悪臭や靴擦れを防止する事で他人にも自分の足にも優しいハイキング用ソックス「Ventury Silverlight」

初めて新しく買った靴を履いたり、履き慣れない靴を履いたり、慣れた靴でも長時間・長距離を歩いたりすると靴擦れを起こす事がありますが、靴擦れってどうやってできるのかご存じですか?
靴擦れは基本的に2つ要因によって出現するのですが、1つは靴の中での足の移動です。
靴の中で足が移動すると、そこで摩擦が起きて炎症が起こり、火傷をした時の様に水ぶくれができて、それが破れて靴擦れとなります。
そしてもう1つは汗をかく事で皮膚がふやけ、靴の中で足が動く事で何度も同じ場所での皮膚が擦れ破けて靴擦れが起こると言う場合もあります。

ではどうしたら靴擦れにならなくなるのかと言いますと、基本的には靴の中で足が移動しない様に靴にしっかりと足を固定する事と、後は汗をかいたりして皮膚をふやかさない事ですが、市販の靴を履いている限り、自分の足にピッタリとフィットして靴の中で足が動かない様に足に吸い付く様な靴はまず存在しないのではないでしょうか?

そこで今回はアプローチを変えて靴下で靴擦れを防止できないかと言うコンセプトを元に作られたハイキング用ソックス「Ventury Silverlight」をご紹介いたします。
“悪臭や靴擦れを防止する事で他人にも自分の足にも優しいハイキング用ソックス「Ventury Silverlight」” の続きを読む

汗をたっぷりとかく夏場でも、6日間は洗濯せずとも臭わないソックス「MP Premium Socks」

みなさんは1日履き続けた靴下が何故臭うのか、そのメカニズムはご存じですか?
それは生乾きの雑巾や洗濯物が臭うのと実は同じです。
生乾きの雑巾も洗濯物も濡れている事で雑巾や洗濯物の湿度は周囲の空気よりも高く保たれています。そしてそこに空気中を浮遊する雑菌が付着し、室温15℃、湿度50%以上をキープすると雑菌が繁殖・増殖してあの嫌な生乾きの臭いを放出します。

一方靴下で繁殖する雑菌は温度35℃〜42℃とちょうど体温に近い温度で繁殖するので、汗を良くかき高湿となる夏場は、更に繁殖力が強くなり強烈なチーズや納豆が腐った様な強烈な臭いを発しますので、その条件のうち温度か湿度のどちらかが繁殖条件の範囲内に入ってなければ繁殖はしませんので、冬場は割とマシなのです。

でも今回紹介する靴下「MP Premium Socks」は夏場でも冬場でも最大6日間は履き続けても臭わない靴下なのです。
“汗をたっぷりとかく夏場でも、6日間は洗濯せずとも臭わないソックス「MP Premium Socks」” の続きを読む