スリムなボディーでバックパックの中に突っ込んで持ち歩けるアンプ内蔵エレクトリック・ウクレレ「Ava Ukulele」

ウクレレと言うとハワイを連想される方が多いと思いますが、ウクレレで演奏可能な楽曲別にハワイアン音楽だけではなく、音域は狭いものの弾こうと思えばJ-POPでも弾けますしウクレレ用にアレンジしが楽譜も売られています。
そしてウクレレはギターとは違い弦の本数も4弦しかなくネックも細いので女性でも軽々と弦を押さえる事ができますので、昨年からインスタやツイッターでは”#ウクレレ女子”と言うハッシュタグでググると、たくさんのウクレレを弾いている綺麗な女性の魅力ある画像や動画を見る事ができます。

そんな最近流行の兆しが見えるウクレレにアンプを内蔵し、エレキギターの様に鳴らす事のできるエレクトリック・ウクレレ「Ava Ukulele」を今回はご紹介致します。


“スリムなボディーでバックパックの中に突っ込んで持ち歩けるアンプ内蔵エレクトリック・ウクレレ「Ava Ukulele」” の続きを読む

もうチューブを加えなくていいんだよ!!喉に当てるだけのカッコ良いトークボックス「ESX-1」

あまり一般の方が見る事はほぼない、トークボックス(トーキング・モジュレーター)と言うエフェクターと言って楽器の音にイントネーションをつけて、楽器が言葉を話している様に思わせる、今で言えば”ボーカロイド”の様なソフトで機械合成で喋らせている様な、ヘリウムガスを吸ってキーの高い声で喋る様な、もっと分かり易く砕けて言うと、話している声がエレキギターの音であったりピッコロやチューバの音であったりするわけなのですが、これがハマると結構面白いのです。

と言うもの例えばエレキギターの音でも普通に弾けば単なるメロディーにしか聞こえませんが、トイボックスを使うと口をパクパクと開け閉めするだけでメロディーに微妙なエフェクターでは出せない人間味のあるビブラートを効かせたりする事ができます。

ただ難点はチューブを口に加えて演奏しなければならず、チューブに拘束されますので派手なパフォーマンスができない上に、口にチューブを加えている見た目の悪さです。

おそらく今回紹介する「ESX-1」を開発された方もそれを感じていたのでしょう、この「ESX-1」はチューブを加える事なく同じエフェクト効果を出す事ができますので、もうチューブを加える必要性はなく、また機材はスマートフォンとこの「ESX-1」だけなので路上ライブでトークボックスの面白さを幅広く広める事ができます。


“もうチューブを加えなくていいんだよ!!喉に当てるだけのカッコ良いトークボックス「ESX-1」” の続きを読む

普通にバッグや上着の内ポケットに入れて持ち運ぶ事のできる、折りたたみ式ウクレレ「Astro」

みなさんは何か楽器の演奏はできますか?
よく歳を取ってから時間ができたからと楽器を習う方もおられますが、習い始めてから若い頃にピアノやギターでも弾いておけばよかったなぁ~と後悔される方も多いかと思います。
何せピアノは右手と左手を別々にリアルタイムで動かす事が要求されますし、ギターは右手のストロークは何とかなってもコードを抑える左手の方が問題で、特に小指や薬指で弦をしっかり押さえられなくて、そこを意識すると今度は指が痙ったり。
それにまたドラムも手と足4本で違ったビートを刻む必要がある上に、トランペットをはじめとする管楽器の多くは擬音楽器と言って唇を震わせ、口で音階を作らないといけませんので、これは持って生まれた唇の形や柔らかさが大きく影響し、練習したからと言って何とかなるものでもありません。

そこで楽器初心者の方にオススメなのが”ウクレレ”です。ウクレレは弦が4本しかなくネック部分も細い為に小さな手の人でも回しやすく、コードもギターに比べると弦の数が少ないので覚えやすいのが理由です。

ただその”ウクレレ”も大きさは様々なものがありますが、標準的なものは60~70cm程度あり、ボディー部分の幅や厚みも考えると、ちょっとバッグに入れて持ち歩いて、話のノリで覚えたばかりのウクレレを披露したくて”じゃぁちょっと弾いて見せてあげようか”なんて事をやると、かなりわざとらしく思われます。

ですが今回紹介する折りたたみ式ウクレレ「Astro」は折り畳むと長さ約30cm×幅10cm×厚み5cmと500mLのペットボトルよりほんの少し大きい大きさなので、持ち歩いても怪しまれる様な事はありませんし、逆にどこででも時間のある時にサッと取り出して演奏の練習を行う事のできるウクレレです。


“普通にバッグや上着の内ポケットに入れて持ち運ぶ事のできる、折りたたみ式ウクレレ「Astro」” の続きを読む