電源不要、力の弱い女性でも超簡単!!超短時間!!で衣類を60%にまで圧縮する事ができる圧縮バッグ「Qubix 2」

布団圧縮パックの様な圧縮パックは知っていても、圧縮バッグって何?と言う方の為に説明させてもらうと圧縮バッグと言うのはその字の通りで、詰め込んで蓋をするバッグの事です。

よく私達も衣類が嵩張ってスーツケースやキャリーケースの蓋が閉まらない時にスーツケースやキャリーケースの上に乗り圧力をかけて鍵をかけたりよくしますが、それと同じ原理を利用しているのが圧縮バッグです。

その圧縮バッグも今ではたくさんの種類があり、何を選んで良いのか悩む所ですが、今回紹介する「Qubix 2」は多少強引に突っ込んでも破れる心配がないので、安心して使う事のできる圧縮バックなのです。
“電源不要、力の弱い女性でも超簡単!!超短時間!!で衣類を60%にまで圧縮する事ができる圧縮バッグ「Qubix 2」” の続きを読む

ジッパーを降ろせば移動中の荷物の出し入れも楽に出来るロールトップ・バックパック「Minaal Rolltop」

バックパックの口の部分をクルクルと巻き込むタイプのバックパックをロールトップと言います。
このロールトップ・バックパックの利点は雨に降られた時に生地に防水加工や撥水加工が施されていると、バックパック内に雨水が浸入しない事が挙げられます。

と言いますのも普通のバックパックはトップ部分の開口部を閉める為にジッパーか、紐によって絞り込んで口を閉じます。そうすると紐によって絞るタイプのバックパックは当然の事ながら隙間ができますので、そこから雨が降り込みますし、ジッパーで閉めるタイプのものもジッパーが防水構造でないと染みこんで行きます。
ところがロールトップだと、そう言う雨水が染み込む隙間や繋ぎ目と言ったものがないので雨水が浸入しないと言う訳なのです。

そして今回紹介する「Minaal Rolltop」はそう言う構造にはなってはいないのですが、口を巻き込む事でバックパックのサイズを変える事ができるので、荷物の少ない時はコンパクトしにして持ち歩きする事ができると言うメリットもあります。
“ジッパーを降ろせば移動中の荷物の出し入れも楽に出来るロールトップ・バックパック「Minaal Rolltop」” の続きを読む

旅行、買物、ジムと衣類を入れて持ち歩くのにとても便利な圧縮バッグ「CUBEPACKS」

旅行に行く時に衣類をコンパクトにまとめる為に圧縮パックを利用される方は多いのですが、日常的に圧縮パックを使うとなると空気を抜く為のポンプ等を一緒に持ち歩かなければならずその分の荷物が増えてしまう上に空気を吸い出しのに時間のかかるのが嫌と言う方もおられるでしょう。

そこでそう言う方にはジッパーで圧縮する圧縮パックが最近では人気です。
よく荷物が膨れあがってジッパーが閉まらない時に蓋を抑えてジッパーを閉めると何とか圧縮して収納する事ができますが、その抑えて閉めるを何段階にも分けて行う事でバキュームポンプがなくても小さき荷物を圧縮できるのがジッパー式の圧縮パックです。

そのジッパー式圧縮パックを何と外に持ち出せる様にベルトを付けたのが今回紹介する「CUBEPACKS」です。


“旅行、買物、ジムと衣類を入れて持ち歩くのにとても便利な圧縮バッグ「CUBEPACKS」” の続きを読む

通勤・通学、そして週末のオフロードにまで路面に合わせて2,3分で交換可能な自転車用タイヤ「reTyre ONE」

マウンテンバイクに装着されているゴツゴツとしたコブの様なものがついたブロックタイヤは、土や砂利と言った舗装されていない路面でしっかりと路面を捉えて走行できる様に作られています。
その為にそのコブの様なゴム性のブロックは柔らかく、舗装された道路を走行するとその消耗、摩耗は激しく一般的なラジアルタイヤと比べるとタイヤの摩耗による交換は明らかに早く、そして高価です。

更にブロックタイヤは悪路は得意なのですが、雪道はスタッドレスタイヤではない為に不得意なので滑ります。よくブロックタイヤだから自動車用のスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤの様に勘違いされて、雪道を颯爽と走り出したものの止まれず、曲がれず転ぶと言う事はよくあります。

ただ、その路面に合わせてタイヤをその都度ホイール毎交換すると言うのも、かなりの出費となる上に収納スペースも取られると言うデメリットがあります。

そこで今回はたった2,3分もあれば前後のタイヤを路面に合わせて交換できる画期的なタイヤ「reTyre ONE」をご紹介致します。

“通勤・通学、そして週末のオフロードにまで路面に合わせて2,3分で交換可能な自転車用タイヤ「reTyre ONE」” の続きを読む

宅配ボックスの様に場所を取らず一戸建てでもマンションでも使える、置き配い袋「PACKAGE SAFE」

急いでいる荷物の時に限ってまだ配達には来ないだろうと出かけてしまい、帰ったら”不在伝票”が入っていて翌日の配達になります、と言う様な事を言われてどうしよう……ってな事になった事はありませんか?

特にマンション住まいの方で宅配ボックスがあるからとちょっと出かけても宅配ボックスがあるから安心と思い出かけたら、たまたま宅配ボックスがいっぱいで不在伝票が郵便受けに入っていて…..と言う事はよくある事です。

ですので最近は”宅配ボックス”が密かに人気が出て来ており、大手のECサイトでは置き配サービスを実施している所もあります。
例えばAmazon、Amazonでは注文後に注文履歴を見て”不在時置き配を指定“と言うボタンが表示されていれば置き配を利用する事ができます。これは不在時には、ここに置いておいて下さい、と言う事を指定する事で荷物の持ち帰りを無くすサービスです。

そしてそう言う時に荷物を安心して受け取れるのが”宅配ボックス”なのですが、大きな荷物も受け取れる様にと大きな宅配ボックスを設置すると玄関付近にそれなりのスペースがなければ設置できませんし、マンションで常に宅配ボックスがいっぱいで自室前に設置したいと思ってもマンション用の宅配ボックスはまだありません。

そこで今回はみなさんに、必要な時にだけ玄関ドアに引っ掛けておくだけの置き配い袋「PACKAGE SAFE」をご紹介致します。


“宅配ボックスの様に場所を取らず一戸建てでもマンションでも使える、置き配い袋「PACKAGE SAFE」” の続きを読む

その靴は赤ちゃんの足にピッタリ合ってる?目視でフィッティングを確認できるベビーシューズ「Buku Babies」

赤ちゃんに靴をはかせてお外に連れて行った時に、あれ?歩き方がおかしいな?と思ってよくよく見ると、足が大きくなり靴の中で指が曲がっていた、なんて事はありませんか?

実際に子どもを授かり育てていると、その成長にはビックリします。特に乳児期から幼児期の成長は著しく、これ1回も袖を通してないけれど、また来年着られるのかな?と思っていたらほぼ100%、1年後には着る事ができなくなっているくらい赤ちゃんの成長は早いのです。
ですから衣服もそうですが、靴や帽子なども来シーズンにまた使えるからなんて思っていると確実に履けませんし、被れません。

ところが靴って、サンダルやクロックスの様通気性の良いものは通気を良くする為に穴があったりと、外から靴が足に合っているのか?指先が

曲がっていないか確認する事ができますが、普通の靴はシースルーな生地や素材でも使われていない限り、靴の中で足がどう言う風になっているか見えませんし、指先が窮屈であるのか?そうでないのかも靴の上から指先の部分を押さえてみないと分かりませんし、わざわざ靴を履かす度に指先をチェックされる方も少ないでしょう。

ですが今回紹介しますベビーシューズ「Buku Babies」であれば、靴を履かせる度に毎回、目視で確認する事ができますので、気が付かないウチに小さい靴を履かせすぎて足の指が曲がったままになってしまった….と言う最悪の状態を避ける事ができます。


“その靴は赤ちゃんの足にピッタリ合ってる?目視でフィッティングを確認できるベビーシューズ「Buku Babies」” の続きを読む

ジッパーを閉めるだけで最大40%以上も圧縮できる出し入れ自在の圧縮バッグ「Taskin Kompak」

 皆さんは旅行へ行ったり衣類を衣替えしたりする時に、圧縮パックと言って衣類を入れた袋の中の空気を抜く事で小さくコンパクトにして収納する事ができる袋を利用された事があると思いますが、この圧縮パックって小さくコンパクトになるのは良いのですが、そのコンパクトにするのにとても時間がかかります。最近では旅行先でも使える様に袋を押さえつつ丸めながら中の空気を抜いて圧縮するタイプの圧縮袋もありますが、どれも一度圧縮してしまってから再び開けて中の衣類を取り出すのには、あの圧縮する作業を思い出すとちょっと躊躇ってしまいます。

 ですがその圧縮袋が空気を吸い出す掃除機もいらずそしてクルクルと空気を追い出す作業も必要なくただジッパーを閉めるだけの動作で圧縮されるのならもっと日常的に使えるのではないでしょうか?そんなコンセプトで作られた圧縮バッグがこの「Taskin Kompak」です。


“ジッパーを閉めるだけで最大40%以上も圧縮できる出し入れ自在の圧縮バッグ「Taskin Kompak」” の続きを読む

面倒な紐靴の紐を解かなくてもスムーズに履ける様に変身させてしまう「ZIPPED」

スニーカーの紐って靴のせいなのか?紐の種類なのか?すぐに解けてしまうモノってありませんか?いくらきつく締めても歩いていると緩んで来て、紐を自分の靴で踏んでしまって完全に解けてしまう事ってありますよね。
ですからきつくガチガチに解けない様に締めてしまうと今度は解くが大変になりついつい紐を解かないで良い様に微妙に緩めにして紐を解かないで履ける様にしておいたりしている方も多いかと思います。
ですが紐を緩めにしておくと結果的に足に合っていない靴を履いている様なもので靴の中で足が動いてしまい靴擦れができたりタコやマメができたりと言った事になったり、長距離を歩くと足に靴がフィットしていない為に極端な言い方をすると草履を履いて歩いている様な靴が脱げない様な歩き方をしている為に足がとっても疲れてしまいます。

ですから靴紐はキチって締めた方がいいのですが、それを面倒に思う人も多いですよね。ですが、この「ZIPPED」をつければ紐を締めたり解いたりする必要はなくなる上に履きやすく改造する事ができますから、紐の煩わしさから開放され靴の脱ぎ履きがとっても楽になりますよ。


“面倒な紐靴の紐を解かなくてもスムーズに履ける様に変身させてしまう「ZIPPED」” の続きを読む