Newガジェット

バッテリー内蔵でポータブルなのに、エスプレッソ用の極細挽まで可能な電動コーヒーミル「MILLAB」

よくコーヒーは同じ種類の豆でも焙煎の仕方や弾き方、淹れ方で大きく味が変わり、自分好みの味を追求する為に焙煎機やグラインダーなども取りそろえておられる方もおられますが、さすがに焙煎まではと言う方には、市販の豆を購入する際に粉の状態ではなく豆の状態で購入し自分で挽く事でも味に違いを出す事が簡単に出来ます。

とは言ってもただ挽くだけで味が変わるのではなく、荒目、中目、細目など挽いた粉の粒の大きさによって味が変わって来ますので、グラインダーを選ぶ際には挽き方が変えられ、粉の粒の大きさを変える事が出来るものがベストなのですが、その中でも最もベストなのが今回紹介する電動コーヒーミル「MILLAB」です。


特許取得済のグラインダーバーとスパイク・トゥ・カット粉砕技術


グラインダーの基本構造は、ケースと回転する円錐状の刃の隙間に入り込んだコーヒー豆が金属製の刃に押しつぶされ砕かれならがらケースの中を落下して行く際に壁と刃の隙間が徐々に狭くなり更に細かく粉砕され粉となって排出されます。
ですので、臼の様にすり潰すのではありませんので、刃の間に挟まって砕かれた粉と言うのは大きさが均一ではなく、うまく刃の隙間を縫って排出された粉粒はより大きくなり、その挽いた粉粒の大きさの差が味の雑味となって現れます。

一方でこの「MILLAB」で使われている専用設計されたグラインダーバーは上部の刃の方は従来のグラインダーと同じ様にコーヒーの豆を砕きますが、ケースの外に出たグライダーバーの下部の刃によってすり潰される様になっていますので、この「MILLAB」で挽いたコーヒーの粉粒の大きさは均一になり雑味の出ないスッキリとしたシャープな味わいのコーヒーを抽出する事が出来る粉に仕上がります。


エスプレッソまで楽しめる20段階の調整ネジ


次にこの「MILLAB」にはグラインダーバーを上下させる為のダイヤル付きのネジがあり、このネジを回す事で挽き方を20段階に変える事が出来るのですが、0.025mmと言う精度で刃を上下させる事が出来る事から、普通のドリップコーヒー用に適した大きさにコーヒーを挽く事が出来れば、エスプレッソ用の極細目まで挽く事ができ、ポータブル電動グラインダーながらエスプレッソ用の粉まで挽けるグラインダーと言うのはそうありません。

と言うのも細かく挽くと言う事はより強い圧力を豆に対してかけないと細かくは挽く事は出来ないからで、それを可能にしているのがこの「MILLAB」に搭載された非常にパワフルなモーターと5000mAhのモーターで1 回の充電で 1 杯あたり 15gのドリップコーヒーを130杯以上、20gのエスプレッソコーヒーを30杯以上挽く事が出来る様になっていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/millab/x/7929074#/

布団や靴の乾燥だけでなく、ペットドライヤーとしても利用できる衣類乾燥機「AlicHome Y6」前のページ

ゴチャゴチャとしたPCデスク回りをスッキリと片付けられるデスクパッド「LeMat Fixer MINI」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    空気入れとしても使え、トイレほか、排水管の詰まりを一発で解消するスマート・スッポン「BOMBASTI…

    トイレって一度詰まり出すと、続けて詰まるイメージってありませんか?…

  2. Newガジェット

    そよ風でも発電できるポータブル風力発電装置「Trinity」

    非常用の発電装置と言うとあなたは何を思いつきますか?たいていの人はソー…

  3. Newガジェット

    小さなネジをしっかりキャッチして落とさない精密ドライバー&ネジキャッチ「Magnet Dr…

    ドライバー先端が磁石と同じ様になっており、ネジを吸着する様になっている…

  4. Newガジェット

    USB3.0メモリにもなるスマホ用パーソナルWiFiクラウドサーバー「iLuun Air」

    最近はデジカメやビデオカメラではなく手軽に撮影できるスマートフォンで動…

  5. Newガジェット

    物忘れを防止するリマインダー掛け時計「Glance Clock」

    スケジュール管理やメモにあなたは現在何を使用していますか?昔は手帳しか…

  6. Newガジェット

    洗濯機で丸洗いできるのが嬉しい、使う方が快眠できる様に様々な寝方に合わせて変化する枕「Dullo P…

    寝る時に使う枕って、枕カバーは洗いますが、枕そのものって洗いませんよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP