レインブーツの様にもサンダルの様にも、暑くても寒くても1年中快適に履く事のできるオールシーズンシューズ「V-Tex」

靴の中でもスニーカー等は1年中履けると言えば履けますが、夏は汗をかくと蒸し暑くまた冬は地面の冷たさや冷気の冷たさが伝わり足が悴み、決して快適とは言えません。
夏に合わせてメッシュ生地の通気性の良いスニーカーを選ぶと冬の寒い風はメッシュ生地を通って足を凍えさせますし、逆に保温性の高いスニーカーは夏は空気を通さないので蒸れて暑いだけでなく、脱いだ時に既に様々な臭いを発生させる雑菌が繁殖して強烈な匂いを足から放ちます。

ですから本当は夏と冬とでは靴は履き分けた方がベターなのですが、フォーマルとビジネスとカジュアルで靴は履き替えても、1年中同じ靴を履いている様な方は靴を買ってあげても靴を履き替えると言う様な事はしません。

そこで今回は、夏涼しく、そして冬暖かいと言う相反する性質を持ち合わせたオールシーズンシューズ「V-Tex」をご紹介致します。

“レインブーツの様にもサンダルの様にも、暑くても寒くても1年中快適に履く事のできるオールシーズンシューズ「V-Tex」” の続きを読む

テープは不要!!どんな所にでも印刷できるハンディーインクジェットカラープリンター「PrinCube」

テープライターはテープの上に文字やイラストを印刷するプリンターの事ですが、テープライターの魅力は何と言っても何回も何十回も書かなくても、印刷したテープを貼るだけで済むと言う点です。しかも用途さえ合ったものを使えば熱にも水にも強く半永久的に消えませんし、差し込み印刷などにも対応したものはナンバーリングしたテープを印刷する事も可能です。

ただテープライターはシールテープに印刷したものを貼りますので、取って付けたような感じは否めませんので、見た目やデザインを重視するものに対しては不向きです。
そこで今回は、対象物に直接印刷できるカラーのインクジェットプリンターçをご紹介致します。

“テープは不要!!どんな所にでも印刷できるハンディーインクジェットカラープリンター「PrinCube」” の続きを読む

瞬時に動作モードを切り替えられるモード変更ダイヤルが便利な、スマホ&デジタル一眼レフ用ジンバル「Swift M1 and P1」

昔のスマートフォンには手振れ補正などと言う機能がなかったのでジンバルorスタビライザーがとても重宝しましたが、今のカメラ重視の高性能なスマートフォンには殆ど手振れ補正機能が内蔵されていますので、手持ちでスマートフォンを使って動画を撮影しても画面のブレが気になると言う事は殆どありません。

ですが長時間スマートフォンを両手でホールドして持っていると流石に腕が疲れて来て画面が上下したり、ズームする時も片手で持ち、もう片方の手の指でピンチアウトしますので画面がブレたりスムーズに一定スピードでズームできなかったりと操作上で不便な点はいくつもあります。

ですがそう言う点、ジンバルならジョイスティックを倒すだけで一定スピードでカメラの方向を変える事ができますし、ズームイン・ズームアウトもレバーを倒すだけでできたりとスムーズに撮影し続けると言う点においてはジンバルは本当に便利です。

ただ、そのジンバルの動作を決めているのはスマートフォンであり、デジタル一眼レフ用のジンバルではその動作モードの変換すらワンタッチでは出来ない所があってとても大変ですし、スマートフォンで動作モードを変更するにしても、撮影中にメニューを出して変更するも、変更する事に意識を持って行かれ、被写体を追いかけるのが疎かになったりして失敗する事もよくあります、

そこで今回は、そう言う撮影モードの変更がスムーズにできるジンバル「Swift M1 とSwift  P1」をご紹介致します。

“瞬時に動作モードを切り替えられるモード変更ダイヤルが便利な、スマホ&デジタル一眼レフ用ジンバル「Swift M1 and P1」” の続きを読む

誰でも簡単に愛用の自転車を電動化できる1回の充電で最大50kmも走行可能な電動自転車化ホイール「Swytch」

電動自転車って一度乗ってみると、漕ぎ出しにほぼ力をかけなくても自転車を走り出す事ができますし、いつも登るのに大変な上り坂も、立ち乗りしなくても座って楽々と上がって行く事ができますので、電動自転車に乗ると普通の自転車に戻りたくなくなる魅力がたくさんあります。
ですが電動自転車って安くても10万円近くする上に種類も少ないので、なかなか自分の好みの電動自転車を見つけるのは結構大変です。

そこで今回は、今乗っているお気に入りの自転車を、電動自転車できる「Swytch」をご紹介致します。

“誰でも簡単に愛用の自転車を電動化できる1回の充電で最大50kmも走行可能な電動自転車化ホイール「Swytch」” の続きを読む

Nintendo Switchをプロコンを使いテーブルモードでプレイする時に便利なプロコン用Switchホルダー「Fixture S1」

しばしばNintendo SwitchのコントーラーJoy-Conは使い辛いと言う事を良く聞きますが、これはそれまでのWiiのコントーラーと比べて薄くなってしまったからです。
ファミコンの時代もJoy-Conの様に厚みがなかったのですが、ファミコンの時代はA,Bボタンを連写する事が必要なゲームはあっても十時キーを高速に動かさなければならない様なゲームはなかったので、左手の中指から小指までの3本をコントローラーの裏側に当て、十字キーの添えた親指で挟む込む様に持ってプレイしてもそう支障はありませんでした。

ところがJoy-ConではL,R両方のコントローラーにテンキーにジョイスティック、そしてサイドにもL, ZL, R, ZRと言う様にスイッチがありこれらスイッチを高速で操作しようと思うと必ず薬指と小指と親指の腹の部分でJoy-Conを挟まないと自由に動かす事はできのですが、薄いJoy-Conでは手の大きな方は特に挟む込むと言うのが困難です。

そこでテーブルモードやTVモードでプレイする時にはコントロールし易くする為のJoy-Con充電グリップやプロコントーラーがあるのですが、場所によってはテーブルモードでプレイする時にディスプレイを置く場所に困る事があります。

そこで今回はテーブルモードでプレイする時にとっても便利なプロコン用Switchホルダー「Fixture S1」をご紹介致します。

“Nintendo Switchをプロコンを使いテーブルモードでプレイする時に便利なプロコン用Switchホルダー「Fixture S1」” の続きを読む

トイレの掃除回数が劇的に少なくなる、使用後にアルカリイオン水を流す事で洗浄から脱臭・抗菌まで行う「Shine」

アルカリイオン水ってご存じですか?
アルカリイオン水は電気分解する事でOH-が集まりアルカリ性に傾く事で、例えば飲む事で整調作用があったり、酸化した身体を中性に戻したり、料理に使う事で素材を柔らかくする効果があったりと様々な用途があります。

また強アルカリ水は掃除にも使え、油汚れ等の酸化したものを強力に落とす作用があり、洗剤と比べて後拭きが不要であったり、環境に優しい等のメリットがあります。

また強アルカリ水は脱臭効果や殺菌・抗菌作用もある事からトイレの洗浄には最適な洗剤の様なもので、今回はそんなアルカリイオン水を使用後に自動的に散布する「Shine」をご紹介致します。

“トイレの掃除回数が劇的に少なくなる、使用後にアルカリイオン水を流す事で洗浄から脱臭・抗菌まで行う「Shine」” の続きを読む

自動でついて来るだけじゃない、乗って移動する事もできるキャリーケース「NAUCRATES」

みなさんが旅行の際に使うキャリーケース(スーツケース)ですが、これが今驚くほど進化しているって事はご存じですか?
例えばYouTubeでご覧になった事があるかもしれませんが、まるで電動バイクの様に座って移動できるキャリーケースがあったり、キャリーケースの持ち主の後ろにピッタリとくっついて移動する自走式のキャリーケースがあったりします。

ですからこれからの旅行はいくら荷物が多くても、重い荷物に引きずられながら移動したり、移動距離が長くて足が疲れた様な時でも楽する事ができる時代が到来しているのです。

そして今回紹介しますキャリーケース「NAUCRATES」は、今まで世の中に発表されているキャリーケースの良いとこ取りの様なキャリーケースで、今までの旅行スタイルをガラッと変えさせてくれるキャリーケースになります。

“自動でついて来るだけじゃない、乗って移動する事もできるキャリーケース「NAUCRATES」” の続きを読む

拭き掃除も同時に行うだけでなく水分も吸引でき、無駄のない掃除をするロボット掃除機「R6 Home」

ロボット掃除機と言えば、食洗機と並んで家事を時短する画期的な家電製品ですが、このロボット掃除機も時代と共に変化して来ております。
例えば4〜5年前のロボット掃除機と言えば部屋の中を縦横無尽に、行き会ったりバッタリで走り回り掃除してたので、どうしても吸い残してしまう部分があったり、間隔の狭い椅子の足の中や狭い隙間に入り込んで出て来れなくなってしまいバッテリーが尽きてそのまま立ち往生なんて事がよくありました。

一方最新のロボット掃除機はセンサーを使い部屋の間取りを把握して1度通って掃除した所は掃除をしない上に部屋の隅々まで掃除する様になっており、昔に比べて短時間でしかも綺麗に部屋の掃除を行う事ができる様になっています。

そして今回紹介するロボット掃除機「R6 Home」では更に進み、床の上にモノが散乱していてもそれをうまく避けて通って掃除してくれますので、掃除する為に片付けをする必要がないのです。

“拭き掃除も同時に行うだけでなく水分も吸引でき、無駄のない掃除をするロボット掃除機「R6 Home」” の続きを読む

振るだけで鳴るだけでなく、振る空間が違えば音が変わり、叩いた振動まで伝わるスマート・ドラムスティック「PocketDrum」

ドラムはどの様な楽曲にも必要不可欠な楽器ですが、ギターやベース、トランペットやサックスと言った楽器と比べると音の大きさに付随する騒音や、設置場所の問題があり、ドラムをやってみたいけれども、なかなかその一歩が踏み出せないと言う方も多いのではないでしょうか?
ただ最近は電子ドラムがありますので、自宅でも周囲への騒音を気にする事なくドラムの練習ができたりしますが、それでも電子ドラム一式を持って河原へ行ったり友達の家へ持ち込んで練習すると言った事はかなりハードルが高いと言えます。

そこで今回は本格的なドラム練習が可能なスマート・ドラムスティック「PocketDrum」をご紹介致します。

“振るだけで鳴るだけでなく、振る空間が違えば音が変わり、叩いた振動まで伝わるスマート・ドラムスティック「PocketDrum」” の続きを読む

もう恐くありません!!スマートフォンの落下を防止するユニバーサル・ストラップホルダー「KOALA」

その昔、ガラゲーでもiPhoneを除くスマートフォンにもストラップを通す為の穴がありましたので、その穴を利用して首からぶら下げたり、身体から離れない様に衣服に固定したりするストラップがありましたので、ガラゲーやスマートフォンをよく落とすと言う方はこう言うストラップを利用する事で落下させる事はありませんでした。

ところが現在は、殆どのスマートフォンにこう言ったストラップを通す為の穴の様なものはなく、iPhoneに至ってはストラップを通す為の穴は元々設けられてはいませんでしたが、それでも3.5mmイヤホンジャックを利用したストラップを取り付けるアダプタなどが市販されていましたので、こう言うガジェットを利用する事で地面に落下させる事はありませんでした。

ですが現在、ストラップを通す為の穴も3.5mmイヤホンジャックもなくなり、スマートフォンの落下を防止しようと思えば、落下防止機能のついたスマートフォンホルダーを利用するか、腕やボディーに巻き付けるポーチの様なものを利用するしかなく、選択肢が少ない上に使い勝手も良くなく、またケース等は機種変更したりすると使えなくなったりする事も出て来ます。

そこで今回は、機種変更しても使い続ける事ができ、スマートフォンの落下を防止する事のできるストラップホルダー「KOALA」をご紹介致します。

“もう恐くありません!!スマートフォンの落下を防止するユニバーサル・ストラップホルダー「KOALA」” の続きを読む