ホットだけでなく、水出しコーヒーもたった4分で淹れる事ができるコーヒーメーカー「FrankOne」

今年の夏は強烈に暑く、夏でもアイスコーヒーではなくホットコーヒーを飲まれる方でも、さすがに熱すぎて今年ばかりはアイスコーヒーにしたと言う方も多いのではないでしょうか?
そんなアイスコーヒーを作るには”水出し”するか、ホットで淹れたコーヒーに氷を加えて冷やすかのどちらかです。

ただ水出しはご存じの様に水出しは非常に時間がかかります!!挽いた豆をポットにセットして冷蔵庫に入れて約半日……急にたくさんお客さんが見えたり、1日に何杯も飲むと作るのが追いつきません。
一方ホットコーヒーを冷やすのであれば、すぐにたくさんの量を作る事ができますが、氷で冷やす事でコーヒーは薄くなってしまいます。
だからと言ってホットコーヒーを入れた容器を氷水で冷やすと言うのも手間な上に時間がかかります。

ですが今回紹介します「FrankOne」を使えばペーパードリップながらコーヒーの濃さを調整する事ができますので、氷で冷やして丁度の濃度で抽出してやれば飲み頃の濃さのアイスコーヒーを淹れる事ができます。


“ホットだけでなく、水出しコーヒーもたった4分で淹れる事ができるコーヒーメーカー「FrankOne」” の続きを読む

突然の来客があっても安心!!一度に10杯以上のコーヒーを抽出する事のできるコールドコーヒーメーカー「Barista Cold Coffee Brew Maker」

だんだんと暑さも厳しくなって来ているのにも関わらず、これからまだまだ気温が上がるのかと思うと少し気持ちも滅入ってしまいますが、暑くなるとどうしても冷たいものが欲しくなりますし、暑い中やって来たお客さんに出す飲み物も熱いお茶やコーヒーよりは冷たくキーンと冷えたアイスコーヒーや麦茶の方が喜ばれたりもします。

ただ麦茶はヤカンでたくさん煮出したり、水出しの麦茶のパックを入れて冷蔵庫でストックしておけば、少々たくさんの来客があっても足りなくて困ると言う事はありませんが、コーヒーってなかなか作り置きすると酸化して風味が逃げ更に味も変わって来て美味しくなくなって行きますので、なかなか作り置きする事ができませんが、最近は水出しのコーヒーもあり、専用の容器に豆をセットして水を入れて冷蔵庫に入れておけば寝ている間にコーヒーが出来上がっていて便利ですが、作り忘れたり、人数が多くて足りないと言う時が大変です。

そこで今回は一気に大量の850mlものコーヒーを淹れる事ができるコーヒーメーカー「Barista Cold Coffee Brew Maker」をご紹介致します。


“突然の来客があっても安心!!一度に10杯以上のコーヒーを抽出する事のできるコールドコーヒーメーカー「Barista Cold Coffee Brew Maker」” の続きを読む

オフィスやアウトドアで短時間でコーヒーを淹れたいのならこのコーヒーメーカーがオススメ!!「SteepShot」

本格的なドリップコーヒーを楽しもうとすると昔はペーパーフィルターを使いコーヒーを淹れるか、そうかフレンチプレスマシンを使うしかありませんでしたが、今では便利な豆さえ入れておけばミルして抽出してくれるエスプレッソマシンやカプセル式のドリップマシンがあったりと、フレッシュなコーヒーを短時間で淹れる事のできるマシンは多々あります。

ただそれらマシンは電源がないと動かないのと重さも大きさもあるのでアウトドアで使用すると言うのは到底無理です。かと言って、トレッキングやハイキングへ行くのにバックパックにドリップ用の道具一式を入れて行くなんてナンセンスですし、かと言ってインスタントコーヒーでは味気ないし、と言う方の為に、たった30秒で1杯のコーヒーを淹れる事のできるコーヒーメーカー「SteepShot」をご紹介致します。


“オフィスやアウトドアで短時間でコーヒーを淹れたいのならこのコーヒーメーカーがオススメ!!「SteepShot」” の続きを読む

たった5分で本格的な水出しコーヒーを淹れる事ができるコーヒーメーカー「Dash Rapid Cold Brew System」

 皆さんは”水出しコーヒー”って飲まれた事ってありますか?よく水出しコーヒーをアイスコーヒーと勘違いされる方が多いのですが、皆さんが想像するアイスコーヒーだとそ多くはお湯でドリップしたコーヒーを氷にいれて飲むか、ドリップしたコーヒーを冷蔵庫等で冷やして飲むかだと思うのですが、前者だと氷に熱いコーヒーを注ぐ事で氷が溶けてコーヒーの味が薄まってしまいますし、後者ですとドリップしてから時間が経過すればするほど風味が抜けて味も落ちてしまいます。
 一方”水出しコーヒー”はドリップする方式は何種類があるのですが、お湯ではく水を使ってコーヒーを抽出するのですが、水ではなかなかコーヒー豆に含まれる成分が滲み出て来ないのでそのスピードはペーパードリップコーヒーが1杯のコーヒーを淹れるのに数分だとすると水出しコーヒーは本当に1滴1滴ずつ抽出して行きますので1杯のコーヒーを淹れるのに数時間かかります。
 ですがその味は同じ豆を使っていたとしてもお湯で抽出するのと比べて”苦味やエグ味”が少ないのでコーヒーが苦手と言う方でも飲めてしまいますし、何と言っても酸化の原因となる脂成分は抽出されませんので冷蔵庫で長期間保存する事ができるのですが、難点はドリップに時間がかかると言う事で、そのドリップにかかる時間を独自の”ColdBoil™”技術で24時間かかる抽出時間を5分に短縮した画期的なコーヒーメーカーがこの「Dash Rapid Cold Brew System」です。
“たった5分で本格的な水出しコーヒーを淹れる事ができるコーヒーメーカー「Dash Rapid Cold Brew System」” の続きを読む

いつでもどこでもオリジナルブレンドコーヒーをドリップして飲めるマグカップ「BRuX」

 ドリップコーヒーを飲もうと思うと今は手軽にコーヒーカップにセットしてお湯を注ぐだけで手軽にドリップコーヒーが楽しめる使い捨てのペーパードリップ式のコーヒーやカセット式のコーヒーがありますが、どのコーヒーも焙煎して挽いた豆で入れる本格的なドリップコーヒーなのですが、いわゆるモカであるとかキリマンジャロであるとかコロンビアであるとかブルーマウンテンであるとか既に限りある種類の中から選ぶしかないのが現状で、こだわりをもってこの店のこの豆と決めている人にとってはなかなか妥協するのが難しいものもありますが、かと言ってコーンとフィルター、そして豆を容器に入れて会社へ持って行って一人だけ給湯室でコーヒーを淹れて飲むのも何だか気が引けますが、かと言って毎回同じオフィスの同僚にコーヒーを振る舞うのも大変ですが、この「BRuX」なら別にペーパーフィルターと豆だけを持って行けばよく、見た目はちょっと変わったデザインのマグって感じなので内緒で休憩時間に給湯室で自前のコーヒーを淹れても気付かれません。


“いつでもどこでもオリジナルブレンドコーヒーをドリップして飲めるマグカップ「BRuX」” の続きを読む

同じ素材を使えば誰もが同じが味が出せる3種類のコーヒーをドリップする事ができるドリップスタンド「GINA」

 この豆美味しいからとミルされたコーヒー豆をもらって自宅で淹れてはみたものの同じ様な味が出ずに淹れ方を聞いて淹れてみたもののなかなか同じ味が出せずにようやく出せたかと思ったらその後なかなか同じ味が2度と出せなくて豆がなくなってしまったって経験ってありませんか?特に味にうるさい人はちょっとした酸味であったり苦みであったりを敏感に感じてしまいますからよりそう言う思うのですが、ですが同じ様に淹れている様で人間の時間感覚と言うのは人それぞれ正確ではありませんし、余程正確な時間管理を要する仕事をされていない方ではない限り毎日”1分計測してみて下さい”と言っても実際に計ってみた時間と言うのはまちまちです。
それくらい感覚と言うのは曖昧でアテにはなりませんから、豆の量やお湯の温度、豆の蒸らし時間やお湯の量によって味が変わるコーヒーを淹れるのは無理です。それを基準を作ってしっかりと管理する事により同じ味のコーヒーを淹れる事ができるドリップスタンドがこの「GINA」です。


“同じ素材を使えば誰もが同じが味が出せる3種類のコーヒーをドリップする事ができるドリップスタンド「GINA」” の続きを読む

コンパクトなのにミルからドリップまでしてくれるコーヒーメーカー「Bruvelo」

コーヒーが好きな人って道具までこだわる人が多いですよね。最終的には自家焙煎してコーヒーを入れる方もおられますが、焙煎してミルしてドリップまで一括してできる機械って今のところありませんよね。せいぜい焙煎した豆をミルしてドリップしてくれるのが現状では一番高機能なコーヒーメーカーになります。

ですが、デロンギに代表される様に、ミルしてドリップしてくれる機種ってとっても大きくて、場所を取ります。できたらコーヒー好きな人は旅行や出張先のホテルでも豆持参でホテルの部屋でミル仕立てのコーヒーを飲みたいって人も多いはずです。そんな携帯性に優れたミルしてドリップまで全自動でしてくれるコーヒーメーカーが、この「Bruvelo」です。

“コンパクトなのにミルからドリップまでしてくれるコーヒーメーカー「Bruvelo」” の続きを読む

ミルクも砂糖も自動投入してくれるコーヒーメーカー「Arist」

昨日、WiFi接続のコーヒーメーカー「BRUVELO」をご紹介したが、それ以上の機能を持ったコーヒーメーカーが登場した。
家庭用でもデロンギの最上位機種なんかは、ミルクをフォーム(泡立てて)して自動で注いでくれたりするが、このコーヒーメーカー
はそれを越えた!!

まずはスペックから説明しておこう。

何と豆は2種類入れておける。もちろんブレンドして挽く事も可能だ。
そして、豆の量、挽き方(細かさ、荒さ)任意に調整可能
そしてお湯の温度、量も調整可能だし、エスプレッソにする場合は豆にかける蒸気圧の調整も任意で調整できるのだ!!
更に注ぐミルクの温度や量、フォームの仕方まで細かく設定でき、砂糖、シロップ、チョコレートシロップまで好みの量を
投入できるのだ。

そららは、このコーヒーメーカーはWiFiで繋がったスマホアプリから細かく設定可能なのである。そう、自分好みの究極の1杯
が、毎回忠実に再現でき、楽しめるのだ!!

もう、コーヒー好きにはたまらないコーヒーメーカーだ

“ミルクも砂糖も自動投入してくれるコーヒーメーカー「Arist」” の続きを読む

スマホで操作して好みのコーヒーが入れられるコーヒーメーカー「BRUVELO」

家電がだんだん、スマホと繋がって便利になっていくと思いませんか?

遂にコーヒーメーカーまでスマホと連携するようになった!!

コーヒーメーカーとスマホ!?と思うかもしれないが、コーヒーメーカーもボタンを押して豆を挽いてドリップするだけの時代はもう終わりです。
コーヒーメーカーにスマホを接続すれば、

1.豆を挽く量
2.挽く豆の粗さ(挽き方)
3.お湯の温度
4.お湯の量

を細かく設定できるのだ!!つまり、自分の好みの合わせて、豆に合わせて、レシピを自分で作成し、自分好みのコーヒーを、毎日同じ味で堪能できるのである!!

これって家庭で使うより、喫茶店で導入した方がいいかも?常連さんの好みを全て管理しておき、その好みで入れてあげれば、最高に喜ばれると思う。
もちろん家庭でも、拘りのコーヒーが入れられる。

“スマホで操作して好みのコーヒーが入れられるコーヒーメーカー「BRUVELO」” の続きを読む