これから汗染みや臭いの気になる季節に超オススメなメリノウール・メンズシャツ「Limitless Merino Wool Shirt」

メリノウールと言うのはメリノ種という羊の羊毛の事で、毛糸で作られるからセーター・防寒着と言うイメージを持つ方が多いのですが、実際のところメリノウールの特徴を生かして服・パンツ・靴下はもちろんの事、靴などにもメリノウールは使われています。

その特徴と言うのは保温性が高いのはもちろんのこと、吸湿・放湿性が高く、抗菌・消臭効果も合わせ持っていますので、夏場に来ても汗の臭いを抑えられるだけでなく、汗を吸い取ってすぐに大気中に放出してくれますので、その気化熱で実は夏場でも思ったよりも蒸し暑くはならず、逆に綿100%や絹100%のシャツと比較すると汗をかいても常にサラッとしており、ベタついたりもしないのです。

そんなメリノウールを素材として使ったメンズシャツ「Limitless Merino Wool Shirt」を今回はご紹介致します。
“これから汗染みや臭いの気になる季節に超オススメなメリノウール・メンズシャツ「Limitless Merino Wool Shirt」” の続きを読む

100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」

みなさんは靴が臭くなる原因ってご存じですか?
カビや細菌が繁殖する条件を思い出してもらえば大方予想はつくかと思いますが、温暖多湿である事が絶対条件です。
つまり汗をかいて湿度が上がり、体温で一定温度に保たれている靴の中と言うのはカビや細菌が繁殖するにはパーフェクトに条件が整っており、汗をかいて多湿状態が続けば繁殖するカビや細菌は空気中を常に漂っていますので、新品の靴でも、洗って綺麗に乾かした靴でも同じ様に臭います。
ましてやこれからみなさんがよく履かれるロングブーツなどは通気性が悪く汗が外部へ発散されない上に、冬の冷たい空気をシャットアウトしてブーツの中を温かく保つ為に外気が入らない様に密閉していますので、、ブーツはとても臭いがきついのです。

しかも消臭スプレーを振ったとしてもそれは一時的で、カビや細菌は空気中を漂っていますから、それらが再び靴の中に入ればたちまちカビや細菌は繁殖してまた元の様に臭います。

そこで今回は消臭せずとも臭わないスニーカー「Vessi」をご紹介致します。


“100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」” の続きを読む

1日5分、背中の下に敷いてゴロゴロするだけで背中や腰の痛みを緩和するストレッチローラー「Plexus Wheel+」

みなさんは集中して仕事や勉強をした後に”ノビ”をした時に気持ちが良いと感じる事はありませんか?

人間には常に重力かかっていますので、寝ている時以外は地面に向かって重力が常にかかり、その圧力は1㎠あたり1kgもありますので両肩や頭には相撲取り2〜3人を乗せたくらいの圧力が加わっていますので、朝起きてからずっと横にならず座ったり立っていたりすれば夕方になれば椎体(骨)と椎体の間の椎間板が圧力によって薄くなり、ひどい時には身長が数cm縮んでいたりします。
ですから”伸び”をする事でその縮んだ椎間板が再び元の厚みに戻りリセットされる事で気持ち良くなると言われています。

ただ自分で”伸び”るのもそんなに長く持続させる事はできませんし、痛みがあれば伸ばす事で更に痛みが酷くなる事もあり、伸びる事すらできません。

そこで自然に椎間板を伸ばす事のできるストレッチローラー「Plexus Wheel+」を今回はご紹介致します。


“1日5分、背中の下に敷いてゴロゴロするだけで背中や腰の痛みを緩和するストレッチローラー「Plexus Wheel+」” の続きを読む

わずか10分の使用でスマホ首や肩こりを和らげてくれるネックサポート枕「Tranquil 2.0」

 ”肩こり”は皆さんご存知だと思いますが、”スマホ首”って言葉を聞いた事があるでしょうか?”スマホ首”も医学的には”ストレートネック”に分類される状態・症状なのですが、”スマホ首”はスマートフォンが出て来るまでは”テキストネック”と呼ばれていて、言うなればパソコンで入力作業をしていて前傾姿勢になった状態の事を指していたのですが、最近では流行と言う訳ではりませんが、スマートフォンを長時間使用してストレートネックになる方が多いので、良くわかる様に”スマホ首”とあえて呼んでいます。

 ではこのストレートネックとはどう言う状態を指すのかと言いますと、首の骨、つまり頚椎と言うのは前弯と言って横から見ると背中から喉の方向へ向かって緩やかにカッコ”)”の様な湾曲をしており、この角度がおよそ30度〜40度なのですが、この前弯の角度が30度を下回ると”ストレートネック”と呼ばれ、レントゲン等で首の骨を撮影すると”)”の様に湾曲はしておらずに真っ直ぐに並んでいる様に見えます。そしてストレートネックかどうかはレントゲンを撮影しなくても普通に前を向いて立ってみて誰かに横から見てもらった時に耳から垂直に地面に下ろした線の上に肩があれば問題なく、肩の位置よりもかなり耳の位置が前にあればストレートネックの疑いがあります。

 そしてストレートネックになると肩こりや首の痛みを誘発するだけではなく、酷くなると頭痛やめまい、吐き気、頚椎症、手の痺れ、自律神経失調症など様々な症状となって現れるのですが、そう言う症状が出ない様にする為に役立つのがこのネックサポート枕「Tranquil 2.0」です。


“わずか10分の使用でスマホ首や肩こりを和らげてくれるネックサポート枕「Tranquil 2.0」” の続きを読む

アウトドアにトレーニングにそして作業にマルチに使える防水・防汚・耐久性に優れたボトムス「Trailhead Adventure Pant」

 家庭菜園や日曜大工をされる際に普段着のズボン(ボトムス)を履いてやってしまって汚したり破いたりしまったりした時ってバツが悪いですよね。それが履き下ろしたばかりのパンツだとしたらと思うと、ちょっと振り返って想像してみるだけでも怒っている奥さんの顔が目に浮かびます。
 ですがなかなかどうして常に毎週の様に作業しているのであれば”着替えてやらなければ”と言う意識を持って着替えて作業する事ができますが、年に数回だときっと忘れています。そんな忘れていても汚れない、濡れない、破れないと3拍子揃ったストレッチパンツがこの「Trailhead Adventure Pant」です。


“アウトドアにトレーニングにそして作業にマルチに使える防水・防汚・耐久性に優れたボトムス「Trailhead Adventure Pant」” の続きを読む

座っていても使える首や肩のコリや痛みを和らげるポータブルマッサージャー「C-REST」

あなたの回りにも肩凝りに悩まされている人がいると思いますが、そもそも肩凝りってどう言う状態になっているのかご存じですか?
肩凝りの直接原因は頭を支えている頭の後ろにある”僧帽筋”と言う筋肉が疲労を起こす事で、筋肉が緊張し血流が悪くなり更に筋肉が硬くなると言う悪循環によって引き起こされるもので、酷い人になると凝ると言うよりも痛みを感じたり、更に酷い人になると吐き気を催すだとか後頭部に偏頭痛が起こるだとかそう言った症状を訴える方もおられます。

ではどうして疲労が起こるのか?それは首を動かさないでじっと同じ方向を見ている事によって引き起こされます。人間は脱力(筋肉の力を抜くと)すると立っている事も座っている事もできません。ですから立っている状態であっても座っている状態であっても姿勢を保持する為に常に筋肉を使って姿勢を維持しているのです。特に僧帽筋は体重の1/10とも言われる頭を支えており、体重が50kgの人であれば5kgの頭をその僧帽筋が常に頭を後ろに引っ張って持ち上げて頭の位置をキープしているのですが、デスクワーク等でPCを使っていたりすると平気で2時間3時間と同じ姿勢で作業をする事になりますがその間ずっと5kgの頭を支えており、5kgの鉄アレイを2時間持ち上げていろと言われているの状態と同じですからどれだけ僧帽筋が仕事をしているのかがわかりますよね。
しかも頭を15度前に下げるだけ(デスクトップPCのモニターを見る標準的な角度)で重力が加算されて僧帽筋が支える頭の重さは12kgと倍になり、45度も下げると(デスクの上に置いたノートPCのモニターを見つめる角度)22kgと4倍にもなるのですから、20kgの鉄アレイを腕で2時間持ち上げ続けるなんて想像しただけでちょっと無理ですよね。ですがそれを僧帽筋はやってのけているのですからどれだけ負荷をかけているのかがわかりますよね。


“座っていても使える首や肩のコリや痛みを和らげるポータブルマッサージャー「C-REST」” の続きを読む