現金やカードからパスポート、スマホまで入るだけでなく引っ掛けると言うコンセプトが斬新なポーチ「One80Pouch」

今年の年末年始は日の並びも良く、長い方だと9連休にもなるので年末年始を海外で過ごされると言う方も多いと思いますが、みなさんは海外へ行く時に貴重品ってどう身に着けていますか?

よくイタリアはスリが多いと言いますが、それはイタリアに限った事ではなく他の国にも日本でもスリはたくさんいますし、何よりスリが取りやすいバッグの中や、ポケットに財布を差しておくなんて事は持って行って下さい、と言っているのと変わりません。

そこで今回は、海外へよく旅行へ行かれる方に、とても便利なポーチ「One80Pouch」をご紹介致します。

“現金やカードからパスポート、スマホまで入るだけでなく引っ掛けると言うコンセプトが斬新なポーチ「One80Pouch」” の続きを読む

両手いっぱいの荷物を持っていてもワンタッチで折り畳め、折り畳んだ時に濡れない逆開き傘「YESbrella」

雨降りの日に車に乗り込んだり、屋根のない玄関に入ったりする時に傘を差したままでは入れないので、できるだけ濡れない様に身体を中に入れつつ傘を折り畳みますが、それでも濡れる時は濡れてしまいます。

その要因は傘を折り畳む方向にあります。傘は折り畳む時に手前に引っ張りながら折り畳みますので、車に乗る時はもちろん車外で折り畳まないと乗り込めませんし、家の玄関でも傘を開いたまま入れるくらい間口が広くないと外で折り畳まないといけませんので、傘についた雨粒が滴り落ちて濡れないでおこうと思うと傘の先端を下に向けて折り畳むと雨粒が身体に当たりますし、逆に傘の先端を空に向けたままだと傘を伝って流れて来た水で手や腕、そして衣服が濡れたりします。

そこで生まれたのが逆開き傘で、今回はワンタッチで折り畳む事ができる逆開き傘「YESbrella」をご紹介致します。

“両手いっぱいの荷物を持っていてもワンタッチで折り畳め、折り畳んだ時に濡れない逆開き傘「YESbrella」” の続きを読む

サラリーマンの方必見!!ノートPCが瞬時に出し入れでき、移動中に充電も可能なキャリーバッグ「KABUTO CARRY-ON」

最近のキャリーバッグはただ荷物を入れて引いて移動するハコとしての役割の他に最新のテクノロジーと融合する事で驚くほど進化しています。
その1例として障害物を避けながら自動走行するキャリーで、今までの持って歩くと言う概念から移動すればキャリーが勝手に着いて来てくれると言う風に変化しています。

またそこまでハイテク化はしていなくても昔ながらの鍵やダイヤルロックから、スマートフォンで解錠できたり、指紋で解錠できたりするものも増えていますし、居場所を24H追跡できたり、それら装置を動かす為のバッテリーをスマートフォンも利用できる様にUSBコネクタをバッグの外側に設けるなど、バッグの中でも1番時代に合わせた進化をしているのがキャリーバッグです。

そんなキャリーバッグの最近の流行が脱着式のポケットです。このポケットにはノートPCやタブレットの様な大きなデバイスを収納する事ができ、そのままポケットをバッグの様に持ち歩く事ができる様になっていたりして、今回紹介するキャリーバッグ「KABUTO CARRY-ON」もベルトをつけてポケットだけを持ち歩く事ができるのですが、何と「KABUTO CARRY-ON」はポケットに入ったノートPCを移動中に充電する事ができるのです。

“サラリーマンの方必見!!ノートPCが瞬時に出し入れでき、移動中に充電も可能なキャリーバッグ「KABUTO CARRY-ON」” の続きを読む

ノートPCをすぐに出し入れできるサイドポケットとWorldWideトラッキング機能がとっても魅力的なキャリーケース「Skytrek」

昔は飛行機に乗って海外へ出かけた時、バゲージクレームで預けた荷物が出て来るかどうかドキドキして待ったものですが、今では殆どそんなロストバゲッジしてしまう様な事はアメリカやヨーロッパと言った設備の整った空港のある国へ旅行するのであれば全く心配する必要はありません。
何故なら預け入れ荷物にはバーコードが取付られると同時に荷物はしっかりと管理され、荷物が移動させられる度にバーコードはスキャンされどこへ送られるのが逐次トラッキングされているからです。

ただ問題は、そう言うシステムのない空港で乗り換える時です。バゲージクレームで受け取って再度、自分でチェックインして荷物を預けるのであればまだミスは少ないのですが、そのまま空港職員によって乗り継ぎの飛行機に乗せ替えられる様な時に限ってバゲッジロストしたりする事が稀ではありますが、未だにあるからです。

そこで今回はトラッキング機能を持ったキャリーケース「Skytrek」をご紹介致します。
“ノートPCをすぐに出し入れできるサイドポケットとWorldWideトラッキング機能がとっても魅力的なキャリーケース「Skytrek」” の続きを読む

今まで見た事ない圧縮の持続時間が半端ない、手巻き圧縮袋「Magellan vacuum bags」

旅行や季節物の衣類、そして布団などをコンパクトに圧縮して持ち運べたり収納できる圧縮袋は本当に便利です。
特に羽毛布団やダウンジャケット等のフワフワとしたものに圧縮袋を使うと半分程度にまで圧縮する事ができますので、冬に旅行に出かけたり冬物を収納したりする時にその実力が実感できます。

そんな圧縮袋は大きく分けて2つの種類があります。1つは掃除機やバキュームポンプでバックの中の空気を吸うタイプと、今回紹介する「Magellan vacuum bags」の様に袋を密閉した状態で袋の中に残っている空気を追い出しながら圧縮するタイプですが、この「Magellan vacuum bags」は100円均一ショップで売っている同ジャンルの圧縮バッグとは違います。

“今まで見た事ない圧縮の持続時間が半端ない、手巻き圧縮袋「Magellan vacuum bags」” の続きを読む

指紋認証だけじゃない、顔認証やモールス信号で瞬時に解錠できるバックパック&ダッフルバッグ「B-One & D-One」

スマートフォンのロック解除も暗証番号からジェスチャー、そして指紋認証へと進化し、今では顔認証になって益々ロック解除がし易くなりました。
ただ顔認証に至ってはまだスマートフォンを真っ直ぐにして見つめないとロック解除できないスマートフォンもあり、どの方向から指を当ててもロック解除できる指紋認証の方が使い勝手が良いと、あえて古いスマートフォンを使っておられる方もいますが、タッチするだけ、見つめるだけでロック解除できのはとても便利です。

そんなロック解除技術の1つである指紋認証は、南京錠や自転車錠、そしてキャリーバッグやスーツケースにまで応用が広がっているのですが、今回は指紋認証に加え、顔認証でもロック解除可能ばバックパックとダッフルバッグの2種類のバッグ「B-One & D-One」をご紹介致します。

“指紋認証だけじゃない、顔認証やモールス信号で瞬時に解錠できるバックパック&ダッフルバッグ「B-One & D-One」” の続きを読む

洗ってある衣類と汚れた衣類を分けて素早く圧縮できるだけでなく、衣類を探しやすくした圧縮バッグ「Taskin Air Duo」

これから寒くなると衣類も厚く枚数も増える為に旅行の際には圧縮パックが欠かせません。
特に冬場の衣類は、空気を衣類の中に多くため込み暖かさをキープする為にフワフワになっていますので、圧縮してもあまり圧縮できないTシャツばかりの夏と比べると圧縮する事でかなりコンパクトに圧縮する事ができますので、たくさん衣類を詰め込んで旅行へ出かける事ができます。

そんな圧縮袋には空気を抜いて圧縮するタイプの圧縮パックと、今回紹介する「Taskin Air Duo」の様に力尽くで圧縮する圧縮バッグの2種類があります。

前者の圧縮パックは空気を吸い出すか、追い出す事で圧縮して行くのですが、抜いたり追い出した空気が再びパックの中に戻りパックが膨らまない様に空気の逆流を防止する為の弁がついていたり、完全に密封させる為のシールがついていたりするのですが、これは使っていると必ず劣化して行きますので、必ずどこかの時点で新しいものと買い換えなくてはいけませんし、旅行途中にそうなるとパッキングが大変です。

一方、今回紹介する「Taskin Air Duo」の様にジッパーを使ったものは圧縮するには力が必要ですが、ジッパーが壊れない限りは使い続ける事ができますし、何と言ってジッパーを閉めるだけで圧縮できてしまうので空気を抜くよりも素早く圧縮できると言うメリットがあります。

“洗ってある衣類と汚れた衣類を分けて素早く圧縮できるだけでなく、衣類を探しやすくした圧縮バッグ「Taskin Air Duo」” の続きを読む

再利用性、携帯性、そして口当たりがプラスチックストローよりも柔らかなシリコン製携帯ストロー「GIR Straws」

一昨年あたりから”マイクロプラスチック”と言うワードを良き見聞きする様になり昨年はプラスチックストローが鼻に刺さったウミガメの写真から、ストローの使用を止めようと言う運動が盛んになり、大手外食チェーンが早々とストローの使用中止を宣言したり、国を挙げてプラスチックストローを全廃する国が出ると言う事から、最近はホームセンターやバラエティーショップ等でプラスチックストローに変わるストローをよく目にします。

そんなプラスチックストローに変わる代替ストローとしては紙製のストロー、金属製のストロー、竹製のストローなどがあるのですが、紙製のストローはいくらコーティングしてあるとはいえ、長時間使用すると水分を吸収して曲がって来ますし、子ども達がストローを噛んだりするとすぐに口が塞がって使えなくと言う不具合もあります。
また金属製のものは再利用する事ができエコなのですが、食洗機があるとはいえ細いストローの中は手で洗わないと流水だけでは汚れを落としきれませんし、金属なので、子どもだと下手をすると口を怪我するかもしれません。
また竹製のストローもある程度は再利用も可能ですが、ストローの内部にカビが生えていても気がつけませんので結局捨てる事になりますので、こちらもエコではありませんし、携帯性は金属製に比べると伸縮したり組み立てたりする様なものはないので悪くなります。

そこで今回はシリコンで作られ携帯性も優れたストロー「GIR Straws」をご紹介致します。

“再利用性、携帯性、そして口当たりがプラスチックストローよりも柔らかなシリコン製携帯ストロー「GIR Straws」” の続きを読む

自動でついて来るだけじゃない、乗って移動する事もできるキャリーケース「NAUCRATES」

みなさんが旅行の際に使うキャリーケース(スーツケース)ですが、これが今驚くほど進化しているって事はご存じですか?
例えばYouTubeでご覧になった事があるかもしれませんが、まるで電動バイクの様に座って移動できるキャリーケースがあったり、キャリーケースの持ち主の後ろにピッタリとくっついて移動する自走式のキャリーケースがあったりします。

ですからこれからの旅行はいくら荷物が多くても、重い荷物に引きずられながら移動したり、移動距離が長くて足が疲れた様な時でも楽する事ができる時代が到来しているのです。

そして今回紹介しますキャリーケース「NAUCRATES」は、今まで世の中に発表されているキャリーケースの良いとこ取りの様なキャリーケースで、今までの旅行スタイルをガラッと変えさせてくれるキャリーケースになります。

“自動でついて来るだけじゃない、乗って移動する事もできるキャリーケース「NAUCRATES」” の続きを読む

マイクロプラスチックによる海洋汚染を引き起こさない、ブラシ交換式歯ブラシ「Tooth.」

今、地球温暖化と共に世界中で注目されているのがマイクロプラスチック問題です。
このマイクロプラスチックと言うのは分解される事のない樹脂が紫外線等々により劣化し目に見えない極小の粒となり、それが魚等の海洋生物の体内に取り込まれるだけでなく、その魚を食べた私達人間にも蓄積されて行き、将来的にマイクロプラスチックの大量蓄積によって様々な身体的な不調や症状、疾患が出て来るのではないかと言われている問題です。

その為、マイクロプラスチックとなる廃棄プラスチック製品の中でも大きな割合を占めているレジ袋やストローがいち早く有料化されたり、期限を決めて全廃される事となっているのです。

そして我々も小さな所からマイクロプラスチックの排出を抑制する為に貢献できるのが、今回紹介するブラシ交換式歯ブラシ「Tooth.」です。

“マイクロプラスチックによる海洋汚染を引き起こさない、ブラシ交換式歯ブラシ「Tooth.」” の続きを読む