Home > 生活 > クッキング

クッキング Archive

3つの特許を取得した最高に頑丈で最高に保冷性能が高いドライアイスokなクーラーボックス「Maluna」

 クーラーボックスは保温性能が高いに越した事はないのですが、保冷性能が高いと言う事はそれなりに断熱材が部厚いか密閉性が高いと言う事になり、保温性能を高めようとすれば断熱材を厚くすればいいのですが、そうすると内容量に比べて壁の厚さばかりが増して大きいのだけれど、入れられるモノの容量は少なくしかも重い!!と言う事になりますし、今度は気密性能を高めて外の暖かい空気がクーラーボックスの中に入り込まない様にすると、それはそれでクーラー内の温度が上昇した時にクーラーボックス内の空気が膨張してクーラーボックスの破損にも繋がりますし、冷却の為にドライアイスを入れるなんてとんでもありません。

 ですが、この「Maluna」は独自で開発をして特許も取得した”プレッシャーレギュレーター”を「Maluna」に装備する事で気密性を保ちつつもクーラーボックス何で膨張した空気を外へと逃がしてクーラーボックスが破損するのを防止します。

全文を読む

温かいものは6時間、冷たいものは12時間も保温可能なランチジャー「Iconiq Qore」

 ランチジャーは冷め切ったお弁当を食べなくて良いと言うメリットがあり、長年愛用されている方、そしてこれから新しい生活を始めるにあたり使ってみようかな?と思っておられる方たくさんおられると思いますが、多くのランチジャーの場合は1つの大きな保温効果のあるコンテナの中に小さなコンテナを詰めて保温するタイプが多いのですが、このタイプのランチジャーの場合の問題点は同じ1つの大きなジャーの中に小さなコンテナを入れている為に長時間ランチジャーの中に入れておくと温度が移るのです。つまりどう言う事かと言いますと、一番下に生野菜の入ったコンテナを入れ、その上に温かいおかずやスープのコンテナ、そしてその上にご飯の入ったコンテナを乗せた場合、ご飯やおかずやスープのコンテナが出す熱が生野菜のコンテナに移ってせっかくの生野菜が生ぬるくなってしまうと言う事があるのですが、生ぬるい生野菜って嫌な上に夏場は菌の繁殖も気になる所です。

 ですがこの「Iconiq Qore」は1つ1つのコンテナが魔法瓶の様な二重構造のコンテナになっていますので、熱はそのコンテナ内に留まり他のコンテナへ移る事はないのが特徴で、熱々の具だくさんのスープと生野菜を持って行ってもこの「Iconiq Qore」ならスープは熱々のまま、生野菜はキンキンに冷えた状態で持ち歩く事ができるのです。

全文を読む

極寒な部屋でパソコンのキーボードを打つ手だけを素早く暖めてくれる快適ヒーター「Envavo Heatbuff」

 この冬は12月は比較的暖かったのですが、1月に入り急激に気温が下がり雪害に遭われたり例年以上に寒く辛い思いをされた方も多かったと思いますが、寒い中で作業するのって本当に辛いですよね。特に節電と思って暖房もつけていない部屋でパソコンを使っていて指先だけではなく手首までの手全体が冷えてしまうとキーボードを打つ手も思う様に動かなくり非常に効率が悪くなります。
 ところが暖か暖房グッズをざっと見回すと足元を温めるガジェットは電気毛布であったりパネルヒーターであったりと膝から下を温めるグッズは山の様にあり選択肢も豊富ですが、手を温めるガジェットとなと手袋やヒーターの入った手袋、カイロ卓上温風ヒーター程度のものしかなくしかもどれも熱量が足りなくて使っているのに指先はどんどん冷えて行くと言うのはこう言う手を温めるガジェットを使っている方なら誰しもが経験している事です。
 かと言って保温電球(ペットヒーター)と言って爬虫類やヒーターを入れないと死んでしまう様なペットを温めておく為の電気スタンドに取り付けられるヒーターの入った電球を使うと言う手もありますが、これはこれで電気スタンドを手元に向けておかなければならず、速暖性がありすぐに温まると言っても目の前に大きな電球の傘があれば作用をするのに邪魔です。
 そんな速暖生と利便性を兼ね備えた指先を素早く温めてくれるハロゲンヒーターがこの「Envavo Heatbuff」です。

全文を読む

ホーム > 生活 > クッキング

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。