バッテリーの一生涯保障がとっても魅力的な最大1800W出力AC電源モジュール「DELTA」

先月、関東を襲った台風15号は送電線を支える鉄塔を倒す等の甚大な被害を与えました、あぁ言う自然災害によって停電が長引くと、エネファームの様なガスによる発電設備や太陽光発電、蓄電池などの設備を自宅に備えておけばよかったなと思いますが、エネファームはお湯を作る際に発電しますので、断水していれば当然の事ながら発電できません。
また太陽光発電の場合は昼間は良いしとして夜間は発電してくれませんし、太陽光発電と蓄電池と言うセットも設備的には昼間に発電した電力を蓄電池に貯めて夜に使うと言うのは理想的なのですが、蓄電池装置に使われているバッテリーにはスマートフォンに使われているバッテリーと同じ様に寿命があり、まだ使えそうと思って使い続けているとスマートフォンと同じ様にすぐにバッテリーが切れていざと言う特に役に立たないと言う事になります。

またこの蓄電池も初期投資としてン百万もかかるのにバッテリーの再充電回数は決まっており、なおかつそのバッテリーを交換しようと思えば4〜5年毎にン十万も費用がかかるので、これも万が一とはいえ来るか来ないか分からない災害の為に費用を負担し続けるにはかなりの覚悟と、高いモチベーションが必要となります。

そこで今回は、電源モジュールに搭載されているバッテリーを一生涯保障するAC電源モジュール「DELTA」をご紹介致します。

“バッテリーの一生涯保障がとっても魅力的な最大1800W出力AC電源モジュール「DELTA」” の続きを読む

エンジニアの方注目です!!メガネじゃない、スパナにラチェットが組み込まれた「Flex Head Ratcheting Flare Nut Wrench」

ボルトやナットを締めたり緩めたりする道具として一般的に用いられるのはメガネレンチやモンキーレンチ、スパナ、ボックスレンチ等が昔からあります。
そしてより楽に緩めたり締め付けたりできる工具としてソケットレンチがあり、このソケットレンチにはラチェット機構が組み込まれており、ラチェットにより一定方向にしか回らない為、従来の締め付け工具の様に少し回しては工具を外してまたはめて回すと言う手間な事はせずとも単純にハンドルを回す(行き来させる)だけでボルトやナットを締め付ける事ができます。

ですから今では様々な工具にラチェット機構が組み込まれており、メガネレンチやモンキーレンチには既にラチェット機構が組み込まれた工具があります。
ただ残念ながらスパナにだけはラチェット機構が組み込まれたものがなかったのですが、今回はそのラチェット機構をスパナに組み込んだ画期的な「Flex Head Ratcheting Flare Nut Wrench」を今回はご紹介いたします。
“エンジニアの方注目です!!メガネじゃない、スパナにラチェットが組み込まれた「Flex Head Ratcheting Flare Nut Wrench」” の続きを読む

車輪がついて楽々移動!!折り畳み式のバケツも見過ごせないポータブル高圧洗浄機「CarAid Portable & Foldable Pressure Washer」

アイリスオーヤマと言うメーカーに「タンク式高圧洗浄機」と言う高圧洗浄機があります。
この高圧洗浄機は近くに水道の蛇口がなくても専用のタンクに貯めた水を使う事ができる上にバッテリーを内蔵していますので、洗車設備のないマンションの駐車場等で車を洗ったり、ベランダやバルコニーの洗浄をしたりするのにとても便利なのです。

ただ近くに水道がなくても洗浄できるのはとても便利なのですが、水道の蛇口のある場所で水をタンクに補給して運ばなければならないと言うデメリットがあり、力の弱い女性にはこれが滅法大変ですし、車やバルコニーの様な広い場所を洗浄するにはいくら水を使わない高圧洗浄機でも何度も水を補給しに行かなければなりません。

そんな水の補給と言う唯一の欠点と言うか難点をタイヤを取り付ける事で見事にクリアしたタンク式高圧洗浄機「CarAid Portable & Foldable Pressure Washer」をご紹介いたします。
“車輪がついて楽々移動!!折り畳み式のバケツも見過ごせないポータブル高圧洗浄機「CarAid Portable & Foldable Pressure Washer」” の続きを読む

冬場の洗車や大掃除の時にめっちゃ欲しい!!何と温水が出る散水ヘッド「HotWave」

最近は新しい年を迎えるにあたり家を清めて神様をお迎えする為に大掃除をすると言う風習もあまり見かける事が少なくなりましたが、それでも大掃除をされる方はたくさんおられますし、年末ではなくそれまでに大掃除をされる方も多いのではないでしょうか?

そんな時に冷たい水での掃除って本当に辛いですよね。特に冬場の洗車も、寒い突き刺すような風が吹いている中で水を使いながら洗車をするのももうとっても辛くて、ついつい回数を減らしたり洗車機にかけたりしたくなります。

ただそう言う時にお湯が使えたらどんなに良いでしょうか。

そこで今回はそんな温水を使って掃除する事のできる散水ヘッド「HotWave」をご紹介いたします。
“冬場の洗車や大掃除の時にめっちゃ欲しい!!何と温水が出る散水ヘッド「HotWave」” の続きを読む

雪山や海、そして日常生活でもあらゆるシーンでフォルムを変えて装着できる3ポジション・サングラス「FALCON」

世の中には適材適所ではありませんが、場所やシチュエーションによって道具を使い分ける方と、どの様な時でも愛着のある道具を使うと言う方がおられます。
前者はその時の状況やする事、やる事によってカスタマイズされ作られていますので使い勝手も良いのですが、日頃使っていないものを使うと違和感と言うものがあったりします。
それが今回紹介するサングラスとなると、スキー場に行って普段かけているサングラスをかけて滑るのと、スキー用のゴーグルを着けて滑るのとではスキー用のゴーグルの方が本当は良いのですが、普段使っていない分、見え方に差が出て来ますし、乱視が入っている様な方ですとゴーグルのレンズの湾曲と眼の乱視とで周囲の風景が歪んで見えたりしてするとそれはそれで危険です。

また釣りなどでも海面に当たった太陽の光の反射で眼が疲れない様にそれら光をシャットアウトする偏光レンズや、ポラライズド加工が施されたレンズをかけますが、これも慣れていないと足下の悪い岩場で釣りをしたりするとちょと危険です。

そこで今回はあらゆるシーンで共通して使えるサングラス「FALCON」をご紹介いたします。
“雪山や海、そして日常生活でもあらゆるシーンでフォルムを変えて装着できる3ポジション・サングラス「FALCON」” の続きを読む

捨てやすい、場所を取らない、臭いが漏れない、洗いやすい!!車載用シートバッグ・ゴミ箱の決定版「SNAPBAG」

車で使うゴミ箱の定番は私達が家庭で使っている様なプラスチックで作られた箱型のゴミ箱が一般的でしたが、最近は邪魔にならないシートに取り付けるゴミ箱が増えて来ています。

特にセダンタイプの乗用車の様に足下が狭い車は、人が座って邪魔にならない大きさのゴミ箱を選ぶ必要がある為にあまり大きなゴミ箱は置けませんでしたが、シートに取り付けるゴミ箱(ポケット状のゴミ箱)はシートにぶら下げる形になるので、小まめにゴミを処分する様にしておけば乗り降りの再にも邪魔にならないのでとても便利です。

そこで今回は数あるシートバッグ型ダストボックスの中でもあらゆる面で秀でている「SNAPBAG」をご紹介致します。
“捨てやすい、場所を取らない、臭いが漏れない、洗いやすい!!車載用シートバッグ・ゴミ箱の決定版「SNAPBAG」” の続きを読む

テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」

キャンプに興味はあるけれどキャンプ道具を揃えるのって高いしなぁ〜、そんな事を思っている貴方に、最近は何でも貸し出してくれるキャンプ場もあるんですよよ。
昔からキャンプ場の一部にバンガローが建ててあり、そこを利用すると言うキャンプ場はありますが、せっかくならテントに寝泊まりしたいと言う方の為に最近は、テントとタープと、そして調理道具一式を既に設営し終えた状態で、後は利用するだけと言うキャンプ場もあるのです。

ただ利用料金はバンガローと同じか、ちょっとお高めに設定されている所が多く、道具を一式購入するかどうか悩まれる方が多いのも事実です。

ただそれ以前に家族や、仲間が継続してキャンプについて来てくれるのか?それが一番の問題です。
せっかくキャンプ道具一式を買い揃えたのに、1回目のキャンプで飽きたり、嫌になったりして2回目誘っても誰も誘いに乗って来ない、なんて事になれば折角高いお金を出して買い揃えたキャンプ道具も可愛そうです。

そこで今回はお試しで大自然の中でキャンプを楽しむ事ができるワンタッチキャビン「CARSULE」をご紹介致します。
“テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」” の続きを読む

気温が高くても、もう安心!!キャンプや車中泊でとても快適な夜を過ごす事ができるポータブルクーラー「Zero Breeze Mark Ⅱ」

昨年の夏は40℃超えと言うとんでもない気温を記録し、いつもなら夜は気温がグッと下がって快適に睡眠が取れる行きつけのキャンプ場も、昨年だけは山奥で川がすぐ側に流れている様なキャンプ場でも30℃を下回る事がなく、寝苦しい夜を経験された事がある方も多いのではないでしょうか?

そして更にきついのが車中泊です。昨年は暑すぎていつもなら涼しいのでほんの少し窓を開けていれば普通に睡眠が取れていた標高の高い場所でも、車のエアコンを切るとすぐに車内の温度が上がるので、ガス欠とバッテリー上がりを気にしながらエアコンを断続的に使用して何とか一晩をやり過ごしたなんて方もおられるのではないでしょうか?
特に停車しながらエアコンを使うとエンジンを高速で回していませんのでファン等を回すのにバッテリーを消費してバッテリー上がりの要因となりますし、最近の燃費の良い車はその良さの結果としてガソリンタンクが小さくなっていますので危険です。

そこで今回は、寝苦しいテントや車中泊を快適に過ごす事のできるポータブルクーラー「Zero Breeze Mark Ⅱ」をご紹介致します。
“気温が高くても、もう安心!!キャンプや車中泊でとても快適な夜を過ごす事ができるポータブルクーラー「Zero Breeze Mark Ⅱ」” の続きを読む

光の透過度を自由に変える事ができるUVカット偏光サングラス「Harrier Electrochromic Sunglasses」

みなさんがサングラスを選ぶ基準って何ですか?
もちろんデザインもありますが、サングラスを選ぶ時に最も気にするのは遮光性でしょう。
最近のトンネルは昔の様にオレンジ色の低圧ナトリウム灯から最近は白色のLED灯になりトンネルの中も明るくなりましたので、濃い色のサングラスをかけてもトンネルの中が暗すぎて見辛いと言う事はなくなって来ましたが、それでも屋外での遮光性を重視して濃い色のサングラスを選ぶと明るいトンネル内でも見辛くなりますし、更に屋内になると照明が暗いと殆ど見えないので困ります。

だからと言って色の濃さ(透過率)の違うサングラスを何本も持つと言うのも不経済です。そこで今回はその濃さ(透過率)を変える事のできるサングラス「Harrier Electrochromic Sunglasses」をご紹介致します。
“光の透過度を自由に変える事ができるUVカット偏光サングラス「Harrier Electrochromic Sunglasses」” の続きを読む

手足を入れる事ができるポケットが特に超魅力的な、超軽量トラベルブランケット「The Layover」

冷房が苦手な方にとって直接空調機の冷たい風が当たるのって耐えられませんが、移動中の乗り物って飛行機でも夜行バスでも電車でも、自分に当たっている風は吹き出し口を絞ったり吹き出しの方向を変える事で何とかなりますが、どこかに当たって跳ね返った風まではどうしようもないですよね。

そこでブランケットが欠かせない訳ですが、最近のブランケットはユニクロのダウンジャケットの様に薄くても超暖かいものがたくさんあり、コンパクトに折り畳んで持ち運べるのでとても便利です。

ただ残念ながら座った状態でブランケットをかけても風を遮る事ができるのは前だけで、足下の後ろから吹き込む風だけは何ともなりませんし、足にブランケット巻き付けて足で挟んだとしても力を入れ続けていなければ開けますし、ジッパーやホックで留められるタイプのものでも足下の隙間から入り込んで吹き上げて来る風はどうしようもできません。

そこで今回はそう言う隙間から吹き込む風も完全にシャットアウトできるトラベルブランケット「The Layover」をご紹介致します。
“手足を入れる事ができるポケットが特に超魅力的な、超軽量トラベルブランケット「The Layover」” の続きを読む