出張の多いサラリーマン達の方へ!!寝起き一発で即移動可能なキャリーケース「Carry-On Closet 2.0」

世の中には月曜日に家を出たら金曜日まで自宅に戻れない様なサラリーマンの方やクリエイターの方、ディレクターの方はたくさんおられます。
そう言う方達の一番の悩みと言いますか面倒なのはパッキングです。
流石に長年、1日滞在したらまた移動して毎晩違うホテルに宿泊しているとさすがに要領もパッキングも上手になりますが、それでも身支度を整えてパッキンまで済ませるのに脱いだものを綺麗に畳んでバッグに入れ、アメニティー等を最後に入れるまで数分から十数分はかかります。

そこで今回はそう言う忙しい方の為のキャリーケース「Carry-On Closet 2.0」をご紹介致します。


“出張の多いサラリーマン達の方へ!!寝起き一発で即移動可能なキャリーケース「Carry-On Closet 2.0」” の続きを読む

キャリーケースのハンドルにバッグがクルッと回って落ちない様に固定する画期的なアダプター「Travel Bag Buddy™」

みなさんは旅行や出張の際にキャリーケースのハンドルに引っ掛けた手提げバッグが、動くのに合わせて頻繁にズリ落ちてるのでイラッとした経験ってありませんか?
それは引っ掛けたバッグが軽くても重くても同じで、前からやって来る人を避けてちょっと横に寄っただけななのにバッグがクルッと回ってハンドル部分にぶら下がります。
この時にバッグが軽ければまたかと言う感じで片手でひょいと元に戻せるのですが、バッグが重いとクルッと回ってぶら下がった時に手に衝撃が走るだけでなく、重いバッグは片手で元には戻せませんのでその場で立ち止まり、キャリーを立て、バッグを両手で戻してからでないと移動する事はできません。
そしてそれが度々起こったら、たかが数百m移動するのに何分かかるの?って言う様なもので、いくら温和な人でもイラッと来ます。

そこで今回は、今持っているキャリーバッグに取り付けてクルッと回らなくするアダプタ「Travel Bag Buddy™」をご紹介致します。


“キャリーケースのハンドルにバッグがクルッと回って落ちない様に固定する画期的なアダプター「Travel Bag Buddy™」” の続きを読む

なっ!!なんと!!移動している間に密かに充電するモバイルバッテリー搭載のキャリーケース「EBolt Luggage」

キャリーケース(スーツケース)と言えばただ単に荷物を入れてゴロゴロと引くだけだで、モノによってはタイヤの向きが固定されていたので、曲がろうと思い自分は曲がってもキャリーケースは真っ直ぐ進んで言う事を聞いてくれなかったりしたものが、最新のモノは引いて歩かなくても自らオーナーを認識し、そして自ら走行して障害物や人を自ら認識して避け、そしてオーナーの後をどこまでも着いて行くのです。
ですからオーナーはキャリーケースを気にする事なくただ目的地に向かって歩けばいいのです。

ただ、そこまで自動化されてはいなくても、GPSを搭載し居場所を通知するものや、自らキャリーケースの重量を計測して表示するのも、バッテリーを搭載してスマートフォンやタブレットが充電できる様なキャリーケースは非常にたくさんの種類があります。

ですがどれもバッテリーがなくなっては機能しません。そこで、そのバッテリーに目を付けたキャリーケース「EBolt Luggage」をご紹介致します。


“なっ!!なんと!!移動している間に密かに充電するモバイルバッテリー搭載のキャリーケース「EBolt Luggage」” の続きを読む

荷崩れやを防止するだけでなく輸送中の振動・圧力から大切な荷物を守るバック・イン・エアバッグ「PAQ」

みなさんはスーツケースやキャリーバッグの中がスカスカだったが為にスーツケースやキャリーバッグの中に入れたモノが壊れたり変形したり、壊れ物を緩衝材の代わりにもなる衣服等で包んだりしなかったが為に破損したり、せっかく綺麗にパッキングした荷物が開けたらグチャグチャになっていたりした事ってありませんか?
まだ中の荷物が偏りしているだけなら良いのですが、振動等で中の荷物が暴れて中の荷物が壊れたりしても嫌ですし、それが旅行に行く途中で現地に着いてこれから楽しむぞ!!って言う時にカメラやビデオが壊れていたら、それこそ眼も当てられません。

そこでコンパクトで再利用可能なエアバッグ「PAQ」を今回はご紹介致します。


“荷崩れやを防止するだけでなく輸送中の振動・圧力から大切な荷物を守るバック・イン・エアバッグ「PAQ」” の続きを読む

最新の技術と、蓋が閉まらない時に容量を拡大できるエキスパンド・キャリーケース「PLEVO」

最近は飛行機に乗る際の規制が厳しく、預け入れ荷物の個数や重さも昔に比べると厳しくなり、お土産を買って詰めて帰るつもりで、ほとんどスカスカ状態のキャリーケース(スーツケース)を持って行ったりする事でブッキングクラスによっては追加料金を取られたりします。
だからと言って大きなキャリーケースと言うのは持ち運ぶのが大変ですし、かと言って持ち運びに便利なサイズのキャリーケースを選ぶと寒い時期の衣服の多い時等は衣服でパンパンになりお土産を詰める所ではありません。

でも最近は便利な圧縮袋も色々ありますのでそう言うものを活用する事でよりコンパクトに効率良くパッキングする事ができますが、それでも詰めたら蓋が閉まらなくて困った…..なんて事もあります。

そこで今回は、パンパン状態になりつつも、ビヨ〜ンと伸びる事で収納量をアップする事のできるエキスパンド・キャリーケース「PLEVO」をご紹介致します。


“最新の技術と、蓋が閉まらない時に容量を拡大できるエキスパンド・キャリーケース「PLEVO」” の続きを読む

ピッタリと横に寄り添い、上手に人も避けてついて来る自律走行型キャリーケース「Ovis」

今回みなさんに紹介するのは、自動的にオーナーに寄り添いながら自走するキャリーケース(スーツケース)「Ovis」です。

しかも混雑する空港の中でも行き交う人や障害物を見事に避けながら自走するので、たくさん荷物を持っている時等は非常に助かるキャリーケースです。

なんて紹介すると半分くらいの方が本当に!?と懐疑的に思われるのも無理はありませんが、技術は日進月歩進んでおり、実際に今ある技術を組み合わせるだけで本当に実現できる技術なのです。


“ピッタリと横に寄り添い、上手に人も避けてついて来る自律走行型キャリーケース「Ovis」” の続きを読む

お買い物大好き!!と言う方の為に、予め荷物が増える事を想定して設計された伸縮キャリーケース「Rollux」

このゴールデンウィークに飛行機を使って海外や国内旅行へ出かけた方で最近の厳しい荷物チェックで追加料金を払わざる終えなかったっと言う方はおられませんか?
最近の航空会社はボーイング747の様な2階建ての大型機を飛ばすよりも燃費が良いボーイング777の様な中型機を国内線のみならず国際線にも使用している為に荷物の積載量も減っている為か、昔ならエコノミークラスでもスーツケース(キャリーケース)2個預けても平気であったのが、今では一人1個しか預けられずしかも重量制限があり、現地でたくさんお土産を買ったりショッピングをして持って行ったキャリーケースには入らなくなったからと新たにキャリーケースを購入し、帰りのチェックインカウンターでキャリーケースを2個預けると当然の様に追加料金を取られます。
だからと言って持って行ったキャリーケースを捨てて更に大きなキャリーケースを買い1つにまとめると言うのも勿体ない話ですし、そんな度々、たくさんの買物をしてしまう様な旅行も稀でしょうから、たくさんショッピングをした時だけの為にいつもガラガラのキャリーケースを持ち歩くのも無駄な話です。

そんな旅行へ行く時と帰る時に荷物の量が極端に変わるショッピング好きな方にピッタリなトランスフォームするキャリーケース「Rollux」を今回はご紹介致します。


“お買い物大好き!!と言う方の為に、予め荷物が増える事を想定して設計された伸縮キャリーケース「Rollux」” の続きを読む

賢く短時間に収納するならケースにピッタリ収まるポーチが7つ付属したキャリーケース「VASCO」

 あなたの旅行の際のパッキングって得意ですか?
 この夏もキャリーケースを引いたカップルや家族連れを空港や駅でたくさん見かけましたが、たまにキャリーケースの中に仕舞い込んでしまった荷物を取り出した後に蓋がしまらないのかキャリーケースの上に乗ってロックをかけている方をたまに見かけると、きっとこの方は荷造りが下手なんだろうなと言う気がします。

 では一体上手なパッキングってどう言うものなのでしょうか?パッキングの仕方も色々とありますが、パッと見てどこに何が入っているのかが”一目で分かる”と言うのがキーではないでしょうか?例えばある上着を探すのに無造作にその上から上から衣類を重ねて行けばどこに何を重ねたのかなんて覚えてられませんし、圧縮袋を使って無造作に衣類を詰めて圧縮すれば更に積み上げるより見つけ辛くなってしまいますのでこれも良し悪しです。

 ですがこのキャリーケース「VASCO」なら中に詰めるバッグもセットになっていますので、パッキングが苦手または下手と言う方でも綺麗にパッキングする事ができます。

“賢く短時間に収納するならケースにピッタリ収まるポーチが7つ付属したキャリーケース「VASCO」” の続きを読む

こう言うカバンが欲しかった!!3G回線を使って世界中どこにても追跡可能なキャリーケース「Bluesmart Series 2」

 今回紹介するキャリーケース「Bluesmart Series 2」はみなさんが本当に必要とする機能が全て盛り込まれた正に最終形態とも言えるキャリーケースで、きっとこの「Bluesmart Series 2」の機能を知れば知るほど、欲しくなるはずです。
と言いますのも、この「Bluesmart Series 2」には4種類のバッグがラインナップされているのですが、”CABIN”と言う容量38Lと”CHECK”と言う容量80Lのキャリーケース(スーツケース)は何と!!3G回線、つまり携帯の回線を使ったキャリーケースの追跡機能がついているのです。
今までも追跡機能がついたキャリーケースは何年か前から世の中に出回っていたのですが、その殆どがBluetoothを利用したもので、Bluetoothの電波の到達範囲内にペアリングされたスマートフォンとキャリーケースがあれば追跡できたのですが、キャリーケースを飛行機のチェックインカウンターで預けてしまうと、到着した空港のBaggage Claim(バゲッジ クレーム)で預けたキャリーケースが出て来るまでは他の機材(飛行機)に乗せられて別の空港へ向かったとしても追跡できない、言うなればちょっと中途半端な追跡機能しかありませんでした。
 ですがこの”CABIN”と”CHEK”の2つのキャリーケースには3G通信ユニットが搭載されていますので、世界中どこにいてもキャリーケースの居場所を追跡する事ができますし、なおかつGPS衛星の受信ユニットも搭載していますのでキャリーケースの位置も正確に知る事ができるのです。


“こう言うカバンが欲しかった!!3G回線を使って世界中どこにても追跡可能なキャリーケース「Bluesmart Series 2」” の続きを読む

ハンドルとステップを出せば自走するキャリーバッグ「Modobag」

お年寄りがよく電動カートに乗っていますが、あれって時と場合によっては羨ましく思う事ってありませんか?
例えば歩き過ぎて足が疲れている時、腰や股関節、膝が痛いと言う時は特に移動するのがとても辛く思いますよね。そんな時に手軽に乗れるムーバーがあればとても助かると思いませんか?

そんな手軽に移動手段として使えるムーバーがこの「Modobag」です。

“ハンドルとステップを出せば自走するキャリーバッグ「Modobag」” の続きを読む