Home > indiegogo

indiegogo Archive

たった30秒でボトルワイン1本を飲み頃温度にまで冷やしてくれる冷却タンク「ProntoBev」

 食事をする時にお酒を冷やすのを忘れていた!!って言う時ってありませんか?
 例えば急な来客があったり、今日は記念日だからとお酒を用意していてもついつい常日頃飲まない様な家庭では冷やすのってついつい忘れがちです。しかも料理を準備するのに忙しければ尚更ですし、お酒がないからとお酒を買いに行ってもお目当のお酒が冷蔵庫で冷やされているとは限りませんので、常温の物を買って帰るしかないのですが、冬場なら赤ワインなどはちょっと涼しい部屋に置いておけばちょうど飲み頃の14〜18℃程度の温度になっている事もありますから良いのですが、夏はさすがにそうは行かずかなり高い温度まで上がっている事もあります。
 そう言うワインやドリンクを冷やすのにワインクーラーなる氷をたくさん入れて冷やすバケツがあるのですが、これがなかなか思った様に冷えないので、世の中には同じ様に素早く冷やせる物をと考える方が多い様でそこで作られたのがこの「ProntoBev」です。

全文を読む

アルカリ乾電池しか使えないモノでも充電式電池を使える様にするフルサイズ揃った充電池アダプター「Batteroo」

 エコで環境にもお財布にも優しいからと充電式のニッケル水素電池を使用されている方、フル充電にして入れたのにも関わらずすぐに電池切れのサインが出て使えないって言うものに出くわした事ってありませんか?
 例えば身の回りで電池を使うものとしてリモコンやLEDを使った懐中電灯の様なものはどのメーカーのものであっても充電式電池が普通に使えますが、子どものおもちゃであったり、電子辞書であったり、注意書きに”アルカリ乾電池をご使用下さい”なんて文言が入っている様な電子機器はたいてい充電式の電池を入れるとすぐにバッテリー切れのサインを出して使えないか、フル充電にして入れているのにも関わらずすぐにバッテリー切れを起こして動かなくなってしまいます。

 これはそもそも電池の出力電圧の違いによります。乾電池は皆さんご存知の様に公称出力電圧は1.5Vで使い続けて容量が減ると電圧は徐々に下がって行きますが、充電池として現在主流のニッケル水素電池はと言いますと公称出力電圧は1.2vで(購入後間もない時期でフル充電直後は1.4V程度の出力電圧がある製品もあります)、この時点で0.3Vもの差があり、これが2本直列ですと乾電池は3V、充電池は2.4V、4本直列になると乾電池の出力電圧は6Vですが充電池は4.8Vと何と1.2Vもの差があり、この電圧ではスマートフォンすら充電できません。

 ですがこの「Batteroo」を使えば充電池であっても普通に乾電池と同じ様に使用する事ができますので、もう充電式電池を入れてもすぐにバッテリー切れの表示が出る事はありません。

全文を読む

小さい子どもが使っても安心な超静音ブレンダー(ミキサー)「Millo」

 ジューサーってまず壊れる事のないキッチン家電ですので1台買えばほぼ一生買い換える事なく使えるコストパフォーマンスの良いキッチン家電の1つです。ですので昔からその形状はあまり変わっておらず土台部分にモーターが入っていて、そのモーターがゴム製等ギアを回して容器の中のカッターにその回転を伝えて容器の中に入れたフルーツ等の食材をカットして砕いてジュースに変えます。
 ですので大人としては容器の蓋を外して覗き込めばカッターの歯は見えますし、容器を取り付けない状態ですとギアが見えていますので、小さい子どもが触ってギアやカッターに指や衣服が巻き込まれて怪我でもしたらと思うとついつい収納の奥深くに仕舞い込んでしまって出して来るのが面倒になって使わないまま何年も放置しているパターンが良く見られます。
 ですがフルーツを砕いてジュースにする他に氷を細かく砕いてかき氷にしたり、カッターの刃が肉や魚のカットに対応して入ればミンチも作れますし、ドレッシングやマヨネーズ等も簡単に材料を入れれば混ぜて簡単に作れるので、非常に過ぎれたキッチン家電なので使わないのは勿体ないないのですが….小さいお子さんがいるとつい目を離している時に何かしたらと思うとキッチンに出しっぱなしにできません。

 ところが今回紹介する「Millo」はそう言う心配を一切をしなくても良い非常に安全な小さい子どもでも使えるブレンダー(ミキサー)なのです。

全文を読む

ホーム > indiegogo

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。