電源不要、力の弱い女性でも超簡単!!超短時間!!で衣類を60%にまで圧縮する事ができる圧縮バッグ「Qubix 2」

布団圧縮パックの様な圧縮パックは知っていても、圧縮バッグって何?と言う方の為に説明させてもらうと圧縮バッグと言うのはその字の通りで、詰め込んで蓋をするバッグの事です。

よく私達も衣類が嵩張ってスーツケースやキャリーケースの蓋が閉まらない時にスーツケースやキャリーケースの上に乗り圧力をかけて鍵をかけたりよくしますが、それと同じ原理を利用しているのが圧縮バッグです。

その圧縮バッグも今ではたくさんの種類があり、何を選んで良いのか悩む所ですが、今回紹介する「Qubix 2」は多少強引に突っ込んでも破れる心配がないので、安心して使う事のできる圧縮バックなのです。
“電源不要、力の弱い女性でも超簡単!!超短時間!!で衣類を60%にまで圧縮する事ができる圧縮バッグ「Qubix 2」” の続きを読む

テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」

キャンプに興味はあるけれどキャンプ道具を揃えるのって高いしなぁ〜、そんな事を思っている貴方に、最近は何でも貸し出してくれるキャンプ場もあるんですよよ。
昔からキャンプ場の一部にバンガローが建ててあり、そこを利用すると言うキャンプ場はありますが、せっかくならテントに寝泊まりしたいと言う方の為に最近は、テントとタープと、そして調理道具一式を既に設営し終えた状態で、後は利用するだけと言うキャンプ場もあるのです。

ただ利用料金はバンガローと同じか、ちょっとお高めに設定されている所が多く、道具を一式購入するかどうか悩まれる方が多いのも事実です。

ただそれ以前に家族や、仲間が継続してキャンプについて来てくれるのか?それが一番の問題です。
せっかくキャンプ道具一式を買い揃えたのに、1回目のキャンプで飽きたり、嫌になったりして2回目誘っても誰も誘いに乗って来ない、なんて事になれば折角高いお金を出して買い揃えたキャンプ道具も可愛そうです。

そこで今回はお試しで大自然の中でキャンプを楽しむ事ができるワンタッチキャビン「CARSULE」をご紹介致します。
“テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」” の続きを読む

落とす事も紛失する事も有り得ない、身に着けるカードケース「The Flash Wallet」

雨後の竹の子の様に増殖する”QRコード/バーコード”ですが、みなさんは使っていますか?
最近では銀行やコンビニ各社までもが独自のQRコード/バーコード決済を発表したり、スーパーやホームセンター等でも独自のQRコード/バーコード決済を開始するなど、もう訳が分かりません。

確かによく利用するショップでキャッシュバック等が大きいなら利用する価値はあるかもしれませんが、何よりもアプリを起動しQRコード/バーコードを表示したり、QRコードを読み取り、金額を入力して決済するのって現金やクレジットカード、ICカードで支払うのと比べるととても手間です。

またスマートフォンのバッテリーが切れていたり、スマートフォンを置き忘れたりすると全く何も買えないと言う事もネックです。それならやはりキャッシュレスするなら単独で決済できるクレジットカードやICカードの方が随分と使い勝手は良く、そんなクレジットカードやICカードを安全に持ち歩く事のできるカードケース「The Flash Wallet」をご紹介致します。
“落とす事も紛失する事も有り得ない、身に着けるカードケース「The Flash Wallet」” の続きを読む

折り畳め、引き出しに入るから収納場所に困らない、1ルームマンションピッタリな電気ケトル「Voyager Kettle」

ワンルームマンションに住んでいると家具にしても何にしても部屋が狭いので何かと制約を受けますが、特に制約を受けるのがキッチンで、自炊するのに狭いキッチンはいくら工夫しても結構大変です。
例えばチャーハンに味噌汁をつけようと思うと、基本的にワンルームのレンジ台は1口コンロになっていますので、先にチャーハンを炒めてから鍋でお湯を沸かし、インスタント味噌汁を入れるとしてもお湯が沸く間にチャーハンは冷めてしまいますし、逆にしても今度は味噌汁が冷めます。
更に味噌汁を作ったとしたら熱々の鍋を置いておく場所にも困りますし、何かと不便です。

そんな時に電気ケトルがあるとお茶を入れたり、コーヒーを淹れたり、インスタント味噌汁を入れたりするのにもとても便利ですし、チャーハンも味噌汁も熱々のものが頂けます。
また冬場に暖かいインスタントのコーンスープをもう一杯作りたいなんて時も、お湯をもう一度沸かしたりと言う手間もいりませんが、ただ問題は置いておく場所です。

そこで今回は超コンパクトに折り畳む事のできる電気ケトル「Voyager Kettle」をご紹介致します。
“折り畳め、引き出しに入るから収納場所に困らない、1ルームマンションピッタリな電気ケトル「Voyager Kettle」” の続きを読む

手足を入れる事ができるポケットが特に超魅力的な、超軽量トラベルブランケット「The Layover」

冷房が苦手な方にとって直接空調機の冷たい風が当たるのって耐えられませんが、移動中の乗り物って飛行機でも夜行バスでも電車でも、自分に当たっている風は吹き出し口を絞ったり吹き出しの方向を変える事で何とかなりますが、どこかに当たって跳ね返った風まではどうしようもないですよね。

そこでブランケットが欠かせない訳ですが、最近のブランケットはユニクロのダウンジャケットの様に薄くても超暖かいものがたくさんあり、コンパクトに折り畳んで持ち運べるのでとても便利です。

ただ残念ながら座った状態でブランケットをかけても風を遮る事ができるのは前だけで、足下の後ろから吹き込む風だけは何ともなりませんし、足にブランケット巻き付けて足で挟んだとしても力を入れ続けていなければ開けますし、ジッパーやホックで留められるタイプのものでも足下の隙間から入り込んで吹き上げて来る風はどうしようもできません。

そこで今回はそう言う隙間から吹き込む風も完全にシャットアウトできるトラベルブランケット「The Layover」をご紹介致します。
“手足を入れる事ができるポケットが特に超魅力的な、超軽量トラベルブランケット「The Layover」” の続きを読む

押して移動するスタイルに変わる事で安心安全、周囲の方に迷惑をかける事がないキャリーケース「The SIX」

タイヤがついていて引いて歩く事のできるキャリーケースは荷物がたくさん詰まって重くなっている時などは手提げバッグとは比較にならない程、楽に荷物を運ぶ事ができます。
ただそんな便利なキャリーも気を付けていないと周囲の方に迷惑をかけてしまいます。

実際のところみなさんも駅や空港と言ったキャリーケースを持った方がたくさんおられる場所で、前を歩く方、前を横切る方、急に止まってしまわれる方等などのキャリーケースに躓いてしまわれた事があるでしょう。

この原因の1つがキャリーケースが全く視覚の入らない位置にある事です。
大型のスーツケースはさすがに自分の後ろではなく横に置いて押して進みますので周囲の人との間を取り避けて移動する事ができますが、後で引いているキャリーは全くの死角になりますので、周囲の状況から得られる情報を元にした頭の中での人の動きのシュミレーションだけでは避けきれるのもではありません。

なので今回は引くと言う概念を変え、押す事で移動を楽にし身体への負担も軽くなり、周囲の方へも迷惑をかけないキャリーケース「The SIX」をご紹介致します。
“押して移動するスタイルに変わる事で安心安全、周囲の方に迷惑をかける事がないキャリーケース「The SIX」” の続きを読む

超爆光!!輝度2000ルーメン、スマートフォンも充電可能なLED懐中電灯「ZEROHOUR RELIC XR2」

よくLEDの明るさを表す単位としてルーメンと言う単位が使われますが、あまり使った事のない単位なので実際によく分からないと言う事はありませんか?
例えば電球や蛍光灯ならW(ワット)と言う単位を今までは使っていましたので、60Wの電球と40Wの電球と言われるとおよそ想像でその差は比較できたりしますし、20Wの蛍光灯と40Wの蛍光灯と言った場合でもその明るさは想像できるでしょう。

ただ聞き慣れないルーメンとなるとちょっと想像できませんが、100Wの電球で1500ルーメン前後なので2000ルーメンとなると計算的には120〜130W電球相当になるのですが、100W電球以上と言う事だけでも明るい事が分かると思います。

そんな最大輝度2000ルーメンのLED懐中電灯「ZEROHOUR RELIC XR2」をご紹介致します。
“超爆光!!輝度2000ルーメン、スマートフォンも充電可能なLED懐中電灯「ZEROHOUR RELIC XR2」” の続きを読む

アメリカへよく渡航される方にオススメ。指紋で解錠施錠できるトラベルロック「TRAVELOCK2」

アメリカへ旅行した時にみなさんは飛行機のチェックインカウンターで預けた荷物の鍵が壊されて戻って来たなんて経験はありませんか?
これはセキュリティー上、飛行機に乗せる荷物は全て国際線・国内線問わずX線検査されるのですが、少しでも怪しい(例えば爆弾に映る様なACアダプタとかの)影があると荷物を開けて中身を調べられるからです。
これは事前にアナウンスされていますので抗議しても無駄ですし、TSA(Transport Security Authority)キーで開ける事ができる鍵を装備していなければ、鍵ごとバッグを壊されて二度とバッグを使えなくなってしまうと言う様な事になりかねません。

そこで今回は”TRAVELOCK”にTSAキーが追加された「TRAVELOCK2」をご紹介致します。
“アメリカへよく渡航される方にオススメ。指紋で解錠施錠できるトラベルロック「TRAVELOCK2」” の続きを読む

お気に入りのコーヒーを1杯だけドリップできるカップドリッパー「Pourigami」

本格的なコーヒーを超手軽に淹れる事のできるドリッパーと言えば、カップに直接セットするドリッパーです。
既にコーヒーの粉もセットされた状態でパッキングされた製品もあれば、カップにセットできる紙製のドリッパーだけも売られています。
どちらも使い捨てなので洗うのはカップだけで済むと言うのが最大のメリットですが、既に粉がセットされたものはコーヒーの種類が決まっており、自分の好きなコーヒーがそのラインナップの中にあればラッキーです。
一方紙製のドリッパーのみの製品は100円均一ショップでも売られていますが、1セットあたり10枚ちょっとと、紙フィルターの10倍程度高いのがネックです。

そこで今回コンパクトで携帯し易く、お湯とカップさえあればいつでもどこでも手軽にお気に入りの一杯のコーヒーをドリップする事のできるコーヒードリッパー「Pourigami」をご紹介致します。
“お気に入りのコーヒーを1杯だけドリップできるカップドリッパー「Pourigami」” の続きを読む

20年以上備蓄可能な災害時に備えておくととても便利な水で発電する電池「JAW BATTERY」

みなさんは水で発電できる電池があるのはご存じですか?
通称”水電池”と呼ばれているのですが、この電池は水を電池に注入する事で発電し、電圧1.5Vと言う乾電池と同じ電圧を発生する事のできる電池なのですが、パッケージい入った状態で水を注入しなければ、20年は発電能力は変わらず備蓄できるので、災害時用の電池として売られています。

またこの水電池の良い所は水は水分でよければ何でも良く、水ではなくジュースでも泥水でも尿でも、とりあえず水分であれば何でも発電できると言うメリットがあります。

そんな水電池の1つである「JAW BATTERY」を今回はご紹介させて頂くのですが、単3電池は既に製品化の準備が整い、単4が準備中で、四角い9V電池が最終テスト段階にある電池です。
“20年以上備蓄可能な災害時に備えておくととても便利な水で発電する電池「JAW BATTERY」” の続きを読む