充電式で7時間連続点灯可能ところが魅力的な単4電池サイズの小型LEDライト「TinyLight」

暗い場所で何かを探したりする時に多くの方がスマートフォンのライトを使われるかと思いますが、スマートフォンのライトって手元を照らすのには良いのですが、元々がスマートフォンのカメラのフラッシュの役割を果たすものですから、遠くを照らしてモノ探しをすると言う用途には残念ながら向いていません。

ですからそう言う時の為にポケットライトの様な小型のLED照明を持っていると遠くを照らし出して探すと言う時もスマートフォンのライトよりも便利ですし、何よりポケットライトは小さいのでキーホルダーにつけておけたりと持ち歩くのに不便を強いられる事がないのが便利な所です。

ただポケットライトの多くは電源に電池を使うものが殆どで、電池にも消費期限がありそれを過ぎると新品でも電気を作れなくなっているものがある他、小型化したが故にコンビニ等で普通に購入できない様な小さなボタン電池や、高容量のボタン電池を使っているものがあったりと、いざ必要な時に点灯しない上に電池の入手が困難なものがあったりします。

そこで今回はそう言う、電池が手に入らないと言う心配のない小型LEDライト「TinyLight」をご紹介致します。
“充電式で7時間連続点灯可能ところが魅力的な単4電池サイズの小型LEDライト「TinyLight」” の続きを読む

あれ?指紋が認証できない、そんな事には絶対にならない指紋認証を知り尽くした南京錠「Anylock」

既にスマートフォンのロック解除として一般的になっている指紋認証。
その指紋認証の反応が最近悪いと感じる様な事はありませんか?それには大きく分けて2つの原因があります。

1つはセンサーが汚れている事で読み取れなくなっている事、そしてもう1つは指紋を登録した時と現在の状態が変わっていると言った場合です。

ではどうして指紋が読み取れなくなるのでしょうか?それは現在のスマートフォン等に使われている指紋センサーに要因があります。
指紋センサーの表面には目に見えない電極がビッシリと敷き詰められており、指をセンサーの上に置いた時に指紋の凹凸によってセンサーに接触する出っ張った部分と、接触しない引っ込んだ部分とが出て来ます。
そしてその出っ張ってセンサーに接触した指紋の突起部分から指へと電流が流れる事で指紋の模様を指紋センサーは読み取っているのです。

ですからセンサーが汚れていたり、指先が乾燥してカサカサになっていると電流が流れずに指紋が認証されなかったり、逆に指先が濡れていてもセンサーの全ての電極から電流が指先へと流れてしまうので正しく認証できなかったりするからです。

そして屋外で使う指紋認証のついた南京錠の一番の敵は汚れで、使い勝手が変わらずその対策をしっかりと施した南京錠「Anylock」をご紹介致します。


“あれ?指紋が認証できない、そんな事には絶対にならない指紋認証を知り尽くした南京錠「Anylock」” の続きを読む

照射角度が12°~270°まで任意に変えられる850ルーメンLED懐中電灯「Luxor 2」

毎年、防災の日(9月1日)が来ると非常持ち出し袋の中を点検するのですが、その中のアイテムの1つとして懐中電灯があります。ですがその懐中電灯って、使っていなくても長年放置しておくと中に入っている電池が自然放電して液漏れして中に緑青ができてすごい事になってしまっている事ってありませんか?その時ってどうされていますか?中を掃除して新しい電池を入れていますか?それとも買い換えていますか?最近では100均でもLED懐中電灯が打っている時代ですから買い換えてもそんな出費にはなりませんよね。
ですが100均はされど100均です。品質や照度はそれなります。でもいざ使ってみると明るさに不満があったり電池の持ちが悪かったり。それならちょっと品質の良い高性能な懐中電灯も検討してみてはいかがでしょうか?

この「Luxor 2」はどんなシュチュエーションにでも使える懐中電灯です。


“照射角度が12°~270°まで任意に変えられる850ルーメンLED懐中電灯「Luxor 2」” の続きを読む