Home > indiegogo

indiegogo Archive

車で交差点に停車中にスマホを見ていて後ろからクラクションを鳴らされた事はありません?それを防止する「Redlight Greenlight」

みなさんは次の改正道路交通法案でスマートフォンや携帯電話を運転中に持っていたり使ったりしていた時の刑罰が今よりより厳罰化される事はご存じでしょうか?
今は携帯電話やスマートフォンを使用していると軽微な違反であれば反則金9,000円が課せられ違反点数2点が加算されるのですが、意外と知られていないので通話やメールやLINEをしていなくても手に持っているだけでも反則金6,000円と違反点数1点が加算される様になっており、もし事故を起こした様な場合や悪質な場合で刑事訴追された場合は「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が課せられる事になっていて有罪になった場合はもちろん前科がつきます。

それが次の改正道路交通法案では、「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」へと引き上げられると共に、今までなら”交通反則通告制度”で反則金を払い違反点数が加算されていた様なケースも全て刑事訴追される事になります。
つまり、もし次の改正道路交通法で法案が成立すれば電話をしたりLINEでスタンプを送っている時に現行犯逮捕されるだけで刑事訴追されると言う恐ろしい事態になるのです。
また手に持っているだけの状態の場合でも、現行の罰則は「5万円以下の罰金」となっているのですが、「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」へと厳罰化されます。

つまり、運転しながらスマートフォンに目をやっただけで大変な事になると言う事だけはご理解頂けたでしょうか?

つまり停車中に見る以外に(実際は停車中でもグレーゾーンではあるのですが)ない、交差点で赤信号で待っている時に信号が変わっているのに気が付かずにスマートフォンを見ていて後ろからクラクションを鳴らされる機会が増える事があるかもしれません。それを回避するのが今回紹介する「Redlight Greenlight」です。

全文を読む

何度も書いては消せ、スマートフォンにもすぐに取り込めるミニ・メモ帳「EVERLAST MINI」

みなさんはフリクションペンと言う、消す事ができるボールペンは事はご存じでしょうか?
最近では公的書類の注意書きにも”フリクションペンは使用しないで下さい”と言った旨の記述が見られる事から、かなり世間一般的に知られる様になっているこのフリクションペンですが、このフリクションペンの原理ってご存じですか?

実はこのフリクションペン、専用の消しゴムで消しているので、鉛筆の様に消しゴムで消えるんだと思っておられる方も多いのではないかと思いますが、このフリクションペンに使われているインクって実は約60~65℃以上の温度になると透明化すると言う性質を持っている為に、専用の消しゴムでは摩擦を起こしてその摩擦熱で透明化しているだけであって、ちょっと光の当たる角度を変えて消した部分を見てみると、透明な文字や模様が残っているのが分かります。

そしてこのインク、実はマイナス10~20℃に冷やせばまた色が出て来たりもするのです。

そんなフリクションペンを使って、サッと一拭きで消す事ができるメモ帳「EVERLAST MINI」を今回はご紹介致します。

全文を読む

炭酸ボンベ不要なのにフレーバー炭酸水まで自動で作り出す事ができるソーダメーカー「rOcean」

もうかなり前に炭酸水ダイエットが流行りましたが、炭酸水がどうしてダイエットに繋がるのかご存じでしょうか?
炭酸水はご存じの様に二酸化炭素が溶け込んだ水で、それを飲む事により水に含まれた二酸化炭素が水から分離されて胃の中に溜まり胃を膨らませますので、満腹感から食べられなくなりダイエットに繋がります。
次に炭酸水を飲むと喉の中がシュワシュワとした炭酸水に刺激されるのと同じ様に水から放出された二酸化炭素が胃腸を刺激して蠕動運動誘導し消化が促進される上に、胃腸から吸収された二酸化炭素は肺から排出する為に血流を促進して肺へ二酸化炭素を送ろうとしますので疲労回復効果も持っています。

そんな炭酸水を安く購入しようとすると箱で購入するのが最良なのですが、それだと保管する為の場所も取る上に空きペットボトルの処理の問題もあり、ソーダメーカーと言われる炭酸水を作る装置が密かに人気なのですが、ソーダメーカーは炭酸ボンベを購入・交換する必要があり、それを購入できるショップやネットショップも限られている事からそれがネックとなります。

ですが今回紹介するソーダメーカー「rOcean」は炭酸ボンベをセットする事も購入する必要もないソーダメーカーなのです。

全文を読む

ホーム > indiegogo

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。