合計出力120W、USB-C PDポート×2な上に脱着する予備バッテリーが付属した最強のモバイルバッテリー「Morph」

最近のモバイルバッテリーはUSB-C PD(Power Deliver)に対応しているのはもちろんの事、USB-C PDポートを複数持っていたり、従来のUSB機器を充電する為にUSB-Aを備え、ちょっと多機能なものはそれにプラスしてQiワイヤレスチャージに対応したりもしています。

ただたくさんのデバイスを一気に充電できるのは嬉しい事なのですが、問題はモバイルバッテリーそのもののバッテリー容量です。たくさんのものを一気に充電できると言う事はそれに比例してバッテリーをたくさん搭載していなければ、中途半端にしか充電できません。

かと言ってたくさんバッテリーを搭載すると重さも比例して重くなりますが、モバイルバッテリーそのものも強大化して行き、モバイルとは呼べない様な大きさになって行ったりしますので、かなりじっくりと考えて選ばないと、毎日大きくて重いモバイルバッテリーを持ち歩く事になりかねません。

そこで今回はバッテリー容量とバッテリーサイズの問題をスワッピング(入替え)させる事で解決したモバイルバッテリー「Morph」をご紹介致します。

“合計出力120W、USB-C PDポート×2な上に脱着する予備バッテリーが付属した最強のモバイルバッテリー「Morph」” の続きを読む

iPad Pro専用のUSB-CマルチハブがバージョンアップしてMacBook Proでも利用可能になった「BoltHub Pro」

ProOS12以降、iPadOSを搭載したiPad ProではLightningコネクタではなくUSB-Cが採用された事でUSB機器が利用が可能になり、USBメモリだけでなくUSB接続のHDDやプリンター、対応していればスキャナやプリンターなども接続できる様になりました。
そのお陰でUSBメモリからファイルを読み込んで編集をしたり、逆にiPad Proで編集したファイルをUSBメモリで渡したりと言う事がとても簡単にできる様になりましたし、SDカードやmicroSDカードリーダーを備えたUSB-Cマルチハブですと直接USB-Cマルチハブにメモリーカードを差し込んでビデオカメラやカメラの動画や静止画を取り込んで編集できたりする事もできる様になっています。

そしてそのUSBマルチハブをスタイリッシュにiPad Proに引っ掛けて一体化させて使える様にリリースされたのが”BoltHub”で、今回紹介します「BoltHub Pro」はそのバージョンアップ版でMacBook Proでも使用できる様に工夫がなされています。

“iPad Pro専用のUSB-CマルチハブがバージョンアップしてMacBook Proでも利用可能になった「BoltHub Pro」” の続きを読む

Qi15Wダブルワイヤレス充電にプラスしてUSB-C PD60Wパススルー充電機能を持ったワイヤレス充電器「Unravel 2」

いつの頃からか、私達の身の回りのデジタルガジェットの多くはQiワイヤレス充電に対応したものが多くなっている事に気付かされます。
ことスマートフォンやスマートフォンと一緒に使う事の多いBluetoothワイヤレスイヤホン等はワイヤレスイヤホンそのものにワイヤレス充電機能はなくてもケースがワイヤレスで充電できる様になっていたりするものが多いですし、モバイルバッテリーに関してもそれの流れに合わせるかの様にワイヤレス充電機能を持ったものを見かける機会が増えています。

ですから手元にあるQiワイヤレス充電に対応したデバイスを一度に充電しようとすれば、デバイスの分の充電台が必要と言う事になり、ケーブルでの充電と比較すると机の上のかなりの部分を占拠し、デスクスペースが狭いと結構な厄介者です。
かと言って充電の時だけ取りだしてセットするのも置くだけで充電できるメリットがありませんし、ケーブルを差して充電した方が充電スピードも充電を開始するまでの時間も早いので、どう考えてもワイヤレス充電するメリットがない様な気がします。

そこでそんなちょっとメリットを感じ辛いワイヤレス充電に対して、”これってめっちゃ便利やん”と思わせるQiワイヤレス充電器「Unravel 2」をご紹介致します。

“Qi15Wダブルワイヤレス充電にプラスしてUSB-C PD60Wパススルー充電機能を持ったワイヤレス充電器「Unravel 2」” の続きを読む

不眠に悩んでいる方へ。装着後30分後には自然と眠くなり自然と入眠へと導くヘッドバンド「Modius SLEEP」

みなさんは夜はすぐに寝る事ができますか?
中には布団の中に入っても1時間も2時間も寝られずに横にはなっているけれども起きていると言う方もおられるでしょう。
そして様々な方法をネットで探したり、人に聞いたりして実践しているけれど全然効果が現れずに困っておられる方もおられるはず。

そう言う方はまずサーカディアン・リズム(概日リズム)を知る事が重要です。
これは俗に言う体内時計の事なのですが、時計上は1日は24時間なのですが、この体内時計に限っては24時間キッチリの方もおられれば若干短い方、そして25時間あったりする方と千差万別です。
そしてこのサーカディアン・リズムは朝日に含まれるブルーライトを浴びる事でリセットされますので、夜中遅くまでスマートフォンを見つめていると眠る事ができないと言うのは、人間が持つ原始的な反射・反応が原因なのです。
しかもこのサーカディアン・リズムは1日に最大でも2時間しか戻す事ができないので、休みの日にお昼過ぎまで寝てしまったりしたら、5〜6時間はいつも起床する時間よりも長く寝た事になり、体内時計を戻すには最低でも3日、下手をすると5〜6日かかりますので、日曜日の寝だめが体内時計を自ら狂わせていると言う事もあるのです。

そして睡眠誘導物質であるメラトニンと言う脳の中で分泌されるホルモンは起床後14時間前後から分泌が始まる、約16時間後にピークに達すると言われ、朝6時に起きて出勤し、夜10時に帰宅して0時に就寝する様な方は完璧に寝る機会を失っている事になるのです。しかも寝る直前までどうやったら眠れるのかスマートフォンを見て検索していたら更に眠れません。

そこで今回は、睡眠導入剤の様な薬に頼らなくても、装着するだけで30分後には眠気に襲われて自然と入眠する事のできるヘッドバンド「Modius SLEEP」をご紹介致します。

“不眠に悩んでいる方へ。装着後30分後には自然と眠くなり自然と入眠へと導くヘッドバンド「Modius SLEEP」” の続きを読む

自分の脳からどんな脳波が出ているのか知りたくはありませんか?脳波コントロールの練習も可能な脳波計「NeoRhythm」

脳波にはα波(アルファ波)やβ波(ベータ波)がある事はご存じかと思いますが、この他にも脳波には脳の状態を判定する脳波としてδ波(デルタ波)やθ波(シータ波)、γ波(ガンマ波)と言った脳波もあり、それぞれ脳がどう言う状態にあるのかをこれら5つの周波数の脳波を計測する事で知る事ができます。

一般的にはα波はリラックスしている時に強く放出され、β波は緊張している時に強くなるのは広く知られていますが、残りの3つδ波やθ波は入眠前や睡眠中に出る非常にゆっくりとした4Hz以下の周波数を示す脳波で、γ波はβ波よりも高い30Hz以上の周波数を示す脳波でイライラしていると言うよりは危険が迫っている様な危機的な状況に時に出る脳波になります。

そしてよく集中できる様にとα波を出すCDを聴いたりしますが、実際には集中している時はα波の中でもHigh α波やβ波が1番良く出ていますが、その状態が実際に維持できているのかどうか知るには脳波を計測するしかありません。

そこで今回は、脳波を簡単に計測できる脳波計「NeoRhythm」をご紹介致します。

“自分の脳からどんな脳波が出ているのか知りたくはありませんか?脳波コントロールの練習も可能な脳波計「NeoRhythm」” の続きを読む

フィルターは買い換えるのではなく、水洗いでリフレッシュできるエコなパーソナル空気清浄機「Luft Cube」

みなさんは空気を綺麗にする為の空気清浄機が、空気を逆に汚してしまっているって事があるって事実がある事はご存じでしょうか?
例えば、メッシュ状のフィルターは見た目にホコリがたまっているのが見えますし、空気清浄機の説明書にも定期的に掃除をする事が書かれていますので、定期的の掃除をします。
一方HEPAフィルターの様な目の細かなウィルスも除去できるフィルターはと言うと、掃除の事は一切明記されていません。これはHEPAフィルターが掃除をしても無駄だからと言う事もあります。
HEPAフィルターの目は例えば微小粒子状物質PM2.5をも除去できる能力があるとすると、フィルターの目は2.5μm以上の粒子を通さない様にそれ以下のサイズになっている事を表しており、更にフィルターの内部は電子顕微鏡で見ると木々が密生したジャングルの様になっていますので、掃除機でフィルターの目に詰まった微小粒子やバクテリアやウィルスを吸い出そうとしても引っ掛かって出て来ないからなのです。

しかもHEPAフィルターで濾されたウィルスやバクテリアの近くにエサとなるホコリやチリ、人間の皮膚と言った様なエサとなるものがあり、加湿機能を使っているとそれらウィルスやバクテリア、カビ等が増殖する条件が整いフィルターの中で増殖し逆に部屋の中を汚染する事があるからです。

そこで今回は常に洗う事でフィルターを清潔に保つ事ができるパーソナル空気清浄機「Luft Cube」をご紹介致します。

“フィルターは買い換えるのではなく、水洗いでリフレッシュできるエコなパーソナル空気清浄機「Luft Cube」” の続きを読む

大流行の兆しあり。飛ばして当ててキャッチボールしてと様々な遊び方が生まれそうなフライング・スピナー「FlyNova」

今回紹介するフライング・スピナー「FlyNova」は、ちょっとワクワクさせるガジェットです。
構造的には3枚羽が1枚だけ入ったタケコプターの様なもので飛ばして遊ぶのですが、プロペラが1枚だけなのでうまく飛ばさないと狙った場所へ飛んで行かないからです。

実はこれと似た様なジャンルのオモチャが既に存在しています。ただその空飛ぶ円盤!?は4つのプロペラを持つドローンを、この「FlyNova」の様に回りを覆うカバーがつけられたもので、この「FlyNova」と同じ様に飛ばして遊ぶのですが、プロペラが4つあり、安定した姿勢制御が可能ですのでどんな風に投げても落ちたり変な方向に曲がったりする事はなく、ただ真っ直ぐに飛んで行く、斜め上に飛ばすと手元に戻って来ると言うものです。

ですからキャッチボールする様な遊び方しかできませんので、あまり面白いとは言えないからです。一方この「FlyNova」は前述した様にプロペラが1枚で安定飛行とは無縁ですので、飛ばし方によってはすぐに落下したり有り得ない方向に飛んで行ったりしますので、投げて面白いのです。

“大流行の兆しあり。飛ばして当ててキャッチボールしてと様々な遊び方が生まれそうなフライング・スピナー「FlyNova」” の続きを読む

AI判定で、1度充電すれば最大4ヶ月充電フリーで連続使用可能な電源工事不要のセキュリティーカメラ「IMILAB EC2」

最近は物騒な事件も多く、防犯カメラを我が家にも設置したいと思っておられる方は多いと思います。
ただ費用面を考えるとセキュリティー会社に丸投げすると毎月一定金額の費用を払い続けなくてはいけません。かと言ってホームセンターやネット通販で購入してDIYで取り付けると言うのも大変です。
最近はWiFiで通信するセキュリティーカメラもありますので、家の外から家の中へと配線を引き込んで作業しなければならないと言う事はありませんが、電源だけはどこからか引かなければなりませんし、そうすると設置場所の制約が出て来て、ここにカメラが欲しいのにと言う場所へ設置できないと言う事になります。

一方バッテリーを搭載したカメラもありますが、これもしっかりとカメラの仕様を見てから買わないと週に1回、3日に1回とバッテリーを充電しなければならないとしたら、それはそれで大変です。

そこで今回は1回充電すれば最大4ヶ月はバッテリーの充電は不要で自宅を守ってくれるセキュリティーカメラ「IMILAB EC2」をご紹介致します。

“AI判定で、1度充電すれば最大4ヶ月充電フリーで連続使用可能な電源工事不要のセキュリティーカメラ「IMILAB EC2」” の続きを読む

3眼カメラのiPhone 11 Pro/ Pro MAXにも対応したスライド式拡張レンズ搭載のiPhoneケース「ShiftCam Multi-Lens Case」

今回紹介します「ShiftCam Multi-Lens Case」は、スライド交換式の拡張用レンズ(望遠、マクロ、広角)を搭載したiPhoneケースでは老舗のShift Camシリーズの最新作で、最新のiPhone 11/ 11 Pro/ 11 Pro MAXの他にiPhone7以降のiPhone用ケースも用意されています。

そしてこのShift Camシリーズの特徴は、誤って手から滑り落ちてコンクリートやアスファルトの上に落下させたとしてもiPhoneには一切損傷を負わせないと言う強靱さと、スライドするだけで望遠撮影、広角撮影、マクロ撮影が可能なレンズシートを搭載している所です。

従来のスマートフォン用の拡張レンズと言うとクリップで挟むタイプのものが多く、100円均一ショップでも売られていたりしますので、みなさんもクリップ式のレンズを1つや2つ持っておられるかもしれませんが、このクリップタイプのレンズと言うのは装着が大変な上に振動でズレたり、画面の一部を隠したりしてその場所にあるアイコンをタップできなくしたりと、以外と不都合が多いレンズなのです。
特にレンズの位置合わせが微妙でカメラアプリにした状態でクリップ式のレンズを取り付けてレンズの影が映り込んでいたり、ピントが合っているか合わせなくてはいけなかったりと、装着がとても大変だったのですが、このShift CamはiPhone用だけですがスライドするだけでレンズが交換できますので微調整はもちろん不要な上に、もうちょっと拡大して撮影したいと言う時に素早く望遠レンズを合わせて撮影する事ができたりと、とても使い勝手が良いのです。

“3眼カメラのiPhone 11 Pro/ Pro MAXにも対応したスライド式拡張レンズ搭載のiPhoneケース「ShiftCam Multi-Lens Case」” の続きを読む

集中力をつけたい!!そんな方にオススメな集中力をアップさせる魔法のBluetoothイヤホン「FOCUS BUDS」

楽曲を聴きながら勉強や仕事をすると捗るなんて事がよく言われ、それをサポートする様なCDも販売されていますが、実際のところ音楽によってやる気が出たり、テンションが上がったりして作業効率が上がると言う事は実際に科学的に証明されています。

ただ新しい事を覚えたり、難しい問題を解く様な脳をたくさん使う様な事をする場合は、逆効果になる事もあります。例えば、聴いた事のない新しい曲をかける、歌声の入った楽曲を聴くと言った様な、曲の方に意識が行ってしまう場合です。

また再生する音量によっても音が大きいと楽曲の方に意識が行きますし、音量が低いと気にはなりませんが、今度周囲がざわついていると周りの音が気になり注意が削がれますし、逆にシーンと無音だとこれも不安になり集中できません。

と言う様に音楽を集中して作業したいと言う時に聴くと言うのはとても良い方法なのですが、そのやり方が間違っていると逆効果になる事も多々あるのです。

そこで、その調整を自動で行い集中力を最大限アップするトレーニングを行わせてくれるBluetoothイヤホン「FOCUS BUDS」をご紹介致します。

“集中力をつけたい!!そんな方にオススメな集中力をアップさせる魔法のBluetoothイヤホン「FOCUS BUDS」” の続きを読む