フル規格通信が可能なので5K画質&10Gbps通信&100W充電可能なUBS-Cマグネットケーブル「MagX」

LightinigやmicroUSBケーブルと比べてMacBook ProでUSB-Cマグネットケーブルを使っていて暫くすると充電できなくなると言う事をよく耳にします。
この原因の主原因は発熱です。15インチMacBook Proになりますと純正のUSB電源を使うと最大87Wと言う電力がケーブルを流れますので、ケーブルの抵抗が1Ωでも上がれば抵抗値に比例して発熱も多くなり、マグネットケーブルの接点を脱着する事で接点部分にカーボンが付着してON抵抗を増やしてケーブルのコネクタ内部に内臓されている電源コントローラーが熱で破損し充電できなくなるからです。

ですからUSB-C規格のマグネットコネクタを選ぶ場合はまず接点の面積の広いものを選ぶか、コントローラーの入っていない24ピン全てを結線するコネクタを選ぶのが重要で、今回紹介します「MagX」は後者のフル結線のマグネットケーブルとなります。


“フル規格通信が可能なので5K画質&10Gbps通信&100W充電可能なUBS-Cマグネットケーブル「MagX」” の続きを読む

これ1本あれば何でも充電できるキーチェーン型USBケーブル「High Five」

ようやくと言うか、やっと言うか、2年前には殆どなかったUSB-CないしUSB-C PD(Power Deliver)出力を備えたモバイルバッテリーが増えて来ており、最新のiPhone XS/XS MAX/XRや1世代前のiPhone 8/8 Plus/XはUSB-C出力を備え9V出力が可能なモバイルバッテリーやUSB電源であれば最大18W(9V/2A)で急速充電する事ができます。

つまり外出先でスピーディーに短時間で自分のスマートフォンを充電するにはUSB-C出力を備えたモバイルバッテリーとUSB-Cコネクタのケーブルが必要となります。

そこで今回はどのスマートフォンでもUSBデバイスでも最速で急速充電する事が可能な5in1ケーブル「High Five」をご紹介致します。


“これ1本あれば何でも充電できるキーチェーン型USBケーブル「High Five」” の続きを読む

SwitchでGCコントローラーを最大4台まで使えるスタンド型アダプター「Ultimate GameCube Adapter」

Nintendo Switch用に昨年末にリリースされたスマブラ(大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL)をプレイするのにJoy-Conは有り得ませんし、Joy-Conグリップを使ったとしてもハイスピードなアクションゲームであるスマブラをプレイするにあたって左右縦一列に並べられたあのボタン配置では操作スピードにも限界がありますので、おそらくその限界を感じてプロコンを買ったと言う方も多かったのではないでしょうか?
ただプロコンは価格がネックで、さすがに4人分買うとなるとかなりの勇気が必要です。

そこで注目するのはGCコンことゲームキューブコントローラーです。GCコンはスマブラ用に最適化されたコントローラーですし、スマブラをプレイするのにはベストなので自宅にゲームキューブと一緒にGCコンがあると言う方には超オススメです。

ただGCコンはそのままSwtichには接続できませんのでアダプターが必要となるのですが、今回はそのアダプター「Ultimate GameCube Adapter」をご紹介致します。


“SwitchでGCコントローラーを最大4台まで使えるスタンド型アダプター「Ultimate GameCube Adapter」” の続きを読む

夜間撮影がとっても得意なMotorora製スマホMotoZの様にモジュールで拡張できるAndroidスマホ「Doogee S90」

モトローラと言うメーカーが作る”MotoZ”と言うスマートフォンは”moto mods”と言うモジュールで機能を拡張できる事で有名です。
そのモジュールにはバッテリーモジュールや、360°カメラ、10倍光学ズームカメラと言ったものからプリンターやプロジェクターなどが既にラインナップされており、磁力で簡単に脱着して拡張機能が使えるのが魅力です。

そんな”MotoZ”ライクなAndroidスマートフォン「Doogee S90」を今回はご紹介致します。


“夜間撮影がとっても得意なMotorora製スマホMotoZの様にモジュールで拡張できるAndroidスマホ「Doogee S90」” の続きを読む

プレゼントやお返しとしても重宝されるQiワイヤレス充電対応モバイルバッテリー「PLUTO WIRELESS」

友人の誕生日プレゼントにモバイルバッテリーをプレゼントした、結婚式の引き出物としてモバイルバッテリーを贈ったなんて事を聞くと、えぇ〜と思われる方も少なくないでしょう。
ですが貰って可も無く不可もないものが、今はモバイルバッテリーなのです。
と言いますのも、今は誰もがスマートフォンを使用しており、いつもは殆ど使わないのでバッテリーも2日に1回しか充電しなくても良いと言う方も、経年劣化によるバッテリー容量の減少と、たまたま外出先でトラブルがあり、頻繁にLINEや電話でのやり取りをしなければなら様な時に助かるのがモバイルバッテリーです。
特にそう言うヘビーユーザーでない方はモバイルバッテリーの存在を知ってはいても必要ないものと思い購入する事すら考えていませんので関心もありませんが、いざ貰ったモバイルバッテリーをバッグに入れて持ち歩いてみると、”あら便利ね”とその便利さに気付くと言うのがモバイルバッテリーで、モバイルバッテリーを貰って嫌がる人はいません。

そこで今回はそう言うプレゼントにも最適なモバイルバッテリー「PLUTO WIRELESS」をご紹介致します。
“プレゼントやお返しとしても重宝されるQiワイヤレス充電対応モバイルバッテリー「PLUTO WIRELESS」” の続きを読む

3Wステレオスピーカーで迫力あるサウンドも楽しむ事ができるLEDプロジェクター「Docoy」

プロジェクターを比較する際に一番比較されるのは輝度(明るさ)と解像度です。
この輝度(明るさ)の表記はメーカーでまちまちで、レンズによって大きく拡大して投影するプロジェクターでは”ルーメン”と言う単位で現している場合、中央の一番明るい部分で現しているメーカーや、端の一番くらい部分で明るさを現しているメーカーもあり、前者よりも後者の方が親切ではあるのもも比較する際にどちらかなんて事はカタログには書いていませんので、平均した明るさの単位として用いられている”ANSIルーメン”を明記しているプロジェクターの方が親切です。

そして次に比較するとなるとビジネス用途では重さやバッテリーの持続時間あたりですが、ホビーユースとなると自宅で使う事が多いのでバッテリーの持ちや重さよりも音質ではないでしょうか?
ホビーユースとなると映画やアニメと言った映像を楽しんだり、ゲームを楽しんだりする事に使うのが多くなりますが、なかなか音質重視と言うプロジェクターに出会う事は少なく、別途Bluetoothスピーカーや有線のスピーカーを設置するよりはプロジェクターに高音質のスピーカーが内蔵されていた方が便利なのは言うまでもありません。

そこで今回は、長時間再生、高音質と家庭で映画等を鑑賞するのにピッタリなプロジェクター「Docoy」をご紹介致します。


“3Wステレオスピーカーで迫力あるサウンドも楽しむ事ができるLEDプロジェクター「Docoy」” の続きを読む

どの国のコンセントにでも差し込める世界最小のUSB電源アダプタ「Evo Adapter」

みなさんは、電源周波数が関東は50Hzで関西は60Hzと言う事を聞いた事はありますか?
その昔は電化製品がこの電源周波数を基準にして設計されていた為に、関東で買った製品を関西に持って行ったり、関西で買った電化製品を関東に持って行くと正常に動かないと言う電化製品も多かったのですが、今ではコンバータ回路やインバータ回路によってその電化製品を動かすのにあたり最適な電源を製品に内蔵された電源回路が作り出す様になっていますので、日本はもちろん海外へ行ってもコンセントに差し込めば普通に使えます。

ただ、電源回路に関しては世界各国どこに行っても使える様になっていても、コンセント形状だけは変えると様々な弊害が出て来ますので全世界で統一する事はできず、主に4種類(分類)のコンセントが存在しますので、海外へ行った時はその国のコンセント形状に合ったアダプタを持っていなければスマートフォンすら充電する事はできません。

そこで今回はよく海外へ行かれる方の為に、どの国へ行っても使えるUSB電源アダプタ「Evo Adapter」をご紹介致します。


“どの国のコンセントにでも差し込める世界最小のUSB電源アダプタ「Evo Adapter」” の続きを読む

5.1ch+ジャイロセンサーで敵の方向を確実にキャッチするゲーミングヘッドセット「Tactical Master Gaming Headset」

FPS(ファーストパーソンシューティング)を始めるにあたり、みなさんが買い揃えるのがゲーミング・マウスやマクロ設定できるゲーミングキーボードです。
確かにコンマ何秒で勝敗が決まるFPSゲームにおいてこれらコントローラーの応答性は非常に重要ですし、USBキーボードなどはマクロ機能の他にNキーロールオーバーと言って、パソコンが押している事を認識できるキーボードのキーの数がいくつなのかと言う仕様も非常に重要です。

そしてその他に戦場を映し出す応答性の良い高リフレッシュレートのモニターも、PCのスペックと同じくらい重要です、更にもう1つ忘れてはならないのがヘッドセットです。

ヘッドセットは何人かでチームを組んでプレイする場合、スカイプでグループトークするのに必需品ですし、もっと言えば敵の足音や車両の走行音、飛行音などを聞き分け、敵に見つけられる前に敵を見つける、そう言う為に必要です。

そこで今回はそう言うFPSゲーム等で勝為に優位に立てるゲーミングヘッドセット「Tactical Master Gaming Headset」をご紹介致します。


“5.1ch+ジャイロセンサーで敵の方向を確実にキャッチするゲーミングヘッドセット「Tactical Master Gaming Headset」” の続きを読む

ゲーマーだけでなくPC作業者の腕の疲労を低減するグローブシステム「Flashe Gaming Glove」

FPSゲームを長時間プレイしていたり、PCでの入力作業を続けていると肩も凝りますが腕も次第に疲れて行って怠痛くなって行き、最終的には痛みで手が使えないなんて事も。
ですからプロゲーマーは日頃からの筋力トレーニングをし長時間プレイに耐えられる肉体作りをしているわけですが、普通のサラリーマンやOL、プログラマーにそう言った筋トレを強要するのは何だか本末転倒の様な気がしますし、基本的にはそこまで負担がかかる様な作業を強いるのは間違っているのですが、どうしても仕事が立て込んでそうも言ってられない事もあります。

そこで今回はマウスを使う腕を極限まで疲労しない様にサポートするグローブシステム「Flashe Gaming Glove」をご紹介致します。


“ゲーマーだけでなくPC作業者の腕の疲労を低減するグローブシステム「Flashe Gaming Glove」” の続きを読む

手のひらサイズだからと言って侮ってはいけない!!200ANSIルーメンモバイルLEDプロジェクター「PIQO」

壁やスクリーンに映像を投影できるプロジェクターは、白い壁があればどこででも映像を投影できる素晴らしい映像装置です。
例えば白いシーツでもスクリーンとして使え、キャンプ場でみんなで映画を鑑賞する様な時でも、白いシーツを木々に張り渡したロープに引っ掛ければ屋外映画館に早変わり。

またビジネスでもクライアントの会社へプロジェクターを持って行けば、小さなノートPCの画面を複数人で覗き込まなくても良く、大きなスクリーンで説明できるなど非常に様々な用途に使えたくさんのメリットがあります。

そこで今回は掌の上にチョコンと乗る縦横高さ5.7cmで重さ210gと言うとてもコンパクトなLEDプロジェクター「PIQO」をご紹介致します。


“手のひらサイズだからと言って侮ってはいけない!!200ANSIルーメンモバイルLEDプロジェクター「PIQO」” の続きを読む