iPhoneをクールに落下の衝撃からガッチリと守るダンピングケース「ADcase」

みなさんはiPhoneを買った時には保証サービスである”AppleCare+”に入っていますか?
”AppleCare+”への加入は購入時のみ可能で後から加入はできない為、初期費用を抑えたいと言う方には悩ましい保証サービスなのですが、バックパネルまでガラスになったiPhone X以降のiPhone XS/ MS MAX/ XRでは入っておかないときっと後悔します。

と言いますのも”AppleCare+”に加入していれば、2年間と言う期間設定はありますが、最大2回までは画面の修理は3,400円(税別)、その他の修理は11,800円(税別)で行えますが、”AppleCare+”に入っていないとiPhone XSだと画面修理は31,800円(税別)、その他の修理は62,400円(税別)と、誤って落下させて強化ガラスのボディーがヒビ割れるとそれを修理するに何と約6倍の費用がかかります。

しかも今までアルミ合金だったボディーの頃はコンクリートやアスファルト上で落下させてもボディーが凹む程度で動作に影響しない事が殆どでしたが、強化ガラスとなったiPhone X以降のiPhoneはコンクリートやアスファルトの上に落下させれば100%ヒビ割れますし、運が悪ければフローリングの床でもヒビ割れる事があります。

そこで今回はそう言う余分な出費が発生しない様に、完璧にiPhoneを落下から守るiPhoneケース「ADcase」をご紹介致します。


“iPhoneをクールに落下の衝撃からガッチリと守るダンピングケース「ADcase」” の続きを読む

エネループやエボルタの倍のスペックを持つ単3リチウムイオン充電池「Tenavolts」

充電池の良い所は何と言っても繰り返し使え地球環境に優しい事と、電池が使えなくなり電池の買い置きがなくても充電すれば再び使えるますので、この寒空の中、わざわざ買いに行く手間も省けます。

そんな充電池の中で一番メジャーなのが今は無き三洋電機が世に送り出したエネループと、Panasonicが作ったエボルタです。
三洋電機はPanasonicに吸収合併されましたがエネループは引き続き売られています。

そんなエネループとエボルタですが、ニッケル水素電池な為に出力電圧が1.2〜1.3Vと乾電池の1.5Vよりも低く、例えば乾電池を4本直列にセットして使う電子機器ですと1.5V×4-1.2V×4=1.2Vと言う風に、本来6V必要な機器なのに4.8Vしか出力がなく充電池はフル充電状態なのにも関わらずバッテリー切れと判断されて電源さえ入らないと言う機器もあり、万能に何にでも使えると言う訳ではありません。

ですが今回紹介するリチウムイオン充電池「Tenavolts」ではバッテリー容量がほぼゼロに近くなるまで1.5V出力を保ちますので、ほぼ全ての電池を使う機器に使用する事ができます。


“エネループやエボルタの倍のスペックを持つ単3リチウムイオン充電池「Tenavolts」” の続きを読む

久しぶりに会ったあの人に失礼のない様に名前をそっと教えてくれるAIスマートカメラ「OrCam MyMe」

みなさんは久しぶりに会った方の名前が思い出せなくて困ったり、以前会った記憶はあるのに名前が全く思い出せなくてモヤモヤした気分で分かれたりと言った事ってありませんか?

特に携帯電話の普及により電話番号が覚えられなくなり、スマートフォンの登場で漢字が読めても書けない、予定をスマホに入れる様になって明日はもちろんの事、今日の予定もスッカリ忘れてしまっていると言う方は、お年寄りだけでなく若い方でも増えています。

これはわざわざ記憶していなくてもスマートフォンが全て覚えていてくれますので記憶する必要がないからですが、それは人の顔にまで広がり、若い人でも何度も会った事があるのに名前と顔がリンクしなくて思い出せないと言う方は少なくありません。

ただ思い出せないだけなら良いのですが、ビジネスシーンにおいては相手の名前が出て来ない為に信頼関係を失って折角のビジネスチャンスを逃してしまうと言うは大いに有り得ます。

そこで今回はそう言う人の顔と名前がよくシンクロしない、会った事があるのは分かるが名前が思い出せない、と言う様な方にそっと耳打ちしてくれるAIスマートカメラ「OrCam MyMe」をご紹介致します。


“久しぶりに会ったあの人に失礼のない様に名前をそっと教えてくれるAIスマートカメラ「OrCam MyMe」” の続きを読む

引き戸をスマートフォンで開閉できる上に、つっかえ棒としても機能するので防犯性も高い「Wayzn」

日本の家屋は今でこそ開き戸の住宅の方が多くなっていますが、その昔は引き戸が主流で今でも好んで引き戸にしていると言う方もおられるでしょう。
ただ引き戸の場合、何かとIoT化するにあたって不便で、開き戸であれば最近はスマートフォンと連携してロックをかけたりする事ができるスマート錠と呼ばれるジャンルの商品が多数出て来ていますが、残念ながら構造上、引き戸にこれら超便利なガジェットは取付けができません。

そこで今回紹介する「Wayzn」ならロックできるだけでなく、半開きの状態でもロック可能なので夏場など扉を開けて風を通したいと言う時に、引き戸はその開いた状態のまま動きませんので、防犯性も高くオススメです。


“引き戸をスマートフォンで開閉できる上に、つっかえ棒としても機能するので防犯性も高い「Wayzn」” の続きを読む

スマホやプレイヤーがなくても音楽を楽しむ事ができる4GLTE通信・ハイレゾ音源対応ワイヤレスヘッドホン「Debussy」

ちょうど昨年の9月に発売されましたAppleWatch Series3よりAppleWatch単体でLTE通信する事ができ、iPhoneがなくてもランニング中に音楽を聴く事ができたり、通話したりと言った事ができる様になりました。
これはAppleWatchが発売された頃からAppleWatchユーザーが夢見ていた機能で、重いiPhoneを持たずにランニングに出かけ、AppleWatchとAirPodsでAppleMusicを楽しみながらランニングできるのは非常に快適です。

ただAppleWatchで聞く事のできるミュージック配信サービスは今のところAppleMusicとSpotifyだけで、中にはAmazon Musicや最近サービスが開始されて3ヶ月は無料でお試し可能なYouTube Musicの方が良いと言う方もおられるでしょう。

そう言う方に今回はヘッドホン単体で音楽のストリーミング配信を楽しむ事のできるオーバーヘッド型のヘッドホン「Debussy」をご紹介致します。


“スマホやプレイヤーがなくても音楽を楽しむ事ができる4GLTE通信・ハイレゾ音源対応ワイヤレスヘッドホン「Debussy」” の続きを読む

セパレートモニターに内蔵されたAir ID技術で室内環境を評価し、快適に保つ空気清浄機「Wynd Halo + Home Purifier」

最近の空気清浄機は非常に賢くて、ホコリセンサーの他に臭いセンサーも搭載してチリやホコリ、そして魚を焼いたり、焼き肉をしたりと言った時に発生する臭いに反応して脱臭する為にパワフルに動くなど省エネ設計にもなっています。

ただそんな優秀な空気清浄機でもたまに不満に思う時ってありませんか?

それは明らかに掃除機をかけた後にホコリが舞い上がっていたり、キッチンで臭いのきついニンニクと言った様な食材を炒めた時に全く動かない事がたまにあったりする事です。
そして空気清浄機はずっと静音運転を続けておりホコリっぽさや臭いがなかなか取れず、手動で強モードにして空気清浄を行わなければならなかったりする事があるからです。

その理由の1つは、空気清浄機の本体の中にセンサーは内蔵されており、そのセンサーをホコリや臭いが通過しなければセンサーが反応しないからで、部屋の中で空気の流通があまりなければ静音モードで動いている空気清浄機の空気の吸入力も弱いのでなかなか感知できません。

その欠点をセンサーを分離する事でより正確に反応して空気清浄機を動かすのが今回紹介します「Wynd Halo」です。


“セパレートモニターに内蔵されたAir ID技術で室内環境を評価し、快適に保つ空気清浄機「Wynd Halo + Home Purifier」” の続きを読む

さっそく出て来た世界初!!イヤホンも挿せるiPad Pro用USB-Cマルチハブ「HyperDrive」

新しい11インチor12インチiPad Proは長年使われ、今なおiPhoneでは使われているLightningコネクタから現行のMac BookやiMacでも採用されているUSB-Cへと変わり、劇的に周辺機器との接続環境が良くなりました。
特に最新のMac Book ProやiMacを使っておられる方でUSB-Cマルチハブを使われている方はそのままiPad Proに流用でき、充電しながらUSBメモリーに保存された動画を鑑賞したり、SDカードに保存されたデジカメで撮影した画像や、4Kビデオカメラで撮影した動画を素早く取り込んで編集したりする事ができる上に、HDMI出力のあるUSB-Cマルチハブでは小さなiPad Proのモニターではなく40インチ、50インチと言った大画面のモニターや、4K対応のPC用モニターを使っての編集作業も出来たりします。

そんなUSB-CマルチハブをiPad Pro用に世界で初めてカスタマイズしリリースするのが今回紹介します「HyperDrive」です。


“さっそく出て来た世界初!!イヤホンも挿せるiPad Pro用USB-Cマルチハブ「HyperDrive」” の続きを読む

ライダーの方必見!!走行中の安全性を飛躍的に向上させてくれるヘルメット「JARVISH」

バイクは車と違い身体を保護するものはありませんので、一瞬の判断ミスが命取りになりますし、最近社会問題になったあおり運転でも、車とは比べものにならないくらいの恐怖感を味わいます。

特にあおり運転ではバイクも例外ではありませんので、バイク用のドライブレコーダーが売られていますが、バイクは車と違い設置スペースが狭くバイクの種類によっては取付けられなかったりする上に、バイクの車体に設置するとなるとどうしてもカメラの位置が低くなり、煽られても相手の車両の高さによっては相手も顔さえ撮影できないと言う事も有り得ます。

そこで今回は360°の視野角を持ち、周囲の状況を2K画質で撮影できるヘルメット「JARVISH」をご紹介致します。


“ライダーの方必見!!走行中の安全性を飛躍的に向上させてくれるヘルメット「JARVISH」” の続きを読む

あらゆるモバイルデバイスを充電できる自己完結型モバイルバッテリー「SCOUT」

モバイルバッテリーの中には電源回路を内蔵し、コンセントにダイレクトに差して充電できるモバイルバッテリーがあります。
このモバイルバッテリーそのものがモバイルバッテリーを充電すると言うのは、別途充電器が不要と言う事もありますが、その内蔵されたバッテリーを最も短時間で充電できる様に充電回路も作られていますので、出力電流の少ない充電器で充電した時の様に充電が遅くてイライラすると言う事もありません。

そんな充電回路を内蔵し、更に充電する為のケーブルの不要なモバイルバッテリー「SCOUT」を今回はご紹介致します。


“あらゆるモバイルデバイスを充電できる自己完結型モバイルバッテリー「SCOUT」” の続きを読む

動画編集アプリがなくてもTikTokの様な映像を作り出す事ができるスマホ・ポッド「Pivo Pod」

みなさんは”TokTok”と言う動画ソーシャルアプリはご存じですか?
たった15秒の動画を作るアプリなのですが、用意されたテンプレートの中から撮影に使いたいテンプレを選び、スマホに向かってポーズをつけたり踊るだけで子どもからお年寄りまで自分1人で完成された動画を撮影できるだけでなく、それでは物足りないと言う方はアプリに用意されているエフェクトを映像のコマ単位で指定してかけたりする事ができ、センスと実力があればプロ顔負けの動画を撮影する事もできるアプリです。

そんな”TikTok”の様な動画やトリッキーな画像が撮影できるポッド「Pivo Pod」を今回はご紹介致します。


“動画編集アプリがなくてもTikTokの様な映像を作り出す事ができるスマホ・ポッド「Pivo Pod」” の続きを読む