テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」

キャンプに興味はあるけれどキャンプ道具を揃えるのって高いしなぁ〜、そんな事を思っている貴方に、最近は何でも貸し出してくれるキャンプ場もあるんですよよ。
昔からキャンプ場の一部にバンガローが建ててあり、そこを利用すると言うキャンプ場はありますが、せっかくならテントに寝泊まりしたいと言う方の為に最近は、テントとタープと、そして調理道具一式を既に設営し終えた状態で、後は利用するだけと言うキャンプ場もあるのです。

ただ利用料金はバンガローと同じか、ちょっとお高めに設定されている所が多く、道具を一式購入するかどうか悩まれる方が多いのも事実です。

ただそれ以前に家族や、仲間が継続してキャンプについて来てくれるのか?それが一番の問題です。
せっかくキャンプ道具一式を買い揃えたのに、1回目のキャンプで飽きたり、嫌になったりして2回目誘っても誰も誘いに乗って来ない、なんて事になれば折角高いお金を出して買い揃えたキャンプ道具も可愛そうです。

そこで今回はお試しで大自然の中でキャンプを楽しむ事ができるワンタッチキャビン「CARSULE」をご紹介致します。
“テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」” の続きを読む

気温が高くても、もう安心!!キャンプや車中泊でとても快適な夜を過ごす事ができるポータブルクーラー「Zero Breeze Mark Ⅱ」

昨年の夏は40℃超えと言うとんでもない気温を記録し、いつもなら夜は気温がグッと下がって快適に睡眠が取れる行きつけのキャンプ場も、昨年だけは山奥で川がすぐ側に流れている様なキャンプ場でも30℃を下回る事がなく、寝苦しい夜を経験された事がある方も多いのではないでしょうか?

そして更にきついのが車中泊です。昨年は暑すぎていつもなら涼しいのでほんの少し窓を開けていれば普通に睡眠が取れていた標高の高い場所でも、車のエアコンを切るとすぐに車内の温度が上がるので、ガス欠とバッテリー上がりを気にしながらエアコンを断続的に使用して何とか一晩をやり過ごしたなんて方もおられるのではないでしょうか?
特に停車しながらエアコンを使うとエンジンを高速で回していませんのでファン等を回すのにバッテリーを消費してバッテリー上がりの要因となりますし、最近の燃費の良い車はその良さの結果としてガソリンタンクが小さくなっていますので危険です。

そこで今回は、寝苦しいテントや車中泊を快適に過ごす事のできるポータブルクーラー「Zero Breeze Mark Ⅱ」をご紹介致します。
“気温が高くても、もう安心!!キャンプや車中泊でとても快適な夜を過ごす事ができるポータブルクーラー「Zero Breeze Mark Ⅱ」” の続きを読む

光の透過度を自由に変える事ができるUVカット偏光サングラス「Harrier Electrochromic Sunglasses」

みなさんがサングラスを選ぶ基準って何ですか?
もちろんデザインもありますが、サングラスを選ぶ時に最も気にするのは遮光性でしょう。
最近のトンネルは昔の様にオレンジ色の低圧ナトリウム灯から最近は白色のLED灯になりトンネルの中も明るくなりましたので、濃い色のサングラスをかけてもトンネルの中が暗すぎて見辛いと言う事はなくなって来ましたが、それでも屋外での遮光性を重視して濃い色のサングラスを選ぶと明るいトンネル内でも見辛くなりますし、更に屋内になると照明が暗いと殆ど見えないので困ります。

だからと言って色の濃さ(透過率)の違うサングラスを何本も持つと言うのも不経済です。そこで今回はその濃さ(透過率)を変える事のできるサングラス「Harrier Electrochromic Sunglasses」をご紹介致します。
“光の透過度を自由に変える事ができるUVカット偏光サングラス「Harrier Electrochromic Sunglasses」” の続きを読む

手足を入れる事ができるポケットが特に超魅力的な、超軽量トラベルブランケット「The Layover」

冷房が苦手な方にとって直接空調機の冷たい風が当たるのって耐えられませんが、移動中の乗り物って飛行機でも夜行バスでも電車でも、自分に当たっている風は吹き出し口を絞ったり吹き出しの方向を変える事で何とかなりますが、どこかに当たって跳ね返った風まではどうしようもないですよね。

そこでブランケットが欠かせない訳ですが、最近のブランケットはユニクロのダウンジャケットの様に薄くても超暖かいものがたくさんあり、コンパクトに折り畳んで持ち運べるのでとても便利です。

ただ残念ながら座った状態でブランケットをかけても風を遮る事ができるのは前だけで、足下の後ろから吹き込む風だけは何ともなりませんし、足にブランケット巻き付けて足で挟んだとしても力を入れ続けていなければ開けますし、ジッパーやホックで留められるタイプのものでも足下の隙間から入り込んで吹き上げて来る風はどうしようもできません。

そこで今回はそう言う隙間から吹き込む風も完全にシャットアウトできるトラベルブランケット「The Layover」をご紹介致します。
“手足を入れる事ができるポケットが特に超魅力的な、超軽量トラベルブランケット「The Layover」” の続きを読む

車のタイヤの空気だって入れられるペン型電動エアーポンプ「Norshire Mini Tire Inflator」

みなさんは車のタイヤの空気っていつもどうしていますか?
自宅に車のタイヤの空気が入れられる様なパワフルな空気入れを持っておられる方なんて稀でしょうから、多くの方がガソリンスタンドに行かれた様な時についでに入れられたりしているのではないでしょうか?

ただ最近は低燃費が増え、ガソリンスタンドに行く機会もグッと減っており、毎日乗っているのに1ヶ月に1度程度しかガソリンを入れに行かないと言う方もおられるでしょう。

ただそうなるとガソリンは満タンにしたばかりで入らないのに、タイヤの空気だけ入れにスタンドに行くって言うのも何となく気まずいものもあります。
かと言って空気圧が低い状態で放置しておくと燃費も悪くなりますが、タイヤの寿命も早める事になりますので、タイヤはやはり適正空気圧に保っておくのが最良の方法です。

そこで今回は自動車のタイヤの空気も入れる事ができるペン型の電動空気入れ「Norshire Mini Tire Inflator」をご紹介致します。
“車のタイヤの空気だって入れられるペン型電動エアーポンプ「Norshire Mini Tire Inflator」” の続きを読む

ステッカーはなかなか貼り替えられないけれど、これなら気分に合わせて変えられるLEDサインボード「Mojipic」

よく街中でステッカーを貼っている車を見かけますが、長年貼り続けて色褪せたステッカーを見ると愛着があって剥がせないんだろうなぁ〜なんて事を思ってみたりしますが、実際のところはどうなのでしょう?

愛着があって剥がせないのか、それとも剥がそうとしたけど無理だったのか……

基本的に車体に貼ったステッカーはスクレイパーと言うカッターの刃の様なものがついた工具で使って剥がして行くのですが、紫外線によって劣化したステッカーはすぐに切れてなかなか剥がれない上に、シリコンオフやブレーキクリーナーの様な接着剤を溶解する溶剤を使ってもなかなか剥がれませんしせっかくのガラスのコーティングも剥がれてしまいます。

しかも慣れてなくてスクレイパーの刃を立ててステッカーを擦ると最悪はガラスを削ってしまう事にも……

そこで今回はそんな剥がす必要のないLEDサインボード「Mojipic」をご紹介致します。
“ステッカーはなかなか貼り替えられないけれど、これなら気分に合わせて変えられるLEDサインボード「Mojipic」” の続きを読む

旅行に行く時も超便利!!ポケットに入れて持ち運べる車用ジュニアシート「WhizRider」

みなさんは車に子どもさんを乗せる時に6歳まではジュニアシートに乗せる事が義務になっている事ってご存じですか?
もし6歳未満の子どもさんをジュニアシートに乗せていないと道路交通法上の”幼児用補助装置使用義務違反”と言う事で反則金はありませんが1点が加算され、ゴールド免許所持者の方なら次にゴールド免許へ復帰するには最低でも5年間は必要となります。

ただ特例もあるので、全てのケースにおいて違反となるわけではありませんが、ジュニアシートを着用しておいた方がベターです。

ただ、友人や親戚の子どもさんを乗せる度にジュニアシートを移動させたり、事前に乗せておくのって場所も取る上に非常に面倒です。
しかもチャイルドシートやジュニアシートを義務化している国は日本だけではなく他の国でも同様に年齢や体重、身長でチャイルドシートはもちろんのこと、ジュニアシートを義務化している国が殆どなので、海外でレンタカーを利用する際はチャイルドシートやジュニアシートのレンタルも忘れない様にしないと取り締まられた時が大変です。
ただ日本から持って行くのも荷物になりますし、現地で借りると言っても子どもの大きさに合わなくて変えてもらおうと思っても適合するサイズがなかったり、元々置いていないと言う様なレンタカー会社もあったりしますので、予め用意して持参するのがベストです。

そこで今回はポケットに入るサイズで携帯にすごく便利なジュニアシート「WhizRider」をご紹介致します。
“旅行に行く時も超便利!!ポケットに入れて持ち運べる車用ジュニアシート「WhizRider」” の続きを読む

超小型で首にも負担がかからない、脱着容易なバイザーに差し込むだけヘルメット用ワイパー「WiPEY」

バイクに乗っていると毎度のことながら自然の厳しさをヒシヒシと感じます。
特に冬の身体に突き刺さる様な冷たい風は、いくら風を通さないライダースーツを着ていてもスーツの上から刺さるのがよく分かりますし、夏の暑さよりも堪えます。
そしてそれ以上に自然の厳しさを感じるのは雨です。雨が降るとヘルメットには当然水滴が付着しますし、たとえ撥水加工していてもバイザーから綺麗に水滴がなくなる訳ではなく多少は残っており視界を悪くするのですが、暗くなって来てライトを点灯しだすと、対向車のヘッドライトの光が水滴で乱反射して更に見づらくなり、雨脚が酷いと恐怖すら覚えます。

そこで今回はその雨の日の見づらさを解消するヘルメット用ワイパー「WiPEY」をご紹介致します。
“超小型で首にも負担がかからない、脱着容易なバイザーに差し込むだけヘルメット用ワイパー「WiPEY」” の続きを読む

胸元に引っ掛け、前屈みになっても100%落ちないサングラス「KORE Neo-Lock Sunglasses」

みなさんは、シャツの胸元や胸ポケットに差したサングラスを前屈みになった時に誤って落として無くしてしまったって経験はありませんか?
これから暑くなって来ると、男性であればTシャツやポロシャツ1枚と言った底が深く蓋のあるポケットのない服装になる事で、手軽にサングラスを脱着できる様に外したサングラスも胸ポケットや襟元に差し込んだりする事がよくあります。
そうすると、ついつい前屈みになった時にサングラスが滑り出て落としてしまったりするのですが、そう言う時に落とした先が流れのない水面ならすぐに拾い上げる事もできますが、川や海と言った流れや波のある場所ですと救出する前にアッと言う間に流れに飲み込まれてしまい運が悪ければもう二度と手元には戻って来ません。

そしてそれよりも最悪なのが、便座を上げようとして屈んで、トイレ(便鉢)の中にサングラスを落としてしまう事です。
さすがに昔の様にくみ取り式ではなく水洗なので、拾い上げて綺麗に洗えば使えますので何の問題もないのですが、気分的にトイレの中に落としたサングラスを顔にかけるのって抵抗がありますよね。
そこで今回は前屈みになっても落ちないサングラス「KORE Neo-Lock Sunglasses」をご紹介致します。
“胸元に引っ掛け、前屈みになっても100%落ちないサングラス「KORE Neo-Lock Sunglasses」” の続きを読む

カメラとの連携を図る事でよりドライビングを安全にするヘッドアップディスプレイ「HUDWAY Drive」

みなさんは車に搭載するヘッドアップディスプレイと言う装置はご存じでしょうか?
このヘッドアップディスプレイと言うのはフロントガラス等に車の走行スピードやエンジンの回転数等の情報を投影する事で、メーターパネルに目線を落とさなくても車の状態を確認できる装置の事です。

この装置の最大のメリットは前述した様にメーターパネルに視線を動かさなくて良いと言う事です。
視線を動かさないと言う事は常に車両が進んで行く前方を警戒し続けられると言う事に繋がります。
これは、例えば時速60km/hで走行中に1秒間に移動する距離は約16.6mにもなり、ふと一瞬、メーターパネルに視線を落として車速を確認しただけなのに再び視線を前方に戻したら前方に飛び出して来た方がいて避けきれずに交通事故に….と言う不慮の事故をヘッドアップディスプレイは防いでくれます。

ただ危険は前方だけあるわけではなく、車両の後方にもあります。
そう言った車両周辺の状況を常に把握する事ができる画期的なヘッドアップディスプレイ「HUDWAY Drive」を今回はご紹介致します。
“カメラとの連携を図る事でよりドライビングを安全にするヘッドアップディスプレイ「HUDWAY Drive」” の続きを読む