Home > 3Dプリンター

3Dプリンター Archive

リビングでも使える様に騒音や臭い対策にも気を配ったスマホからでも造形可能なFDM方式3Dプリンター「Cubibot」

 FDM方式(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層法)の3Dプリンターを使用していて一番困ること、嫌なことってありますか?
店頭や展示会と言った広い場所でプリントしている状況を見てから購入しても、いざ自宅の書斎や作業部屋、そしてリビングで使うとなるとちょっと状況が違いますし、いざ使って見ると音や臭いの問題が出て来ます。
 音の問題はモーターやギア、ベルトと言った部品が出す音で、これはまだ実際の製品を見れば自宅で使用した時にどれくらいの騒音が発生するのか?と言った予測がつきますが、臭いだけはそう強烈な鼻を突く様な臭いが大量に発生するわけではなく、使用しているフィラメントの種類やそのフィラメントを作っているメーカーによっても違うので、店頭や展示会と言った広い場所では臭いが逃げて行ってしまいそんなに気になるものではありませんが、自宅の部屋となるとそうは行かずどうしても店頭や展示会場とは違い空間が限られますので部屋の換気を行っていなければ臭いも蓄積されて行きそれ相応の臭いが発生します。
 ところで何故フィラメントから臭いがするの?とFDM方式の3Dプリンターをまだ持っておられない方なら不思議に思われるかもしれませんが、FDM方式の3Dプリンターはフィラメントと呼ばれるプラスチックの棒を溶かしながらノイズからその溶かしたプラスチックを射出して造形して行きますので、プラスチックを溶かした時に独特の何とも言えないプラスチックを燃やした時の様な嫌な臭いが、あまりクローズアップされて取り上げられる事は少ないのですが、実はするのです。

 そしてその騒音と臭いと言うFDM方式の3Dプリンターが持つ負の面と真正面から向き合い、子供が使用しても大丈夫な3Dプリンターとして設計されたのがこの「Cubibot」です。

全文を読む

今使っているスマートフォンを光源として利用するナイスアイデアなLCD-SLA 方式3Dプリンター「T3D」

 3Dプリンターの中にも色々な種類・方式があり、我々個人で買えるとなるとFDM(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層法)方式かSLA(Stereolithography/光造形)方式のどちらかになります。FDM方式はフィラメントと呼ばれる樹脂の棒を溶かしながら造形して行く方式で、ホットボンドを溶かして何かを作るみたいなイメージになります。
 そしてSLA方式は液体樹脂に紫外線やレーザーを当てる事で固まる樹脂(レジンと呼ばれる樹脂でアクセサリー作りに使ったりもよくされます)にレーザー光線や紫外線の光を動かしてFDM方式の様に造形するのが主流だったのですが、最近ではプロジェクターを使ったり液晶画面を使ったLCD-SLA方式と言う方式が主流になって来ています。
 このLCD-SLA方式と言うのは以前はレーザーの光を動かして樹脂を固めていたのを、液晶画面を点灯させる事で(造形物をスライスしたデータに基づいて、そのスライスした断面図を液晶画面に表示して造形します)一気に面で樹脂を固めて造形して行けますので、レーザーを移動させて固める方式に比べてスピードが段違いに早く、しかも高精細の液晶モニターを使えば使うほど造形物の精度は上がる上に、その液晶はスマートフォン向けに作られた液晶を流用していますので、製造コストも安く上げる事ができると言うメリットがあります。

 そんな中、スマートフォンやタブレット向けの液晶画面を使っているなら、今みなさんがお持ちのスマートフォンやタブレットをそのまま造形用ディスプレイとして流用しようじゃないか、と言うのがこの「T3D」と言うLCD-SLA方式の3Dプリンターです。

全文を読む

非常に高精細なプリント性能を持った世界初のストレートライン機構採用のFDM方式3Dプリンター「Kappa 3D」

 従来のFDM(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層)方式の3Dプリンターと言いますと箱型(XYZ方向のレールの上をヘッドが移動するタイプ)が主流で、最近でこそデルタ型(上から吊るされた3本のアームが上下する事でヘッドが移動するタイプ)が少しずつ増えて来ていますが、このどちらともスピードを優先すると造形品質、精度が落ちると言うデメリットを持っています。
 と言いますもの造形物の解像度、精度を上げるには細かく回転を制御できるステップ数の多いスティッピングモーターを使用するかギア比を上げると言う事も重要なファクターの1つなのですが、それ以上に言われているのが振動をどう制御するかです。どう言う事かと言いますと、モーターは回転すると少なからず振動しますし、ヘッドを動かせば車や自転車に乗っていてブレーキをかけた時と同じ様に急にピタッとは止まらず慣性で移動しようとしますし、それを無理やり止めると急ブレーキを踏んだ時の様に反動が生まれてヘッドが振動します。それをいかに制御するかで精度が違って来るのですが、従来の方式ではスピードを重視するとどうしてもフレームを太く強く作らなければならずそれが価格へと跳ね返ると言うジレンマを抱えていました。
 そこで根本から構造を変える事で従来の欠点を克服したのがこの3Dプリンター「Kappa 3D」です。

6本数分

全文を読む

ホーム > 3Dプリンター

New Topics

Return to page top