乗りやすさと航続距離を伸ばす為のハイブリットシステムを導入した電動スケートボード「Dualomo」

初心者にとっては従来のスケートボードよりも電動スケートボードの方が遙かに乗りやすくなっていると言う事実をみなさんはご存じでしょうか?
よくスケートボードを始めた頃はボードの動きに身体がついて行かずに尻もちをついたり派手に転けたりするのはよくあります。
ですが電動スケートボードはタイヤとモーターが繋がっており、モーターに電気を流さなければモーターがブレーキの役目を果たして容易には動かない様になっていますので、初心者にとっては乗りやすいスケートボードになるのですが、このモーターの抵抗が、航続距離を伸ばす足かせとなるのです。

と言いますのも普通のスケートボードは足でプッシュ(足で漕いで進む動作)して加速し、速度が乗って来れば平地ではポンピングと言って身体を8の字を描く様に動かして速度を乗せて行く方法を使い、できるだけプッシュせずに進める様に航続距離を伸ばします。

ところが電動スケートボードはモーターそのものが電気を流さなければブレーキとなっており、平地で惰性で進んで行く事ができる様な場合でも電気を流さなければすぐに電気を流さないモーターがブレーキの役目を果たしスピードを落として停止してしますので、常に電気を流していなければ前に進まない様になっています。

ですから電動スケートボードの航続距離を伸ばそうとするとバッテリー容量を上げるしかありません。

ですが今回紹介する電動スケートボード「Dualomo」は、モーターに電気を流さない状態ならフリーで回るブラシレスモーターを独自に開発する事で航続距離を伸ばす事ができる上に、バッテリーが切れても普通のスケートボードと同じ様に走る事ができる画期的なスケートボードなのです。


“乗りやすさと航続距離を伸ばす為のハイブリットシステムを導入した電動スケートボード「Dualomo」” の続きを読む

デッキの厚みはたったの12mm、地上高80mmと従来のスケボーと変わらないフォルムの電動スケートボード「Teamgee」

次の東京オリンピックではスケートボードを使って演技を競う”パーク”と”ストリート”が競技種目として採用された事もあり、各地でスケートボードのコースが整備されスクールが続々と出来ている事から、これからオリンピック目指して本格的にスケートボードを始めてみようと言う方も多いかと思いますが、今回はそう言う競技に使うスケートボードではなく、電動で動く電動スケートボード「Teamgee」をご紹介致します。


“デッキの厚みはたったの12mm、地上高80mmと従来のスケボーと変わらないフォルムの電動スケートボード「Teamgee」” の続きを読む

直感的に体重移動でコントール可能な電動スケートボード「StarkBoard」

みなさんは”セグウェイ”と言う乗り物はご存じでしょうか?同じ様な原理で動く乗り物としては昨年に”ホバーボート”と言う乗り物が流行ったのですが、これら乗り物の特徴として挙げられるのは体重移動で動かせる事です。
例えばセグウェイは二輪車に両手で持てるハンドルがついており、ハンドルを前に倒す事で前進し、そして更に倒す事で加速して行きます。またハンドルを右へ倒せば右に曲がり、左に倒せば左、そしてハンドルを手前に引けば停止し、更に引くとバックする事も可能な乗り物なのですが、この操縦方法って非常に直感的でわかりやすくまたバランスも取りやすいのです。例えばセグウェイには乗った事がなくても自転車にはみなさん乗るかと思いますが、早く走ろうとすると前傾姿勢になって立ち漕ぎにもなったりしますし、早いスピードで曲がろうとすると曲がる方向に自転車を倒して曲がりますが、それと同じ様なもので、この操縦方法と言うのは私たちが小さい頃から自転車に乗って身につけて来た乗り物の操縦方法なのです。

それをうまく利用して初心者でも乗りやすくしたのが今回紹介する電動スケートボード「StarkBoard」です。


“直感的に体重移動でコントール可能な電動スケートボード「StarkBoard」” の続きを読む

“3D Step”テクノロジーで直感的にコントロールできる電動スケートボード「SPECTRA」

 あなたは電動スケートボードに乗った事はありますか?その昔、スケートボードに乗ってバランスを崩してお尻を強打した苦い経験のある方はスケートボードにもマトモに乗る事ができないのにモーターで動くスケートボードなんて更に無理と最初から拒否される方も多いのですが、実際のところ電動スケートボードは普通のスケートボードよりもずっとずっと乗りやすいのです。
 と言いますのも、普通のスケートボードが乗り辛いのはボードのタイヤがよく回るよく転がるので、ボードが急に素早く移動するとその動きに合わせてボードの上でバランスを取るのが難しいからです。ですが、電動スケートボードの場合、スイッチをONにして通電していればモーターにはブレーキがかかっていてタイヤが回る事がないので、普通のスケートボードよりも乗りやすいのです。そしてスピードコントローラーのスロットルをゆっくり上げて行く用にして急発進させない限り、ボードの上から転げ落ちる事はありません。
 ですがこのハンドコントローラーも感覚的に慣れないとバランスを取り辛いのは確かで、それでもちょっと無理だったと言う方に、る超オススメな絶対に乗れ電動スケートボードがこの「SPECTRA」です。


““3D Step”テクノロジーで直感的にコントロールできる電動スケートボード「SPECTRA」” の続きを読む

勾配30%の坂道でもスピードを緩めず登坂可能な電動4駆スケートボード「BLINK」

 スケートボードにモーターで動く電動のスケートボードがあるってご存じですか?昨年あたりはバック・ツゥ・ザ・フューチャーに登場する様な空中に浮かぶスケートボードがニュースを賑わしていましたが、その裏では普通に車輪のついたスケートボードの電動化も着々と進行しており、既に世の中には何十種類!?(何百種類か!?)と言う電動スケートボードが発売されていて、店頭ではご覧になった事はなくてもネット通販等で見たり、テレビ番組等でもたまに取り上げられていますから、テレビで紹介されているのを見たりと言う方も多いかと思います。
 そんな電動スケートボードですが、今売られているスケートボードの殆どが後輪駆動(4つある車輪のうち、後ろの2つの車輪だけがモーターで回る様になっている)になっており、この後輪駆動と言うのが実は高速で走行できる電動スケートボードに潜む危険性でもあるのです。と言いますのは普通のスケートボードで練習をする時も片足をデッキの上に置いてもう片方の足で地面をキックして進む練習をまずはするのですが、この時にちょっと強く地面をキックし過ぎたりキックしてデッキの上に足を乗せようとした時にバランスを崩して倒れまいデッキの上に立ってバランスを取ると言うのが非常に難しい乗り物なのです。ですから電動キックボードは最初からデッキの上に乗ってコントローラーのスロットルを開ければモーターが回って進みますが、地面に凹凸があったり滑りやすい路面でタイヤがグリップを失ったりしてすると途端に自分の意図していない方向へ曲がってしまったり前輪が両方上がってウイリー状態になって転んでしまったりと以外と初心者にはきついものがありますし、自転車でも思いっきり立ちこぎしてタイヤが滑って転けてしまう様な傾斜のきつい坂などは電動スケートボードでも同じ様な事が起こります。

 そこでスケートボードをより安定して走行させるにはどうすれば良いのかを考え、その結論として自動車の様に4輪駆動にする事で安定性や走行性能を向上させたのがこの「BLINK」です。


“勾配30%の坂道でもスピードを緩めず登坂可能な電動4駆スケートボード「BLINK」” の続きを読む

2WDインホイールス・ケーボード「STARY’s」

電動スケードボードをご存じですか?その名の通り、モーターとバッテリーを搭載して電池で走行するスケートボードです。1年前までは、タイヤと連結したベルトやモーターがはっきりとわかったり、バッテリーの厚みの分、厚くなったボード部分が見た目でわかったのですが、今年に入ってインホイールモーター搭載のスケートボードをチラホラと見るようになってきたのですが、まだボード部分が厚くてバッテリーを載せているのが見た目でわかったりしたのですが、この「STARY’s」は電動だってことが見た目でわからないくらいスリムでスタイリッシュなスケートボードなのです。


“2WDインホイールス・ケーボード「STARY’s」” の続きを読む

電動スケートボード「Marbel」

Kickstarterで電動スケボーのプロジェクトが始動した。

ものすごくスタイリッシュな電動とは思えないスケボーだ。普通のスケボーと見間違えるが、実際のところ電動
本体はカーボン製。モーターも小型でボード下に隠れているのでモーターがついていることすらわからない。
バッテリーはボード内部に内蔵。カーボンでボードは作っているので内蔵しても強度には問題ないような

“電動スケートボード「Marbel」” の続きを読む