どうしても眠くなったらフカフカの枕として使えるスリングバッグ「Travist」

夜行バスや、飛行機、列車での長時間移動する時に、睡眠を取ったりする事があると思います。
そう言う時にどこでも寝る事ができる方は別として、たいていの方はエコノミークラスの機内で配られる小さなペッシャンコな枕では寝辛い、列車や夜行バスのシートでは寝られないと言う悩みを抱えておられるものです。

そう言う方の為に、昔はUの字の空気で膨らませるタイプのネック(トラベル)ピローと言う首に巻き付ける枕と言うかクッションしかなかったのが、最近ではフカフカ・フワフワで寝心地がよかったり、頭が斜めに垂れ下がって首を痛めない様にガッチリと頭を固定するタイプのネックピローがあったりと、その種類はここ数年で飛躍的に増えて来ています。

そんなネックピローのジャンルに今回は全く違った視点で作られた寝心地重視のスリングバッグ「Travist」をご紹介致します。


“どうしても眠くなったらフカフカの枕として使えるスリングバッグ「Travist」” の続きを読む

ゲリラ豪雨に遭遇しても大丈夫な防水性を持ったサイクリングジャケット「MOVA Jacket 3.0」

ここ数年、毎年の様に日本のどこかで自然災害が猛威を振るっており、一度雨が降るとその勢いはゲリラ豪雨を通り超してまるで滝の様です。
そしてそんな時に自転車通勤・通学をしていると困るのが、雨です。
シトシトと降る様な雨であれば多少濡れても、夏場や冬の暖房が効いた部屋であればすぐに乾きますが、ゲリラ豪雨の様な滝の様に空から振って来られると一瞬でズブ濡れになり、帰宅時であれば自宅に帰って着替えれば済むのですが、朝の通勤や通学の時間ですと服が乾かないので、その後が大変です。

そこで今回は対防水性に優れ、オールシーズン使えるサイクリングジャケット「MOVA Jacket 3.0」をご紹介致します。

“ゲリラ豪雨に遭遇しても大丈夫な防水性を持ったサイクリングジャケット「MOVA Jacket 3.0」” の続きを読む

あらゆる面において効率的に設計されたコーヒー好きな方に贈るドリップメーカー「Cafflano®」

日本でコーヒーメーカーと言うと一昔前はペーパードリップ式のものばりでしたが、最近ではコーヒーメーカーが自ら作ったカプセル式のコーヒーメーカーも人気です。
ただそう言う本格的なコーヒーメーカーを欲しいと思っていても自宅に置き場所がなかったり、ドリップした後の掃除が面倒だったりするので、カップに直接ドリップするタイプのドリップパックコーヒーやインスタントコーヒーで飲んでいると言う方も少なくないでしょう。

そこで今回は、自宅でもオフィスでも簡単に好きな銘柄の豆でペーパードリップする事ができるドリップメーカー「Cafflano®」をご紹介致します。


“あらゆる面において効率的に設計されたコーヒー好きな方に贈るドリップメーカー「Cafflano®」” の続きを読む

PM2.5が気になる季節、手軽に使えるポータブル・エアモニター「Huma-i」

一時期は大陸からやって来るPM2.5がメディアで大々的に取り上げられ問題にもなりましたが、今ではサッパリとメディアに取り上げられる事もほぼなくなっています。
それはPM2.5が飛来して来なくなったのではなく、ただ単にメディアの関心が薄れただけで、相変わらず大陸からはPM2.5が同じ様に飛来していますし、日本国内でもPM2.5は排出されており、それは黄砂の様に見えるワケでもなくPM2.5の濃度が上がり霧の様に見えるならば、それは人体に対して危険レベルであると言う事を意味しています。

そこで今回は、簡単にPM2.5をはじめ人体に有害な物質の濃度を計測する事が可能なポータブル・エアモニター「Huma-i」をご紹介致します。


“PM2.5が気になる季節、手軽に使えるポータブル・エアモニター「Huma-i」” の続きを読む

露天駐車場での凍結や灼熱地獄から愛車をスッポリと覆い守るサンシェード「tubenda」

露天駐車場を使用していて一番困るのは、この気温の低い時期ではフロントガラスの凍結であり、夏場は車内温度の上昇です。
特に冬場のフロントガラスの凍結は、解氷スプレーの様な便利なものを常に車内に常備しておけば、結構簡単にフロントガラスにビッシリと貼り付いた氷を溶かしてすぐに車を走らせる事ができるのですが、スクレイパーと言った氷を削り落とす道具もない様な場合は非常に大変です。
これが排気量の大きい車であれば比較的すぐにエンジンが温まり温風をフロントガラスに吹き付けてフロントガラスに付着した氷を溶かして車を走らせる様に持って行けるのですが、軽自動車の場合はなかなか冷却水の温度が上がらないばかりか、エアコンの能力も低いのでなかなか排気量の大きい車と比べるとなかなか氷は溶けません。

ですがそう言う、気温が0℃近くにまで下がりフロントガラスが凍る事がわかっているのなら、手間ですがフロントガラスにブルーシートでも1枚かけておけば凍らずに済む、朝もスムージにエンジンを始動して車を走らせる事ができます。

そこで今回は1人で簡単にフロントガラスにシートをかけられるサンシェード「tubenda」をご紹介致します。


“露天駐車場での凍結や灼熱地獄から愛車をスッポリと覆い守るサンシェード「tubenda」” の続きを読む

どの様な格好をしていても気軽に持ち歩けるUSBソーラーチャージャー「SolarCru」

ソーラー充電器は、太陽させ出ていれば半永久的に電気を起こしてくれる夢の様な発電機で、発電する時には地球環境を汚しませんのでクリーンエネルギーとも呼ばれ、特にインフラ設備が停止した状態で唯一自給自足可能なエネルギーでもあります。

ですから災害時に電源の確保が難しいのは昨年の台風や地震災害でもよく思い知らされましたので、ソーラーチャージャーを非常持ち出し袋等の災害時に携帯する荷物に入れておくと、何かと助かります。

ただ太陽電池パネルの発電力はまだまだ発展途上で発電効率は50%にも達しておらず、ポータブルサイズと言ってもiPad miniサイズ程度の大きさのパネルでないとスマートフォンの充電は難しい所がありますので、ポケットに財布もスマホもその他荷物も全て入れて出かけると言う方の携帯は絶対に無理です。

そこで今回は、そう言うバッグを持たない方でも、持ち歩く事が可能なソーラーチャージャー「SolarCru」をご紹介致します。


“どの様な格好をしていても気軽に持ち歩けるUSBソーラーチャージャー「SolarCru」” の続きを読む

ベルトに取り付けるホルスターがとっても格好いいK5ブレードEDCナイフ「G10 Praetor Pocketblade」

みなさんが使っているカッターナイフは、厚みのあるダンボール箱やちょっと硬いモノを切ると刃が折れたり、切っている最中に途中で刃が咬んでしまって止まってしまう事がよくあります。
その刃が途中で止まるの原因は、カッターナイフの刃を折れる様にする為に刃の厚みを薄くしている為です。
その為に切断面が広がらないので、切断した素材が刃の両面から押さえ込む形になり刃が進まなくなるのです。ですから出刃包丁の様な刃の厚みのあるものの方が、素材を切断して切り離すのには向いています。

そこで最近はカターナイフの用に折って刃を新しくはできませんが、刃を交換する事で切れ味を取り戻す事のできるK5ブレードと言う、台形の独特の形をした刃を利用するEDCナイフが流行っています。
このK5ブレードは一般的な文具用として売られているカッターナイフの刃の倍の厚みがあり、硬い強化ダンボールや、木材を削ったりと言った事が平気でできる刃で、中にはこのK5ブレードを使った”ヒゲ剃り”等もあり、様々な用途に使われています。

そして今回はそのK5ブレードを使ったEDCナイフ「G10 Praetor Pocketblade」をご紹介致します。


“ベルトに取り付けるホルスターがとっても格好いいK5ブレードEDCナイフ「G10 Praetor Pocketblade」” の続きを読む

モバイルバッテリーを使い、たった90秒で膨らむエアソファー「AirThrone」

一昨年の夏、ビーチやプールでは”鯉のぼり”の様な形状をした円筒形の筒状の袋を振り回すだけで膨らませるエアクッションが流行ったのを覚えておられるでしょうか?
それまで一生懸命、足踏みポンプ等で何十分もかけて膨らませていたエアクッションが、一瞬で膨らませる事ができるのですから荷物も手間も減り爆発的に売れたのですが、昨年の夏は殆ど見かけなかった様な……

その1つの要因として風がないとパンパンに膨らませるのには無理があると言う事です。
いくら手で口を広げて走っても膨らませても、空気を閉じ込める為に口を縛るまではさすがに走ったままで閉じ辛いので止まりますので、止まっているその間に空気は抜けて行って萎んでしまいます。
そうするとクッション性が悪くなるだけでなく空気の抜けも早くなり、結構短いスパンで同じ様に走って空気をためて膨らませると言う作業を1日のうちに何度も行わなくてはなりません。

そこで今回は更に進化して送風用のファンが付属したエアソファー「AirThrone」をご紹介致します。


“モバイルバッテリーを使い、たった90秒で膨らむエアソファー「AirThrone」” の続きを読む

一眼レフで撮影した画像をその場でクラウドにアップロードする「CamBuddy Plus」

みなさんが使っているiPhoneでは、”iCloud写真”や”マイフォトストリームにアップロード”をONにしておく事でiPhoneのカメラ機能で撮影を行うと画像も動画も自動的にiCloudへアップロードする機能があり、WindowsならiCloudアプリをインストールし、Macであれば何もアプリをインストールする事なくiPhoneと同じiCloudのIDを設定すれば、PCでiPhoneで撮影した画像や動画を使いたい時にiPhoneから画像や動画を移動させる必要もなく、Macであれば”写真”アプリを開ければさっきiPhoneで撮影したばかりの画像や動画がもう表示されていてすぐに利用可能です。

またAndroidスマートフォンでもDropboxやGoogle Photo、Amazon Photsと言ったアプリをインストールしておけばiPhoneと同じ様にクラウドサーバーへアップロードしてくれます。

そんな便利なスマートフォンと同じ事をデジタル一眼レフ・カメラでもできる様にしたのが今回紹介する「CamBuddy Plus」です。

“一眼レフで撮影した画像をその場でクラウドにアップロードする「CamBuddy Plus」” の続きを読む

24時間365日快適なドライブをサポートするブルーライトカット機能搭載オーバーサングラス「AUTO OUTDOOR」

視力が悪いと様々な場面で不便を強いられる事が多いのですが、特に不便なのが車の運転です。
普段使いのメガネで車の運転をすると、少し曇り空の日中なら良いのですが、早朝や夕方と言った太陽が地平線近くまで降りて来る時間帯や、対向車の多い夜間走行などは太陽の光やヘッドライトが眼に飛び込んで来てサングラスでもかけてないと瞬間的に視界が無くなりヒヤッとすると言う事もあります。
だからと言って普段使いのメガネに色を入れて可視光をカットすると言うのも、街灯や明かりの少ない場所では夜間は見え辛くなり歩き辛いですし、かと言って色の入った度付きの眼鏡を作ると、夜間でも可視光を遮り更に更に暗くなり見え辛くなって運転し辛くなると言った弊害が出て来ます。

そこで便利なのがオーバーサングラスと言うメガネの上からかけられるサングラスで、今回は「AUTO OUTDOOR」と言うサングラスをご紹介致します。


“24時間365日快適なドライブをサポートするブルーライトカット機能搭載オーバーサングラス「AUTO OUTDOOR」” の続きを読む