IPX7防水仕様だから丸洗可能!!いつも清潔に保つ事ができるカナル型Bluetooth5イヤホン「Muve」

みなさんはイヤホンの汚れって気になる事はありませんか?
特にカナル型と言って(AirPodsの様な耳に引っ掛けるタイプのイヤホンはインナーイヤー型と言います)耳の穴の中に差し込むタイプのイヤホンはどうしてもイヤホンのパットやイヤホン内部のスピーカーに通じる部分の穴の内部に耳垢が付着して汚れてしまいます。
そうなると一番恐いのが細菌感染です。イヤホンの付着した耳垢を餌にして細菌やカビが繁殖し、それが耳の中に入り細菌やカビが繁殖したらそれこそ大変です。

そこで掃除をしようと思っても、外側に付着した耳垢や汚れは簡単にウエットティッシュ等で拭き取れますが、スピーカーに通じる穴の中は麺棒とアルコールスプレーを駆使しても100%取るのはなかなか難しく、下手をすると奥へ奥へと押し込んでしまい取れなくなってしまいます。

ですが今回紹介するBluetoothイヤホン「Muve」ならAppleWatchと同じIPX7防水なので安心して洗う事ができますし、常に清潔な状態で使用する事が可能です。
“IPX7防水仕様だから丸洗可能!!いつも清潔に保つ事ができるカナル型Bluetooth5イヤホン「Muve」” の続きを読む

大口径10mmのグラフェンドライバーで迫力あるサウンドを奏でるBluetooth5ワイヤレス・イヤホン「Model X」

イヤホンはその大きさに制約がある事から中に詰め込むドライバーつまりスピーカーの大きさや数にも制約があり、どうしてもイヤホンには小口径のドライバーしか内蔵できませんので、大口径のスピーカーを内蔵できるヘッドホンの様なズンズンと身体に響く様な迫力あるサウンドを再生しようとするのにはかなり無理があります。

ところがグラフェンシートと言う炭素から作られたダイヤモンド同等に硬い素材は通電性、熱伝導性に優れており、最近では衣服に内蔵するヒーターとして、そして電気を流す事で伸縮する性質を利用してスピーカーへと幅広く利用されています。

そこで今回は、その最近注目のグラフェンスピーカーを内蔵したワイヤレス・イヤホン「Model X」をご紹介致します。


“大口径10mmのグラフェンドライバーで迫力あるサウンドを奏でるBluetooth5ワイヤレス・イヤホン「Model X」” の続きを読む

ワイヤレスイヤホンを初めて購入する方に是非とも試してみて欲しいコスパ重視$30以下で買える「Nano Pods」

今、昨秋リリースされたiPhone XS/XS MAX/XRを購入すると、昔ついていたワイヤードのイヤホンはもれなく付属されてはいません。
そこでどうせならワイヤレスイヤホンを買ってみようと思われている方は多いかと思いますが、何せワイヤレスイヤホンは、イヤホン専門ショップでさえなかなか試聴できる種類が少ない上に、みなさんの地域の家電量販店となると、ほぼ試聴できる様なワイヤレスイヤホンは置いていません。
となるとネット通販等の口コミを頼りにする事になるのですが、これもグルメサイトの口コミと同じで、味の感じ方も十人十色なら、音の感じ方もまた人それぞれ違いますので、一概に全ての口コミ投稿者が良いと評価していても果たして自分に合うのだろうか?

そこで今回は、デファクトスタンダートとも呼べそうなワイヤレスイヤホン「Nano Pods」をご紹介致します。

“ワイヤレスイヤホンを初めて購入する方に是非とも試してみて欲しいコスパ重視$30以下で買える「Nano Pods」” の続きを読む

片耳のイヤホンを無くしても安心!!保証プログラム付きのスマホケース一体型Bluetooth5対応イヤホン「SoundFlow」

みなさんご存じの様にApple純正のワイヤレスイヤホンAirPodsをもし紛失した場合は「iPhoneを探す」アプリで最終的にBluetoothの接続が切れた場所を指し示してくれる様になっていますので、その場所に戻って運良くそのまま落ちていれば手元に戻って来ますが、見つからない場合はどうしようもなく、AppleStoreで手続きをして約8千円ほど払い無くした方のAirPodsを新たに購入するしかありません。

そんなAirPodsと同じ仕組みを持ちAirPodsよりも安価で新しいイヤホンを入手する事のできる「SoundFlow」を今回はご紹介致します。


“片耳のイヤホンを無くしても安心!!保証プログラム付きのスマホケース一体型Bluetooth5対応イヤホン「SoundFlow」” の続きを読む

iPhoneユーザーにオススメ!!BT5.0+グラフェン+AAC codec+UV監視機能までついたワイヤレスイヤホン「ONEvido」

有線のイヤホンは今でも家電量販店の店頭に行けば結構な種類のイヤホンを実際に耳に装着して聞き比べをする事ができますが、試聴用のワイヤレスイヤホンを置いているショップは本当にごくごく僅かでなかなか聞き比べをして購入すると言う事ができません。
ですからiPhoneユーザーは無難にAirPodsを選ぶ傾向にあったりするのですが、AirPods以上に音質の良いイヤホンはいくらでもあり、それを見分ける1つの基準がスペック(仕様)です。
さすがに周波数特性のグラフまで掲載しているイヤホンは少ないので、音質を想像するには再生周波数や使われているドライバー(スピーカー)から想像するしかありませんが、オーディオ技術に詳しくない方にとっては想像できるものでもありません。

そこで今回は「ONEvido」と言うiPhoneユーザーにオススメのBluetoothイヤホンを例にワイヤレスイヤホンの選び方を解説致します。


“iPhoneユーザーにオススメ!!BT5.0+グラフェン+AAC codec+UV監視機能までついたワイヤレスイヤホン「ONEvido」” の続きを読む

BT5にCVC8thと最新の技術をギュッと詰め込んだBluetoothイヤホン収納iPhoneケース「AmpPack」

みなさんは通勤や通学途中にワイヤレスイヤホンのバッテリーが切れ、更にイヤホンケースのバッテリーも充電を忘れていてその日1日を無音で過ごすハメになり、ちゃんと充電しておけばよかったと後悔した事はありませんか?

そんな、ついついワイヤレスイヤホンの充電を忘れてしまう方に、スマートフォンを充電する事で同時にワイヤレスイヤホンも充電できると言う超便利なBluetoothイヤホンが付属しているiPhoneケース「AmpPack」をご紹介致します。


“BT5にCVC8thと最新の技術をギュッと詰め込んだBluetoothイヤホン収納iPhoneケース「AmpPack」” の続きを読む