Home > PC関係

PC関係 Archive

昔のタイプライターの様にカタカタとキー入力音がしっかりと鳴るBluetoothキーボード「lofree」

 あなたはキーボードのカチャカチャと鳴る音って気になる方ですか?それとも気にならない方ですか?

 最近のキーボードは何故か静音方向へ行っている様な気がしますが、そんなにあのカチャカチャ音が気になるものなのでしょうか?昔のキーボードは、と言っても既に博物館等でしか見られませんが、昔のIBMの大型コンピューターのキーボードなんて今のキーボードの比ではないくらいキーを押す度にガチャガチャと大きな音がし、しかもしっかりと押し込まないとキー入力ができなかった為にそれなりの力も必要で、長時間コーディング作業をしたりすると手に筋肉痛を覚えたりもしたものですが、今のキーボードはは軽く、軽く触れるだけでキー入力することができますから腱鞘炎や筋肉痛になる事も皆無ですし、何と言ってもカチャカチャと音が鳴らず静かです。

 ただ昔からキーボードを叩いていた人にとってはやはりあの懐かしいタイプライターの様にガチャガチャと鳴る方が心地よく、しかも鳴る方がかえって集中力が出て作業に没頭できると言うものです。そんな昔懐かしいガチャガチャと心地よい音が鳴るキーボードがこの「lofree」です。

全文を読む

STEM教育に使用できる事を前提に設計されたプログラミング学習キット「Neuron」

 ”プログラミング”は今や親が子どもに習わせたい習い事No.1に挙がるほど、何故か親は”プログラミング”を習わせたい様ですが、一体どの様な教材が良いのか?学習塾が良いのか?全くプログラミングそのものをやった事がなければ親も判断できませんし子どもは更に訳がわかりません。
 ですが基礎ができていないのにいきなりスクラッチやブロックリー言語を使ってプログラミングを行なったとしても、理解して完璧に習得できなければ習った事の応用はできたとしても、自分で処理を考えてプログラミングを行うと言うのは到底無理ですし、スクラッチやブロックリーは一見、タイルを組み合わせて並び替えるだけなので簡単そうに見えて、選択肢は全て見えていますから、どのタイルを使えばどうなるのか?が完全に理解していないとプログラミングする事はできませんから、これが意外とハードルが高いのです。
 ですからこの「Neuron」ではあえて”IoT and Microsoft Cognitive Services”に似た独自のプログラミング環境”Neuron App”を提供するでスクラッチやブロックリーよりもプログラムはどう書くのか?プログラムはどう動くのか?がよく理解できる環境になっています。

全文を読む

極寒な部屋でパソコンのキーボードを打つ手だけを素早く暖めてくれる快適ヒーター「Envavo Heatbuff」

 この冬は12月は比較的暖かったのですが、1月に入り急激に気温が下がり雪害に遭われたり例年以上に寒く辛い思いをされた方も多かったと思いますが、寒い中で作業するのって本当に辛いですよね。特に節電と思って暖房もつけていない部屋でパソコンを使っていて指先だけではなく手首までの手全体が冷えてしまうとキーボードを打つ手も思う様に動かなくり非常に効率が悪くなります。
 ところが暖か暖房グッズをざっと見回すと足元を温めるガジェットは電気毛布であったりパネルヒーターであったりと膝から下を温めるグッズは山の様にあり選択肢も豊富ですが、手を温めるガジェットとなと手袋やヒーターの入った手袋、カイロ卓上温風ヒーター程度のものしかなくしかもどれも熱量が足りなくて使っているのに指先はどんどん冷えて行くと言うのはこう言う手を温めるガジェットを使っている方なら誰しもが経験している事です。
 かと言って保温電球(ペットヒーター)と言って爬虫類やヒーターを入れないと死んでしまう様なペットを温めておく為の電気スタンドに取り付けられるヒーターの入った電球を使うと言う手もありますが、これはこれで電気スタンドを手元に向けておかなければならず、速暖性がありすぐに温まると言っても目の前に大きな電球の傘があれば作用をするのに邪魔です。
 そんな速暖生と利便性を兼ね備えた指先を素早く温めてくれるハロゲンヒーターがこの「Envavo Heatbuff」です。

全文を読む

ホーム > PC関係

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。