厚さ40mmは世界一!!机の下にセットするから全く邪魔にならないQiワイヤレス充電器「ENERQi」

みなさんのスマートフォンに内蔵されているワイヤレス充電システムQiには電磁誘導が使われています。
中学校の理科の授業等で導線に電流を流すと電線の周りには磁界が発生すると言う事を習ったかと思いますが、その磁界の中に他の導線を近づけると磁力によって近づけた導線にも電流が流れ、この原理を利用したのがQiワイヤレス充電です。

ただ磁界の強さは電流を流している導線を中心に距離が遠くなればなる程反比例して磁界は弱まって行きますので、充電器の様なものの場合はできるだけ磁界の強い近くに置いてやらなければ発生させる電力も弱くなり充電に時間がかかる事になります。

そして送電用のコイルと受電用のコイルとの間に磁界を遮蔽する様なもの(金属板などの磁界を完璧に遮るものは100%NGで、その他樹脂でもある程度は減衰します)があれば更に送電できる電力が弱くなりますので、スマートフォンケースの厚みや材質によってはワイヤレス充電に適さなかったりします。

一方、送電用のコイルと受電用のコイルをピッタリと位置を合わせた上で、できるだけ距離を短く保てば最高速で充電が可能なのですが、今回紹介するQiワイヤレス充電器「ENERQi」は何と40mm離れていても普通に充電させる事が可能な充電器なのです。


“厚さ40mmは世界一!!机の下にセットするから全く邪魔にならないQiワイヤレス充電器「ENERQi」” の続きを読む

デスクやカウンターの上には綺麗にフラットにしておきたいと言う貴方のためのQiワイヤレス充電器「Archon」

世の中にはテーブルの上や床の上に本や荷物が積み上がっていても何とも思わない人もいれば、テーブルの上は常に何も置かずフラットに、そして床の上には家具とゴミ箱、そして観葉植物の鉢以外は絶対に置かないと言う整理整頓の完璧派な人の2種類に分かれます。

そう言う方にとってとても便利なスマートフォンの平置きのワイヤレス充電器はとても厄介な存在です。
ケーブルを接続して充電していた頃ならスマートフォンをどこかに立てておけばスマートフォンの厚みの分だけしか場所を取られませんが、ワイヤレス充電は充電器にピッタリと乗せておかなければ充電効率が悪くなるだけでなく、少し離しただけで充電されなくなりますのでずっとテーブルやカウンターの上に出して置いておかなければなりません。

しかもそれがワーキングデスクだとするとそのワイヤレス充電器の分だけ作業スペースが減ってしまいます。
ただそうだからと言ってケーブルでの充電スタイルに戻るのも、置くだけで充電の快適さを覚えたらなかなか元には戻れません。

そこで、テーブルやキッチンをそのままワイヤレス充電台に変身させるQiワイヤレス充電器「Archon」をご紹介致します。


“デスクやカウンターの上には綺麗にフラットにしておきたいと言う貴方のためのQiワイヤレス充電器「Archon」” の続きを読む

リフォームの匠みもビックリ!!2人テーブルが最大12人テーブルになるダイニングテーブル「Transformer Table 2.0」

みなさんのご家庭ではたくさんの親戚が集まったり、たくさんの友人を招いてパーティーをする様な場合、テーブルや椅子ってどうされていますか?
昔は畳みの上に座卓でしたから、大勢集まっても座卓を出して来て並べて置けば、たくさん人が集まっても座る場所がないと困る様な事はありませんでしたが、今では家族が集まるリビングはたいていフローリングで、そこにダイニングテーブルと椅子と言うパターンが殆どなので、大勢集まった様な場合は椅子が足りなくて困るか、椅子はあってもに並べテーブルに並べ切れないのか、のどちらかでしょう。

そう言う時に伸縮し変形するテーブルがあれば、常は場所を取らず人数が多い時だけ伸ばせるので便利なのですが、椅子だけは伸縮する事がないので、重ねて収納しておいたとしても場所を取ります。そう言う時に某テレビ局でやっていたリフォーム番組で、匠の職人さん達が作り出すトランスフォームするテーブルを見てはいいなぁ〜と思っていたのですが、今回紹介する変形するテーブル「Transformer Table 2.0」はそんな匠もビックリするくらいのトランスフォーム力を持ったテーブルなのです。


“リフォームの匠みもビックリ!!2人テーブルが最大12人テーブルになるダイニングテーブル「Transformer Table 2.0」” の続きを読む

子どもの能力を伸ばすだけでなく、お片付けの習慣も身につくキッズテーブル「MUtable 2.0」

みなさんのご家庭では小さなお子さんがテーブルや壁や床に落書きをしてしまった時どうしていますか?
頭ごなしに叱りますか?それとも”これはやってはいけない事なのよ”と小さい子が理解できる言葉で諭しますか?それとも”上手に書けたね”と褒めてあげますか?

結論から言うと褒めてあげるのが正解です。落書きを始めると言う事は成長している証でもありますし、線や○と言った無意味な記号の組み合わせの絵から、カラフルに彩られ、そして描かれているモノが認識できる様になってくれば創造性が養われているだけでなく、真剣によそ見もせずに何十分も飽きずに描いているとすれば、それは集中力も上がって来ている証拠です。
また同じ絵を何度も繰り返し描く様になればそれはそれで記憶力もついており将来、字を覚えだした時の覚えるスピードの差となり、それは現れます。

またハンドスピナーが脳をリラックスさせる効果があるのと同じ様に、単純に線を描く、円を描くと言う動作は脳をリラックスさせストレスを緩和させる作用もあるのです。

ですが、それでも社会や家庭にはそれぞれルールがあり、そのルールに従って行動する事も教えなければなりませんし、落書きで言えばここは書いて良い、書いたらダメと言う事は教えて行かなければ他人に迷惑をかけてしまう事もあります。

そう言う子どもの想像力を伸ばし、ルールを教える事ができるのが今回紹介する着せ替えキッズテーブル「MUtable 2.0」です。


“子どもの能力を伸ばすだけでなく、お片付けの習慣も身につくキッズテーブル「MUtable 2.0」” の続きを読む

キャンプやBBQに新たな食の可能性を生み出すアウトドアキッチンシステム「EatOut™」

みなさんはアウトドアで作る食事と言うと何を思い浮かべますか?
BBQ….焼き肉….鉄板焼き….焼きそば….カレーライス!?あたりがほぼ定番で、その他に火を使わず切ったり混ぜたりするだけで簡単に作る事ができる、ご自慢のアウドドア料理を持っておられる方もおられるでしょう。
ですが一般的なアウドドア料理ってポカポカとした陽気の中で作る料理が殆どで、日が陰ると急に肌寒くなる様な晩秋の気候では温かな料理もすぐに冷めてしまって美味しさも半減してしまいます。そんな肌寒い季節そして新たなアウトドア料理の可能性を提供してくれそうなアウトドアキッチンシステム「EatOut™」を今回は紹介致します。


“キャンプやBBQに新たな食の可能性を生み出すアウトドアキッチンシステム「EatOut™」” の続きを読む