3Dプリントした造形物の仕上げ処理やウッドバーニングにも使える電熱ペン「MODIFI3D PRO」

初めてFDM方式の3Dプリンターを使い造形したものを手に取った時にみなさんが驚くのは、表面にたくさんのスジが入っている事です。
データ上では綺麗なフラットな面になっているのに、何故こんなにスジがいっぱいついているのだろと、初めて3Dプリンターを使われた方の殆どは思われる様です。
ですがこれはFDM方式と言ってフィラメントと呼ばれるプラスチックの棒を溶かしながら円形の空いたノズルから射出し、それを絞り器を使ってケーキにクリームをデコレーションする様に積み重ねて盛って行くのですから、円筒形の上に円筒形のプラスチックを載せられたらその境目で段ができるのは当然です。

ですから3Dプリンターを使った造形では、3Dプリントしたらそれで終わりなのではなく、その不要な部分や表面の凹凸を削り、表面をツルツルに磨いてやる必要があり、その作業をやりやすくするのが今回紹介する「MODIFI3D PRO」です。


“3Dプリントした造形物の仕上げ処理やウッドバーニングにも使える電熱ペン「MODIFI3D PRO」” の続きを読む

3DプリンターがあればDIYで自作もできるレコードプレイヤーキット「Lenco-MD」

フィラメントと呼ばれるプラスチックの糸と言うか棒を溶かしながら造形して行くFDM方式の3Dプリンターは、3年前と比べると1/5程度にまで価格が下がり、自作キットであれば任天堂Switchよりも安いキットもあり、簡単に家庭で3Dプリンターを使って様々なものが作れる様になっていますので昨年の冬のボーナスで念願の3Dプリンターを購入してみた方も多かったのではないでしょうか?

ただ3Dプリンターはあってもデータは無料のものを拾って来るか、自作するしかありませんし、自分でデータを作ると言ってもコップの様な単純な形のものであればアプリの操作さえ覚えれば簡単に作れてしまいますが、例えばミニ4駆のボディーを3Dプリンターで自作するとなるとかなり練習をしてアプリを使い方をマスターしないと作れません。

でも何か大きなモノを、家族をアッと言わせてみる事ができる様なものを作ってみたいと言う方に今回は何とレコードプレイヤーが3Dプリントできるキット「Lenco-MD」をご紹介致します。

“3DプリンターがあればDIYで自作もできるレコードプレイヤーキット「Lenco-MD」” の続きを読む

アルミ切り出しフレームで組み立て式ながらも20μm単位の非常に高精細な造形が可能なマルチ3D加工機「Mooz」

今や3Dプリンターと大手ECサイト等で検索をかけると、もう数え切れない程の3Dプリンターが出て来て3Dプリンターをこれから使ってみようと言う方にはどれを選んで良いのやら3Dプリンターを試しに使ってプリントした事がない方にとって何を基準にして良いのか全く検討のつかない所ではあると思いますが、その中で3Dプリンターを購入するにあたり一番気をつけなければいけないのはフレームの剛性と、臭い対策です。
では何故?フレームの剛性が需要なのかと言いますと、フレームの剛性(強さ)は実際にプリントした造形物の出来映えを左右するからです。と言いますのも3Dプリンターは結構重いヘッド部分が少なくとも縦横に移動しながらフィラメントと呼ばれるプラスチックを溶かしながら押し出し重ね、冷やして様々なものを作っていくのですが、柱が細かったり、接合部分が弱くてフレームがヘッドが移動するのに合わせてグラグラと地震で揺れるビルの様に揺れてしまいますと、それに合わせてノズル部分も一緒にブレてしますので押し出したフィラメントが波打った様に押し出されてしまい出来上がった造形物の表面はフィラメントの層でスジがいっぱいになるばかりか精度も悪くなってしまうのです。
そしてもう1つの臭いについては、プラスチックを溶かしていますので、フィラメントによってはプラスチックが焦げた様な臭いが発生し、それが部屋に充満してとてもじゃありませんが臭いでその部屋にいられなくなってしまうのです。ですから高級な3Dプリンターではカバーをつけ更に臭いを除去するフィルターを通して排気して対策をしたりしています。
ですから注意しなければならないのは数字上の精度と価格で選ぶと失敗してしまうと言う事になるのですが、今回紹介します「Mooz」は臭い対策は0%ですが、精度に影響する剛性については100%の対策がなされています。


“アルミ切り出しフレームで組み立て式ながらも20μm単位の非常に高精細な造形が可能なマルチ3D加工機「Mooz」” の続きを読む

3歳から使用可能な3Dプリンターにも変身するプログラマブル・ロボットアーム「uArm Swift」

 今年こそは3Dプリンターを買ってやるぞ!!と思っておられる方はちょっと待って下さい!!
 3Dプリンターは3D造形物を作る以外の用途は使用できずトライしてみたければやっぱり3DCADソフトを使っての設計は私にはムリとなった時に買った3Dプリンターはどうなるでしょうか?ただの飾りとなり破棄するまでは高価な場所を取るオブジェとしてデスクの上を占領し続けます。ただ最近は3D-CADソフトを使用して設計図を描かなくてもネットからフリーのSTLファイルをダウンロードして来て造形する事もできますし、PCを持っていなくてもスマートフォンやタブレットに3DプリントアプリをダウンロードしてBluetoothやWiFiで3Dプリンターと接続して3D造形できるものもありますから、完全オリジナルなものは作れませんが少なくとも造形する事はできます。

 ですが、やはり他人が作ったデータを利用して造形するだけなんて楽しくありませんし、他に使い道があれば他に何かやってみようかな?と言う気になるのが、このロボットアームを3Dプリンターにしてしまうと言う発想です。


“3歳から使用可能な3Dプリンターにも変身するプログラマブル・ロボットアーム「uArm Swift」” の続きを読む

3Dプリント、レーザー彫刻、CNC加工からハンダ付けまで多彩な機能を持ったロボットアーム「Dobot M1」

 マルチツールって1つの道具が変形して様々な用途に使えますからとても素敵ですが、こと私達が使っている電動工具や工作機械となるとそう言った多彩な機能を持った道具と言うのはなかなかなく、特にホビーで使うものは自宅に広い作業スペースがあれば別ですが、そんに広い作業スペースを持った方も希でしょうから1台で何役もこなすマルチ工作機械があれば設置スペースも取らず色々な作業をこなす事が可能になり、DIYでの工作の範囲も広がると言うものです。
そう言う夢の様な多彩な作業をこなすロボットアームがこの「Dobot M1」です。


“3Dプリント、レーザー彫刻、CNC加工からハンダ付けまで多彩な機能を持ったロボットアーム「Dobot M1」” の続きを読む