Home > > Items

Items Archive

車で交差点に停車中にスマホを見ていて後ろからクラクションを鳴らされた事はありません?それを防止する「Redlight Greenlight」

みなさんは次の改正道路交通法案でスマートフォンや携帯電話を運転中に持っていたり使ったりしていた時の刑罰が今よりより厳罰化される事はご存じでしょうか?
今は携帯電話やスマートフォンを使用していると軽微な違反であれば反則金9,000円が課せられ違反点数2点が加算されるのですが、意外と知られていないので通話やメールやLINEをしていなくても手に持っているだけでも反則金6,000円と違反点数1点が加算される様になっており、もし事故を起こした様な場合や悪質な場合で刑事訴追された場合は「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が課せられる事になっていて有罪になった場合はもちろん前科がつきます。

それが次の改正道路交通法案では、「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」へと引き上げられると共に、今までなら”交通反則通告制度”で反則金を払い違反点数が加算されていた様なケースも全て刑事訴追される事になります。
つまり、もし次の改正道路交通法で法案が成立すれば電話をしたりLINEでスタンプを送っている時に現行犯逮捕されるだけで刑事訴追されると言う恐ろしい事態になるのです。
また手に持っているだけの状態の場合でも、現行の罰則は「5万円以下の罰金」となっているのですが、「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」へと厳罰化されます。

つまり、運転しながらスマートフォンに目をやっただけで大変な事になると言う事だけはご理解頂けたでしょうか?

つまり停車中に見る以外に(実際は停車中でもグレーゾーンではあるのですが)ない、交差点で赤信号で待っている時に信号が変わっているのに気が付かずにスマートフォンを見ていて後ろからクラクションを鳴らされる機会が増える事があるかもしれません。それを回避するのが今回紹介する「Redlight Greenlight」です。

全文を読む

MacBook Proの充電にも対応したUSB-C 60W出力のジャンプスターター「GOOLOO」

みなさんは”ジャンプスターター”と言うガジェトはご存じでしょうか?
最近では取り扱うホームセンターも多くなって来ていますので、ホームセンターのカー用品売り場で見かた、又は買って持ってると言う方もおられるでしょう。
そしてこのジャンプスターターですが、簡単に説明するとエンジンを始動する為のバッテリーで、車のバッテリーが上がった時にこのジャンプスターターをバッテリーのプラグの部分に挟んでエンジンを回せばバッテリーの上がった、本来ならJAFに頼んで来てもらってエンジンを始動させる手助けをしてもらうか、ブースターケーブルを持った車のオーナーに手伝ってもらわなければエンジンを回す事ができない所を、たとえバッテリーが上がってしまっても誰の手助けも借りずにエンジンを始動する事ができるとても素晴らしいガジェットなのです。

そんな素晴らしいガジェットにMacBook Proが充電できる機能が付属した「GOOLOO」を今回はご紹介致します。

全文を読む

アルカリ単1乾電池8本で25tトラックのエンジンも始動可能なジャンプスターター「KOMA」

みなさんはジャンプスターターと言うエンジンの始動用具はご存じですか?
バッテリーが上がってしまうとエンジンはかからなくなりますので、今までは他のエンジンを回しっぱなしにした状態の車とブースターケーブルで接続してエンジンをかけると言うのがオーソドックスだったのですが、今では掌サイズのジャンプスターターと言う、言うなれば車用のモバイルバッテリーの様な物が数年前に発売され徐々にその種類も増えて今ではその手軽さからブスターケーブルではなくジャンプスターターを購入される方も増えています。

ただこのジャンプスターターは頻繁に使うものではなく、おそらく1年に1回使うか使わないかなので、いざ使おうと思った時にバッテリーが自然放電して使えなくなっている事が実際にあり、そうなるとジャンプスターターが充電されるまでエンジンをかける事ができず、急いでいる時などはかなりの時間ロスになってしまいます。

そう言う時にこの「KOMA」であればもしバッテリーが切れていても、すぐに交換できますので時間をロスする事なくまた再び走り出す事ができます。

全文を読む

ホーム > > Items

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。