陶芸には興味があるけれど手が不器用だから無理かもと言う方の為のセラミック3Dプリンター「Microwave Kiln」

昔であれば陶芸をやろうと思えば陶芸教室に通ったりしながら習うしか方法はありませんでしたが、今ではロクロや、手びねりで茶碗や湯飲みを作ってみたいと思ってネットで検索すれば事細かに映像と音声で解説された動画まで見つかる時代で […]

iPhoneのFaceIDを使った3Dスキャンをよりし易く変えるミラーアダプタ「ScanMira」

iPhoneやiPadに搭載されているFaceIDはインカメラ横に内蔵された赤外線レーザーを使い物体までの距離を計測する機能を使い顔の3Dデータを作成し、ロック解除に利用しています。 つまりFaceIDはLiDARセンサ […]

シートを動かすと絵が動いて見える3Dホログラムシートの印刷を可能にした3Dホログラムプリンター「LitiHolo」

4〜5年前までは3Dプリンターやレーザー彫刻機、CNCフライスなんてものは個人で手を出せる様なものではなく、一般の人が目にする様なものでもありませんでしたが、今では加工できるサイズにも大きく左右されますが、DIYで組み立 […]

静音性とスピードと言う相反する課題を2本のアームで解決した新方式のFDM式3Dプリンター「Plybot」

フィラメントと呼ばれる糸状、ロープ状の樹脂素材を溶かしながら造形するFDM(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層方式)式3Dプリンターは、制御方式としてXYステージ式とデルタ式の2つがメジャーな […]

ABSやPLAで作った3D造形物の表面を自動でツルツル・ピカピカ仕上げにしてくれる「PolySmoother」

3Dプリンタとしてみなさんがよく目にするFDM方式と言って、ドラムに巻き付けられたフィラメントと呼ばれる樹脂の糸を溶かしながら手びねりの器を作る時と同じ様に積み上げて行く3Dプリンターは、どうしても表面に積み上げて行った […]

え!!SLAプリンタ!?と見間違う精度数値を持つ、レーザー彫刻も可能な組み立てFDM方式3Dプリンタ「XY-3 SE」

FDM(Fused Deposition Modeling:熱溶解積層方式)方式の3Dプリンターの場合、たいてい0.4mmと言うプリンタヘッドからフィラメントと呼ばれる溶けた樹脂を射出し重ねて行く事で造形して行きますので […]

どんなモノでも0.3mmの分解能で3Dデータ化可能なハンディ3Dスキャナ「Revopoint POP」

3Dプリンターは非常に安価になり、DIYキットであれば小学生が1回のお正月で貯める事ができるお年玉でも買える様な価格で手に入れる事ができます。 ですが3Dプリンターを手に入れたとしても造形に使うデータはネットから拾って来 […]

自宅のFDM方式の3Dプリンターで最大9本のフィラメントを扱える様にするフィラメント・フィーダー「3Dfeedy」

フィラメントと呼ばれる樹脂を溶かしながら造形するFDM方式の3Dプリンターの中にはいくつものホットエンド(ノズル)を搭載し複数のフィラメントを使い多色造形や違い性質を持ったフィラメント(ABSとTPUと言う様な組み合わせ […]

すごい!!0.2mmの穴もしっかりと造形する事のできる高解像度・高速造形LCD-PLA 3Dプリンタ「IBEE」

従来、紫外線レーザーでレジン(紫外線硬化樹脂)を固まらせながら造形を行うSLAプリンタは、FDM方式とは比較にならない程高精細な精密な造形ができる代わりに、スピードが遅いと言うのが問題点で、寝る前にプリントボタンを押した […]

形、形状、場所を問わず、あらゆる所に彫刻が施せる万能レーザー彫刻機「LaserPecker 2」

レーザー彫刻機と言うのは文字通りレーザーモジュールを使い、レーザーを照射する事で対象となる素材を溶かしたり焦がしたりしながらイラストや文字と言ったものを彫刻して行く装置です。 最近では高出力のレーザーモジュールが安価に手 […]