Newガジェット

ワイパーブレードにカーボンファイバーを使う事でより水切れが良くなった次世代ワイパー「KIMBLADE CarbonFit」

最近の雨は、普通の時でもパラパラとかザーザーと言う様な降り方ではなく、ゴーゴーと言う様な前もあまりはっきりと見えない様な雨が降って、車で走っていると走っている事そのものが恐くなり雨が止むまで停車して待っている方が安全だと感じる事が多くなっていますが、これは雨がきつい事もありますが、実際にはワイパーが機能を果たしていないと言う事をみなさんはご存じでしょうか?

通常ワイパーをかけるとワイパーゴムが通った後は水滴が拭い去られてクリアがガラス越しに前方の景色が見えるはずですが、実際にはワイパーの通った後にワイパーの動きとシンクロした半円形の雨筋が残り視界を悪くします。

これはワイパーゴムが既に劣化にして硬くなり、ガラスの曲面に合わせてしっかりと密着できない様になっているだけでなく、ワイヤーゴムがガラスに引っ掛かって跳ねる事で雨水が拭き取られずにワイパーゴムをスルーしているからで、本当はワイパーゴムを交換した直後の拭き上げの良さを維持したければ最低でも半年程度で交換すると拭き上げの良さを維持する事はできます。

ですが今回紹介するワイパー「KIMBLADE CarbonFit」に交換すれば2年はゴムの交換は不要ですし、このワイパーブレードは従来のものよりガラスへのフィット感が増し増しで、雨粒1滴残らず綺麗に拭き上げる事ができます。


拭き残しが残らないワイパー


今回紹介する「KIMBLADE CarbonFit」には従来の三角形のワイパーゴムとは全く違い先端が長方形の形状をしたワイパーゴムが使われています。
この長方形の形状は1枚の刃の様な従来のワイパーゴムとは違いより強い圧力でワイパーの先端をガラスに対して押しつける力を持っているだけでなく、紫外線や温度変化でワイパーゴムの材質が劣化したとしても普通のワイパーゴムは劣化して来て硬くなって来ると弾性力が失われガラスへの密着度合いが低くなるだけでなく、ワイパーを動かした際にビビリ音と呼んでいる音が鳴ってくるとワイパーゴムがガラスに引っ掛かり跳ねる事でガラスに付着した水滴を多く残す様になります。
ですがこの「KIMBLADE CarbonFit」で使われているワイパーゴムは長方形の角のエッジがゴムが硬化したとしても押しつけられる様になっているだけでなく跳ねたりする事がないので一環して雨水の拭き上げ能力は変わりませんし、一般的なワイパーゴムが半年程度で交換するのがベターだと言っているのに対してこのワイパーゴムは2年は交換しなくて良いので、エコでもあります。


カーボンファイバー製ワイパーブレード


次にこの”KIMBLADE”では先端が長方形になったワイパーゴムに樹脂製のワイパーブレードをセットにしていました。
ですが今回はカーボンファイバー製のワイパーブレードとセットでリリースする事で、サードパーティ製のワイパーブレードを車両に装着した際の密着度合いの低下を補っています。
と言うのもフロントガラスが真っ平らと言う様な車両は今ではなく、広いフロントガラスによってワイパーブレードは長くなり、ガラスの湾曲は更に深くなる事で真っ直ぐなサードパーティー製のワイパーブレードではワイパーブレードの両端が浮いてしまうかフロントガラスへの密着が甘くなります。
一方でワイパーブレードを分割しワイパーブレードを湾曲させて密着度合いを上げたワイパーブレードもありますが、それでも今の湾曲度合いの大きいフロントガラスではワイパーをフロントガラスへ密着させるには限界があります。

そこでこの「KIMBLADE CarbonFit」ではワイパーブレードを剛性と可撓性と言う相反する2面性を持つカーボンファイバー素材で作られたワイパーブレードをワイパーゴムとセットにする事で、湾曲の大きいフロントガラスへも均一な圧力でワイパーゴムを密着させる事ができる、まさに理想的なワイパーに仕上げられています。

更に今回は、リアワイパー用のワイパーブレードとワイパーゴムもラインナップされており、全てのワイパーをこの”KIMBLADE”にリプレイスする事ができます。


ワイパーの性能をより高めるフロントガラスクリーナー


そして今回、フロントガラスクリーナーキットが付属しています。
特にフロントガラスの油膜取り用の溶剤は、従来の油膜取りがゴシゴシと擦らなければならないのに対して、この製品に付属するガラスクリーナーは湿布して水洗いするだけで簡単・完全に油膜を除去する事ができるだけでなく、リンスの方は撥水効果の持続性の高いものになっていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/kimblade/carbonfit-the-clear-and-smart-rectangular-wiper-revolution

ドッキングステーションを使えばAirPodsやAppleWatchも同時に充電する事ができるMagSafe充電機能を搭載したモバイルバッテリー「Joltr」前のページ

片手で簡単にカメラポジションの変更が可能なストリーミング再生にも最適なクレーンカメラ「Logitech Reach」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    市販の冷凍ピザもたった3分で焼けるフライパン「IRONATE」

    家庭でピザを焼く事ってあるかと思いますが、その時にオーブン機能付きの電…

  2. Newガジェット

    USB-C PD ERP 240W充電&USB 3.1 Gen 2 10Gbps通信に対応…

    みなさんはモバイルバッテリーは持って出たのに、充電ケーブルを忘れてしま…

  3. Newガジェット

    赤ちゃんに悪戯されても大丈夫!!抜群の強度と軽量さを誇るチタン製サングラス「LEVEL」

    あなたは今まで何本のサングラスを壊した事がありますか?大抵サングラスっ…

  4. Newガジェット

    デジカメで撮影するのと同じ感覚でバンバン撮影しても怒られないサーマルインスタントカメラ「myFirs…

    写真はその昔、フィルムで撮影したネガフィルムを現像し印画紙にプリントす…

  5. Newガジェット

    ハイキングやトレッキング以外にもエコバッグとしても使える重さたった363gのナップサック「VEER …

    みなさんも遠足や社会見学等に学校から行く際にナップサックと言ってペラペ…

  6. Newガジェット

    $100を切っているのにAndroid7.0搭載でDualSIMスロット内蔵の手のひらサイズのスマー…

     その昔、ガラゲーの時代には手のひらのスッポリと収まる様な携帯電話があ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP