旅先で汚れた少量の下着だけを洗いたいと言う時にとっても便利なトラベル洗濯袋「Scrubba wash bag MINI」

あの長かった10連休から既に1ヶ月が過ぎましたが、10連休に長期旅行へ行かれた方も多かったのではないでしょうか?
そしてそんな旅行中に一番困るのが洗濯です。特に汗をかく暖かい季節は着るものも薄く嵩張らないものばかりなので荷物は少なくて済むのですが、汗をかくので洗濯物が毎日たくさん出ます。

そう言う時にホテルにコインランドリーがあったとしても観光で疲れて帰って来て、コインランドリーに洗濯に行き、1〜2時間後に取りに行くって言うのも、翌日また早く出かけるのであれば洗濯を待っていないで早く寝たいですよね。

そこで便利なのが洗濯袋と呼ばれるジャンルの洗濯するのに便利なガジェットです。

今回紹介します「Scrubba wash bag MINI」の元となった既に市販されており、Amazonや楽天と言った大手ECサイトでも購入可能な”Scrubba wash bag”はバックそのものが洗濯板の様な構造になっており、衣類と洗剤を入れてもみ洗いする事で、酷い汚れがなければものの5分程度で綺麗に洗えて10分もあれば干す所まで終える事ができる事です。
“旅先で汚れた少量の下着だけを洗いたいと言う時にとっても便利なトラベル洗濯袋「Scrubba wash bag MINI」” の続きを読む

防水・対切創性を備えた上に上着も入れる事ができるエキスパンド・スリングバッグ「DaySling 2.0」

スリングバッグと言いますとよく男性が肩から斜めがけにするバッグの事ですが、このバッグの利点はバッグを降ろさなくても背中に背負ったバッグ部分をベルトを回す事でバッグを前に持って来てバッグを降ろさなくてもバッグの中に入れた荷物を出し入れする事ができる事です。
そしてもし治安的に不安定な地域を行き来する様な場合はバッグ部分をお腹側に持って来て抱えておけば窃盗犯対策にもなります。

ただスリングバッグは斜めがけすると言う時点でサイズ的にバックパックの様な大容量のものは物理的に作れずにバッグとしては中途半端で、ショッピングに行ってちょっと大きなものを買った時にそれをバックパックの様にバッグの中に入れて持ち歩くと言う事はサイズ的にできません。

そこで今回は「DaySling 2.0」と言う大容量のスリングバッグをご紹介致します。
“防水・対切創性を備えた上に上着も入れる事ができるエキスパンド・スリングバッグ「DaySling 2.0」” の続きを読む

ジッパーを降ろせば移動中の荷物の出し入れも楽に出来るロールトップ・バックパック「Minaal Rolltop」

バックパックの口の部分をクルクルと巻き込むタイプのバックパックをロールトップと言います。
このロールトップ・バックパックの利点は雨に降られた時に生地に防水加工や撥水加工が施されていると、バックパック内に雨水が浸入しない事が挙げられます。

と言いますのも普通のバックパックはトップ部分の開口部を閉める為にジッパーか、紐によって絞り込んで口を閉じます。そうすると紐によって絞るタイプのバックパックは当然の事ながら隙間ができますので、そこから雨が降り込みますし、ジッパーで閉めるタイプのものもジッパーが防水構造でないと染みこんで行きます。
ところがロールトップだと、そう言う雨水が染み込む隙間や繋ぎ目と言ったものがないので雨水が浸入しないと言う訳なのです。

そして今回紹介する「Minaal Rolltop」はそう言う構造にはなってはいないのですが、口を巻き込む事でバックパックのサイズを変える事ができるので、荷物の少ない時はコンパクトしにして持ち歩きする事ができると言うメリットもあります。
“ジッパーを降ろせば移動中の荷物の出し入れも楽に出来るロールトップ・バックパック「Minaal Rolltop」” の続きを読む

先端技術、そして欲しかった機能がギュッと詰まったエルゴノミックデザインのバックパック「Agazzi®」

バックパック(昭和世代の方が言うとリュックサックになるかと思いますが)と言えば、開口部がトップ部分だけで、高さの高いバックパックだと底に沈んだ荷物を探すのに腕を突っ込んでまさに手探りと言う状態になるのですが、最近のバックパックはサイドスリットと言ってバックパックの横にジッパーがついており、横から手を入れてバックパックの底のものを取り出したり、クラムシェル構造と言ってパカッとどこか一面が開いてバックパックの中が隅々まで見える様な構造になったものもあります。

更には防犯対策として開口部がどこにあるのか分からない様な構造にしてみたり、ジッパーを隠してみたり、防弾チョッキに用いられる様な生地を使ってみたりと、最近のバックパックは非常に進化しているのですが、今回紹介する「Agazzi®」はそう言った進化部分も当然取り入れながら、誰もがこうだったら良いのにな、と言う機能を組み込んで、ほぼパーフェクトとも言える作りになっています。
“先端技術、そして欲しかった機能がギュッと詰まったエルゴノミックデザインのバックパック「Agazzi®」” の続きを読む

畳むと単1乾電池サイズになる、エコバッグより便利なポケットにスッポリと入るバックパック「Smallest pack」

最近の殆どのスーパーでは大小関わらずレジ袋が有料化されて、みなさんもエコバッグやマイバッグを持って買物へ出かけられる事が普通になられたかと思いますが、エコバッグで困るのは仕事帰りや、どこかにレジャーに出かけていてその帰りに買物をして帰ると言う様な時に、公共交通機関を利用していたり、徒歩での移動だったりする時に買いたい物が買えないと言う事です。
例えば仕事帰りに片手にバッグを持っていれば空いているのは反対側の手しかありませんし、レジャーでも全く手ぶらで出かけるなんて事はまずありませんから、持って帰る事のできる分だけしか買って帰れません。
ですがそう言う時に限って油とか調味料とか重くて嵩張るものが安売りしていたりして、それを買って帰れないなんてのは悔しいですよね。

そこで今回は背負えるバックパック型のエコバッグ「Smallest pack」をご紹介致します。
背負う事で両手がフリーになりますので、片方の手が空いていたら「Smallest pack」を2個携帯していれば空いた片手と背中とで倍の買物をして帰る事ができますよ。
“畳むと単1乾電池サイズになる、エコバッグより便利なポケットにスッポリと入るバックパック「Smallest pack」” の続きを読む

通勤や通学に便利なだけでなく、快適に通勤や通学ができる疲れないバックパック「ONYX BACKPACK」

通勤や通学で満員電車やバスを利用する時にバックパックは前抱きにするか、背中から降ろして手に持つのが常識です。
その理由は背中に背負ったバックパックは非常に危険と言うか痛いからです。
例えば”おしくら饅頭”をしていかの様な状態の満員電車の中で身体を左右に回そうものなら、バックパックで誰かを殴ると言うのも大げさかもしれませんが、バックパックを誰かに当てて不快な思いをさせてしまいます。
ですからバックパックは背中から降ろして手に持つか、手をフリーにしておきたければ前抱きにして持つかになります。

ただやはり前抱きは動きが制限されるだけでなく見た目も格好悪いですし、かと言って手に持つと高さのあるバックパックは床にバックパックの底が擦って汚れたり、足で蹴られたりと言う事もありノートPCやタブレットと言ったデジタルガジェットが入っているとそれも心配です。

そこで今回は手に持った時でも高い位置をキープできるバックパック「ONYX BACKPACK」をご紹介致します。
“通勤や通学に便利なだけでなく、快適に通勤や通学ができる疲れないバックパック「ONYX BACKPACK」” の続きを読む

旅行、買物、ジムと衣類を入れて持ち歩くのにとても便利な圧縮バッグ「CUBEPACKS」

旅行に行く時に衣類をコンパクトにまとめる為に圧縮パックを利用される方は多いのですが、日常的に圧縮パックを使うとなると空気を抜く為のポンプ等を一緒に持ち歩かなければならずその分の荷物が増えてしまう上に空気を吸い出しのに時間のかかるのが嫌と言う方もおられるでしょう。

そこでそう言う方にはジッパーで圧縮する圧縮パックが最近では人気です。
よく荷物が膨れあがってジッパーが閉まらない時に蓋を抑えてジッパーを閉めると何とか圧縮して収納する事ができますが、その抑えて閉めるを何段階にも分けて行う事でバキュームポンプがなくても小さき荷物を圧縮できるのがジッパー式の圧縮パックです。

そのジッパー式圧縮パックを何と外に持ち出せる様にベルトを付けたのが今回紹介する「CUBEPACKS」です。


“旅行、買物、ジムと衣類を入れて持ち歩くのにとても便利な圧縮バッグ「CUBEPACKS」” の続きを読む

圧縮パックの圧縮から、空気入れまでマルチに使えるポータブル電動ポンプ「TROPO」

最近は飛行機に乗ろうとするとバッグの大きさや重さ、そして個数等の制限も厳しくなっている事から、衣類を圧縮してコンパクトにまとめられる圧縮パックは長期旅行には欠かせないアイテムとなっており、今では100円均一ショップなどでも手軽に手に入れる事ができます。
ただそんな便利なアイテムにも1つだけ欠点があり、空気を抜く作業がとても大変だと言うことです。
方式としては体重をかけてクルクルと巻き取る事により中の空気を追い出すタイプと、掃除機やバキューム用のポンプを使い吸い出すタイプの2タイプに分かれます。
前者の巻き取って空気を追い出すタイプは道具は不要で巻き取って行くだけなの圧縮もスピーディーに行う事ができるのですが、完全に空気が抜けてペッタンコと言うレベルまでには圧縮できません。

一方吸い出す方はほぼ全ての空気を吸い出す事ができMAX薄くする事ができますが、空気を吸い出す道具が必要でそれこそ手動のポンプでいくつもの圧縮袋を圧縮させるとそれこそ手がどうにかなりそうなくらいになります。

ですから最近では小型の手のひらサイズのバキュームポンプが増えているのですが、今回はバッテリーが切れても安心と言う電動ポンプ「TROPO」をご紹介致します。
“圧縮パックの圧縮から、空気入れまでマルチに使えるポータブル電動ポンプ「TROPO」” の続きを読む

ビーチサイド以外でも日常的に色々な事に使えそうな臭いのするウェットスーツ生地を使ったポーチ「The Pouch」

スキューバダイビングで着るウェットスーツやドライスーツ生地は身体にピッタリと密着する様に伸縮性に富んでいるだけでなく、撥水性もあり生地の表面は非常にサラサラとしています。その為に砂浜で砂がついたとしてサッと手で払うだけで簡単に砂は取れてしまいます。
その為にプールサイドやビーチサイドで使うトートバッグの様なものやポーチの様なものまでウェットスーツの生地を使った製品は数多くあります。

そして今回紹介するポーチ「The Pouch」もウェットスーツ生地を使っていますので、プールサイドやビーチサイドで使う事ができるのですが、それ以外にも日常生活でも様々なモノを収納する為に色々と使えそうなのです。


“ビーチサイド以外でも日常的に色々な事に使えそうな臭いのするウェットスーツ生地を使ったポーチ「The Pouch」” の続きを読む

バックパック、メッセンジャーバッグ、ブリーフケースへと役者のごとく早替えが得意な「Meridian」

バックパックは両手がフリーに使えるだけでなく、荷物が多い時に片方の肩にその重さが100%かかり肩が痛くなる様な事もないと言うメリットがあります。
その一方、満員電車の中では身動きすると周囲の人にバックパックが当たり嫌がられますし、ビジネスマンならクライアント先に出向くのにバックパックでは印象が良くありません。

そこで今回は瞬間的にバックパックからメッセンジャーバッグへ、そしてブリーフケースへと姿を変える事ができる「Meridian」をご紹介致します。


“バックパック、メッセンジャーバッグ、ブリーフケースへと役者のごとく早替えが得意な「Meridian」” の続きを読む