ホーム > タグ > ホワイトノイズ

ホワイトノイズ

これぞ究極の逸品とも言える、非の打ち所のないベッドサイドテーブル「Sobro Side Table」

ベッドの横に置くベッドサイドテーブルってありますが、そのベッドサイドテーブルにこんな機能があれば便利なのになぁ〜と言う願望を持った事はありませんか?
ベッドサイドテーブルと言うとあまり進化のない家具で、モノを置く、引き出しがあって何かを入れておく、コンセントがあってナイトスタンドが繋げられる、ホテルのベッドサイドテーブルの様にアラーム付きの時計が内蔵されている、と言うのが一般的です。

ところがみなさんのベッドルームのベッドサイドテーブルの上を見てみて下さい。スマートフォンの充電器があったり、人によっては音楽を聴く為のBluetoothスピーカーが乗せてあったり、時代と共に使い方も変化しており、コンセントも1個では足りずに分岐タップでいくつもたこ足配線されている方もおられると思います。

そんなサイドテーブルを現代の生活に合ったアレンジを施しこれ以上便利なベッドサイドテーブルはないと言うテーブルに仕上がった「Sobro Side Table」を今回は紹介させて頂きます。

全文を読む

空気だけでなく心もリフレッシュさせてくれるインフルエンザも恐くないポータブル空気清浄機「Clair B2」

今冬はインフルエンザが日本中で大流行をして、今までの人生において1度もインフルエンザに罹患した事がなかった様な方でもインフルエンザに罹患したりと、みなさんも散々な思いをされたのではないでしょうか?
ですが、何年か前に新型のインフルエンザが流行したのが5月のゴールデンウィーク明けだった事を考えるとまだまだ油断はできませんが、有効な手立てはと言えば手洗いうがいを徹底し、マスクを常に身につけている事くらいでしょうか?

ですがそのマスクも実はインフルエンザには有効ではなかったりするのです。と言いますのも空気中を浮遊しているインフルエンザウィルスと言うのは直径が0.1μmで、誰かがくしゃみや咳をして飛んで来るインフルエンザウィルスは5μmになります。
この大きさがどれくらいの大きさなのかと言いますと、よく話題になるPM2.5は2.5μm以下の大きさで、これから飛散し出すスギ花粉は30μmと比べると遙かに細かい事がわかります。

つまりインフルエンザウィルスを100%寄せ付けない様にするには横からスースーと空気が入って来る様なマスクでは効果が薄く、N95(0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能を持つマスク)やN99(0.1~0.3μmの微粒子を99%以上除去できる性能を持つマスク)をつけて始めて完璧にインフルエンザウィルスを防御する事ができるのです。

ですがN95マスクを装着した事がある方ならお分かりだと思いますが、顔にピッタリと密着させますので頬に食い込んで痛いわ、跡は残るわ、それ以上に空気は吸い辛し吐き辛いしと、N95マスクをつけて走ったり運動したりすればすぐに酸欠になって倒れるのが自分でも分かるくらい本当に呼吸がし辛いのです。

ですがインフルエンザはもうこりごりと言う方に、インフルエンザウィルスをも除去する能力を持ったポータブル空気清浄機「Clair B2」をご紹介致します。

全文を読む

音と光でより良い眠りへと導くだけでなく、寝ている間にスキンケアも行うアイマスク「Dreamlight」

みなさんは夜寝るときはいつ寝たのか覚えていないくらい直ぐに寝落ちし、そして起床時間までは一度も目を覚ます事なくしかもスッキリと起きる事ができていますでしょうか?

少し前までは8時間睡眠が人間にとって最良の睡眠時間と言われていましたが、現代人でそれだけ長時間の睡眠時間を取れると言うのは極々わずかな人々だけで殆どの方がもっと短く、昨年出されたレポートでは6時間半〜7時間半、つまり7時間前後であれば健康に支障を来さない睡眠時間であると言われており、逆に6時間以下の睡眠時間では徹夜しているのと変わらないと言うレポート結果が出されており、7時間睡眠を取っている方に比べて死亡率も高くなっております。

ですから睡眠時間はできるだけ長く取った方が良く、例えば朝6時に起きる人が7時間の睡眠を取ろうと思うと23時には寝なければなりませんが、帰宅時間が遅ければなかなか23時寝ると言うのも大変で、更に布団に入ってからなかなか寝付く事ができなければどんどん睡眠時間が減って行き、それこそ毎日徹夜の状態になり、体調を崩しかねません。

ですから、いかに布団に入ったら直ぐに入眠できるかが睡眠の質の向上に直結し、それをサポートしてくれるアイマスク「Dreamlight」を今回はご紹介致します。

全文を読む

Home > タグ > ホワイトノイズ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。