターが付属したのもの増えて来ましたが、一体どんな用途にみなさんはスマートスピーカーって使っているんでしょうね。

おそらく一番多いのが音楽の再生でしょう。その次にタイマー機能、天気予報で、出前なども音声で注文できたりしますが、殆どの方が利用された事はないではないでしょうか?
あと最近は家の中の赤外線リモコンで操作可能な家電を操作できるスマートリモコンなどもスマートスピーカーに対応していたりしますので、音声で家電を利用できるのはわざわざ動かなくて良いのでとても便利です。

ただそれだけの為に高価なスマートスピーカーを買うのも勿体ないですし、自分が思っているものとはかなりかけ離れていて次第に使わなくなる可能性もあります。
そこで今回はLEDランプにQiワイヤレス充電機能、そしてBluetoothスピーカー、それにプラスしてAmazonの音声アシスタント”Alexa”を搭載したオールインワン・スマートガジェット「Luna Smart Lamp」をご紹介致します。
“Qiワイヤレス充電+Bluetoothスピーカー+Alexa+LEDランプでデスクの上もスッキリ「Luna Smart Lamp」” の続きを読む

AirPods2越えは確実!!全てにおいてAirPods2を越えているBluetooth5対応TWSワイヤレスイヤホン「Pamu Slide」

Apple純正のワイヤレスイヤホンAirPods2はW2チップを搭載する事でAirPodsと比べて非常に早くiPhoneと接続され、そして音が途切れる事なく最高の音質で楽曲を再生してくれるiPhoneユーザーにとっては最強のイヤホンです。

ただ1つ難点があるとすればそれは価格で、22,800円(税別)(※ワイヤレスチャージャー対応タイプ)もするイヤホンを誰しもが気軽に購入でき、使用できる訳ではありません。中には1万円程度まで価格が下がれれば何とか手を出せるのにと価格の高さを恨めしく思っておられる方は多い事でしょう。

そこで今回は、たったの$69で購入する事のできる、見た目はAirPods、でも中身はAirPods2以上の性能を持っているBluetoothワイヤレスイヤホン「Pamu Slide」をご紹介致します。
“AirPods2越えは確実!!全てにおいてAirPods2を越えているBluetooth5対応TWSワイヤレスイヤホン「Pamu Slide」” の続きを読む

片手持ちの状態で充電しながら安心して使えるQiワイヤレス充電対応モバイル・バッテリー「PBL Charger」

みなさんはスマートフォンを落とした経験ってありますか?
あの手から滑り落ちて地面に向かって落下して行く瞬間って一気に心拍と血圧が上がって心臓にも良くありませんよね。

でもふとした事から、人生のうちで1度は誰もがやってしまうんですよね。

そして時にはバッテリー残量が少なくなって来たからとモバイルバッテリーの上にスマートフォンを重ねて片手で持ち、充電しながら使うって言う方もおられますが、これは更にスマートフォンを危険に曝します。

少し前のiPhoneであればiPhone5s以前の4インチと言う小さなモニターでしたら本体も小さく女性でも薄型のモバイルバッテリーとでしたら重ねて持っても何て事なかったのですが、iPhone XS MAXとモバイルバッテリーの重ね持ちなんて指がスマートフォンに引っ掛かるか引っ掛からないかなので落とす危険性の方が高く絶対に止めた方が無難です。

ところが今回紹介するモバイル・バッテリー「PBL Charger」であれば安心して片手持ち操作する事も可能です。
“片手持ちの状態で充電しながら安心して使えるQiワイヤレス充電対応モバイル・バッテリー「PBL Charger」” の続きを読む

Qiワイヤレス充電機能にUSB-C電源機能も合わせて持った本当の意味でのUSB-Cマルチハブ「NoirHub」

ノートPCが先行して採用したUSB-Cと言うインタフェース規格は、今ではデスクトップPCにも取り入れられ、スマートフォンやiPadにまで広がっています。
その一番の要因はUSB-Cと言うのは高速でデータを転送できるだけでなく、給電(充電)も同時に行え、映像や音声の出力、有線でのインターネットへの接続インタフェースなどを本体に備えなくても、USB-C接続可能な変換アダプタや今回紹介する様なマルチハブと言うインタフェースを利用する事で何でも接続できる事です。

しかも今まではWindowsやMac、AndroidやiPhoneと言ったそれぞれのデバイスに対応した別々のアダプタを用意しなければならなかったのものが共通して使えるだけでなく、Nintendo Switchの様なゲーム専用機でも使えますので、お財布にも優しいのです。

その便利さを更に進化させたUSB-Cマルチハブ「NoirHub」を今回はご紹介させて頂きます。
“Qiワイヤレス充電機能にUSB-C電源機能も合わせて持った本当の意味でのUSB-Cマルチハブ「NoirHub」” の続きを読む

ワイヤレス充電の状態の確認が可能なモバイル電源+Qiバッテリーチャージャー「Wireless Charging Hub + Power Bank」

スマートフォンをワイヤレス充電していて、今日はめっちゃ充電が早いのに今日はなかなか充電されないと言う様な時ってありませか?

実はQiワイヤレス充電って割と充電台に載せる位置の影響をとても受ける充電方式なのです。

と言いますのもQiワイヤレス充電と言うのは電磁誘導を利用して充電を行い、充電台に内蔵されたコイルで発生された磁場の中にスマートフォンに内蔵されているコイルを重ね合わせて置かずに、位置がズレればズレるほど磁場が弱まって行きますので、結果的に送る事のできる電力も減って行きます。

ですが多くの方がスマートフォンのコイルの位置ってご存じないですよね。そこで今回は、そう言うコイルの位置を知らなくても常にMAXスピードでQiワイヤレス充電する事のできる「Wireless Charging Hub + Power Bank」をご紹介致します。
“ワイヤレス充電の状態の確認が可能なモバイル電源+Qiバッテリーチャージャー「Wireless Charging Hub + Power Bank」” の続きを読む

スマートフォンもモバイルバッテリーも、置くだけで充電できるQiワイヤレス充電対応バッテリー「Power Cube X3.0」

スマートフォンのワイヤレス充電が当たり前となった今、モバイルバッテリーもワイヤレス充電をサポートするものが増えて来ています。
ケーブルを使って充電した方が充電が早いと言う事はわかっていても、置くだけで充電できると言う便利さに慣れてしまうと、ついついそちらを選択してしまいます。
ただそうなるとよくやってしまうのが、モバイルバッテリーの充電忘れです。ケーブルで充電していた時代は、帰宅したら、就寝前に充電用のケーブルをスマートフォンとモバイルバッテリー両方に順番に差し込めんでおけばよかったのですが、ワイヤレス充電になり、充電台にスマートフォンを置いてからモバイルバッテリーに充電用ケーブルを差し込むのって、充電を意識していないとついつい忘れてしまうものなんです。

ですが置くって言う動作はその後に継続する動作がないので、ついつい無意識でやってしまいモバイルバッテリーの充電の事なんか忘れてしまいます。
そこで今回は”置く”だけでモバイルバッテリーとスマートフォンを同時に充電できる「Power Cube X3.0」をご紹介致します。
“スマートフォンもモバイルバッテリーも、置くだけで充電できるQiワイヤレス充電対応バッテリー「Power Cube X3.0」” の続きを読む

AirPods、AppleWatch、iPhoneを同時に充電可能なLEDデスクスタンド「ToQi Base」

一昨年にAirPowerと共に発表されたワイヤレス充電対応のAirPodsは、ようやく1年半に月日を得てこの3月にようやくH1チップと共にバージョンアップされてリリースました。
ただ新しいAirPodsはワイヤレス充電の他に従来のLightningコネクタで充電するケース(ケースもワイヤレスイヤホン共々バージョンアップされています)もリリースされており、価格も5,000円も低く設定されている事から、ワイヤレスイヤホンの性能が同じ分、どちらにするか悩まれている方もおられるのではないでしょうか?

そこで今回はiPhoneの3種の神器とまでは言いませんが、iPhone、AppleWatch、ワイヤレス充電AirPods、Lightningコネクタ充電AirPodsを同時に充電できるLEDデスクスタンド「ToQi Base」をご紹介致します。
“AirPods、AppleWatch、iPhoneを同時に充電可能なLEDデスクスタンド「ToQi Base」” の続きを読む