瞬時に動作モードを切り替えられるモード変更ダイヤルが便利な、スマホ&デジタル一眼レフ用ジンバル「Swift M1 and P1」

昔のスマートフォンには手振れ補正などと言う機能がなかったのでジンバルorスタビライザーがとても重宝しましたが、今のカメラ重視の高性能なスマートフォンには殆ど手振れ補正機能が内蔵されていますので、手持ちでスマートフォンを使って動画を撮影しても画面のブレが気になると言う事は殆どありません。

ですが長時間スマートフォンを両手でホールドして持っていると流石に腕が疲れて来て画面が上下したり、ズームする時も片手で持ち、もう片方の手の指でピンチアウトしますので画面がブレたりスムーズに一定スピードでズームできなかったりと操作上で不便な点はいくつもあります。

ですがそう言う点、ジンバルならジョイスティックを倒すだけで一定スピードでカメラの方向を変える事ができますし、ズームイン・ズームアウトもレバーを倒すだけでできたりとスムーズに撮影し続けると言う点においてはジンバルは本当に便利です。

ただ、そのジンバルの動作を決めているのはスマートフォンであり、デジタル一眼レフ用のジンバルではその動作モードの変換すらワンタッチでは出来ない所があってとても大変ですし、スマートフォンで動作モードを変更するにしても、撮影中にメニューを出して変更するも、変更する事に意識を持って行かれ、被写体を追いかけるのが疎かになったりして失敗する事もよくあります、

そこで今回は、そう言う撮影モードの変更がスムーズにできるジンバル「Swift M1 とSwift  P1」をご紹介致します。

“瞬時に動作モードを切り替えられるモード変更ダイヤルが便利な、スマホ&デジタル一眼レフ用ジンバル「Swift M1 and P1」” の続きを読む

一眼レフで撮影した画像をその場でクラウドにアップロードする「CamBuddy Plus」

みなさんが使っているiPhoneでは、”iCloud写真”や”マイフォトストリームにアップロード”をONにしておく事でiPhoneのカメラ機能で撮影を行うと画像も動画も自動的にiCloudへアップロードする機能があり、WindowsならiCloudアプリをインストールし、Macであれば何もアプリをインストールする事なくiPhoneと同じiCloudのIDを設定すれば、PCでiPhoneで撮影した画像や動画を使いたい時にiPhoneから画像や動画を移動させる必要もなく、Macであれば”写真”アプリを開ければさっきiPhoneで撮影したばかりの画像や動画がもう表示されていてすぐに利用可能です。

またAndroidスマートフォンでもDropboxやGoogle Photo、Amazon Photsと言ったアプリをインストールしておけばiPhoneと同じ様にクラウドサーバーへアップロードしてくれます。

そんな便利なスマートフォンと同じ事をデジタル一眼レフ・カメラでもできる様にしたのが今回紹介する「CamBuddy Plus」です。

“一眼レフで撮影した画像をその場でクラウドにアップロードする「CamBuddy Plus」” の続きを読む

ビデオカメラだけではなく一眼レフにもスマートフォンにも使えるBluetoothワイヤレスマイク「MYPIN」

スマートフォンが出て来るまでの動画撮影と言いますとビデオカメラで撮影するのが一般的で、しかも磁気テープを使っていたものですが、今やビデオカメラはと言うとメモリーで録画するものが主流になり、それ以上に動画を撮影するのはもっぱらスマートフォンと言う方は多いと思います。
それはスマートフォンの画質が良くなっているのも一因ですし、何と言っても毎日持ち歩いているスマートフォンで4K画質の動画撮影ができるとなればアプリを起動するだけで撮影できるスマートフォンでの撮影を誰しもが選びますよね。
ただそこで問題なのは音質です。確かに画質は飛躍的に向上しており目を見張るものがあるのですが、音質はと言うと別に”蔑(ないがし)ろ”にされている訳ではないのでしょうが、音質だけを取ってみればボイスICレコーダーの方が音質は上!?と言うくらいに音質に限っては良いところはなく、逆にちょっと被写体から離れると極端に録音レベルは下がりノイズが入ったりで画質に音質が比例しているとは言えません。
そんな音質を劇的に良くしてくれるのが、今回紹介しますワイヤレスマイク「MYPIN」です。


“ビデオカメラだけではなく一眼レフにもスマートフォンにも使えるBluetoothワイヤレスマイク「MYPIN」” の続きを読む

狙った被写体は決して見逃さないスマートフォン&カメラ用ジンバル「TARO」

みなさんは”スタビライザー”や”ジンバル”と言った言葉を聞かれた事はありますか?
簡単に言えばどちらも”手振れ補正”を行う様な機械の事を指し、外部から受ける力によって機械が動かない様に制止させる為の装置の事で、”ジンバル”は主にカメラ向けの機器に対する呼び方で、その他車のサスペンション等の機械に対しては”スタビライザー”が使われています。
そしてそんなカメラやスマートフォンで使う”ジンバル”もただ単に手振れを補正してくれるだけではなく、画面のブレを抑える為にカメラを動かす為のモーターが中には入っていますので、そのモーターを利用して上下左右、回転方向とジンバルについているジョイスティック等を操作してカメラやスマートフォンを電動で動かす事ができますので、最近では画面の中に写っている被写体をタップしてマーキングするだけでそのマーキングした被写体を自動追尾する様な機能までついています。
ただこの機能はタップした場所にいる人や物モノの特徴を画像処理で抽出し、その人やモノがフレーム内で動くのに合わせてジンバルを自動的に動かしているだけなので非常に早く動かれたり、スマートフォンの画像処理スピードが遅いとそのスピードについて行けなくなりすぐに見失ってしまうと言う欠点があります。
そこで今回紹介するジンバル「TARO」はその欠点を克服する為にある装置を加える事で、確実に高速で動く被写体を追いかけそして撮影する事ができます。


“狙った被写体は決して見逃さないスマートフォン&カメラ用ジンバル「TARO」” の続きを読む

スマートフォンを縦置き横置きと差し込んで使える固定する必要のない便利な三脚「Vixari Tripod」

みなさんはスマートフォンで撮影する時にスマートフォンを固定したり立てかけたりしたいと思う様な事ってありますが、なかなかベストなアングルで置く場所もなければ置いたり立てかけたりしても微妙にアングルを変えたいと思ってもその微妙な角度の調整がスマートフォンが倒れてしまったりしてなかなか調整できないって事があるので、スマートフォンを使って撮影するなら”自撮り棒”が一番手軽に使える撮影補助器具となっているわけですが、この自撮り棒での撮影も上半身や顔だけがクローズアップされた絵にしかならず、”風景と自分”を全体的に捉えると言った様な撮影には向いていないのですが、今回紹介します「Vixari Tripod」と言う三脚なら自撮り棒並みにサッと取り出して様々なアングルからの撮影が可能です。

“スマートフォンを縦置き横置きと差し込んで使える固定する必要のない便利な三脚「Vixari Tripod」” の続きを読む

独自のAI技術を使用し自動で写真を合成し素晴らしい1枚の写真に仕上げてくれるデジタル一眼レフコントローラー「Arsenal」

 デジタル一眼レフには”絞り固定”や”シャッタスピード固定”と言ったモードがあるのはご存じでしょうか?初心者の方はほぼオートで撮影されると思いますが、オートでも撮影した写真がブレていたり暗かったりと言うのはよくある事です。と言いますのも、撮影環境によっては建物の影がかかっていて明暗がはっきりとした場所で撮影をしたり順光が当たっている状態で撮影する場合などは、ファインダーから見える位置のどの場所で露出検出をするのかをカメラに指示してやらなければ時としてトンチンカンな場所でカメラが自動的に露出計算をしてしまうと前述した様にオートと言いながら失敗した写真を撮影してしまうと言う事はよくある事なのです。
 ですからデジタル一眼レフにはわざわざ”絞り”は固定してシャッタースピードは3段階や5段階に変化させて連写したり、逆に移動する物体を撮影するのでシャッタースピードは固定で絞りを何段階かに変化させて連写する機能があるのです。

 そしてプロはそれら何段階かに露出を変化させて撮影した画像を合成して1枚の作品を作ったりする事があるのですが、それを全てやってくれるのがこの「Arsenal」なのです。


“独自のAI技術を使用し自動で写真を合成し素晴らしい1枚の写真に仕上げてくれるデジタル一眼レフコントローラー「Arsenal」” の続きを読む

ワンタッチで取付&取り外し可能な一眼レフ用PL&NDフィルター「Dark CPL & X4 GND」

 今回は一眼レフカメラ用のフィルターとしてC-PLフィルター(円偏光フィルター)とGNDフィルター(グラデーションフィルター)のセット「Dark CPL & X4 GND」をご紹介します。

 さて、これらフィルターについてご存じない方の為にその機能を説明しますと、PLフィルター(偏光フィルター)は被写体に当たって反射する光の量を防ぎますので、よりその被写体を鮮明に浮かび上がらせて、より鮮やかにするフィルターで、よく使われるのが水辺での撮影です。例えば水中の中の魚の姿を見る時にそのまま肉眼で見るよりもサングラスをした方が、水面に反射する太陽の光が抑えられてより水の中の魚の姿を鮮明に見る事ができますが、それと同じ様な事がPLフィルターでは可能で、C-PLフィルターはフィルターそのものが360度回転し、その角度によってフィルターのかかり方が変わるフィルターです。

 次にNDフィルターは光量をコントロールするフィルターで、ND2と書かれていれば入って来る光の量を1/2に、ND4なら1/4にします。ですが、光量が減ればシャッタースピードが遅くなるだけで意味ないのでは?と思うかもしれませんが、青空のもと、ちょっとシャッターを開放気味にして撮影したい写真ってありますよね。例えば滝壺を流れ落ちる水の流れをそのまま撮影したいと言った場合、単純にシャッタースピードを遅くしたのでは露出オーバーで白飛びした写真になってしまいますので、そう言う明るい場所でシャッターを長時間開けたいと言った時に使うのがNDフィルターです。


“ワンタッチで取付&取り外し可能な一眼レフ用PL&NDフィルター「Dark CPL & X4 GND」” の続きを読む

デジタル一眼レフをスマホやタブレットでフルコントロールする事ができる通信アダプタ「CASE Remote Air」

世の中何でもワイヤレス化されすごく自由度が上がっていますが、こと一眼レフを使った写真撮影となるとシャッターだけがワイヤレス化する事ができ、映像の確認や撮影に関するモードの変更等々はカメラ本体でするしかありません。しいてできると言えばデジタルカメラの殆どがPCとUSBケーブルで接続してPCからカメラを操作して撮影する事ができますが、WiFiカメラの様にスマートフォンのモニターでその映像が確認できてPCからできる様に一眼レフの設定が全てスマートフォンからできて撮影する事ができ映像はカメラ本体とスマートフォンにすぐに転送されて来る様なシステムがあれば一眼レフで撮影したスマートフォンで撮影するのとは全く違う素晴らしい一眼レフ品質の映像をすぐにSNSにアップしたり友人と共有できたりして便利だと思いませんか?

それが可能になるのがこの「CASE Remote Air」なのです。


“デジタル一眼レフをスマホやタブレットでフルコントロールする事ができる通信アダプタ「CASE Remote Air」” の続きを読む

一眼レフやスマートフォンでUV写真の撮影ができるフラッシュライト「ReveaLED II UV Flash Light」

小学校3年生の頃にモンシロチョウのオスのメスの見分け方で紫外線を使った見分け方を教わった記憶はありますか?
モンシロチョウはオスもメスも見た目は白っぽく、模様もオスとメスで特徴的な違いはありません。ではモンシロチョウはどうやってオスとメスを見分けているのかと言うと、モンシロチョウのオスの翅(はね)は紫外線を吸収し、メスの翅は反射してモンシロチョウの翅を紫外線を通すフィルターで撮影するとオスの翅は黒く、メスの翅は白く写ります。そうしてモンシロチョウの眼は紫外線に反応する様にできている為、この紫外線の吸収・反射でオスとメスを見分けています。

ではモンシロチョウはどうやって餌となる花の蜜(ミツ)を探しているのか?それも紫外線を利用しており、例えばタンポポの花は私達の目には黄色に見えますが、モンシロチョウには黄色ではなく白黒に見えており蜜は紫外線を吸収しますから蜜のある部分だけがモンシロチョウには黒く見えていますので、モンシロチョウは蜜を探す事ができるのです。これは他の花も同じで昆虫をキャリアとして受粉する花の蜜は昆虫の眼に紫外線を吸収して黒く見えているのです。

こう言う不思議な世界を捉えられたら素敵だと思いませんか?そう言う世界をスマートフォンや一眼レフで撮影できる様にするのがこのUVフラッシュライト「ReveaLED II UV Flash Light」です。

“一眼レフやスマートフォンでUV写真の撮影ができるフラッシュライト「ReveaLED II UV Flash Light」” の続きを読む

スマホを使って撮影!そしてその場で撮影画像が確認できる一眼レフBluetoothアダプタ「Pulse」

スマートフォンの画質は年々向上しており、しかも手軽にいつでも撮影できる手軽さがスマートフォンにはあります。おかげで写真を撮る事を趣味にしていて常にカバンの中にコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)を入れていた人でもスマートフォンの方が費用頻度が高く抜いてしまった人も多いのではないでしょうか?そんな便利なで画質も向上しているスマートフォンですが、2世代くらい前のコンデジには勝てても5年前のデジタル一眼レフには勝てません。良いレンズ(明るいF値が小さい)を使っていれば5年以上前の機種でも現行のスマートフォンの画質に勝てます。ですので、何かイベントや大事な写真を撮影する際にはデジタル一眼レフを使っておられる方も多いかと思います。

そのデジタル一眼レフでの撮影ですが、PCに繋いでPCで設定や操作プレビューまで見れて画像もPCに常に保存できるソフトがCanon(EOS Utility)やNikon(Camera Control Pro 2)にはあります。それと同じ機能をスマートフォンでもできる様に実現したのがこの「Pulse」です。


“スマホを使って撮影!そしてその場で撮影画像が確認できる一眼レフBluetoothアダプタ「Pulse」” の続きを読む