Home > 3Dプリンター

3Dプリンター Archive

アルミ切り出しフレームで組み立て式ながらも20μm単位の非常に高精細な造形が可能なマルチ3D加工機「Mooz」

今や3Dプリンターと大手ECサイト等で検索をかけると、もう数え切れない程の3Dプリンターが出て来て3Dプリンターをこれから使ってみようと言う方にはどれを選んで良いのやら3Dプリンターを試しに使ってプリントした事がない方にとって何を基準にして良いのか全く検討のつかない所ではあると思いますが、その中で3Dプリンターを購入するにあたり一番気をつけなければいけないのはフレームの剛性と、臭い対策です。
では何故?フレームの剛性が需要なのかと言いますと、フレームの剛性(強さ)は実際にプリントした造形物の出来映えを左右するからです。と言いますのも3Dプリンターは結構重いヘッド部分が少なくとも縦横に移動しながらフィラメントと呼ばれるプラスチックを溶かしながら押し出し重ね、冷やして様々なものを作っていくのですが、柱が細かったり、接合部分が弱くてフレームがヘッドが移動するのに合わせてグラグラと地震で揺れるビルの様に揺れてしまいますと、それに合わせてノズル部分も一緒にブレてしますので押し出したフィラメントが波打った様に押し出されてしまい出来上がった造形物の表面はフィラメントの層でスジがいっぱいになるばかりか精度も悪くなってしまうのです。
そしてもう1つの臭いについては、プラスチックを溶かしていますので、フィラメントによってはプラスチックが焦げた様な臭いが発生し、それが部屋に充満してとてもじゃありませんが臭いでその部屋にいられなくなってしまうのです。ですから高級な3Dプリンターではカバーをつけ更に臭いを除去するフィルターを通して排気して対策をしたりしています。
ですから注意しなければならないのは数字上の精度と価格で選ぶと失敗してしまうと言う事になるのですが、今回紹介します「Mooz」は臭い対策は0%ですが、精度に影響する剛性については100%の対策がなされています。

全文を読む

加工サイズは無限大!!どんなに広い素材だって加工できる自走式CNCロボット「Goliath CNC」

みなさんはCNC(computerized numerical control/コンピュータライズド・ニューメリカル・コントロール)マシンと言う工作機械はご存じでしょうか?これは言うなればみなさんが木材や金属に穴を開ける時に使うドリルの刃(CNC加工用の特殊な刃なのですが)を回しながら素材に差し込む事で穴も開ける事ができますが、ドリルを素材に差し込んだまま横にスライドさせる事で溝も掘る事ができれば切り出す事もできます。
と言う様に昔であれば木材を加工する際にノコギリやノミと言った道具を駆使して加工していたものが今ではドリル1本で芸術的な和室の欄間や木像(北海道のお土産でよく目にする鮭をくわえた熊の置物の様なもの)までも加工することができるのです。
ですからDIYで物作りを楽しむ人にとっては欲しい工作工具のトップに上がる様な機械なのですが、これがまた高いのです。構造的には3Dプリンターのヘッド部分をドリルに置き換えたものなのですが、3Dプリンタープリンター同様に加工できる素材が大きくなればなるほど高価になるばかりか機械もそれにつれて大きくなりますので設置場所も考えなくてはいけません。
例えば15cm×15cm四方の加工範囲を持っているCNCマシンであれば30cm×30cmもあれば設置できますが、30cm×30cmと倍の大きさになるとスクエアタイプの簡易的なCNCマシンでも45cm×45cmくらいの設置面積が取られますし、それがゴミが飛ばない様にカバーで覆われて排気設備までついたCNCマシンとなると更に大きくなり、とても個人で自宅の書斎に置くレベルではありません。

そんな現状のCNCの構造を根本から変えてサイズフリーで加工できる様にしたのがこの自走式CNCロボット「Goliath CNC」です。

全文を読む

リビングでも使える様に騒音や臭い対策にも気を配ったスマホからでも造形可能なFDM方式3Dプリンター「Cubibot」

 FDM方式(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層法)の3Dプリンターを使用していて一番困ること、嫌なことってありますか?
店頭や展示会と言った広い場所でプリントしている状況を見てから購入しても、いざ自宅の書斎や作業部屋、そしてリビングで使うとなるとちょっと状況が違いますし、いざ使って見ると音や臭いの問題が出て来ます。
 音の問題はモーターやギア、ベルトと言った部品が出す音で、これはまだ実際の製品を見れば自宅で使用した時にどれくらいの騒音が発生するのか?と言った予測がつきますが、臭いだけはそう強烈な鼻を突く様な臭いが大量に発生するわけではなく、使用しているフィラメントの種類やそのフィラメントを作っているメーカーによっても違うので、店頭や展示会と言った広い場所では臭いが逃げて行ってしまいそんなに気になるものではありませんが、自宅の部屋となるとそうは行かずどうしても店頭や展示会場とは違い空間が限られますので部屋の換気を行っていなければ臭いも蓄積されて行きそれ相応の臭いが発生します。
 ところで何故フィラメントから臭いがするの?とFDM方式の3Dプリンターをまだ持っておられない方なら不思議に思われるかもしれませんが、FDM方式の3Dプリンターはフィラメントと呼ばれるプラスチックの棒を溶かしながらノイズからその溶かしたプラスチックを射出して造形して行きますので、プラスチックを溶かした時に独特の何とも言えないプラスチックを燃やした時の様な嫌な臭いが、あまりクローズアップされて取り上げられる事は少ないのですが、実はするのです。

 そしてその騒音と臭いと言うFDM方式の3Dプリンターが持つ負の面と真正面から向き合い、子供が使用しても大丈夫な3Dプリンターとして設計されたのがこの「Cubibot」です。

全文を読む

ホーム > 3Dプリンター

New Topics

Return to page top