水中に落としても恐くない!!コントローラーも防水になった潜水可能な水空両用ドローン「SPRY」

ドローンを海や川辺や湖の畔で飛ばして、いきなり突風に吹かれたり、予期せぬ電波切れ、バッテリー切れになりあやうくドローンを水中に落とし書けたなんて経験はドローンを長年飛ばしていればよくある事です。

特にバッテリーは長年使っていると、今、残量80%と表示されていたのに急に20%に減っていると言う事はよくあり、これはリチウムイオンやリチウムポリマー電池の特徴でもあるのですが、ドローンと操縦者である自分との距離がかなりあると、戻どして来れるかどうかヒヤヒヤします。
またそれが陸上であれば、落下の衝撃の少ない場所を選んで落とせば、まだ被害は少ないですし、急いで走って行ってキャッチするなんて事もできるかもしれませんが、ドローンが水面の上を飛んでいたらそうは行きません。

浅瀬ならまだ走って行ってキャッチもできるかもしれませんが、水深が深ければ泳いでは絶対に間に合いませんし、キャッチしたドローンを水に浸けずに岸まで戻って来ると言うのもほぼ不可能でしょう。

そこで今回は、どの様な場所ででも安心して飛ばす事のできる水空両用ドローン「SPRY」をご紹介致します。

“水中に落としても恐くない!!コントローラーも防水になった潜水可能な水空両用ドローン「SPRY」” の続きを読む

初心者でも簡単に水中撮影を始められ、オートトラッキング機能まで備えたAI搭載水中ドローン「BW-Space Rover」

空中を飛行するドローンは産業向けの需要、商業用の空撮向けの需要の急激な高まりにより、その進歩は目覚ましいものがあります。
空中を自由自在にヘリコプターの様に飛行するドローンが登場した当初は機体を安定的に飛ばす為の姿勢制御が自動化されている程度でした。
それが今では多少強い風が吹いても風に流されずにホバリングをしたり決められたルート通りに飛行したりするのはお手の物で、セキュリティー関連の顔認証技術の導入によりターゲットとなる人を自動追尾したり、SLAM技術によりカメラで捉えた映像から周囲の空間を3Dマッピングして森や林の中でも障害物に当たらずに自動飛行する事ができる様になっています。

一方、水中を撮影するドローンはと言いますと空中撮影ほどの需要は今はまだそれ程高くないのと、空中を飛行するドローンの様に墜落して被害を与えたりする事がないので、自動化と言う点ではそれ程進んではいません。

ですが今回紹介する水中ドローン「BW-Space Rover」は見えない海底だからこそ、自動化を進める事で安全に回収する事のできる水中ドローンに仕上げられています。


“初心者でも簡単に水中撮影を始められ、オートトラッキング機能まで備えたAI搭載水中ドローン「BW-Space Rover」” の続きを読む

SLAMとAI技術で被写体を自動認識してほぼ全自動で4K@30fps撮影が可能なAIドローン「Mystic」

AI(Artificial Intelligence)は人工知能とも呼ばれ自ら考えて実行するプログラムの事を指すのですが、今回紹介する「Mystic」と言うドローンは最初に撮影条件を与えるだけでカメラで捉えた映像をSLAM技術で解析して自動撮影しますので、ドローン初心者でもいきなりスイッチを入れて飛ばしてプロ並の映像を撮影を行う事ができるドローンで、ドローンを使った空撮にとても興味を持っている方にオススメなドローンです。


“SLAMとAI技術で被写体を自動認識してほぼ全自動で4K@30fps撮影が可能なAIドローン「Mystic」” の続きを読む

カメラを使い自動マッピングする事で自律飛行を実現した4K撮影可能な撮影用ドローン「Mark Drone」

ドローンを自律飛行させる場合、今まではGPSを使った位置情報を使ったり、気圧センサーや超音波センサーを使い高度(地面からの距離)や障害物の検出を行ったりする事で自動飛行を実現していました。

ですがGPSはみなさんもカーナビ等を使っているとたまに雲が厚くGPS衛星からの電波が届かなかったり、電波の届く衛星の数が少なくて位置情報にかなりズレが生じたりする事はよくありますし、センサーも超音波センサーなどは何十メートルも先の小さな障害物を検出する事はできませんので完璧に障害物を避ける事ができるかと言いますと完璧ではありません。

ですから現状のホビー向けや撮影用ドローンの自動飛行は一部の機種を除き、何も障害物のない屋外でしか自動飛行する事はできません。

ところが今回紹介するドローン「Mark Drone」は屋内においても壁や天井やもちろん建物の中を行き交う人を避けて飛行する事ができるとても優秀なドローンです。


“カメラを使い自動マッピングする事で自律飛行を実現した4K撮影可能な撮影用ドローン「Mark Drone」” の続きを読む

掌サイズなのにSLAM 3D技術で風が吹く中でも安定した撮影を可能にした撮影用ドローン「Fairy Drone」

ドローンは今や産業用から撮影用、ホビー用まで様々な種類のドローンが存在しますが、そのドローンを飛ばす上で一番の難敵が”風”です。
みなさんも車を運転していると大きな3000ccクラスの乗用車だと横風が吹いていようがハンドルを取られる様な事もなく楽に運転できますが、軽乗用車になると必死でハンドルを押さえていないと同じ強さの風でも流されて行きそうになります。
これはドローンも同じで、飛行重量が10kgもある様な大型のドローンは常に風が吹いている川辺や海辺での飛行でも風を気にせず思う様に飛ばす事ができますが、ホビー用のちっちゃなドローンですとコントロールできず風に流さて、下手をすると水中に真っ逆さまにドボン……なんて事もよくあります。

そこで、風が常に吹いている水辺で安定した飛行を可能にし、800万画素の高画質CCDで1080P HD画質の動画や静止画を撮影できる手のひらサイズの撮影用ドローン「Fairy Drone」を今回はご紹介致します。


“掌サイズなのにSLAM 3D技術で風が吹く中でも安定した撮影を可能にした撮影用ドローン「Fairy Drone」” の続きを読む

ドローン初心者が最初に使うべき機能と構造を持った空撮用ドローン「LeveTop」

昔なら空撮と言えば、飛行機やヘリコプターを使わないと撮影なんて無理でしたので、個人で空撮なんて考えもしなかったと思いますが、今ではドローンのおかげで、人口密集地での空撮には許可申請が必要とは言え、本当に簡単に誰もが個人で空撮を行う事ができる時代になりましたし、空撮用のドローンもホビー用途のものだと5000円以下と言う低価格で購入する事だってできます。

ところがハード的には素晴らしく環境が整っているとは言え、それを操縦する人のレベルが追いついていないのが現状です。例えば初心者がよくあるのが、機体がどちらを向いているのかが判断できなくて、移動させたい方向とは逆に動いてしまい機体を落下させてしまうと言うのはよくある事で、こればっかりは練習あるのみです。

ただその練習においても何度も何度も障害物にぶつけていたのでは機体が持ちませんし、やっと慣れた頃には機体はボロボロになっていて、修理や買い換えやらで新たな出費を迫られるかも……

ですが今回紹介します空撮用ドローン「LeveTop」はドローンを飛ばすのは初めてと言う方でも安心して機体を壊す事なく練習して頂けるドローンです。


“ドローン初心者が最初に使うべき機能と構造を持った空撮用ドローン「LeveTop」” の続きを読む

飛行重量200gと超軽い!!ドローンに変身させる事で空撮にも使える4Kアクションカメラ「PITTA」

最近はおもちゃ売り場でもたくさんのドローンを見かけますし、ホビー用のドローンであってもドローンにカメラを内蔵した物も多く、中には本格的にドローンに搭載されたカメラで撮影した映像をリアルタイムで手元のスマートフォンやコントローラーに内蔵されたディスプレイで確認しながら飛行させる事ができるドローンもあります。
ただ一般の方はほぼほぼご存じないかと思いますが、”ドローン航空法”と言う法律があり、一般的には人がたくさんいる地域での飛行は、いつどこどこで飛行させると言う許可申請書類を国土交通省に届け出て許可を得なければ飛ばす事はできません。ただこの”ドローン航空法”は飛行重量200g以上のドローンが対象で200g以下のドローンは規制の対象外です。
ですから空撮に使われる様な高性能なドローンは重いカメラを搭載して飛ばさなければならないので、飛行重量は200g以下である事はまずあり得ず、ちょっとここでドローンを飛ばして撮影をしてみたと思っても許可なしでは飛ばす事さえできません。

ですが今回紹介する変身するアクションカメラ「PITTA」は飛行重量が200gなので許可なく空撮に使え、しかも4K画質で撮影できると言う素晴らしいアクションカメラ!?orドローンなのです。

“飛行重量200gと超軽い!!ドローンに変身させる事で空撮にも使える4Kアクションカメラ「PITTA」” の続きを読む

大型のプロペラを持ち安定した飛行で自動追尾し、4K撮影が可能な撮影用ドローン「Moment Drone」

今回紹介するドローンは1200万画素と言うiPhone 8と同等性能のCCDを搭載し4K撮影が行え、最大15分ものロングフライトを実現した撮影用ドローン「Moment Drone」を紹介します。


“大型のプロペラを持ち安定した飛行で自動追尾し、4K撮影が可能な撮影用ドローン「Moment Drone」” の続きを読む

激しく動く被写体を見逃す事なく完璧にフォローして撮影し続ける撮影用ドローン「Airdog ADII」

 今回紹介するドローン「Airdog ADII」は”GoPro HERO 5 Black”と安定した映像の撮影をサポートするジンバルが搭載された撮影専用ドローンで、離陸ボタンを押した瞬間からGoProが撮影を開始し、そして着陸するとGoProの撮影を停止すると言う本当にGoProを積んだ全自動撮影ドローンなのです。しかもGoProやジンバルへの電源供給はドローン本体のバッテリーから行われますので、GoProのバッテリー交換と言うのは不要で、WiFi経由で動画を転送するのであれば、GoProをドローン「Airdog ADII」から外す必要がありません。

 そんな「Airdog ADII」の飛行性能は、飛行時間は10〜20分(バッテリー容量:5,550mAh 飛行スピードに依存して飛行時間は変化します)。最大スピードは72km/hで、風速15m/sと言う強風の中でも安定してホバリングする性能がありますので、サーフィン等の撮影にも適しています。

 

“激しく動く被写体を見逃す事なく完璧にフォローして撮影し続ける撮影用ドローン「Airdog ADII」” の続きを読む

VEヘッドセットアダプタも付属した機体から送られて来る安定した映像を見ながら飛ばせる「SMAO」

 今回紹介するドローン「SMAO」は一辺約6.5cm(2.54インチ)で重さ40gで最大飛行時間は8分と言う、見た目は小さなホビー用ドローンとでも言うべきドローンなのですが、実際のところは、ドローン入門機としてドローンを飛ばす練習をするのに最適とも言えるドローンです。

 ではどこがドローン入門機として最適なのかと言いますと、まずこの「SMAO」には専用のコントローラーとVRヘッドセットアダプタが付属しています。つまり、スマートフォンをVRヘッドセットにセットして、「SMAO」から送られて来るリアルタイム映像を見ながら専用コントーラーで操縦すると言う、ン十万もする高級機種と同じ操縦の仕方ができますので、この「SMAO」で練習をして習得した飛行技術をそのままン十万もするドローンに流用する事ができますので、高い機種を飛ばした時に操縦を誤って落として壊してしまうと言うリスクを回避する事ができます。


“VEヘッドセットアダプタも付属した機体から送られて来る安定した映像を見ながら飛ばせる「SMAO」” の続きを読む