どうしても眠くなったらフカフカの枕として使えるスリングバッグ「Travist」

夜行バスや、飛行機、列車での長時間移動する時に、睡眠を取ったりする事があると思います。
そう言う時にどこでも寝る事ができる方は別として、たいていの方はエコノミークラスの機内で配られる小さなペッシャンコな枕では寝辛い、列車や夜行バスのシートでは寝られないと言う悩みを抱えておられるものです。

そう言う方の為に、昔はUの字の空気で膨らませるタイプのネック(トラベル)ピローと言う首に巻き付ける枕と言うかクッションしかなかったのが、最近ではフカフカ・フワフワで寝心地がよかったり、頭が斜めに垂れ下がって首を痛めない様にガッチリと頭を固定するタイプのネックピローがあったりと、その種類はここ数年で飛躍的に増えて来ています。

そんなネックピローのジャンルに今回は全く違った視点で作られた寝心地重視のスリングバッグ「Travist」をご紹介致します。


“どうしても眠くなったらフカフカの枕として使えるスリングバッグ「Travist」” の続きを読む

iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」

iPhone、AirPods、AppleWatchをスッキリと充電する事ができるApple純正のワイヤレス充電器AirPowerは最近は段々とAppleの公式サイトからもフェードアウトしかけており、リリースさせる様な気配を全く見せていませんが、いつまでもAirPowerを待っているわけにはいきません。
何故ならデスク回りを見渡すとたくさんの充電ケーブルや充電器が散乱しているからです。
特に充電ケーブルやApplwWatchの磁気充電器はある特定の決まった場所に置いておくと言う事ができませんので、デスクの上にウネウネとヘビがとぐろを巻く様に丸めて置いておくしかありません。

それをスッキリと1本のケーブルだけでスッキリと充電できる様にするはずだったAirPowerは未だに登場する気配すらなく、もう待ていられないと言う方にiPhone、AppleWatch,AirPodsの3つを同時にワイヤレス充電可能な充電トレイ「GAZE TRAY」を今回はご紹介致します。


“iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」” の続きを読む

一挙に4機種をリリースするUSB-C PDやワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー「Omni Mobile」

先月アメリカで開催されたCESではIT機器以外にも家電製品でもUSB-Cを採用しようと言う動きが見られたくらい世の中の電気で動くデバイスは急速にUSB-C PD(Power Deliver)へと移行しようとしています。
では何故USB-C PDなのかと言いますと、USB-C PDは5/9/12/15/20Vと言う電圧で出力できる他、電流は最大5Aまで流す事ができますので最大100Wまで給電する事ができるからです。
更に世の中には USB-CをパソコンのDCコネクタに変換する様なアダプタまで売られていますので、今まで使い続けてきたノートPCをUSB-C PD対応のモバイルバッテリーで充電すると言った事も簡単にできる様になっています。

だからこそ、これから購入するモバイルバッテリーはUSB-C PDに対応したモバイルバッテリーを購入しておいた方が近い将来ノートPCやスマートフォンを買い換えた時にやっぱりUSB-C PDに対応したものを買っておいて良かったと思えるはずです。

そこで今回はそのUSB-C PDに対応したモバイルバッテリーを4種類紹介致します。

“一挙に4機種をリリースするUSB-C PDやワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー「Omni Mobile」” の続きを読む

フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」

最近の電動雲台は昔の様にモーターでビデオカメラやスチールカメラの向きを一定のスピードで変える事ができると言うだけでなく、スマートフォンを使いリモートで制御できたり、パン・チルトと上下左右方向でスピードを変化させながら動かしたり、スライダーを使ってカメラの視点を移動させながら撮影したりと、本当に複雑な撮影を行う事ができます。

ただ唯一それら最近の電動雲台やスマートフォンを使ったリモートコントロールで出来ないのがフォーカス、つまりピントです。
今のカメラはオートフォーカスですのでピント合わせをする必要がないと言えばないのですが、実際のところそのフォーカスを画角の中でどこを基準にするかはカメラに搭載されたプログラムで、いくらフォーカスポイントを設定しておいても実際にピントを合わせるのはカメラ任せです。

そこを今回紹介する「Rhino Arc II」は手動で設定する事ができますので、更に多彩な映像表現を行う事が可能です。


“フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」” の続きを読む

PM2.5が気になる季節、手軽に使えるポータブル・エアモニター「Huma-i」

一時期は大陸からやって来るPM2.5がメディアで大々的に取り上げられ問題にもなりましたが、今ではサッパリとメディアに取り上げられる事もほぼなくなっています。
それはPM2.5が飛来して来なくなったのではなく、ただ単にメディアの関心が薄れただけで、相変わらず大陸からはPM2.5が同じ様に飛来していますし、日本国内でもPM2.5は排出されており、それは黄砂の様に見えるワケでもなくPM2.5の濃度が上がり霧の様に見えるならば、それは人体に対して危険レベルであると言う事を意味しています。

そこで今回は、簡単にPM2.5をはじめ人体に有害な物質の濃度を計測する事が可能なポータブル・エアモニター「Huma-i」をご紹介致します。


“PM2.5が気になる季節、手軽に使えるポータブル・エアモニター「Huma-i」” の続きを読む

プラークチェックがスマートフォンで驚くほど簡単にできるハンディーカメラ「Plover」

人間、見えない場所で進行する症状は本当に厄介で、特に歯に関しては命を奪う事だってあります。
と言いますのも医療関係者の方からよく聞くのは、誤嚥性肺炎に罹患する原因の主原因がプラーク(歯垢)だからです。
プラーク(歯垢)は実は細菌のかたまりで、その細菌は元々空気中に含まれているものもあり、体温と唾液により高温多湿と細菌の繁殖条件としては最適な口腔内では食べ物を食べなくても自然と繁殖しそして蓄積されます。
そして歯の表面だけでなく歯と歯の間と言った場所どこにでもプラークは蓄積し、そして繁殖して増えて行き唾液を嚥下(飲み込む)した時に誤って気管支に入り、それが肺にまで到達して条件が悪いと菌が増殖して肺炎となるわけです。
ですから寝たきりになってしまった場合は歯が残っているよりも、総入れ歯の方がプラークの繁殖に必要な歯がない為に誤嚥性肺炎にかかる確率が低いのだそうです。

ですがそんな状況にならなくても、虫歯だけでなくプラークが原因で引き起こされる歯肉炎だとか歯槽膿漏だとか、歯に関係する疾患には誰しもかかりたくないですよね。

そこで今回は、歯に関係する病気に関わるプラークをいち早く発見する為のガジェット「Plover」をご紹介致します。


“プラークチェックがスマートフォンで驚くほど簡単にできるハンディーカメラ「Plover」” の続きを読む

周囲の環境に合わせて最も聴き取り易いサウンドに調整できるネックバンド式Bluetoothイヤホン「BHearing」

Bluetoothイヤホンの一番のネックって何だかみなさんご存じですか?
それはバッテリーです。もちろん内蔵するバッテリー容量が少ないと連続再生時間が短くなると言う事もあるのですが、充電式の電池なので寿命と言うものがあり、その寿命を超えると2000円のBluetoothイヤホン、1万円以上するBluetoothイヤホンも使えなくなると言う事です。
中にはバッテリーが寿命を迎えたBluetoothイヤホンを送ればバッテリーを交換するサービスを行っているメーカーもある様ですが、基本的に封入してしまっている為に分解はできない様になっており、そのまま廃棄するしかありません。

ですが今回紹介するネックバンド式Bluetoothイヤホン「BHearing」はその心配がなく、長く愛用し続ける事ができる様な工夫が施されています。

“周囲の環境に合わせて最も聴き取り易いサウンドに調整できるネックバンド式Bluetoothイヤホン「BHearing」” の続きを読む

体温で発電し充電不要なスマートウォッチが待望のバージョンアップしてより使い易くなった「MATRIX PowerWatch 2」

スマートウォッチと言えばAppleWatchを連想される方も多いかもしれませんが、世の中にはAppleWatch以外にもたくさんのスマートウォッチがあり、E-Inkディスプレイをいち早く使用しバッテリーの持ちを飛躍的に良くしたFitbitを始め、日本でもSONYやオムロンとメーカーがリリースしており、中国のメーカーと合わせると、かなりの数になります。

そんな中で2年前に注目を集めたのが今回紹介する「MATRIX PowerWatch 2」の前バージョンである”MATRIX PowerWatch”で、この”MATRIX PowerWatch”が注目を集めたのが体温で発電する事でスマートウォッチで一番ネックとなっているバッテリーの持ちの問題を無くしたのです。

ただその”MATRIX PowerWatch”にも問題があり、外気温が34°を超えると発電量が少なくなると言う問題を抱えており、昨年の夏の様に40°を超えるとペルチェ素子と言って温度差で発電する半導体を使っているこの”MATRIX PowerWatch”では発電量が下がりしばしばバッテリー切れを起こすと言う事もありました。

そう言う充電問題を始めとして他の問題を含めてバージョンアップされた「MATRIX PowerWatch 2」を今回はご紹介致します。


“体温で発電し充電不要なスマートウォッチが待望のバージョンアップしてより使い易くなった「MATRIX PowerWatch 2」” の続きを読む

3DプリンターがあればDIYで自作もできるレコードプレイヤーキット「Lenco-MD」

フィラメントと呼ばれるプラスチックの糸と言うか棒を溶かしながら造形して行くFDM方式の3Dプリンターは、3年前と比べると1/5程度にまで価格が下がり、自作キットであれば任天堂Switchよりも安いキットもあり、簡単に家庭で3Dプリンターを使って様々なものが作れる様になっていますので昨年の冬のボーナスで念願の3Dプリンターを購入してみた方も多かったのではないでしょうか?

ただ3Dプリンターはあってもデータは無料のものを拾って来るか、自作するしかありませんし、自分でデータを作ると言ってもコップの様な単純な形のものであればアプリの操作さえ覚えれば簡単に作れてしまいますが、例えばミニ4駆のボディーを3Dプリンターで自作するとなるとかなり練習をしてアプリを使い方をマスターしないと作れません。

でも何か大きなモノを、家族をアッと言わせてみる事ができる様なものを作ってみたいと言う方に今回は何とレコードプレイヤーが3Dプリントできるキット「Lenco-MD」をご紹介致します。

“3DプリンターがあればDIYで自作もできるレコードプレイヤーキット「Lenco-MD」” の続きを読む

低出力レーザーと振動のダブルで筋肉痛を低減させる半導体レーザー温熱マッサージ機「Epione」

肩凝りや腰痛と言った症状を慢性的に持つ方は、痛みを感じている部分を温めたりマッサージすれば症状が軽減すると言うのは原理は知らなくても本能的にはよく知っており、痛い部分を温めたり摩ったりそして揉んだりするのです。

ただ仕事や家事をしているとそればっかりしている訳にはいきませんし、かと言って毎日病院へ治療やリハビリに通ったりするのも大変です。

そこで今回は家庭やオフィスで簡単に使える温熱マッサージ機「Epione」をご紹介致します。


“低出力レーザーと振動のダブルで筋肉痛を低減させる半導体レーザー温熱マッサージ機「Epione」” の続きを読む