ネルドリップと同じ美味しさを味わう事ができるエアロプレス用金属メッシュフィルター「ameuus micro filters」

私達日本人にとって一番馴染みの深いコーヒーの淹れ方はペーパーフィルターです。
紙製のフィルターをセットしてそこにお湯を注ぎコーヒーを淹れるのですが、紙製のフィルターによってコーヒー豆から抽出される油分や親油性の雑味、そして親油性の香りを全て紙性のフィルターが吸い取ってくれますので、シンプルでスッキリとした味わいのコーヒーを抽出する事ができるのでですが、スッキリとし過ぎます。
一方ネルドリップと言って布で濾して淹れたはコーヒーは、親油性の香りをコーヒーの油分と共にドリップして抽出しますので、より香りが高くそして油分によって口当たりがまろやかなになりますので、ネルドリップで淹れてくれる喫茶店等のコーヒーが同じ豆を使っていても美味しく感じるののは当然です。

一方エスプレッソの様な金属製のメッシュフィルターを使うものはコーヒーの油分はもちろんの事、挽いたコーヒーから出る小さな粉まで一緒にドリップされますので、飲んだ時に舌の上にその粉が残りザラっとした感触が残ります。

と言う様に、ドリップの仕方によってコーヒーと言うのは同じ豆を使っていても様々な味が楽しめるのですが、ブラックで飲むなら日本人の好みはやはりネルドリップした苦味の少ない香り高いコーヒーです。

ただネルドリップの場合、布でコーヒーをドリップさせていますので後の掃除や手入れが大変です。

そこで今回は「ameuus micro filters」と言うネルドリップの様な味が味わえる金属製のメッシュフィルターをご紹介致します。
メッシュフィルターなので水で付着物を洗い流すだけで、すぐに次のコーヒーを淹れる事ができます。


“ネルドリップと同じ美味しさを味わう事ができるエアロプレス用金属メッシュフィルター「ameuus micro filters」” の続きを読む

ホットだけでなく、水出しコーヒーもたった4分で淹れる事ができるコーヒーメーカー「FrankOne」

今年の夏は強烈に暑く、夏でもアイスコーヒーではなくホットコーヒーを飲まれる方でも、さすがに熱すぎて今年ばかりはアイスコーヒーにしたと言う方も多いのではないでしょうか?
そんなアイスコーヒーを作るには”水出し”するか、ホットで淹れたコーヒーに氷を加えて冷やすかのどちらかです。

ただ水出しはご存じの様に水出しは非常に時間がかかります!!挽いた豆をポットにセットして冷蔵庫に入れて約半日……急にたくさんお客さんが見えたり、1日に何杯も飲むと作るのが追いつきません。
一方ホットコーヒーを冷やすのであれば、すぐにたくさんの量を作る事ができますが、氷で冷やす事でコーヒーは薄くなってしまいます。
だからと言ってホットコーヒーを入れた容器を氷水で冷やすと言うのも手間な上に時間がかかります。

ですが今回紹介します「FrankOne」を使えばペーパードリップながらコーヒーの濃さを調整する事ができますので、氷で冷やして丁度の濃度で抽出してやれば飲み頃の濃さのアイスコーヒーを淹れる事ができます。


“ホットだけでなく、水出しコーヒーもたった4分で淹れる事ができるコーヒーメーカー「FrankOne」” の続きを読む

突然の来客があっても安心!!一度に10杯以上のコーヒーを抽出する事のできるコールドコーヒーメーカー「Barista Cold Coffee Brew Maker」

だんだんと暑さも厳しくなって来ているのにも関わらず、これからまだまだ気温が上がるのかと思うと少し気持ちも滅入ってしまいますが、暑くなるとどうしても冷たいものが欲しくなりますし、暑い中やって来たお客さんに出す飲み物も熱いお茶やコーヒーよりは冷たくキーンと冷えたアイスコーヒーや麦茶の方が喜ばれたりもします。

ただ麦茶はヤカンでたくさん煮出したり、水出しの麦茶のパックを入れて冷蔵庫でストックしておけば、少々たくさんの来客があっても足りなくて困ると言う事はありませんが、コーヒーってなかなか作り置きすると酸化して風味が逃げ更に味も変わって来て美味しくなくなって行きますので、なかなか作り置きする事ができませんが、最近は水出しのコーヒーもあり、専用の容器に豆をセットして水を入れて冷蔵庫に入れておけば寝ている間にコーヒーが出来上がっていて便利ですが、作り忘れたり、人数が多くて足りないと言う時が大変です。

そこで今回は一気に大量の850mlものコーヒーを淹れる事ができるコーヒーメーカー「Barista Cold Coffee Brew Maker」をご紹介致します。


“突然の来客があっても安心!!一度に10杯以上のコーヒーを抽出する事のできるコールドコーヒーメーカー「Barista Cold Coffee Brew Maker」” の続きを読む

オフィスやアウトドアで短時間でコーヒーを淹れたいのならこのコーヒーメーカーがオススメ!!「SteepShot」

本格的なドリップコーヒーを楽しもうとすると昔はペーパーフィルターを使いコーヒーを淹れるか、そうかフレンチプレスマシンを使うしかありませんでしたが、今では便利な豆さえ入れておけばミルして抽出してくれるエスプレッソマシンやカプセル式のドリップマシンがあったりと、フレッシュなコーヒーを短時間で淹れる事のできるマシンは多々あります。

ただそれらマシンは電源がないと動かないのと重さも大きさもあるのでアウトドアで使用すると言うのは到底無理です。かと言って、トレッキングやハイキングへ行くのにバックパックにドリップ用の道具一式を入れて行くなんてナンセンスですし、かと言ってインスタントコーヒーでは味気ないし、と言う方の為に、たった30秒で1杯のコーヒーを淹れる事のできるコーヒーメーカー「SteepShot」をご紹介致します。


“オフィスやアウトドアで短時間でコーヒーを淹れたいのならこのコーヒーメーカーがオススメ!!「SteepShot」” の続きを読む

清掃もゴミ捨ても超楽な大容量オールインワン・フレンチプレスマシン「Rite Press」

日本では一般的にコーヒーと言えばペーパードリップと言って紙製のフィルターで漉したコーヒーか、お湯に圧力をかけて抽出するエスプレッソ、そしてそのエスプレッソを使った様々なアレンジコーヒーの事を指し、コーヒーメーカーを買いに行ってもショップの売り場に置いてあるマシンと言えばこの二択です。
ただ世界的に見るとペーパードリップよりもフレンチプレスの方がよく飲まれており、その理由はコーヒーの淹れ方にあります。
と言いますのもペーパードリップは同じ器具を使ったとしても注ぐお湯の温度、コーヒーの粉を蒸らす時間、お湯を注ぐスピードによってコーヒーの味が変わって来ますし、お湯の温度や蒸らし時間は温度計やタイマーを使って定量化できてもお湯を注ぐスピードは、淹れる方の感性や感覚で変わって来て、味も変わります。
一方フレンチプレスの場合はお湯の温度は90〜95°がベスト(これはお湯が沸騰してから1分程度待てば適温になります)で、後は味を決定するのは抽出する時間だけで、これはタイマーで代用できる事から抽出時間を4分と決めれば誰が淹れても同じ味のコーヒーを淹れる事ができます。

ですから世界的には味に差の出ないフレンチプレスの方がポピュラーで、今回紹介するフレンチプレスマシン「Rite Press」はこのキットだけで同じコーヒーの粉を使えば100人いれば100人同じ味を出す事ができ、しかもスマートフォンやタイマーは不要で、最大1Lものコーヒーを淹れる事ができますので、いつもたくさんのコーヒーを淹れなければならない方にはピッタリなフレンチプレス・マシンです。


“清掃もゴミ捨ても超楽な大容量オールインワン・フレンチプレスマシン「Rite Press」” の続きを読む

コーヒーの美味しさをより引き立たせるフレンチプレスの欠点を完全に克服したフレンチプレス・マシン「FLASK」

みなさんは”フレンチプレス”と言うコーヒーの淹れ方はご存じでしょうか?
日本ではお茶の文化がある為か、茶こしを使って煎茶を淹れるイメージでコーヒーも淹れる事ができるため、馴染みがあるからなのかペーパードリップ方式の方が幅広く知れ渡っています。
ただ最近は大手コーヒーチェーン店ではエスプレッソをベースにした様々なコーヒーが提供されている為に、自宅でもエスプレッソを淹れてと言う方も増えて来てはいますが、エスプレッソを淹れるには専用のマシンが必要ですし、どこでも淹れられるわけではありません。
ですがフレンチプレスはポータビリティ性の高い製品もあり、どこででも淹れる事ができ、なおかつ味に深みを与えるコーヒーオイルを抽出する事ができますので、ペーパーフィルターでは味わった事のない味が楽しめるのが特徴です。

ただこのフレンチプレス、急須に茶葉を入れて淹れる煎茶と同じで、容器の中に直接挽いたコーヒーの粉が残り洗うのが面倒なのです。

ところが今回紹介する「FLASK」は淹れた後のコーヒーの粉をワンプッシュで捨てる事ができる為、清掃が楽ですし、もし2杯目を淹れようと思えば洗わなくて淹れる事だってできる画期的なフレンチプレス・マシンです。


“コーヒーの美味しさをより引き立たせるフレンチプレスの欠点を完全に克服したフレンチプレス・マシン「FLASK」” の続きを読む

保温ボトルにする事でいつまでも温かなコーヒーを味わう事ができるフレンチプレス・ボトル「ESPRO」

コーヒーにも様々な淹れ方があり、その1つとして”フレンチプレス”と言う淹れ方があります。
このフレンチプレスは専用のマシンにコーヒーの粉を入れてお湯を注ぎ混ぜ、4,5分放置した後にステンレス製の板に穴を開けたフィルターを押し下げて抽出すると言う、みなさんがよくご存じの蒸らす時間やお湯の温度、お湯を注ぐスピードで味や香りが変わるペーパードリップに比べて、腕の差が殆ど出ない、とても簡単に同じ味が出せるのがフレンチプレスと淹れ方で、エスプレッソ程ではないにしても圧力を加えて抽出する事で味に深みを与えるコーヒーオイルを一緒に抽出できるのもフレンチプレスの良い所です。

ところがこのフレンチプレス、挽いたコーヒー豆の荒さによってはフィルターの穴をすり抜けてカップに注がれる為に、飲んだ時にザラッとして苦いコーヒーの粉が舌の上に残ると言う欠点も持っています。

そんな欠点をクリアし、そしていつでも温かなコーヒーを味わえる様に作られたフレンチプレス・ボトル「ESPRO」を今回はご紹介致します。


“保温ボトルにする事でいつまでも温かなコーヒーを味わう事ができるフレンチプレス・ボトル「ESPRO」” の続きを読む

お湯さえあれば外出先でもフレンチプレスコーヒーが楽しめるコーヒープレスボトル「THE VERSA」

 日本でコーヒーを淹れると言うと圧倒的にフィルターにコーヒー前を入れてお湯を注いで抽出するネルドリップコーヒーのイメージが強いのですが、ヨーロッパでは実は家庭で淹れるコーヒーと言うのはフレンチプレスが多いのですが、フレンチプレスと言われてもメジャーな飲み方ではないのでピンと来ないかもしれませんが、ティーメーカーやティープレスと言う商品名で、茶葉を入れた容器にお湯を注いでから金属製の網を押し沈めて注いだ時にカップに茶葉が入らない急須の様なものと言えば使用している方はわかるかもしれません。
 では慣れ親しんだネルドリップのコーヒーはみなさん普段から飲まれていますからご存じだと思いますが、フレンチプレスはネルドリップとはどう違うのかと言いますとコーヒーを淹れるのに腕は不要だと言う事です。コーヒーメーカーを使わずにフィルターをセットしてお湯を落としてコーヒーを抽出すると同じ豆を使ったとしても蒸らし時間やお湯の温度、お湯を注ぐスピードでコーヒーの味は劇的に変わりますが、フレンチプレスは挽いた豆にお湯を注いでプレスするだけですから手間をかけて味に違いを出すと言う部分がありませんから誰が淹れても味は同じと言う事になります。
 そして一番違うのはネルドリップではコーヒーに油が浮いていると言う事はありませんが、エスプレッソの様なコーヒーだとコーヒーオイルと言う油が浮いているかと思いますが、このコーヒーオイルに実は香りやうま味と言ったものがギュと詰まって(ごま油を想像してみて下さい)おり、逆に言うとネルドリップにはないコーヒーオイルで香り高いコーヒーを楽しむ事ができるのです。そんなフレンチプレスコーヒーをどこででも手軽に楽しむ事ができるボトルがこの「THE VERSA」です。


“お湯さえあれば外出先でもフレンチプレスコーヒーが楽しめるコーヒープレスボトル「THE VERSA」” の続きを読む